葉酸不足

妊娠中はお腹の赤ちゃんを健康に育てるために葉酸がとても大切ですが、葉酸が不足しやすい時期でもあります。
よってバランスの良い食生活の他に葉酸サプリから葉酸を意識的に摂取する必要があります。

では、もし妊娠中に葉酸不足になったら、妊婦と胎児にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
今回は、葉酸不足とその症状についてお話致します。

妊娠中に葉酸不足になる原因とは?

妊娠中は、胎児の成長と母体の健康のために葉酸が必要です。
葉酸は緑黄色野菜に多く含まれているため、妊活中から野菜中心の生活に切り替える事をオススメします。

妊娠中に葉酸不足になってしまうと、血液が十分に作られません。
そのため、栄養素が全身に行き渡らなくなり、血行が悪くなるのです。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの脳や臓器の形成などに、葉酸が消費されやすいと言えます。
妊婦は葉酸不足になり、お腹の胎児にしっかり栄養素が行き渡らなくなるのです。

お腹の胎児は、母体の骨盤を通して栄養素を吸収しています。
そのため、しっかり栄養素が行き渡らないと、胎児が低体重になったり、流産や早産のリスクが高くなります。

葉酸不足はビタミンB12欠乏が原因

葉酸不足はビタミンB12欠乏が原因となっている場合があります。
葉酸とビタミンB12は、同時に摂取する事で細胞分裂を正常に促す事が出来ます。

特に妊娠初期は、胎児が体を形成する大切な時期です。
そのため、葉酸とビタミンB12は同時に摂取しなければなりません。

もしビタミンB12の欠乏が起こると、遺伝子異常が起こり、先天性の奇形やダウン症自閉症のリスクが考えられます。
葉酸サプリを選ぶ時には、ビタミンB12が配合されているかどうかよく確認して下さい。

葉酸はビタミンB12と同時に取る事で、胎児の先天性障害や細胞分裂を正常に促す役割を果たしてくれます。

厚生労働省が定める葉酸不足にならないための摂取目安量は?

厚生労働省が定める葉酸不足にならないための摂取目安量

厚生労働省が定める妊娠中の1日の葉酸摂取目安量は480μgです。
特に妊娠初期は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを軽減するために、葉酸不足にならないように気を付けなければなりません。

そして、1日1000μg以上の葉酸を摂取すると過剰摂取となります。
吐き気や頭痛、腹痛といった副作用のような症状が起こりますので気を付けましょう。

葉酸不足によって妊婦に起きる症状とは?

葉酸不足によって妊婦に起きる症状

葉酸は造血効果があるため、たっぷりの血液を作り、全身に多くの血液を循環させる事が出来ます。
体を温める事が出来て、ホルモンバランスが整っていくのです。

そのため、妊娠によるストレスやマタニティブルーといった精神的なストレスの軽減を緩和してくれます。
逆に葉酸不足になると、精神的なストレスの緩和がされにくくなるでしょう。

そのため、うつ病の予防に効果的なビタミンと言われているのです。

葉酸不足による貧血・内出血

葉酸不足になると、血液中のヘモグロビン数値が低下して、貧血に陥る事があります。
特に妊娠中は、多くの栄養素は胎盤を通して胎児に行き渡るため、母体の血液中に鉄分が不足してしまう事が多いのです。

すると、立ちくらみやめまい頭痛といった貧血の症状が引き起こされます。
葉酸サプリを摂取するとたっぷりの血液が作られるため、貧血を予防する事が出来るです。

妊娠中初期は葉酸不足による貧血に注意

特に妊娠初期と中期は、お腹の胎児が形成される時期であるため、多くの栄養素が必要となります。
栄養不足になってしまうと鉄分が血液中に少なくなり、貧血状態を引き起こしてしまうのです。

ですから、葉酸サプリメントには必ず鉄分が配合されているものを選び、貧血しないように予防していきましょう。

葉酸不足によるむくみ

むくみの予防に効果的な妊娠中に、葉酸不足になるとむくみやすくなります。
しかし、逆に葉酸を取り過ぎた場合にも、むくみを引き起こす原因になります。

葉酸の1日の上限摂取量は1000μgです。
そのため、これを越えて摂取し続けた場合は、過剰摂取となります。

むくみだけでなく、様々な副作用を引き起こす事があります。

葉酸不足による下痢

葉酸が不足している時には、下痢の症状が出やすいと言われています。
葉酸には腸の調子を整える作用があります。

そのため、必要な量の葉酸が体内にあればお腹が正常に働きますが、葉酸不足していれば下痢になりやすくなります。
そして、葉酸サプリを飲んだ事で下痢になるとよく言われます。

しかし、葉酸自体が下痢の原因になる事はありません。

葉酸サプリの添加物は下痢の原因

葉酸は天然のビタミンですから、腸の働きに悪影響を及ぼすものはありません。
葉酸サプリを飲んで下痢の症状になってしまう原因は、サプリに含まれる添加物にある事もあります。

葉酸サプリには、様々な成分が配合されているので、どのような成分が配合されているのかをきちんと確認する事が大切です。
乳製品が合わない妊婦が乳製品配合の葉酸サプリを飲んだら、下痢になりやすいと言えます。

自分の体質に合わない成分が記載されている事が分かったら、そのサプリメントを摂取するのは控えなければなりません。

葉酸不足解消で関節痛が治る?

妊娠すると、体の変化や心境的な変化が多くなります。
そのため、ストレスを多く感じるようになり、神経痛がひどくなります。

ひどくなると、関節が炎症したり歩けなくなってしまうので注意が必要です。
葉酸サプリを摂取して葉酸不足がなくなると、造血効果により体の隅々まで栄養素が行き渡るようになるため、関節痛の緩和をしてくれます。

そのため、妊娠中は関節症予防のためにも、葉酸サプリをしっかり摂取していきましょう。
あまりに関節痛がひどい場合は、医療機関に相談する事をオススメします。

葉酸不足による紫斑病(アレルギー)

妊娠中は摂取した栄養素がほとんど胎児へに行き渡ります。
そのため、母体は栄養不足になり、体力が弱ってしまったり風邪をひきやすくなります。

葉酸サプリを摂取すると免疫力が高まるため、風邪予防や花粉症予防、そしてアレルギー予防に効果的です。
妊娠中は葉酸不足・アレルギーにならないように、葉酸サプリを摂取して免疫力を高めていきましょう。

葉酸不足によるホモシステイン値向上による心疾患

血液中にホモシステイン数値が上がってしまうと、血液の流れが悪くなってしまいます。
そして、心筋梗塞や動脈硬化心臓病といった病気のリスクが高くなってしまいます。

日頃から脂肪分が多い食生活していたり運動不足になると、血液の流れが悪くなります。
血管が詰まって心臓病リスクが高まってしまうのです。

葉酸サプリを摂取するとたっぷりの血液が作られて、血流が良くなります。
葉酸不足を解消する事で、心疾患のリスクも抑える事が出来ます。

妊娠中の葉酸不足は血液検査でチェック

妊娠中の葉酸不足は血液検査でチェック

日頃からしっかり葉酸をとっているつもりでも、葉酸不足になっていないかどうか心配になる事が多いでしょう。
そういった場合は、産婦人科の血液検査で葉酸が不足しているかどうかをチェックする事が出来ます。

基本的に、産婦人科の問診では血液検査が行われるため、葉酸が不足しているかどうかチェックされます。
気になる方は産婦人科医に相談してみると良いでしょう。

葉酸不足による胎児への影響とは?

葉酸不足による胎児への影響

なぜ妊娠中に葉酸の摂取が推奨されているかと言うと、一番の大きな理由は、葉酸不足がなくなる事で先天性障害の神経管閉鎖障害のリスクを予防出来るからです。
神経管閉鎖障害は合成葉酸を摂取する事で予防出来る事が分かっています。

食品に含まれる天然葉酸は、しっかりその先天性障害を予防出来るかどうかは明確に明らかにされていません。
そのため、妊娠中は葉酸サプリを利用して、しっかり先天性障害の予防をしていきましょう。

胎児の神経管閉鎖障害のリスク

胎児が神経管閉鎖障害になってしまう原因は、葉酸不足である事が分かっています。
つまり、母体に葉酸不足になってしまうと、神経管閉鎖障害のリスクが高まってしまうのです。

厚生労働省が発表したデータによると、その神経管閉鎖障害のリスクを予防出来るのは、サプリメントに使用されている合成葉酸だと言っています。
ですから、食品に含まれる天然葉酸をいくら摂取した所で、先天性の障害を予防する事が出来るかは分かりません。

赤ちゃんのダウン症のリスク

  

葉酸をしっかり摂ったからと言って、100%赤ちゃんのダウン症のリスク軽減出来るとは医学的にはまだ分かりません。
しかし、葉酸不足を解消すると、造血効果によって多くの血液が作られて血流が良くなます。

そして、しっかり栄養素が行き渡るようになるため、お腹の胎児にプラスになる事は間違いありません。
葉酸は細胞分裂を促進させるため、赤ちゃんの染色体異常を予防して、健康的な体重を作る事が出来るので効果的と言えるでしょう。

赤ちゃんの先天性奇形のリスク

なぜ赤ちゃんが先天性奇形のリスクが出てくるのか、明確な原因は明らかにされていません。
しかし、メカニズムとしては、染色体異常による細胞分裂が上手くいかない事によると考えられています。

葉酸不足を改善する事で正常に細胞分裂が行われて、染色体異常リスクを避ける事が出来るのです。
そのため、妊娠初期は葉酸サプリを摂取して、赤ちゃんの先天性奇形のリスクを防止してきましょう。

男性が葉酸不足になると起こる症状とは?

男性が葉酸不足になると起こる症状

男性が葉酸不足になると、生殖機能である精巣機能の働きが低下して、精子の老化が早まってしまいます。
葉酸をしっかり摂取していると、血流が良くなり新陳代謝が高くなるため、生殖機能を若く保つ事が出来るのです。

そして、染色体異常のリスクを予防するため、健康的な胎児になるサポートをしてくれます。
妊活中は女性だけではなく、男性もしっかり葉酸サプリを摂取していきましょう。

精子の染色体異常を起こす

男性も年齢と共に生殖機能が老化していくため、精子の老化が進みます。
精子の老化が進んでしまうと染色体異常起こし、ダウン症や自閉症、先天性障害のリスクが高まってしまうのです。

葉酸サプリで葉酸不足を解消すると、細胞分裂を促進させたり、染色体異常を抑制してくれる効果があるため役立ちます。

精子の質と量の低下を招く

葉酸をしっかり摂取していると、生殖機能が高まります。
そして、精子の質を高める事ができ、精子の量も減らないようにサポートしてくれるのです。

つまり、葉酸不足が解決されると、生殖機能の若返りを図る事が出来ます。

不妊の原因となる

なかなか妊娠しないというカップルは、染色体異常によってしっかり着床しないという可能性が考えられます。
そこで葉酸不足が改善されると、精子が元気になります。

精子の質と量がアップするので、妊娠力がアップする事が出来るのです。
そのため、不妊治療にも葉酸サプリは効果的と言えるでしょう。

不妊対策する男性の葉酸摂取量

男性の必要な葉酸摂取量は1日240μgと言われています。
基本的に、野菜中心の生活していれば多くの葉酸は摂取出来ます。

しかし、定期的に摂取するためには、葉酸サプリを併用していきましょう。

多くの日本人は食事だけでは葉酸不足

多くの日本人は食事だけでは葉酸不足

基本的に野菜好きな人は、多くの葉酸を日頃から摂取している事になります。
しかし、忙しい現代はどうしてもコンビニ弁当や簡単なファーストフードに頼ってしまう方も多く、葉酸不足になってる方が多いです。

特にアルコールやタバコを多く摂取する方は、体内に活性酸素が多く発生します。
そして、栄養素がしっかり取り入れてられない可能性が高いので気を付けなければいけません。

葉酸サプリには、葉酸だけではなくカルシウム、ミネラル、鉄分、亜鉛といった妊活や妊娠中に必要な栄養素が多く含まれています。
そのため、積極的にとって栄養補給していきましょう。

妊婦が葉酸不足にならないための葉酸の摂取方法

妊婦が葉酸不足にならないための葉酸の摂取方法

妊娠中に必要な葉酸摂取目安量は400μgです。
多くの葉酸サプリは、葉酸不足にならないように1日分摂取出来るように作られています。

そのため、妊婦さんが葉酸不足にならないようにするためには、食生活は野菜中心のバランスの良い食生活を心がけて、葉酸サプリを併用していきましょう。
胎児の先天性奇形を予防してくれるのは合成葉酸だけです。

食生活だけではなく、葉酸サプリを併用する事をオススメします。

妊娠中に安心して飲める葉酸サプリの選び方

妊娠中に安心して飲める葉酸サプリの選び方

厚生労働省が推奨量としている葉酸は400μgで、葉酸不足にならないように設定されている事が重要です。
次に葉酸の原料が、天然由来の合成葉酸である葉酸サプリである事です。

全ての葉酸サプリは、厚生労働省が推奨する合成葉酸です。
しかし、中でも野菜や果物や酵母から抽出したものが、肝臓や腎臓の負担にもならないので安全です。

そして、葉酸サプリメントの中にも、食品添加物が多く含まれているものがあります。
食品添加物は基本的に安全なものですが、妊娠中の身体にはなるべく摂取したくないものです。

葉酸サプリに含まれる保存料や香料や甘味を毎日摂ると、生まれてくる赤ちゃんにも良くありません。
葉酸サプリは、以上に点をチェックして選ぶと良いです。

葉酸の不足のまとめ

葉酸の不足のまとめ

葉酸は体内で生成出来ませんので、食品や葉酸サプリで摂る事になります。
食品からの葉酸の吸収率は低いため、サプリからの摂取を厚生労働省も推奨しています。

葉酸不足になると、妊婦の貧血の他、胎児への障害を招く結果に繋がる可能性があります。
そのため、出来るだけ妊娠初期から葉酸の摂取量には気を付けるようにしてください。

そして、葉酸とビタミンB12は一緒になって細胞のDNAや赤血球を作り、妊娠中に必要不可欠な栄養素です。
妊婦さんが健康的に生活するため、お腹の赤ちゃんが元気に成長するために、葉酸とビタミンB12をしっかり摂り続けていきましょう。

当サイトでは、管理人が実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸不足の解消の参考にしてみてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり