葉酸と結石

葉酸と言う言葉を聞いた事がある人は少なからずいるはずでしょう。
妊婦さんや妊娠を考えている女性、貧血を気にする女性達にとっては特に無くてはならない栄養素と言えます。

それだけではなく、野菜不足な人が多いとされる昨今に不足しがちな栄養素の一つです。
しかし、葉酸の効果は妊娠中に限ったものだけではありません。

尿路結石という言葉も聞いた事があると思います。
葉酸の摂り方と尿路結石の関連についても知っているでしょうか。

実は誤解されている人がとても多いのです。
そこで今回は、葉酸と結石について詳しく解説します。

葉酸の取り過ぎが尿路結石を招いてしまう

葉酸とは、ほうれん草などの緑黄色野菜を中心として他の食物からも摂る事が出来ます。
中にはサプリなどから葉酸の摂取を日々心掛けている人もいる事でしょう。

葉酸とは水溶性ビタミンB群で、人間の根幹となる血液などの細胞を作る働きをする役目があります。
体に良いとされる葉酸が何故、尿路結石を招いてしまうのか。

過剰摂取とはどの程度なのか、大変気になる点です。
注意しなくてはならない点があるので、以下ではそれを記述していきたいと思います。

葉酸と尿路結石の関係性について

葉酸と尿路結石の関係性について

先述しましたが、葉酸とは水溶性ビタミンB群で、細胞を作る根幹となる作用があります。
尿路結石の正体は、シュウ酸カルシウムの結晶体。

体内でカルシウムとシュウ酸が結合して尿路結石になってしまうのです。
このシュウ酸が、まさに葉酸を摂りたい野菜などを茹でる際に出るアクに多く含まれる成分なのです。

体内でシュウ酸カルシウムの結晶体が出来てしまうと、結石を作り腎臓で大きくなります。
尿と一緒に排出されるのですが、あまり大きくなってしまうと排出出来なくなり、時に強い痛みをもたらして苦しんでしまう事になるのです。

結石による痛みは本当に強く、苦しんだ人の話を聞いた事のある人も多い事でしょう。

葉酸が含まれる食品と野菜と結石に繋がる成分

さて、葉酸はどんな食品に多く含まれるのでしょう。
葉酸と言うと、まず第一に思い浮かぶのはほうれん草です。

他にも野菜ではブロッコリー、かぼちゃ、モロヘイヤも挙げられるでしょう。
果物にも含まれていて、いちご、アボガド、バナナ、キウイなども豊富な葉酸含有量を誇っています。

納豆、枝豆、レバーやうににも含まれていますが、包含率はレバーや枝豆、モロヘイヤが高いのです。
野菜ではモロヘイヤ、ほうれん草に高い事が分かります。

野菜以外から取れば、葉酸はアクとなるシュウ酸を出しません。
そのため、野菜以外から取る事もリスクを避ける手段の一つでしょう。

結石のリスクを回避するためにも、葉酸サプリなどから葉酸を摂取する事をオススメします。

葉酸が尿路結石を招く理由

こうして見て見ると、シュウ酸カルシウムを体内で作ってしまうのは、葉酸を多く含む野菜を調理する場合と気付くかと思います。
唾液などに含まれるカルシウムと結合すると、シュウ酸カルシウムという結晶が出来てしまうのです。

ほうれん草などの葉物以外にも、野菜でサツマイモ、なす、たけのこなどにも含まれている事が分かっています。
尿路結石は、人それぞれの体質も関係している病気です。

そのため、体内が結石の出来やすい酸性体質であるなどという事も関係していると見られています。

気を付けなければならない葉酸摂取方法の注意点

気を付けなければならない葉酸摂取方法の注意点

野菜を取る際に気を付けなければならない事は先述しました。
では、栄養価の高い野菜を食べるのを避ける事はとても勿体ないですし、野菜不足を招いてしまいます。

摂取するには、どんな点に気を付けて行ったら良いのでしょうか。
ほうれん草を茹でる際にアクを取る事も一つの手段ですが、野菜アクはなかなか取りにくいと思う方もいる事でしょう。

葉酸は熱に弱く水溶性のため、葉酸自体も茹でたお湯に多く流れ出てしまっています。
野菜ももちろん、ゆで汁を気にしたり時間を気にして速やかに茹でて流れ出ないように調理する人も多いのではないでしょうか。

調理方法で結石と葉酸過剰摂取を防ぐ

シュウ酸カルシウムを体内で発生させるのを防ぐには、調理の際どんな点に気を付けたら良いのでしょう。
シュウ酸カルシウムは体内で作られ、害のある結晶体になってしまいます。

そのため、カルシウムを含む他のものと前もって一緒に調理して、他のカルシウムと結合させてしまえば問題はありません。
カルシウムを含む、乳製品や魚類と一緒に調理するのがオススメです。

ほうれん草のお浸しにかつお節を和えたり、牛乳や豆乳と一緒にクリーム和えにしたり、意識して少し工夫して葉物野菜を調理してみると良いでしょう。

葉酸の過剰摂取で尿路結石が疑われた場合には?

中年以上の男性に多いと考える人も多い尿路結石ですが、男性の若年層や女性にも見られるとされています。
放って置くと尿道を邪魔して排尿時の痛みや、血尿、さらには激痛になってしまう事もあるでしょう。

薬剤で結石を小さくする方法や砕く方法などがあります。
一度結石になってしまうと、再発しやすいリスクも多少ならずあるようです。

激痛になってしまわない前に医療機関を受診し、適切な処置を受ける事が必要になって来ます。
葉酸の他にも油脂類を含む食物は控え、食事全般に気を付けるようにしましょう。

葉酸サプリで結石になるリスクの有無は?

シュウ酸を摂取するのが恐ろしいと感じた人も多い事でしょう。
ですが、女性にとって妊娠、出産、授乳などを通して必要不可欠な葉酸です。

葉酸サプリを飲んでいる女性も多くいます。
葉酸サプリで結石が出来てしまう方もいるようです。

サプリに含まれる葉酸はにはシュウ酸は含まれないので、カルシウムと結合する事もなく問題ありません。
ただ、サプリメントを服用する上で、一日の服用量などをきちんと守った上で取り過ぎなどは控えるようにしましょう。

葉酸と尿路結石のまとめ

葉酸と尿路結石のまとめ

葉物野菜を調理する際に出てしまうシュウ酸と、体内のカルシウムが結合して出来てしまうシュウ酸カルシウムが結石を生じてしまう事、調理方法次第でそれは防げる事が分かりました。
その他、葉物野菜がすべて有害なシュウ酸を包含しているかと言ったら、それは違う事も覚えておくようにしましょう。

体を酸性にしない食生活における油脂を含む食べ物とのバランスを意識する事で、事前に予防する事が出来ます。
知る事で簡単に出来る予防をして、防ぎ得るリスクを避けましょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり