妊娠中と自閉症

妊娠中に自閉症・発達障害・ダウン症になる確定的な原因は、医学的にはまだ証明されていません。
100%予防できる方法もまだありませんが、妊娠中に気を付けておく事を知るだけでも、十分に予防策になると思います。

今回は、妊娠中と自閉症・発達障害・ダウン症の関係について検証します。

⇒自閉症リスクの低減する可能性がある葉酸サプリ

自閉症・発達障害・ダウン症は妊娠中にわかる?

自閉症・発達障害は、脳の一部に異常がある事が原因で起こります。
これは妊娠中に確認する事は出来ません。

発達障害や自閉症の診断は、徴候がある1歳半以降に行う検査によって確認する事が出来ます。
言葉や心理の発達についての検査や血液検査、頭部の画像検査などによって、診断をします。

ダウン症の染色体異常、先天性の病気は、妊婦に義務付けられている定期検診のエコー検査で発見が可能です。

自閉症・発達障害は脳の構造または機能の異常

自閉症・発達障害は、生まれつき脳の構造、または機能の異常だと言われています。
家系で自閉症の方がいる場合は、確率が上がると言われています。

ダウン症は染色体異常

ダウン症は、染色体異常による生まれつきの疾患です。
体内の細胞内には遺伝に関わる染色体が46本あるのですが、それが1本多い47本で生まれてくるのがダウン症児です。

自閉症・発達障害・ダウン症の赤ちゃんの特徴とは?

自閉症・発達障害の赤ちゃんは、じっとできずに、目的もなく走り回ったりして落ち着きがなく、多動性があります。
そして、食事では決まった物しか食べないなど、位置、行動、習慣へのこだわりが強く、同じことを何度も繰り返すことがあります。

そして、意志の疎通ができないという特徴があります。
ダウン症の赤ちゃんは、新生児期にはおとなしくあまり泣かず、そして体が柔らかい特徴があります。

妊娠中の自閉症の検査方法とは?

自閉症・発達障害に関しては、脳内の問題とされているため、1歳半からの小児科の検査となります。
検査方法は、言語等の判断、医学的情報、診察所見、血液検査、頭部画像検査、心理発達検査などが挙げられており、総合的に自閉症かどうかを専門医師が判断します。

早期発見による早期治療で、子供の負担を減らす事が出来ると言われているので、早めの受診をしましょう。

⇒自閉症リスクの低減する可能性がある葉酸サプリ

妊娠中に赤ちゃんが自閉症・発達障害・ダウン症になる原因とは?

妊娠中に赤ちゃんが自閉症・発達障害・ダウン症になる原因

赤ちゃんが自閉症・発達障害になる原因は、医学ではまだハッキリ解明されていません。
遺伝の確率は低く、妊娠中など赤ちゃんが置かれる環境による活性酸素が原因で、脳の神経細胞が破壊されて発達障害・自閉症になるとの意見が有力です。
そして、胎児がダウン症になる原因は、染色体の数や種類の異常です。

飲酒(アルコール)や喫煙(タバコ)が原因となる場合

アルコールやタバコは活性酸素が大量に発生し、発症の確率が上がりやすいと言われています。
妊娠中に、赤ちゃんが多くの活性酸素にさらされることにより、脳の神経が破壊されてしまい、自閉症のリスクを負うのです。

活性酸素が増えるタバコに関しては、自閉症のリスクが1.4倍以上にもなると言われいます。
お腹の赤ちゃんのためにも、妊娠中は絶対に控えましょう。

妊娠中の性行為が感染症の原因となる場合

妊娠中の性行為により、妊婦が感染症にかかり、自閉症を発症させるという考え方もあります。
性行為だけでなく、治療のために使った医薬品などが、感染症に影響している可能性もあるとされています。

コンビニ弁当の食事が原因となる場合

コンビニやファーストフードなどは食品添加物が多いので、妊娠中は控えるべきです。
偏った食生活は野菜や果物不足となり、活性酸素を除去するビタミンとミネラルが不足しがちになります。

自閉症児の中には、ビタミンやミネラルが不足していると言われています。
つわりがひどくても、野菜ジュースやサプリメント、栄養ドリンクなど、可能な限りバランスよく体にいいものを摂るように心がけましょう。

