葉酸サプリと過敏症

葉酸の過剰摂取を毎日続けると、葉酸に対してアレルギー反応を起こしてしまう場合があります。
これを酸過敏症と言います。

葉酸自体は水溶性のビタミンですので、余分に摂取しても体の中に蓄積されずに、体外に排出されます。
しかし、あまりにも大量の葉酸を飲み続けた場合には、じんましん、発熱、痒み、呼吸障害などの症状が現れる可能性があります。

よって、妊娠中に葉酸サプリを飲んでいる妊婦は、摂取量を守る事が非常に大切です。
葉酸の過剰摂取を続けて葉酸過敏症にならないためにも、葉酸サプリの飲み方についてよく確認しておきましょう。

今回は、葉酸サプリを飲み過ぎてしまう事による葉酸過敏症について検証していきます。

葉酸過敏症とは?

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で、DNAを含む核酸の合成、そして細胞分裂を促したり、造血作用もある重要な栄養素です。
特に妊活中から妊娠中は、胎児の成長のために必須と言われています。

しかし、摂れば摂るほど良いものではありません。
厚生労働省が定めている、1日あたりの葉酸の上限摂取量は1000μgです。

これを越えて摂取し続けた場合には、葉酸過敏症を起こす可能性があります。
葉酸サプリは、妊婦のために考えられて作られています。

そのため、葉酸400μgを含む1粒を服用すれば、1日の摂取量として十分な量になっています。
これを一度に3粒以上飲めば、上限を軽く超えるので、副作用が出るかもしれないのです。

よって、葉酸サプリは決められた摂取量を守るように心がけましょう。

葉酸過敏症の症状とは?

葉酸過敏症の症状は、発熱、じんましん、かゆみ、呼吸障害の症状が報告されています。

葉酸はビタミンB12と共に、骨髄において赤血球を作る造血作用があります。
しかし、葉酸やビタミンB12が欠乏すると、巨赤芽球性貧血を引き起こす事も考えられます。

巨赤芽球性貧血とは、正常な赤血球を作る事が出来ず、巨赤芽球が増えてしまう貧血を言います。

ビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血の治療で葉酸を投与した場合には、貧血は治まります。
しかし、葉酸不足による神経症状は解消されません。

つまり、葉酸の過剰摂取すると、ビタミンB12欠乏症の発見に気が付かずに診断が遅れ、神経症状を悪化させる原因になる事があるのです。

葉酸過敏症の胎児への影響

妊娠後期に葉酸を過剰摂取し続けると、胎児に影響があるとオーストラリアの研究により報告されています。
妊娠後期に葉酸サプリメントを決められた量以上に飲み続けた所、出産後に乳児が喘息になるリスクが約1.3倍になるという調査結果が発表されました。

喘息は、重い発作を起こした場合には呼吸困難を伴ったり、激しい運動が出来なくなるなど、子供の日常生活にも支障が出てしまいます。

葉酸サプリの過剰摂取は葉酸過敏症になる?

葉酸サプリの過剰摂取は葉酸過敏症になる

葉酸サプリは摂取量を守れば副作用の心配はなく、葉酸過敏症にもなりません。
では、過剰摂取とは、どの程度の量なのかおさらいしておきましょう。

厚生労働省では、1日の葉酸摂取量の上限を提示しています。
20代女性は900μg、30代女性は1,000μgとなり、妊娠時も変わりません。

そのため、この量を超えないように気を付けなければなりません。
そして、1日に摂取したい推奨量は、妊娠していない時で240μg、妊娠時は480μgを意識して、葉酸を摂取するように心がけていきましょう。

また、食品から葉酸を摂取する分には、余分な分は排出されるために、過剰摂取になる事はほとんどありません。
しかし、サプリは吸収率の良い合成葉酸を使用しています。

そのため、飲み過ぎた場合に過剰摂取になる事があるので、決められた摂取量を守るようにしましょう。

葉酸過敏症にならないための葉酸サプリの摂取方法

葉酸過敏症にならないための葉酸サプリの摂取方法

葉酸サプリを飲んで葉酸過敏症にならないためには、1日分の葉酸配合量が、上限の1000μgを越えないサプリを選びましょう。
日本製の葉酸サプリは大丈夫です。

しかし、アメリカ等の海外製のサプリには、葉酸の配合量が1000μgを超えているものもあります。
そのため、どちらかと言えば、日本製の方が安心だと言えます。

また、妊娠中にはお腹の赤ちゃんのために、あれもこれもいくつものサプリを併用すると、様々な栄養素が過剰摂取になってしまう事があります。
妊婦は、妊娠中の栄養補給は、ひとつのサプリで補えるのが理想的です。

妊娠中に必要な葉酸の他に、鉄分、カルシウム、ビタミンB12、B6、ビタミンCなどがバランス良く総合的に配合されている高品質な葉酸サプリがオススメです。
葉酸サプリは摂取量を守るだけで、葉酸過敏症を防ぐ事が出来ます。

葉酸サプリの過敏症のまとめ

葉酸サプリの過敏症のまとめ

葉酸の1日の上限摂取量は1000μgとなっており、それを越えて毎日摂取し続けた場合には、葉酸過敏症を引き起こす事があります。
妊娠中の葉酸の過剰摂取は、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼすので、気を付けなければなりません。

食品からの葉酸摂取で過剰摂取になる事はほとんどありません。
しかし、葉酸サプリは吸収率が良いので、注意が必要です。

葉酸サプリは、摂取量を守る事が何よりも大切と言えます。
葉酸サプリは過剰摂取に配慮されていて、妊娠中に必要なその他の栄養素がバランス良く配合されているサプリを選びましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。