妊活とタンパク質

タンパク質は、人間の身体を作るための重要な栄養素です。
特に妊活中の女性にとっては、タンパク質は胎児の身体を作るための栄養素になります。

妊活中からタンパク質をしっかり摂取量しなければなりません。
妊活中の女性にとってタンパク質が本当に重要なという事は分かっていても、タンパク質の摂取量の仕方については割と知らない方も多いようです。

そこで今回は、妊活中のタンパク質の摂取の方法をご紹介しましょう。
妊娠するために知っておきたいタンパク質の知識をまとめてご紹介していきます。

妊活中のタンパク質摂取が妊娠力アップになる理由

妊活中の女性にタンパク質が必要な理由は、タンパク質が胎児の身体を作るという理由とはだけではありません。
実は妊娠するためにも、大切な栄養素なのです。

タンパク質は、身体を作る大切な栄養素であり、特に筋肉を作る重要な栄養素でもあります。
筋肉は体内で熱を作りますので、身体を温めて血流を改善するためにも非常に重要な組織なのです。

特に妊活中の女性は冷え性の症状で悩んでいる女性が多いと言えます。
タンパク質は、女性の冷え性の症状を改善するためにも効果的です。

血行が悪く血流が悪い状態では、卵巣や子宮などの妊娠に必要な器官がダメージを受けてしまいます。
ですから妊活中の女性は、妊娠するためにもタンパク質を積極的に摂取するという事が必要になるのです。

妊活中のタンパク質は子宮内膜や胎児の形成になる

タンパク質は、子宮内膜を作る材料にもなりますので、妊活中の女性には本当に重要な栄養です。
排卵後には、子宮内膜が厚く成長しないと受精卵を受け止めるためのベッドが出来ません。

子宮内膜を作るという事は妊活の成功に直結しますから、妊活中の女性にとってタンパク質がいかに重要かという事が分かります。
また、妊娠後には、胎児の身体を作るのにもタンパク質は必要です。

胎児は母親の身体からタンパク質を受け取って成長していきます。
人間の身体は赤ちゃんでも大人でも、タンパク質がないと成長が出来ないのです。

妊活中のタンパク質は筋肉の材料になる

タンパク質から作られた筋肉は熱を作り出します。
この熱により私たちの体は温められて、血流がよくなるのです。

妊活中にタンパク質が不足すると、冷え性を引き起こしたり血流が悪くなったりしてしまいます。
妊活に冷え性は妊活の大敵と言われていますし、血流が悪いと妊娠に必要な栄養素が体の隅々まで届きません。

タンパク質の1番大切な働きは、私たちの体を作っているという事です。
その体を動かすために必要な筋肉はもちろん、タンパク質がなければ作られません。

妊活に関わらず、元気で健康に過ごすために、タンパク質は欠かせないのです。
筋肉がないと日々の生活、適度な運動も出来ませんし、運動によりストレスが解消にもなります。。

妊活中のタンパク質は女性ホルモンを作り妊娠力アップ

タンパク質は、コレステロールの材料になり女性ホルモンを生成します。
そして、タンパク質はコレステロールを全身に運ぶ栄養素。

コレステロールは水に溶けませんので、体内を移動するにはタンパク質が必要となります。
もしコレステロールが無いと、女性ホルモンが作成されないので月経不順や無排卵になってしまう可能性があるのです。

女性ホルモンが無いと妊娠から遠ざかります。
コレステロールと聞くと、健康に悪影響を与えるイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、妊活中は適度なコレステロールは、重要な栄養素になります。
ただ、心配されているようにコレステロールが多くなってしまうと、動脈硬化などの原因にもなりますので注意が必要です。

妊活中に上手にタンパク質を摂る方法

妊活中に上手にタンパク質を摂る方法

タンパク質には動物性と植物性のタンパク質があります。
妊活中の女性に場合には、どちらのタンパク質を摂ったほうが良いのでしょうか。

動物性のタンパク質を含む食材の種類は、肉、鶏肉、豚肉、牛肉、青魚、白身魚、赤身の魚などです。
植物性のタンパク質は、大豆製品、納豆、豆腐、大豆水煮、乳製品、チーズ、牛乳、ヨーグルトなどにも含まれています。

妊活中の女性には、どちらのタンパク質も必要なタンパク質です。
妊娠するためには、動物性のタンパク質も植物性のタンパク質もバランス良く摂取する必要があります。

妊活中に食品からタンパク質を摂取しよう

タンパク質を摂取する際には、肉を摂取する事がオススメ。
肉と同じ位の量の植物性タンパク質を摂取しようとすると、大豆の場合には肉の1.5倍位の量を摂取しないといけません。

肉類は、少量の食材でタンパク質を沢山摂取する事が出来るので、非常に効率良くタンパク質を摂取する事が出来るのです。
また、同時に鉄分を摂取する事が出来るという点も妊活中の女性に適しています。

一方で、植物性タンパク質のメリットは脂質の低さです。 
肉には飽和脂肪酸と言われる脂質があるのですが、摂取のし過ぎには注意が必要。

飽和脂肪酸を摂取し過ぎると悪玉コレステロールが血管内に増加して、動脈硬化の原因にもなります。
大豆などに含まれている不飽和脂肪酸には、ホルモン形成などに必要な脂質になりますので、積極的に摂取していきましょう。

妊活中に必要なタンパク質はサプリで補おう

タンパク質が豊富に含まれている食材が苦手という方は、サプリで手軽に良質なタンパク質を摂取するの方法をオススメします。
例えばお肉を食べると胃がもたれる方は、タンパク質を消化する消化酵素が不足しているのかもしれません。

タンパク質は胃で消化されますが、その時に必要な酵素が消化酵素です。
この消化酵素はタンパク質を材料に作られますので、もともと肉をあまり食べない方は消化酵素が不足しがち。

妊活サプリメントで有名な「マカ」には、タンパク質を摂取するには適しています。
以前は、マカと言うと男性用の精力剤としての印象がありました。

しかし、今では妊活中の女性のためのサプリメントとして注目されているのです。
マカサプリメントには、良質なタンパク質が豊富に配合されています。

そのため、肉が苦手な方であれば、マカを選んでみるのも良いでしょう。
また、ホルモンバランスを整える効果があるので、妊活中の女性には最適です。

妊活とタンパク質のまとめ

妊活とタンパク質のまとめ

タンパク質は妊活中の女性には必要とは知っていても、お肉は太るというイメージからあまり食べない女性も少なくありません。
確かにタンパク質は身体を作る成分ですので、摂取のし過ぎは体重の増加につながります。

しかしタンパク質不足の方が、筋肉や酵素が少なくなり、基礎代謝が悪くなるため逆に太りやすい体質になるのです。
そして妊娠からも遠ざかってしまいます。

ですから、妊活中は、良質なタンパク質を取り入れる事を心がけましょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。