風邪と葉酸

皆さんは、風邪予防にどんな対策をしていますか?
体が冷えないようにしたり、ビタミンを多く採ったりして意識していると思います。

妊娠中のサプリで有名な葉酸は、免疫力を上げ、風邪予防に効果的という噂があります。
今回は、葉酸は風邪予防になるのか?を検証します。

風邪予防に葉酸は効果的?

風邪の原因となるウイルスや細菌が最初に接触する粘膜は、新陳代謝が活発な部位です。
この細胞の新陳代謝に欠かせないのが葉酸です。

普段から粘膜の健康を保つことは、風邪予防となります。
風邪予防のためにも葉酸をしっかりと摂取しましょう。

葉酸は免疫力を高める

風邪はからだの免疫力が弱っている時に引きます。
例えば、疲れが溜まっていたり、睡眠不足の時は、風邪のウイルスが体内に入りやすいのです。

そして、妊娠中に免疫力が低下して風邪を引きやすくなってしまうのは、お腹の赤ちゃんを守るためだと言われています。
免疫とは、身体の中に入ってきた細菌などの異物を排除しようとする働きです。

免疫力が高いと、お腹の赤ちゃんまでも異物と見なし攻撃してしまい、流産や早産を招きかねません。
ですから、妊娠中の身体はあえて免疫力が下がるので、風邪を引きやすくなります。

気を付けたいのは、免疫力が低下していると掛かりやすいのが食中毒です。
ママの免疫力が下がり、食中毒や感染症などにかかると、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼしてしまいます。

妊娠中は生ものはなるべく避けて、まな板や食器等もしっかりと洗って除菌をしましょう。
そして葉酸は、たんぱく質の合成に深く関わっており、粘膜や免疫細胞を強化してくれます。

細胞性免疫が上がると、体内に入ってきた異物を排除しやすくなり、病気にかかったり重症化するリスクを減らすことが出来ます。

風邪予防になる栄養素は?

普段から風邪予防のために、まずはウイルスや菌の最初の接触先である粘膜の健康を保つ事が大切です。
ウイルスの侵入を防ぐ役目がある鼻の粘膜を作る元になるビタミンA、B2、葉酸などのビタミンをきちんと摂る事が大事と言えます。
普段から風邪予防のために、これらの栄養を十分に取ることを心がけましょう。

風邪薬と葉酸サプリを併用しても大丈夫?

風邪薬と葉酸サプリを併用

葉酸サプリを摂取期間中に風邪を引いてしまった場合、併用しても良いのか気になりますよね?
結論から言えば、葉酸サプリは医薬品ではなく健康食品のため、基本的には風邪薬と併用しても問題ありません。

ただし、葉酸サプリによっては、風邪薬との併用で栄養素の過剰摂取になる場合もあります。
そのため、風邪を引いた場合は自己判断ではなく、かかりつけの医師の判断に従いましょう。

基本的には葉酸サプリと風邪薬の併用は問題ない

葉酸サプリを飲んでいる時でも、風邪薬なら併用して飲んでも問題ないという事が分かりました。
しかし、市販の風邪薬ではなく、病院などで処方された、抗生物質の薬がある場合は、この抗生物質の働きを葉酸サプリの成分が邪魔してしまう可能性があります。
処方された風邪薬と葉酸サプリを併用する場合は、医師に確認する事が必要です。

時間をおいて摂取する

どうしても葉酸も風邪薬も一緒に併用したい場合には、少なくとも4時間以上間を空けて摂取してください。
基本的に薬やサプリメントの成分は、4時間以上経つと体に吸収され排出されると言われています。

葉酸と薬の効果を軽減してしまう飲み合わせとは?

基本的には、葉酸サプリと薬を一緒に飲んでも問題はありませんが、中には葉酸と薬の効果を軽減してしまう場合があります。
ただし、効果が低減するだけで、副作用などが出るというわけではありませんので心配はいりません。

例えば、てんかんの治療に使われるフェニトインと呼ばれる薬と一緒に葉酸を摂ると、フェニトインの効果がなくなり、血中濃度を低下させる可能性が高く、薬の効き目が弱くなると言われています。

整腸剤としても使われる「サラゾスルファピリジン」も薬の効果を弱めたり、葉酸欠乏症を引き起こすとして併用しないようにと呼びかけています。

まず、一番普段利用する事が多いと思われるものが、アスピリン(解熱鎮痛剤)です。
市販の風邪薬にはほとんどと言って良いほど含まれています。

このアスピリン、インドメタシン(消炎鎮痛剤)やクロラムフェニコール(抗生物質)などは、葉酸の作用を阻害する可能性があります。
そして、避妊や生理痛の軽減に使用されるピル(経口避妊薬)やバルビツール(睡眠薬)、バルプロ酸(抗てんかん薬)なども併用を避けた方が良いでしょう。

風邪予防できる葉酸サプリは?

風邪予防できる葉酸サプリ

免疫力を高めて風邪予防するには、葉酸サプリがオススメです。
葉酸はほうれん草やブロッコリーなどの食品にも多く含まれますが、葉酸は水溶性ビタミンなので、水洗いや加熱に弱く、調理段階で約50%が流れてしまいます。

そして、食品に含まれる葉酸は体内吸収率が約50%ですので、食事から葉酸を必要量を摂取することは難しいと言えます。
そこでオススメの方法は葉酸サプリメントを摂る事です。

葉酸サプリメントは、吸収率が約90%と高いモノグルタミン酸型を配合しています。
風邪予防には、吸収率の良いモノグルタミン酸型の葉酸サプリメントを定期的に摂りましょう。

そして、妊娠中の方には、粘膜や免疫細胞を強化し、ママの免疫力を上げて、お腹の赤ちゃんの正常な発達にする効果があります。

風邪と葉酸のまとめ

風邪と葉酸のまとめ

葉酸は免疫力を上げて新陳代謝を活発にする効果があるので、風邪予防になります。
また、葉酸サプリを摂取期間中に市販の風邪薬を併用しても、特に問題がありません。
ただし、処方箋の風邪薬は栄養素の過剰摂取にならないように、医師の判断に従いましょう。

当サイトの管理人も利用した葉酸サプリも紹介していますので、葉酸の摂取を検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。