妊活と花粉症

春になると、妊活中の女性の気になる事は、花粉症対策ですよね。
妊活中に花粉症に悩まされている女性は、多くいます。

しかし、妊活中は花粉症を抑えるための薬を服用するのは、出来れば避けたいと考えている方も多いでしょう。
妊娠の可能性を下げるものは、少しでも避けたいと神経質になるからです。

そこで今回は、妊活中の花粉症の対策のポイントをまとめました。
それでは、花粉症の薬は、妊娠にどんな影響があるのかを検証していきましょう。

妊活中の花粉症対策はどうする?

 
妊活中に、花粉症の薬を飲んでも良いのかを医師に確認すると、「妊娠力には影響はない」と答えています。
しかし、胎児には影響が出る可能性があるので、妊娠が発覚したら、すぐに薬をのむのをやめれば大丈夫、という回答をされているのです。

妊活中においては、花粉症の症状を我慢する事のストレスの方が、妊娠力を低下させる要因になりかねないとしています。
つまり妊活中ならば、局所薬なら問題ないのです。

局所薬というと、点鼻薬や点眼薬のこと。
点鼻薬や点眼薬は内服薬に比べると、薬の成分が体内に吸収される確率が非常に低く、安全性が高いのです。

妊活中である事を医師、薬剤師に伝えると、より副作用や刺激の少ない成分が配合されている点鼻薬や点眼薬を購入する事が出来ます。

妊活中は花粉症の薬を飲んでも大丈夫

医師によると、妊活中に花粉症の薬を飲んでも、薬が妊娠や着床に影響する事はないとしています。
妊娠が発覚するまでは、今まで通りに花粉症の薬を服用して大丈夫でしょう。

妊娠に良くないのかも?と心配して、無理に薬を我慢するストレスの方が、よっぽど妊活には悪影響になります。
ただし、不妊治療などで薬を服用している方は、飲み合わせによっては、ホルモンや子宮の状態に影響を与えてしまう可能性もあります。

現在処方されている薬と併用して、花粉症の薬を服用したい場合には、かかりつけの医師、薬剤師に相談するようにしましょう。

妊活中の男性も花粉症の薬・目薬の使用ok!

男性が花粉症の薬を飲んでいても、妊娠への影響はありません。
妊活中の旦那さんも辛い花粉症を我慢する事なく、安心して花粉症の薬を飲む事が出来ます。

妊活中は何かと神経質になってしまいがちです.
しかし、夫婦とも無理をし過ぎず、花粉症シーズンを乗り切っていきましょう。

妊活中は目薬・点鼻薬もok!

目薬や点鼻薬であれば、使用箇所が局所的ですから、お腹の赤ちゃんに影響を与える事はほとんどありません。
妊活中に飲み薬を飲むのを避けたい方は、目薬や点鼻薬で、目のかゆみや鼻水などの辛い症状には対処出来ます。

妊娠中である事を医者、薬剤師に伝えて、耳鼻科や眼科に相談してみてください。
ただし、目薬に使われる事がある「プラノプロフェン」という成分は、動物実験で出産を遅らせる結果が出た事もあります。

よって、特に妊娠後期の使用には注意が必要です。
妊活中から妊娠中に花粉症の薬を使う場合は、使用時期や避けたい成分もあるため、きちんと病院で処方してもらってください。

そして、目薬と点鼻薬だけでなく、花粉症全般の市販薬を、自己判断で服用するのは止めましょう。
妊活中から妊娠中は、必ずかかりつけの医者または薬剤師に相談してから花粉症の薬を服用するようにしてください。

妊活中に妊娠したら漢方薬に切り替えよう

妊活中に妊娠したら漢方薬に切り替えよう

妊活中に花粉症の薬をストップすべきタイミングは、妊娠が発覚した時です。
花粉症がひどい方は、妊活中から症状を和らげるために、日常的に薬を飲んでいたかもしれません。

しかし、妊娠16週頃までは、赤ちゃんの重要な臓器が作られる大切な時期なので、薬の服用は出来るだけ避けた方が良いのです。
それ以降であれば、産婦人科医に相談すれば、ポララミン錠やアレグラなどのアレルギーを抑えてくれる薬を処方してもらえます。

よって、妊娠16週未満の人は、花粉症の薬は、少し我慢が必要です。
お腹の胎児が薬の影響を受けるので、この時期は薬物の服用は出来る限り避けた方が良いとされています。

あまりに辛い場合は、漢方の専門家に相談して、漢方薬に切り替える方法もあります。

妊活中の花粉症のまとめ

妊活中の花粉症のまとめ

妊娠初期は、薬の服用が色々と制限されます。
そのため、花粉症時期は、辛い日々になるかもしれません。

日常的にスクやメガネを使ったり、室内に出来るだけ花粉を入れないようにしたり、出来るだけ花粉に触れないような対策が必要です。
産婦人科医とも相談しながら、乗り越えていきましょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。