そして、妊娠中は、自閉症・発達障害の原因とされる水銀を含む魚介類は控えるようにしてください。

妊娠する時期による場合

定かではありませんが、イギリスの研究では、夏に妊娠すると、秋に妊娠した場合に比べて自閉症のリスクが2倍になる、という報告もあります。
国立成育医療研究センター研究所によると、夏の妊娠は高湿度と高温により、自閉症のリスクが上がると言われています。

妊娠中のインフルエンザや発熱・風邪による場合

米国で約17万人の妊婦・子どもを調査した最大規模の研究の結果、妊娠中のインフルエンザ感染や、予防接種と自閉症のリスクは関係ないという報告が発表されました。
このため、研究者は、妊婦にも予防ワクチンの接種を勧めています。

しかし、過去には妊婦のインフルエンザ感染が自閉症に関係するという報告が出されたこともあり、研究者の間で意見が分かれています。

妊娠中の貧血による場合

鉄分は、胎児の早期の神経発達に必要な成分です。
妊娠中に鉄分不足になると、貧血を起こす可能性があるので、充分気をつけましょう。

自閉症の予防に限らず、胎児の育つ環境を整えるという意味でも鉄分は大切です。

胎児期にテストテロンが増えると赤ちゃんが自閉症になりやすい?

イギリスのケンブリッジ大学によると、胎児期のテストステロンの濃度が高いほど、自閉症的な性質が現れる事が分かっています。
しかし、同時に我々は、誰でも何らかの自閉症的性質を持っているので、胎児期のテストステロンの濃度が高いことが、必ずしも自閉症を発症すると確認されたわけではない、としています。

胎動が激しいと赤ちゃんが自閉症の心配がある?

胎動が激しいと赤ちゃんが自閉症の心配がある

胎動が激しいと多動症・自閉症なのではないか?などと、障害を疑ってしまう方もいます。
胎動が激しい分には、赤ちゃんが元気な証拠ですので、心配することはありません。

つらい時は、お腹を持って優しく揺すってみたり、横向きに寝てみると良いでしょう。

⇒自閉症リスクの低減する可能性がある葉酸サプリ

妊娠中の自閉症に兆候や症状はある?

妊娠中の自閉症に兆候や症状

妊娠中に自閉症特有の兆候や症状は特にありません。

あまり気にしすぎても、妊娠中のストレスとなり、胎児にも良くありません。
妊娠中は正しい生活習慣を心がけてストレスを感じないようにすることが大事です。

妊娠中に胎児を自閉症にしないための予防法とは?

妊娠中に胎児を自閉症にしないための予防法

胎児を自閉症にしないために、妊娠中に気をつけておくことをご紹介します。

葉酸を十分に摂取する

葉酸は、神経管閉鎖障害のリスクを低減する働きの他、自閉症リスクの低減する可能性がある、という研究結果があります。
葉酸の自閉症のリスクとの関係性は、妊娠4週前から妊娠8週までの摂取による研究結果で、リスク低減がされたという報告があります。

葉酸は、神経系の異常を予防すると言われているので、特に妊娠前から初期段階の葉酸の摂取は大切です。

不安やストレスなど生活習慣を見直す

妊娠中の女性が強いストレスにさらされるのは、胎児にも影響があります。
ストレスは大量にビタミンなどを消費して、細胞を破壊するので、極度なストレスが掛かるような事はしないことです。

抗生物質などの薬を避ける

妊娠中の内服薬やヘアダイなどの強い化学薬品の使用は避けましょう。
そして、不妊治療でホルモン剤を使用すると、卵子や精子に直接触れるため遺伝子を傷つけやすくなります。

⇒自閉症リスクの低減する可能性がある葉酸サプリ

妊娠中と自閉症のまとめ

妊娠中と自閉症のまとめ

妊婦がアルコールやタバコなどの生活習慣や食事などに気を付ける事で、自閉症のリスクを大きく低減する事が出来ます。
そして、妊活中から葉酸を摂取するなど、気を配っておけば、胎児が自閉症になるリスクを軽減する事が可能です。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。