葉酸不足

妊娠中はお腹の赤ちゃんを健康に育てるために葉酸がとても大切ですが、葉酸が不足しやすい時期でもあります。
よってバランスの良い食生活の他に葉酸サプリから葉酸を意識的に摂取する必要があります。

では、もし妊娠中に葉酸不足になったら、妊婦と胎児にどのような影響を及ぼすのでしようか?
今回は、葉酸不足とその症状についてお話致します。

妊娠中に葉酸不足になる原因とは?

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの脳や脊髄だけではなく、他の臓器の成長や血液を作るために、葉酸が消費されやすいと言えます。
そのため、妊婦は葉酸不足になりやすいのです。

また妊婦さんは、便秘になりやすいと言われていて、それに伴う腸内環境の悪化は、葉酸不足と深い関係にあります。
葉酸を含むビタミンB群は、腸内細菌によって供給されています。

しかし、腸内環境が悪化すると、腸内細菌が本来の働きを行えなくなるのです。
つまり、便秘になると、葉酸を含むビタミンB群の供給が行われにくい状態になるというわけです。

妊娠時に葉酸不足になる原因は、便秘による腸内環境が悪化、水分不足、鉄剤の服用、ストレス、運動不足なども挙げられます。

葉酸とビタミンB12の欠乏による

葉酸は代謝や細胞分裂に深く関わっており、DNAの合成や再生に関わる働きをしています。
また、血液を作る働きがあり、造血ビタミンとも呼ばれているのです。

ビタミンBは正常な神経機能を維持する働きや、エネルギー代謝にも関わっており、私たちの健康の維持に欠かせない大切な栄養素です。
ビタミンB12には、葉酸の吸収を助ける働きもあります。

そして、葉酸とビタミンB12は、共に血液を作り出す働きやDNAの合成、ホモシステインの濃度を下げる働きをしています。
葉酸にもビタミンB12にも、DNAの形成や造血作用・ホモシステインの分解など、良く似た働きがあるのです。

これらは常に葉酸とビタミンB12の相互作用して行っているのです。

厚生労働省が定める葉酸の摂取目安量は?

厚生労働省が定める葉酸の摂取目安量

厚生労働省が発表している食事摂取基準では成人女性の場合、1日に必要な葉酸は240μgとしています。
しかし、妊娠すると体内や胎児の発育に大量の葉酸が使われるため、通常の倍の480μgの葉酸の摂取を推奨しています。

特に妊娠の1カ月前から妊娠3カ月までの妊娠初期は、胎児の神経管閉鎖障害の症状が現れるリスクを減らす目的で、400μgの葉酸サプリから摂取する事が推奨されています。
妊娠期間中に必要な葉酸は1日当り480μgです。

葉酸不足によって妊婦に起きる症状とは?

葉酸不足によって妊婦に起きる症状

葉酸はメンタルヘルスとの関係性があり、精神安定に繋がる体の神経バランスを整え、うつや不眠などを改善させる役割もあります。
妊娠中に葉酸が不足する事で、イライラや不眠、うつ症状が出やすいくなるのです。

そして、妊娠中に葉酸が不足すると、正常な赤血球が作られず、悪性貧血の巨赤芽球性貧血を起こしたり、細胞分裂が滞る事で代謝が低下し、免疫機能や消化機能に影響が出ます。
また、動悸、息切れ、だるさなどの不調の他、細胞の入れ替わりが著しい粘液に潰瘍や炎症を起こしやすくなります。

動脈硬化や妊娠高血圧の心配も出てくるので注意が必要です。

葉酸不足による貧血・内出血

葉酸が欠乏する事による母体への影響に関しては、悪性貧血のリスクの確率が上がります。
主な症状は、鉄不足からおきる鉄欠乏性貧血の症状と一緒の立ちくらみ、動悸、息切れ、疲労感などがあります。

葉酸が不足すると、血中の酸素を身体中に運んでくれる働きをする赤血球の形勢が上手くいかず、身体は酸欠状態に陥ります。
そうすると、悪性貧血と言われる状態になり、めまいや立ちくらみ、顔の蒼白、発熱、呼吸困難などの症状を引き起こすのです。

妊娠中初期は葉酸不足による貧血に注意

妊娠初期は普段よりも沢山の葉酸を身体は消費するため、葉酸不足から貧血になりやすいと言われています。

妊娠初期には胎児の脳や脊椎などの重要な器官が形成される時期で、葉酸も多く消費しやすくなります。
そのため、葉酸の摂取量には気を付けるようにしましょう。

また、妊娠初期だけでなく、胎児が急激に大きくなる時期や授乳中などにも葉酸は必要となります。
妊娠してから授乳が終了するまでは、十分に摂取量に気を付けましょう。 

葉酸不足によるむくみ

むくみの予防に効果的な妊娠中に、葉酸が不足するとむくみやすくなります。
しかし、逆に葉酸を取り過ぎた場合にも、むくみを引き起こす原因になります。

葉酸の1日の上限摂取量は1000μgです。
そのため、これを越えて摂取し続けた場合は、過剰摂取となります。

むくみだけでなく、様々な副作用を引き起こす事があります。

葉酸不足による下痢

葉酸が不足している時には、下痢の症状が出やすいと言われています。
葉酸には腸の調子を整える作用があります。

そのため、必要な量の葉酸が体内にあればお腹が正常に働きますが、不足していれば下痢になりやすくなります。
そして、葉酸サプリを飲んだ事で下痢になるとよく言われますが、葉酸自体が下痢の原因になる事はありません。

葉酸サプリの添加物は下痢の原因

葉酸は天然のビタミンですから、腸の働きに悪影響を及ぼすものはありません。
葉酸サプリを飲んで下痢の症状になってしまう原因は、サプリに含まれる添加物にある事もあります。

葉酸サプリには、様々な成分が配合されているので、どのような成分が配合されているのかをきちんと確認することが大切です。
乳製品が合わない妊婦が乳製品配合の葉酸サプリを飲んだら、下痢になりやすいと言えます。

自分の体質に合わない成分が記載されている事が分かったら、そのサプリメントを摂取するのは控えなければなりません。

葉酸不足による神経痛

ビタミン不足になると、ストレスを感じやすくなり、末梢神経の伝導障害が起こり、炎症を起こしやすくなる事が分かっています。
つまり、葉酸を始め、ビタミンが不足していると神経痛になりやすいのです。

ビタミン自体が神経痛を治すわけではありません。
しかし、神経痛になっている人がビタミンを摂取し続ける事で、痛みを緩和させる事が出来ます。

神経痛の改善の場合は、市販の葉酸サプリではなく、病院で処方される神経痛専門に作られた数種類のビタミン等を配合したものがより一層効果が期待出来ます。

葉酸不足による紫斑病(アレルギー)

葉酸不足になると、紫斑病(アレルギー)を引き起こすと言われています。
また葉酸サプリに使用されている合成葉酸は、過剰摂取してもアレルギー誘発物質となり、胎児のアトピーや喘息になってしまうという事もあります。

葉酸サプリにも様々ありますが、石油由来の化学合成の葉酸サプリは注意が必要です。
安すぎる葉酸サプリは、内容がほとんど添加物というものがあり、赤ちゃんがアレルギー体質になる可能性が高くなると言われるのです。

妊婦と赤ちゃんの健康のために、葉酸サプリは価格が高くでも、安心できる商品を選びましょう。

葉酸不足によるホモシステイン値向上による心疾患

ホモシステインは、血中に存在するアミノ酸の一種です。
必須アミノ酸であるメチオニンを代謝していく上で産生する中間代謝物です。

1969年にボストンの医師が先天的に血中ホモシステイン濃度の高い患者において、若年期に動脈硬化や血栓性病変がある事を発見しました。
それからホモシステインが、心疾患等の危険因子になり得る事を明らかになったのです。

文部科学省の研究においても、血清ホモシステイン値が高い人ほど、循環器疾患による死亡率が高くなる事が分かりました。
ホモシステイン濃度を上げないためには、葉酸、ビタミンB12、ビタミンB6等の栄養素を摂取して、ホモシステインから先の代謝経路へと誘導していく必要があります。

妊娠中の葉酸不足は血液検査でチェック

妊娠中の葉酸不足は血液検査でチェック

妊娠中は、普段よりも葉酸不足が起きやすい状態にあるので、体の不調も起きやすくなります。
葉酸やビタミンB12が体内にどのくらいあるのかを調べるためには、血液検査をします。

血液検査をすればすぐに葉酸不足かどうか分かるのですが、これらの検査は特定の病気が疑われる場合にしか実施されません。

例えば、一般的な貧血である鉄欠乏性貧血の場合、葉酸値やビタミンB12値を調べずに、血液内の赤血球の数やヘモグロビン濃度を調べるだけで鉄欠乏性かどうかを診断します。

葉酸不足による胎児への影響とは?

