葉酸サプリの副作用はどんな症状がある?

妊活中の方、そして妊娠中の方は、葉酸サプリの必要性が重要視されています。
厚生労働省は、食事だけでは適切な葉酸の量を摂取する事が難しいので、葉酸サプリからも利用するように推奨しています。

葉酸サプリに含まれる葉酸は合成葉酸といい、効率的に適正な量を摂取する事が出来るからです。
そして、葉酸を摂り続けると、お腹の赤ちゃんの細胞分裂に必要な栄養を補う事が出来ます。

しかし、毎日多くの葉酸サプリを必要以上に摂取し続けると、どうなるのでしょうか?
葉酸には、超えてはいけない1日の上限摂取量が定められています。

葉酸サプリを過剰摂取すると、様々な副作用の症状が出てしまい、胎児にも悪影響を及ぼすので、気を付ける必要があります。
今回は、葉酸サプリの副作用について記載していきます。

葉酸サプリを飲みすぎると副作用が出る?

厚生労働省による葉酸サプリの葉酸摂取の上限は1日1000μgまでです。
食事からの葉酸の摂取に上限は設けられていません。

なぜなら、食品に含まれる葉酸は、必要以上に摂取しても余分な分が体外に排出されるからです。
葉酸の過剰摂取とは、吸収率の高い葉酸サプリを必要以上に飲んだ時にリスクがあるのです。

毎日葉酸を1000μg摂取すると、葉酸過敏症とみられる症状が出る事があります。
例えば、食欲不振、吐き気、むくみ、不眠、かゆみ、呼吸障害、紅斑などで軽度から重症になるものまで、身体に様々な症状があります。

葉酸サプリのメトトレキサート(リウマトレックス)の副作用

メトトレキサートとは、抗がん剤として開発された薬です。
現在では肉腫や白血病、リンパ種などに使用されています。

メトトレキサート(リウマトレックス)の代表的な副作用として、肝機能障害、血液障害、間質性肺炎、消化器障害などがあります。
メトトレキサートの血中濃度が高くなり過ぎれば、これらの副作用の頻度は上がり、起こりやすくなってしまうのです。

そこで、メトトレキサート(リウマトレックス)を服用している患者さんは、葉酸(フォリアミン)が一緒に処方されます。
薬の効き方には個人差がありますが、メトトレキサートと葉酸を併用すると、副作用を抑制できるのです。

しかし、葉酸の飲み方には注意点があり、飲むタイミングと飲む量については、医師の指示をきちんと守らなくてはなりません。
リウマチをしっかりと治すためにも、きちんとメトトレキサートと葉酸を医師の指示通りに服用しましょう。

葉酸サプリとペメトレキセド(アムリタ)の副作用

強力な抗ガン剤のひとつに、ペメトレキセド(アリムタ)という抗ガン剤があります。
アリムタは、葉酸拮抗剤の1つで、葉酸のDNAを合成するという代謝経路を阻害する事によって、ガン細胞の増殖を防ぎます。

ペメトレキセドは、先程のメトトレキサートと同じく、葉酸欠乏症のような副作用が出る可能性があります。
それは、葉酸のDNA合成における経路の遮断が、ガン細胞だけでなく、正常な細胞にまでも阻害してしまうからです。

アリムタの副作用を軽減するために摂取する葉酸の量は、妊婦に推奨している量と同じ400μgとされています。

一般的な葉酸サプリで代用出来そうですよね。
しかし、アリムタそのものが強力な抗がん剤ですから、やはり医師の指導のもとに、葉酸も摂取しなければなりません。

独断で葉酸サプリを飲む事などは危険ですから、必ず医師の判断に従ってください。

葉酸サプリと関節リウマチの薬メトレートとの副作用

関節リウマチの薬であるメトレートは、リウマチに対して高い効き目を示します。
メトレートは、葉酸がもつ免疫細胞のDNA合成に必要な物質の活性化を阻害する事で、免疫の異常の一つであるリウマチに対して効き目をもたらしてくれます。

そして、メトレートは葉酸の活性を阻害する事により、リウマチなどに効果を示す反面、この作用によって起きる副作用も多くあるとされています。
よって、リウマチ患者でメトレートを使用する際には、フォリアミンなどの葉酸製剤を使用する患者さんが多くいます。

ただし、この葉酸は摂取するタイミングや量を間違えると逆にメトレート効果を弱めてしまうため、正しい使い方をする必要があります。
メトレートと葉酸のサプリの併用は自己判断ではなく、必ず医師に相談の上、使用するようにしましょう。

葉酸サプリとフェニトイン(抗けいれん薬)併用の副作用

フェニトイン(抗けいれん薬)は、てんかん治療として使われます。
坑てんかん薬は、薬を働かせるために葉酸が使われるなどから、血中の葉酸濃度を低下させて、妊娠初期では神経管閉鎖障害のリスクを高めてしまう可能性があると言われています。

坑てんかん薬の中でも、フェニトインは、葉酸と同時に摂取する事で排出が促されて、効きが悪くなるのとがあるのです。
フェニトインを飲んでいる方は、葉酸サプリを自己判断で飲む事は避けて、必ず医師の判断に従いましょう。

厚生労働省が定める副作用になる葉酸の上限量は?

厚生労働省が定める副作用になる葉酸の上限量

葉酸の摂取量の目安は、妊娠していない時で1日あたり240μg、妊娠前から妊娠4カ月までは400μg、妊娠中期から出産までは480μg、授乳中は340μgです。
葉酸を1000μg以上摂取すると、過剰摂取となり副作用のリスクが高くなります。

葉酸過敏症を起こす可能性があり、症状としては、発熱、蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害などが出る事があります。

葉酸の飲みすぎ・過剰摂取の危険性・副作用

葉酸の飲みすぎ・過剰摂取の危険性・副作用

葉酸を1日1000μg以上摂取し続けると、胎児が喘息になるリスクが25%上がるという研究結果があります。
また、妊婦は食欲不振、不眠症、吐き気、むくみ、かゆみ、呼吸障害などが起こります。

しかし、過剰摂取しなければこれらの副作用が起こることはありません。
葉酸サプリは摂取量を守り、一度に大量に飲まなければ、副作用の心配はなく安心です。

肝臓負担・吐き気・下痢・不眠・ニキビの症状

葉酸サプリから葉酸を1日1000ug以上を摂取した場合、体が葉酸に過敏に反応します。
そして、肝臓に負担がかかり、吐き気や食欲不振、下痢、体のむくみ、不眠、ニキビ、蕁麻疹のような副作用が起こる可能性があります。

葉酸は造血効果があるために、必要以上に摂取すると、血管が拡張されて心拍数を高めてしまう危険性があり、副作用に繋がるような症状を引き起こしてしまうのです。
他にも、ビタミンB欠乏症で、悪性貧血を起こしている事に気が付かず、重篤な状態になってしまい治療が困難になってしまう場合もあります。

葉酸で貧血症状に気が付かないので本当に危険です。
葉酸サプリの飲み過ぎは、このような副作用のリスクを背負ってしまいます。
そのため、そう事にならない為にも、1日の摂取量を必ず守って飲みましょう。

葉酸入りルイボスティーは副作用がある?

葉酸入りルイボスティーは副作用

葉酸入りのルイボスティーは食品ですので、副作用の心配はありません。
ただし、葉酸サプリをルイボスティーで飲むのは、サプリの成分が溶け出してしまうので避けましょう。

基本的にサプリメントは、水またはぬるま湯で飲みのがよいです。
一般的なお茶に含まれているカテキンには、飲み過ぎると葉酸の吸収を阻害するという事があります。
しかし、ルイボスティーにカテキンは含まれていないので、妊活中、妊娠中にはオススメのお茶です。

葉酸サプリで副作用予防するためには?

葉酸サプリで副作用予防するためには

葉酸を多く含む食品を1000μg分の摂取を続けても、実際に身体に取り込まれるのは、500μg程度であるため副作用の心配はありません。
しかし、葉酸サプリの場合は吸収率が高いため、400μgのものを3粒飲めば、軽く上限を超えてしまいますので、摂取量を守ることが大切です。

そして、葉酸サプリには安価なものは化学合成されたものがあり、添加物が肝臓に蓄積されやすいと言えます。
そのため、副作用のリスクが高いとも言われています。
葉酸サプリに含まれる添加物の1つであるショ糖脂肪酸エステルは染色体異常を招き、ダウン症などのリスクを高めます。

さらに、着色料や香料などが含まれたものは、胎児の喘息やアトピーのリスクを高めるとも言われています。
そのため、葉酸サプリを選ぶ際は副作用を予防するために、極力添加物が使われていない高品質なものを選びましょう。

高品質な葉酸サプリはカルシウムや鉄分、ビタミンAなど様々な栄養素が配合されています。

妊娠中に葉酸サプリを正しく摂取した場合の効果・効能

妊娠中に葉酸サプリを正しく摂取した場合の効果・効能

特に、妊活中から妊娠4ヶ月まで意識して葉酸を摂取する事で、赤ちゃんのダウン症や神経管閉鎖障害など、先天性の障害のリスクを軽減させる事が出来ると言われていています。
また、葉酸を摂取する事により、着床が上手くいき、妊活に効果的で、流産の確立を減らす事が出来るという研究データもあります。

