葉酸のメリット

妊娠中だけではなく、妊活中も葉酸は欠かせない栄養素のひとつです。
女性にとって葉酸は、切っても切り離せない存在と言えるでしょう。

厚生労働省が定める妊活中や妊娠中に必要な葉酸摂取目安量は、通常時の食事に加えて400μgとなっています。
つまり妊活中や妊娠中は普段にも増して葉酸を多く摂らなければならないという事なのです。

では妊活中や妊娠中に葉酸を十分摂取する事で、一体どんなメリットがあるのでしょうか。
また葉酸の摂取で、反対にデメリットはあるのかも気になりますよね。

そこで、今回は妊活中や妊娠中の女性が葉酸を摂取する事で得られるメリットや、起こり得るデメリットを詳しくご紹介していきます。

葉酸の摂取にはメリットが多い

葉酸を積極的に摂取するのは、妊娠していなくても健康的な毎日を送るためには欠かせません。
不足してしまうとお母さんだけでなく、赤ちゃんにも悪影響が及ぶ可能性もあるのです。

葉酸のメリットは、第一に深刻な副作用などがあまりない事が挙げられます。
1日のうちに1000μg以上の過剰摂取をしなければ、葉酸の摂取で具合が悪くなる事はほとんどないのです。

葉酸は野菜や大豆製品などに多く含まれますが、食べ物から取り入れる場合にはあまり吸収率が高くありません。
しかし、葉酸サプリを使えば、効率よく妊活中や妊娠中に必要な量を摂取出来るので、便利なところも嬉しいポイントです。

妊活中に葉酸を摂取するメリットとは?

葉酸というと妊娠してから意識して摂取し始めるというイメージがありますが、妊娠前からの摂取がとても大切と言えます。
それは、胎児の器官形成が妊娠のごく初期に行われるからです。

葉酸は胎児の先天性異常のリスクを下げてくれる働きがあるため、注目されています。
妊娠4〜8週目に胎児の脳や脊髄が出来あがるのですが、実はこの頃は体調にも個人差があります。

つまり、妊娠に気が付かないまま、大事な時期を過ぎてしまう可能性もあるのです。
そうなると葉酸のメリットを十分活かす事が出来ないため、妊娠する前の妊活中から十分な量を摂取する事が重要と言えます。

妊活中から葉酸を摂取するメリットは、胎児の脳や脊髄が作られる妊娠初期に葉酸が不足するのを予防出来る事でしょう。

妊娠中に葉酸を摂取するメリットとは?

妊娠中の全期間で葉酸は必要なものではありますが、特に初期は400μg、それ以降は240μg多く摂取する事が推奨されています。
初期は胎児の先天異常予防が期待出来るからですが、それ以降は貧血予防のためや、赤ちゃんの成長のために葉酸が活躍してくれるのです。

妊娠中に葉酸が不足するとビタミンB12と共に赤血球を作れなくなってしまい、貧血気味になってしまいます。
胎児に栄養などを送るため、妊婦さんの血液量は1.5倍に増加している状態です。

しかし、血液を作る組織が増えるわけではなく水分が増加しているだけなので、血液が薄くなって貧血を起こしやすいと言えるでしょう。
妊娠中に葉酸の摂取をするメリットは、血液のもととなる赤血球を作るサポートをしてくれる事にあります。

葉酸とともに鉄分やビタミン類を摂取すれば、血液検査などで貧血に引っかかりにくくなるのです。

葉酸の摂取で起こるデメリットはある?

葉酸の摂取で起こるデメリット

葉酸の摂取はメリットが多い事が分かりましたが、デメリットはあるのでしょうか。
まず、葉酸はサプリから摂取していても、毎日用量を守っていれば問題が起こる事はありません。

しかし、葉酸の上限摂取量は1日1000μg。
妊娠中期以降にこの量を超えて飲み続けてしまった場合は、赤ちゃんが産まれてから喘息になるリスクが高くなると言われています。
これはサプリから摂取した場合になるので、用量はきちんと守って飲んでいきたいですね。

葉酸は過剰に摂取したからといって、より健康になれるのかと言われるとそうでもないのです。
逆に葉酸を飲みすぎた事によって母子ともに不調が出てしまう事もあるので、1日の摂取目安量は超えないようにしましょう。

葉酸サプリのメリット・デメリットとは?

葉酸サプリのメリット・デメリット

食べ物から摂取する葉酸は体に吸収されにくいため、なかなか妊活中や妊娠中に必要な量を摂取するのは難しくなります。
そんな時に効率良く必要量を摂取出来るのが、葉酸サプリメントです。

サプリに配合されている葉酸は吸収率が高く、確実に摂取する事が出来ます。
葉酸サプリは店頭やネットなど様々な場所で、色々な種類が販売されています。

そんな一見便利な葉酸サプリも、メリットとデメリットが存在するので確認しておくと安心ですね。
葉酸サプリのメリットは何といっても手軽に栄養を補給出来る所でしょう。

つわりなどで具合が悪い初期でも葉酸を十分摂取出来ます。
一方、葉酸サプリのデメリットは、添加物が含まれているものがあるという点です。

妊活中や妊娠中は普段以上にデリケートになっているので、いつもは気にならない添加物も出来ればとりたくないものですよね。
ベルタの葉酸サプリのように、無添加で余計なものが入っていないものがオススメです。
葉酸サプリを選ぶ時は、品質や成分もきちんと確認していきたいものですね。

葉酸とメリットのまとめ

葉酸とメリットのまとめ

妊活中や妊娠中の女性が葉酸を摂取する事で得られる、メリットやデメリットをご紹介してきました。
葉酸は妊活中から飲み始める事で、最も葉酸が必要な妊娠初期に栄養不足になるのを防ぐ事が出来ます。

葉酸を妊娠中に摂取するメリットは胎児の先天異常のリスクを下げたり、赤血球を作るサポートをしてくれるところです。
またベルタの葉酸サプリのように、妊娠中に必要な栄養素をバランスよく配合している点も挙げられます。

一方デメリットは妊娠中期以降の過剰摂取で赤ちゃんの喘息リスクが上がる事、そして葉酸サプリに添加物が含まれている場合がある事です。
葉酸サプリも種類が多いものですが、せっかくなのでベルタのように無添加で葉酸以外の栄養素も含まれる品質の良いものを選んでいきましょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり