葉酸とパイナップル

妊娠中に食べたくなる果物のひとつとして、酸味が心地よいパイナップルがあります。
つわり中に気持ち悪い時でもパイナップルなら食べられるという妊婦さんも、多いのではないでしょうか。

でもどうせパイナップルを食べるなら、妊娠中に必要な葉酸が含まれているとありがたいですよね。
実際パイナップルに葉酸はどのくらい含まれるのでしょうか。

また、ジュースにした場合の葉酸含有量も気になるところで、生のフルーツとどの程度含有量が異なるのかも把握しておきたいですね。
そして、葉酸含有量が妊娠中に必要な分きちんと摂取出来るのかどうか知っておくと便利です。

そこで今回は、パイナップルの葉酸含有量と、妊娠中に必要な量を摂取する事は出来るのか詳しくご紹介していきます。

パイナップルの葉酸含有量とは?

パイナップルの葉酸含有量は、100gあたり11μgとなっています。
妊娠中に必要な葉酸摂取目安量は食品からだと1日240μgなので、11μgでは気持ち程度の葉酸しか摂取が出来ません。

ただ全く葉酸が含まれていないよりは妊娠中に食べた時、少しは栄養が取れている気持ちになれるかもしれませんね。
パイナップルから葉酸を十分な量摂取するのは難しいので、他の食材と葉酸サプリを併用する事をオススメします。

ちなみに、パイナップルの缶詰になると、葉酸含有量は7μgまで下がってしまいます。
出来るだけ葉酸を摂取したい時には、缶詰よりも生の状態で食べる方が良さそうです。

また、果物の中で特に葉酸含有量が高いのはイチゴなので、数種類の果物を混ぜて食べる事でより多くの葉酸を摂取出来ます。
パイナップル単独では、葉酸はほとんど摂取出来ないと考えて良いでしょう。

パイナップルジュースの葉酸含有量

パイナップルの葉酸含有量は11μgでしたが、ジュースにした場合はどのくらいの量になるのでしょうか。
パイナップルジュースの場合は、缶詰よりは少し多い9μgとなります。

どちらにしても1日の摂取目安量と比べると、葉酸の量はかなり少ないですよね。
パイナップルはジュースも含めて、葉酸の摂取はあまり期待出来ないと考えて良いでしょう。

ただ、パイナップルジュースは、妊娠中のつわりで気持ち悪い時などに飲むと、酸味で少しだけスッキリする事があります。
葉酸の含有量は特に気にせず、他の食品やサプリから摂取するようにして美味しいパイナップルを食べて楽しめば良いと思います。

パイナップルジュースもコップ1杯で80キロカロリーと少し高めなので、飲み過ぎには注意してください。

パイナップルで葉酸以外の妊娠中に良い栄養素

パイナップルで葉酸以外の妊娠中に良い栄養素

パイナップルは葉酸の量に関してはあまり期待出来ませんが、その他に妊娠中に良い栄養素が豊富に含まれています。
妊娠初期からその効能が大活躍してくれるので、ぜひ積極的に食べていきましょう。

パイナップルには食物繊維が豊富に含まれているので、妊娠中に悩まされやすい便秘の改善に役立ちます。
さらに、パイナップルの酵素が消化不良を緩和して、妊娠中特有の胃もたれも和らげてくれるのです。

また、酸味のもとであるクエン酸は、疲れを取ってくれる効果も期待出来ます。
妊娠中は少し動いただけでも疲れやすいので、パイナップルは重宝しますね。

ただ、パイナップルの食べ過ぎは体を冷やすきっかけになり、下痢を引き起こす事もあるので注意しましょう。
妊娠後期は下痢が悪化すると、お腹が張りやすくなってしまう事があります。

パイナップルと葉酸サプリを併用しよう

パイナップルと葉酸サプリを併用

パイナップルだけでは、妊娠中に必要な葉酸を摂取する事は難しいのが現状です。
しかし、妊娠初期は普段の食事からの摂取に加えて400μgの葉酸をさらに摂る必要があります。

そのためにも大切なのが、葉酸サプリの摂取です。
葉酸サプリを飲む事で1日に必要な葉酸を摂取でき、妊娠中の母子の健康をサポートしてくれるのです。

ベルタの葉酸サプリは吸収率の良い天然由来の合成葉酸が配合されており、添加物を使用していないので安心して飲む事が出来ます。
そして、葉酸の他にも、妊娠中必要なビタミンやミネラルなどの栄養素が詰まっています。

妊娠前から妊娠初期にかけては特に多くの葉酸が必要なので、ベルタの葉酸サプリで毎日しっかり摂取していきましょう。
つわりの時期も水だけで手軽に飲める点も、嬉しいですよね。

パイナップルと共に、葉酸サプリの摂取でより健康的な妊婦生活が送れそうですね。

葉酸とパイナップルのまとめ

葉酸とパイナップルのまとめ

パイナップルの葉酸含有量と、妊娠中に必要な量を摂取する事は出来るのかをご紹介してきました。
パイナップルの葉酸含有量は100gあたり11μgと、かなり少なくなっています。

そのため、パイナップルからは、葉酸の摂取をあまり期待しない方が良い事が分かりました。
しかし、妊娠中に摂取したい食物繊維や消化酵素が含まれているので、葉酸目的でなくても積極的に食べる事で健康維持に役立つのです。

パイナップルと一緒にベルタの葉酸サプリを併用する事で、不足しがちな葉酸と他のビタミン・ミネラルなどの栄養素を補う事が出来ます。
妊娠中にも体に優しい無添加で、安全性も高いのでぜひ積極的に取り入れてみてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり