妊活のためのオススメの葉酸サプリは?

妊活でオススメの葉酸サプリ

妊活中の女性や妊婦さんに愛飲されている「葉酸サプリ」は多くの種類があります。

ネット通販や市販のものを合わせると、かなりの種類になります。
そのため、どれを選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、妊活のためのオススメの葉酸サプリをランキング形式でご紹介します。

妊活のための葉酸サプリはいつから必要?

厚生労働省は、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月目までは、食事からの葉酸摂取に加えて、サプリメントから「モノグルタミン酸型の葉酸」を摂取する事を推奨しています。
モノグルタミン酸型の葉酸は、食品の葉酸に比べて吸収率が良く、身体に確実に取り入れる事が出来るのです。

そして、妊活中の葉酸目安摂取量は、毎日400μg摂取する事が望ましいとしています。
妊活時から必要量の葉酸を摂取すれば、脳や脊髄などの中枢神経に異常が生じる「神経管閉鎖障害」のリスクを約70%も予防出来る事が分かっています。

葉酸は、妊活中から必要な栄養素であります。
普段から意識して摂取する事で、高血圧や動脈硬化の予防にもなります。

また、美容にもその効果を発揮し、基礎代謝を高めて冷えを予防し、肌荒れやニキビにも良いのです。
男性特有の前立腺や染色体異常の対策にも有効だと言われています。

厚生労働省が推奨する妊活用の葉酸サプリとは?

厚生労働省が葉酸の摂取を推奨している理由は、妊娠初期のお腹の赤ちゃんの疾患である神経管閉鎖障害リスクを減らすためです。
よって、厚生労働省は、妊娠を希望する方、そして妊娠中に健全な赤ちゃんを産むためにも、葉酸の摂取をするようにと呼びかけています。

そして、厚生労働省は、食品よりもサプリメントからの葉酸の摂取を推奨しています。
なぜなら、葉酸は水溶性ビタミンのため、体に吸収されにくく、熱や水に弱い、調理すると半減してしまう弱点があるからです。

例えば、葉酸が多く含む野菜を1日350g摂っても、調理した段階で葉酸が半分以上失われます。
さらに、消化の段階で、体内に吸収される量がさらに半減してしまうのです。

妊活中に必要な葉酸摂取量を確保する事は、意外に難しいのです。
ですから、厚生労働省は、妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月までは、毎日400μgの葉酸を食事以外のサプリで摂取するようにが推奨しています。

妊活用のおすすめ葉酸サプリの人気ランキング

妊活用のおすすめ葉酸サプリの人気ランキング

それでは、妊活中にオススメの葉酸サプリのベスト3を見ていきましょう。
どれも妊活中から妊娠中、そして授乳中まで飲める安心のメーカーです。

妊活のための葉酸サプリ厳選ベスト3

1番のオススメは、人気の葉酸サプリの「ベルタ」です。
ベルタは、天然由来のモノグルタミン酸型の葉酸を配合しており、鉄分やカルシウム、ミネラルが豊富です。

2015年モンドセレクションの金賞も受賞して、その品質は世界にも認められています。
そして、国内の医薬品GMP認定の工場で生産されているので、大切な妊活から妊娠中でも安心なのです。

また、残留農薬チェックをし、安心できる天然素材も配合しています。

妊活のためのオススメ葉酸サプリ2位は?

2位は、国産野菜にこだわった葉酸サプリの「ララリパブリック」です。
モノグルタミン酸型の葉酸を400μgしており、鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルを十分に補う事が出来ます。

北海道や九州を中心とした国産の野菜をベースに作られた植物性由来のサプリです。
そのため、ポリフェノールや食物繊維も摂取出来ます。

GMP工場で作られ、残留農薬のチェックなど品質管理や衛生管理も第三者機関によって、しっかりと行われています。

妊活のためのオススメ葉酸サプリ3位は?

はぐくみ葉酸は、妊活中にオススメなオーガニックサプリです。
国内の医薬品レベルのGMP認定工場で生産されており、品質管理も徹底しています。

アレルギー検査、放射能検査、残留農薬検査もしっかりと行われています。
そのため、アレルギーや残留農薬の心配はありません。

葉酸400μg、鉄分やカルシウム、ビタミンCも含まれており、妊活中に最適です。
ただし、妊娠中期や妊娠後期のための鉄分量はやや少なめです。

市販で安く買える妊活用の葉酸サプリは効果がある?

市販で安く買える妊活用の葉酸サプリは効果があるのか

結論から言えば、ネット通販の葉酸サプリの方が、市販の葉酸サプリよりも内容が良いものが多いです。
通販の場合は、原料も質の高い天然由来のものがベース多いです。

また、葉酸以外にも、鉄分やカルシウム、ミネラルはもちろん、美容成分の配合と妊娠中に必要な栄養素を総合的に配合しています。
また、大量に生産する必要性もないため、保存料など添加物の配合がない葉酸サプリも多いので安心です。

一方、ドラッグストアや薬局で販売されている葉酸サプリは、化学合成物質が主な原料のものが多いのが特徴と言えます。

コストを抑えるため、大量生産、長期保存の必要性があります。
そのため、保存料などの添加物が含まれている事も多くなっています。

市販の葉酸サプリを購入する場合は、妊婦や胎児への害になる恐れがある添加物等を確認する必要があります。
また、葉酸の働きをしっかりサポートするビタミンB12が配合されているかチェックしましょう。

薬局・ドラッグストアで買える妊活用の葉酸サプリを比較

薬局・ドラッグストアで買える妊活用の葉酸サプリを比較

市販の葉酸サプリは、実際に手に取る事が出来るのと、価格が安い物が多いという利点があります。

しかし、値段が安いのは、化学合成の葉酸を使用している添加物が多いためです。
また、栄養素が物足りないという弱点もあります。

特にショ糖脂肪酸エステルは、過剰摂取すると胎児の奇形リスクが高まると言われています。
また、乳糖は下痢を引き起こし、それによって流産や早産のリスクが高まるというデメリットもあります。

そして、葉酸はビタミンB12と一緒に働くので、しっかり配合されているものを選ぶ必要があります。
葉酸はビタミンB群の一種であり、葉酸だけではあまり効果を発揮する事が出来ないからです。

葉酸を体内でしっかりと働かせるためには、ビタミンB12を一緒に摂ることが欠かせません。

妊活用の葉酸サプリのディアナチュラ

ディアナチュラには、「葉酸」のみが配合されたサプリと「鉄・葉酸」の2種類が配合された葉酸サプリがあります。
1日あたりの葉酸の配合量と、ビタミンB12、鉄分の配合の有無の違いです。

葉酸のみのタイプはビタミンB12が配合されており、1日分の葉酸は400μg摂取出来ます。
「鉄・葉酸」の場合は、鉄分が配合されており、1日分の葉酸は200μg摂取可能です。

妊活用の葉酸サプリのファンケル

ファンケルの鉄&葉酸植物性ツイントースは、ファンケルのオンラインショップで「鉄&植物性ツイントース」という商品名で販売されています。
ファンケルの鉄&葉酸植物性ツイントースは、コストパフォーマンスが良く、飲みやすさについても評価の高いサプリです。

吸収率が良い合成葉酸を使用しており、葉酸の働きを助ける成分も配合されています。

妊活用の葉酸サプリのピジョン

鉄と葉酸の種類は合成葉酸ですが、ビタミンCが含まれていません。
鉄を効率よく摂取するには、別途にビタミンCを食事などから同時間帯に摂取する必要があります。

カルシウムは妊婦の平均摂取量が441mgですが、155mgとなっています。

妊活の葉酸サプリのまとめ

妊活の葉酸サプリのまとめ

妊活のための葉酸サプリは、一体どの葉酸サプリを選べば良いのか分からないという方も多いと思います。
しかし、ホームページなどでよく特徴を見ていると、商品によって配合されている成分やこだわりが異なる事が分かってきます。

価格や口コミだけにとらわれずに、よく比較して、妊活に役立つ高品質の葉酸サプリを選んで、結果を出していきましょう。

当サイトでは、管理人が実際に利用した葉酸サプリもオススメしています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。
出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”

【ベルタ葉酸が選ばれる理由】

  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。

ページの先頭へ