さらには、妊娠中のつわりを軽くする働きもあるので、妊娠中にはとても役立ちます。
妊娠中以外にも、産後の母乳の出やつまり、抜け毛などの対策にも効果が期待できるのです。

生理中は危険性の低い鉄分配合の葉酸サプリが効果的

生理中は危険性の低い鉄分配合の葉酸サプリが効果的

生理中は沢山の血液を必要とし、どんどん体外に排出していきますので、血流が良くすることがとても大切です。
葉酸は血液を作り出すのに欠かせない成分であり、貧血予防にも効果があります。

よって、女性は日頃から葉酸をしっかり摂っていれば、血液がどんどん作られていき、血流も促進されます。
そのため、子宮内膜と一緒に痛みの原因成分である、プロスタグランジンをスムーズに排出してくれます。

普段貧血ぎみで生理中の出血量が多い人は、積極的に葉酸を摂ると、生理痛の緩和効果が実感できます。
葉酸は血流を良くしてくれるので、卵巣・視床下部・脳下垂体の働きが活発化して、排卵を正しくコントロールしてくれるようになります。
女性ホルモンも正常範囲で分泌してくれる魅力もあります。

葉酸によりストレスが緩和され、ホルモンバランスを整えてくれるので、生理不順も改善されていきます。

副作用の心配がないおすすめの葉酸サプリは?

副作用の心配がないおすすめの葉酸サプリ

副作用の心配がないおすすめの葉酸サプリについて記載していきます。
デメリットの部分もチェックしておくようにしましょう。

ベルタ

葉酸サプリで有名なベルタは妊娠時にはもちろん、普段生活をする上でも大切な栄養成分がバランスよく配合されています。
美容を意識した成分も配合されています。

天然由来の葉酸の使用しており、合成化学物質の無添加、そして妊娠中に控えたい脂溶性ビタミンが少なめで、残留農薬や放射能汚染の検査実施なので安心です。

ディアナチュラ

ドラッグストアで手に入るディアナチュラ葉酸は、香料、着色料、保存料は無添加で、毎日飲み続けるには価格も安全性も気になる妊婦の人には頼もしいサプリです。

危険な添加物は使われていませんので妊婦でも安心できます。
しかし、栄養面をチェックしてみると、ビタミンC、鉄、カルシウムが含まれていません。

そのため、妊娠中に必要な栄養素のバランスには欠けています。

afc

AFCの葉酸サプリは、葉酸サプリの中では中価格帯のサプリメントです。
葉酸だけではなく、カルシウムやビタミン等が豊富なサプリメントとなっています。

若干鉄分が足りませんが、AFCの葉酸サプリは葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、鉄分、カルシウムと妊婦さんに必須の栄養成分が含まれています。
FCの葉酸サプリは、妊婦さんが飲む葉酸サプリとして理想的なサプリと言えます。

gnc

海外産の葉酸は日本製と違い、含有量が400ugを越えたものがあります。
よって、過剰摂取の危険性が国産のサプリに比べて高いというリスクがあります。

特に妊娠中の葉酸の飲みすぎは危険です。
そのため、アメリカ製の葉酸サプリを飲む場合、気を付けなければなりません。

オーガニックレーベル

スーパーフードとして注目を集めているキヌアスプラウトを始めとした、健康や美容に良い原料も多く含まれるのが特徴です。
妊娠中よりも、日ごろの健康や美容管理にも向いていて、美容の為の摂取にも好ましいサプリとなります。

ピジョン

葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12、鉄分、カルシウムと妊婦さんに必要な栄養成分を一度に摂取出来ます。
添加物の割合や種類も抑えられています。

ノコア

モノグルタミン酸型の葉酸が480μg入っており、妊娠中には申し分のない葉酸が含まれています。
その他、海藻由来のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が入っているのが大きな違いと言えます。

母体にも赤ちゃんにも非常に重要な栄養素となっています。
安全面でも問題のないサプリです。

葉酸サプリの副作用のまとめ

葉酸サプリの副作用のまとめ

ほとんどの葉酸サプリの1日の摂取量は、その規定の量を考えられて作らられています。
厚生労働省で推奨される1日の葉酸摂取量は400μgですから、多くの葉酸サプリは400μgを摂れる葉酸を含有してます。

よって、サプリのパッケージの裏側に記載されている摂取量や粒の数を守れば、飲みすぎになることはなく、副作用の心配もありません。
気をつけたいのは、飲み忘れた分をまとめて1回で飲むことを毎日繰り返すことは、避けなければなりません。

本来の素晴らしい葉酸の効果を実感するためには、必要量を守って飲み続けていきましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。
出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”

【ベルタ葉酸が選ばれる理由】

  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。

ページの先頭へ