葉酸不足による胎児への影響

葉酸欠乏による赤ちゃんへの影響で、一番心配されるものは神経管閉鎖障害となっています。
神経管閉鎖障害とは、妊娠初期の脳や脊髄が作られる過程で異常が起きるものです。

神経管閉鎖障害は死産に繋がる恐れもある無脳症・歩行障害などの原因になります。
妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんが細胞分裂を繰り返して大きくなる過程で、大量に葉酸が消費されます。
そのため、普段の倍の葉酸が必要になると言われています。

葉酸は胎児が細胞分裂を繰り返す過程で、を正確にコピーするために必要なビタミンです。
この時期に葉酸が不足すると、胎児に先天性神経管欠陥が生じるリスクが高くなると言われています。

胎児の神経管閉鎖障害のリスク

妊婦の葉酸不足が原因で胎児に起こりうる障害は、神経管閉鎖障害、二分脊椎症、無脳症などが挙げられます。
例えば、二分脊椎症は、歩行障害や尿大便失禁といった、一生涯ずっと脳神経外科や泌尿器科に通院する事になるような重篤な症状となっています。

しかし、厚生労働省の発表によると、葉酸を必要なだけしっかりと摂取していれば、神経管閉鎖障害や罹病確率を以上も軽減出来るとしています。
妊娠初期に葉酸サプリメントを摂取する事で、胎児の二分脊椎症の発生リスクを低下させる事が分かっています。

赤ちゃんのダウン症のリスク

  

葉酸はお腹の赤ちゃんの脳や神経管、脊髄などを作るために必要不可欠な成分となっています。
全流産の90%は妊娠初期の初期流産によるもので、初期流産の原因は染色体異常と先天性異常です。

葉酸の摂取により、脳や神経管、脊髄の形成に直接作用する事で、先天性異常、神経管閉鎖障害、無脳症、二分脊椎、脳瘤、ダウン症などによる流産の効果防止になります。

葉酸の摂取をすれば、絶対に初期流産やダウン症のリスクを予防出来るとは言い切れません。
しかし、きちんと適量を摂取した方がプラスになる事は間違いありません。

赤ちゃんの先天性奇形のリスク

先天性奇形とは先天的から確認される異常の一つです。
先天異常は内分泌系や神経、知能の発達など様々なものがありますが、先天性奇形は主に形態的な異常が現れます。

先天性奇形が発現する明確なメカニズムは解明されていません。
しかし、先天性奇形を引き起こす可能性のある原因は分かっています。

胎児の先天性疾患の一つに神経管閉鎖障害があります。
妊娠の初期に胎児の神経管という器官が発育して、のちに脳や脊髄になる重要な器官です。

神経管が発育する妊娠初期に葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害の発症リスクが高まります。
葉酸は妊娠初期に特に重要になるため、妊娠を計画している段階で十分に摂取する事が重要です。

男性が葉酸不足になると起こる症状とは?

男性が葉酸不足になると起こる症状

あまり知られてはいませんが、葉酸は女性だけでなく男性にとっても大切な栄養素です。
男性の体も、葉酸が不足すると様々な不調が現れます。

妊活を効果的に行うためにも、葉酸に対する正しい知識を身に付けておきましょう。
アメリカでの研究チームによると、染色体異常がある精子の数と葉酸の摂取量の関係性の調査において、葉酸が男性の精子機能を高めてくれる事が分かりました。

精子の染色体異常を起こす

葉酸を必要量摂取している男性では、葉酸を摂取していない男性に比べて、染色体異常が30%程度低いという結果が発表されました。
染色体異常は元々、健康的な男性の質の良い精子であったとしても、14ほどの染色体異常があるとされています。

染色体異常の精子で受精すると、妊娠した赤ちゃんには何かしらの影響は出てしまいます。
葉酸と妊娠や胎児の関係性については、これまでは女性の研究ばかりでした。

しかし、男性の葉酸摂取の量が赤ちゃんにも影響を及ぼす事が分かってきました。

精子の質と量の低下を招く

男性の葉酸サプリの摂取は、精子の染色体異常を軽減して、精子の質と量をアップさせます。
染色体異常が少ない質の高い精子が多ければ、染色体異常を防げるだけではなく、受精して妊娠する確率も上げる事が出来ます。

不妊の原因となる

男性の葉酸不足は、実は不妊の原因のひとつです。
男性の場合葉酸が不足すると、精子の染色体に異常が起こる可能性が高くなります。

葉酸を摂取している男性と摂取していない男性とを比べてみると、摂取している男性では、染色体異常精子の数は軽減しています。
健康な精子が多くなれば、その分妊娠の確率がアップして不妊は改善されるでしょう。

妊娠力を上げるためには、男性側も葉酸が不足しないよう気を付けなければなりません。

不妊対策する男性の葉酸摂取量

妊活に関わらず、葉酸は大切な栄養素ですので、男性はいつでも1日240μgの推奨量が摂取出来るよう意識しましょう。

そして、男性の場合は、精子が作られるまでに、およそ3か月掛かると言われています。
そのため、積極的に葉酸を摂取した方が良いのは、妊娠のおよそ3か月前からとなります。

多くの日本人は食事だけでは葉酸不足

多くの日本人は食事だけでは葉酸不足

もともと日本人は野菜を良く食べる国民なので、国民の葉酸摂取量は他多いはずです。
しかし、現代人は忙しい生活を送る人が増えて、外食中心の食生活や脂質の多い食生活を送る人が増えているため、葉酸不足の人が増えています。

また、アルコールをよく飲む方は、葉酸が吸収されにくい状態になり、葉酸が不足になっている方も多いのです。
葉酸には脳の神経に働きかける効果があります。
十分な量の葉酸を摂するとリラックス効果もあるので、妊娠に関わらず、葉酸は日頃から摂る事を意識しましょう。

妊婦が葉酸不足にならないための葉酸の摂取方法

妊婦が葉酸不足にならないための葉酸の摂取方法

葉酸の摂取が必要な妊娠前から妊娠初期に飲む場合は、葉酸400μgとなります。
葉酸サプリは商品によって粒あたり400μgとか、粒あたり400μgなどと粒あたりの配合量が異なります。

妊娠中期以降も継続して飲み続けたい人は、飲む粒数で葉酸の摂取量を調整出来るものを選んだ方が、葉酸不足になりにくいでしょう。
葉酸サプリは毎日摂取するものなので、食品添加物が少なく、無添加の商品をオススメします。

妊娠中に安心して飲める葉酸サプリの選び方

妊娠中に安心して飲める葉酸サプリの選び方

まず厚生労働省が推奨量としている400μgの葉酸をしっかり摂取出来る事をしましょう。
次に葉酸の原料が、天然由来の合成葉酸である葉酸サプリである事です。

全ての葉酸サプリは、厚生労働省が推奨する合成葉酸です。
しかし、中でも野菜や果物や酵母から抽出したものが、肝臓や腎臓の負担にもならないので安全です。

そして、葉酸サプリメントの中にも、食品添加物が多く含まれているものがあります。
食品添加物は基本、安全なものですが、妊娠中の身体にはなるべく摂取したくないものです。

葉酸サプリに含まれる保存料や香料や甘味を毎日摂ると、生まれてくる赤ちゃんにも良くありません。
葉酸サプリは、以上に点をチェックして選ぶと良いです。

葉酸の不足のまとめ

葉酸の不足のまとめ

葉酸は体内で生成出来ませんので、食品や葉酸サプリで摂る事になります。
妊娠初期には葉酸が多く必要となるため、赤血球が上手く作れなくなり貧血を起こします。

葉酸が不足すれば妊婦の貧血が起こるだけでなく、胎児の障害を招く事にも繋がります。
そのため、出来るだけ妊娠初期から葉酸の摂取量には気を付けるようにしてください。

そして、葉酸とビタミンB12は一緒になって細胞のDNAや赤血球を作り、妊娠中に必要不可欠な栄養素です。
妊婦さんが健康的に生活するため、そしてお腹の赤ちゃんが元気に成長するために葉酸とビタミンB12をしっかり摂り続けていきましょう。

当サイトでは、管理人が実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。