妊娠中に飲む葉酸サプリの効率的な飲み方は?

葉酸サプリの飲み方

葉酸サプリは医薬品ではないので、詳しい飲み方が製品に記載されていない場合があります。
今回は、妊娠時の葉酸サプリメントの効率的な飲み方や、活用方法について詳しくご紹介します。

それでは詳しく見ていきましょう。

葉酸サプリは何で飲むと効果的?

葉酸サプリに限らず、サプリメントを摂取する際には、基本的に水と一緒に摂ることが大切です。
水は適度に胃を刺激する事で、栄養を腸へと移動させて、体に吸収しやすくする役割があります。

しっかりサプリの栄養素を胃に届かせるために、コップ1杯の水と一緒に飲んで下さい。
特に妊娠中にお茶、紅茶、コーヒーで葉酸サプリを飲むと、カフェインやタンニンが含まれているために、サプリの栄養吸収が阻害されてしまい、効果が半減してしまいます。

サプリの栄養素をしっかり吸収するためには、不純物のない水が一番良いです。

また冬や体調が悪い時には、体を温めてくれる白湯もオススメです。
冷たい飲み物は体を冷やし、血液のめぐりを悪くして栄養素のめぐりも悪くなりますので、体調が悪いときは白湯で飲むのが良いです。

葉酸サプリの効果的な飲み方

葉酸サプリの効果的な飲み方

風邪薬などは1日3回、食後に1錠飲むなどの用法・容量が決められています。
しかし、葉酸サプリは薬ではなく、栄養補助食品つまり、食品に分類されています。

摂取目安量は表記されていても、飲むタイミングや飲む回数については記載されていないものが多いのです。
葉酸サプリは基本的にはいつ、何回飲んでも自由なのですが、飲むタイミングや方法によって、体内での吸収率や効果に差が出てしまいます。

妊娠中に葉酸サプリを飲むなら、お腹の赤ちゃんの健康のためにも、効果的な飲み方を知っておきたいですよね。
では、葉酸アプリの吸収率や効果をアップさせる飲み方を早速ご紹介します。

葉酸サプリはいつ飲むと効果的?

基本的には朝でも昼でも夜でも、自分の好きな時間帯に飲む事が出来ます。
しかし、葉酸サプリを効果的に取り入れるためには、食間または空腹時に飲むのがベストです。

葉酸は水に溶けやすい水溶性のビタミンです。
ですから、お腹の中に何もない状態の空腹時に摂取する方が、吸収率が高まり効果的と言えます。

そして、葉酸サプリを飲む際は、決まった時間に決まった量を飲むようにするようにしましょう。
その日によって飲む時間や量を変えていては、葉酸がうまく働きません。

食事を決まった時間に食べる方が体調が良くなるのと同様に、サプリも規則正しく、決まった時間帯に飲み続けることが、体の調子を整えるために大切です。

葉酸サプリを効果的に飲むためには、飲む時間帯、飲む分量をあらかじめ決めて、規則正しく飲むと効果的と言えます。

葉酸サプリを飲む回数は?

 

葉酸サプリは、1日あたりの摂取目安量が記載されています。
しかし、葉酸は水溶性のビタミンなので、一度に一日分を摂取すると、余分な分が尿として排出されてしまいます。

体内に葉酸サプリの栄養素をしっかり吸収させるためには、一回で一日分を飲むのではなく、数回に分けて摂取すると良いと言えます。
そうする事で、葉酸がほとんど尿として排出される事なく、体内に吸収されて、からだに効果的に働いてくれます。

例えば、朝と昼の間に1回飲んで、次は昼と夜の間に1回飲んで、寝る前に1回飲むというように複数回に分けて摂取すると良いでしょう。
特に寝る前は肝臓の血流が低下し、サプリの有効成分が多く、血液の中に吸収されやすい状態になるので、よりサプリの有効性が向上します。

睡眠中は成長ホルモンも多く分泌される事から、サプリの栄養が活性化されて効果が底上げされるという理由もあります。
葉酸サプリの各メーカー、それぞれのパッケージに記載のある摂取方法や用量を良く守り、利用するようにしましょう。

葉酸サプリの飲み方の注意点

葉酸サプリの飲み方の注意点

葉酸サプリは、基本的には空腹時が効果的です。
しかし、胃腸の弱い方は、胃の負担を抑えるためにも食後に飲む事をオススメします。
先に食べ物が入っている事で、葉酸サプリメントの消化吸収が和らげられますので、胃腸系への負担も軽減されます。

空腹時に飲むと、胃液の分泌が少ないために、サプリなどの錠剤自体が溶けにくく、胃の負担になることから、胃が弱い方は胃痛を引き起こす可能性があります。
妊娠中に胃の不調がストレスとなってしまう事を避けるために、胃の弱い方は、食べ物と同時に吸収させるために食後の30分後までには摂取しましょう。

葉酸の過剰摂取

葉酸を食品から多く食べても、吸収率は50%以下と少ないので、過剰摂取にはなることはありません。
しかし、葉酸サプリで1日に必要な量を摂取する場合は、飲みすぎるとつい過剰摂取になる場合があります。

妊娠時期の1日の葉酸の必要量は400μgとされています。
1日の摂取量が1000μg以上になると過剰摂取となるため、注意するように多くの産婦人科や厚生労働省でも発表されています。

ほとんどの葉酸サプリの1日の摂取量は、その規定の量となっているものがほとんどです。

そのため、サプリの裏側に記載されている用法用量はしっかりと守る必要があります。
しかし、飲み忘れての分をまとめて飲んでしまうと、頭痛や腹痛などの症状が出てしまう場合も考えられます。

その他の症状としては、発熱、蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害が出る事もあります。
葉酸サプリは過剰摂取に気を付けて、摂取量を必ず守りましょう。

葉酸の飲み合わせ

葉酸自体は、緑黄色野菜に由来する天然の栄養素ですから、基本的には、摂取量をきちんと守れば、副作用などの心配はないと言われています。
しかし、葉酸サプリを飲んでいる時に、薬の飲み合わせがよくないものがあります。

薬によっては、葉酸とともに服用する事によって、悪い結果をもたらしてしまうものもあるのです。
例えば、抗炎症薬や抗生物質と一緒に服用する事で、せっかくの葉酸の効果が低下してしまいます。

妊活中・妊娠中・授乳中に、薬を服用する場合は、風邪薬なども自己判断で飲まずに、主治医に相談した上で、指示に従うようにしましょう。

葉酸の飲み忘れ

葉酸サプリは医薬品ではありませんので、継続的に飲むことによって、効果が実感できるものです。
ですから、毎日忘れずに飲み続けたいのですが、うっかり飲み忘れてしまう時もあると思います。

サプリメントを飲むのを忘れた場合、その分もまとめて服用した方が良いかどうか、悩む方も多いようです。
しかし、飲み忘れの分を合わせて飲む必要はありません。

一度に大量に飲んでしまうと、胃腸系に負担が掛かってしまう可能性があるからです。
サプリメントを飲み忘れしまいがちな方は、小分けにしてしまっておけるケースなどを利用したり、アラームを使うなどして工夫をしましょう。

妊娠中に飲む葉酸サプリの効率的な飲み方のまとめ

妊娠中に飲む葉酸サプリの効率的な飲み方のまとめ

葉酸サプリは医薬品ではありませんので、飲んですぐに体調が良くなるような即効性はありません。
ですから、長期的に飲み続けることがとても大切です。

サプリメントの効果は個人差もあります。
ただ、早くて2週間位で効果を実感出来るものもあれば、1年程度の服用を続ける事で、効果を感じ始めるものもあります。

飲み続けていてもサプリが効果的なのか不安に感じるようであれば、無理して飲み続けるよりは、いったん他のサプリメントに切り替えてみても良いでしょう。
実際に切り替えてみる事で、これまで感じなかった効果や変化を実感できる方もいます。

妊活中・妊娠中・授乳中は、葉酸サプリメントの飲み方も意識して、より効果的に摂取したいものです。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。
出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”

【ベルタ葉酸が選ばれる理由】

  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。

ページの先頭へ