葉酸と過剰摂取

妊娠中の葉酸は、細胞分裂を促す作用があり、お腹の赤ちゃんが健康に生まれるためにも積極的に摂取する必要があります。
では、妊婦さんは葉酸を多く摂れば摂るほど身体に良いものなのでしょうか。
もし飲みすぎた場合には副作用のリスクは?

今回は、妊婦さん必見の葉酸と過剰摂取について検証します。

葉酸の過剰摂取による副作用の症状とは

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で、細胞分裂を促したり、造血作用もあり、妊娠中は重要な栄養素です。
葉酸は緑黄色野菜などの食品にも含まれていてます。

しかし、水溶性ビタミンなので水や熱に栄養素が流されやすく、料理の段階で成分の約半分はなくなってしまいます。
そして、食べ過ぎにより葉酸を多く摂ったとしても、吸収率は約50%しかなく、余分な成分は尿などで体から排出されています。

よって、食品から葉酸を摂る場合には、過剰摂取の問題はありません。
しかし、それでは妊娠中に赤ちゃんのために必要な葉酸が不足してしまいます。

そのため、厚生労働省はサプリメントからの合成葉酸を摂る事を推奨しています。
そして、葉酸はサプリから取る場合に過剰摂取のリスクがあり、副作用が出る場合があるのです。

葉酸サプリは過剰摂取しやすいので要注意

厚生労働省は、妊婦が食事以外で必要となるのは400μgとしています。
このため、多くの妊婦のための葉酸サプリは、1日で400μgの葉酸の量を摂れるように設計してあります。

もし飲み忘れて2日分飲んでしまったり、いつもより多めに飲んでしまうと、合成葉酸は身体に90%の高い吸収率があります。
そのため、過剰摂取になる可能性があるのです。

そして、厚生労働省は、葉酸の過剰摂取は1000μg以上と定めています。
葉酸は決して飲めば飲むほど身体に良いものではありません。

葉酸サプリは、くれぐれも摂取量をきちんと守って飲むようにしましょう。
では、葉酸を過剰摂取した場合に、具体的にどんな副作用が出るのか見ていきましょう。

妊娠中に葉酸サプリを過剰摂取すると

 

妊娠初期に葉酸サプリを1000μg以上摂取すると過剰摂取となり、葉酸過敏症を起こす可能性があります。
葉酸過敏症とは、食欲不振やめまい、吐き気、発熱、蕁麻疹、むくみ、不眠症などの症状が出てきます。

ひどくなると呼吸障害にもなるので、葉酸サプリの過剰摂取はいつも気を付けなければなりません。
そして、葉酸の過剰摂取により、ビタミンB12欠乏症の診断が遅れ、神経症状を悪化させる原因になる事があります。

ビタミンB12欠乏症とは、貧血に加え神経系障害、イライラ、手足の痺れ、睡眠障害、消化器官障害、腰痛などの症状が出ます。
そして、葉酸を過剰摂取すると、過敏症などを発症する恐れがあるため、ビタミンB12欠乏症の発見が遅れるリスクが出るのです。

葉酸の摂り過ぎは妊婦のためにも、お腹の赤ちゃんのためにも良い事はありません。
そのため、摂取量を必ず守らなければなりません。

妊娠後期に葉酸を過剰摂取すると?

オーストラリアでは、妊娠後期に葉酸を過剰摂取した妊婦の赤ちゃんが、喘息になった報告があります。
喘息をもっている赤ちゃんはアレルギー体質になりやすい事から、葉酸の過剰摂取により、腸内環境を乱してしまい、喘息やアレルギーを起こしたと考えられています。

それから、妊娠後期は葉酸は飲まない方が良いという意見もあります。
しかし、この報告は合成葉酸の葉酸サプリを1日1000μg以上も過剰摂取し続けた場合のケースです。

よって、妊娠後期の妊婦が毎日葉酸サプリを400μgの量を守って摂取し続けば、リスクの心配はありません。
むしろ葉酸の良い健康効果が期待出来ます。

厚生労働省が葉酸の過剰摂取と定める摂取量は?

厚生労働省が葉酸の過剰摂取と定める摂取量

厚生労働省が妊娠中に、必要なサプリから摂る1日の葉酸量は400μgとされていて、最高でも1000μgです。
つまり、それ以上は過剰摂取となり、副作用のリスクがあります。

葉酸サプリは摂取量を守れば過剰摂取とならず、副作用の心配はありません。
しかし、一度に多く飲めば、抜群の吸収力の合成葉酸ですから、1日の上限を軽く超えてしまい、副作用が出る可能性があります。

繰り返しになりますが、葉酸サプリは摂取量を守れば過剰摂取することなく、副作用の心配もありません。
そのため、摂取量は必ず守って飲むようにしましょう。

妊婦が葉酸を過剰摂取した時の胎児への影響

妊婦が葉酸を過剰摂取した時の胎児への影響

葉酸は、特に妊娠初期には必須ビタミンとされています。
しかし、過剰摂取してしまうと、妊婦やお腹の赤ちゃんにも様々な健康被害になりえます。

葉酸は食品から摂取しても副作用はありません。
しかし、葉酸サプリを1日1000μg以上を摂取した場合は、胎児や新生児が喘息や貧血になるリスクがあるのです。

そして、葉酸は造血効果があるために必要以上に摂取すると、血管が拡張されて心拍数を高めてしまう危険性があります。
また、妊婦は葉酸に体が過敏に反応して、吐き気や食欲不振、体のむくみ、不眠、蕁麻疹といった症状が出てきます。

男性が葉酸を過剰摂取すると?

男性が葉酸を過剰摂取するとどうなるか

男性の1日の葉酸摂取量は240μgに定められています。
そして、男性の葉酸上限量は900~1000μgですので、この量を超えないようにすれば大丈夫です。

普通の食生活をしていれば、男性が葉酸の過剰摂取を心配する必要はありません。
しかし、妊活のために夫婦で葉酸サプリを飲んでいる男性は、もちろん過剰摂取に気を付ける必要があります。

男女ともに葉酸を過剰摂取すると、紅斑や発熱、かゆみ等の悪影響が出ることがあります。

葉酸の過剰摂取のまとめ

葉酸の過剰摂取のまとめ

妊婦は葉酸サプリを必要以上に飲まなければ、何も問題が起こる事はありません。
そのため、あまり心配しないでも大丈夫です。

サプリの葉酸は吸収率が高いので、摂取量を間違えてしまうと、副作用リスクを高めてしまいます。
妊活中の葉酸は、卵子の質を高めて妊娠率を高める効果があります。

妊娠中には、赤ちゃんの健康や成長には欠かせません。
この葉酸の素晴らしい効果を実感するためにも、摂取量を必ず守らなければならない事を覚えておきましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり