妊活と風疹

妊娠中に風疹にかかると、風疹ウイルスが胎児にも感染して先天性風疹症候群をもたらします。
先天性風疹症候群の主な症状は、目が見えなない、耳が聞こえない、心臓に奇形が出るといった症状です。

他にも、糖尿病や肝機能障害、発育遅延などの症状もあります。
妊娠初期にかかると発症すると言われていますが、妊娠後期の感染でも起こる可能性があるのです。

先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれてくるのを避けるため、妊活中から風疹の抗体を付けておくよう推奨されています。
そこで、今回は風疹の予防接種後どの程度の期間をあけて妊活を再開すれば良いのか、などについての基本知識をご説明致しましょう。

妊活中は妊娠前の風疹検査が必要

妊活中に風疹の予防接種を受ける時期は、生理期間中、またはその直前・直後の妊娠していない事が確実な時期が適しています。
妊娠前に抗体検査を受けて、風疹抗体があるかないかのチェックをしましょう。

また、接種後2か月間の避妊が必要ですが、接種してから生理が2回くるまでと考えると分かりやすいのではないでしょうか。
また、自治体によっては、補助制度がある場合もあります。

予防接種の時期変更の影響で1979年から1987年生まれの方は、風疹の予防接種が未受診な事が多いので特に注意が必要です。
自治体によっては、妊娠していない成人女性を対象に風疹の抗体検査を行っている保健所あります。

自分が予防接種したかどうか分からない方は、お住まいの役所に問い合わせしてみると良いでしょう。

妊活中は妊娠前の風疹の予防接種が基本

風疹の予防接種は、妊娠初期に検査される項目の1つ。
妊娠初期から妊娠20週までの女性が風疹に感染してしまうと、赤ちゃんの目や耳、心臓などに障害が出る可能性があるからです。

これらを赤ちゃんの先天性異常と言い、風疹が原因になります。
ですから、基本的には妊娠前の予防接種が推奨されているのです。

予防接種を行うタイミングも妊娠していない事が前提になります。
つまり、生理期間中かその前後で、妊娠していない事が明確な状態で行う事が基本です。

そして、女性が風疹の予防接種を受けた場合には、2ヶ月間の避妊期間が必要なので気を付けてください。
2ヶ月というよりも、生理が2回来るまでと考えておくと分かりやすいでしょう。

抗体が出来るまでの期間はしっかり避妊する事が大切です。
男性の場合は特に避妊期間は必要ではないので、抗体がない場合には早めに予防接種を受けてしまった方が良いでしょう。

妊活中の風疹ワクチンの摂取について

妊活中の風疹ワクチンの摂取について

風疹は、麻疹やおたふく風邪に比べると症状がひどくならないので、そこまで気にしない人がいます。
しかし、赤ちゃんにとっては先天性風疹症候群になるリスクがあるので、妊娠20週までの風疹の感染は危険なのです。

妊娠初期の風疹を予防するためにも、妊娠前の予防接種が基本です。
日本では、風疹の流行は終わったと見られていて、風疹の予防接種は自己判断に任されていました。

しかし、2011年頃から日本でも風疹が大流行して、妊娠さんに感染する事象が増えたのです。
これは風疹ワクチン接種が済んでいないアジア各国に出張した人が現地で感染して、2~3週間の潜伏期間を気づかずに過ごし、帰国しから飛沫感染が起こったと見られています。

風疹に感染するのは、出張の多い20~40代の男性ですから、奥さんや社内の妊娠適齢期の女性に感染し大流行へと発展しました。
ですから、ここ数年の風疹の予防接種が意識される状況になっているのです。

妊活中の風疹検査は旦那・男性も必要?

風疹が流行し始めたのは2011年の春ごろから。
風疹は、咳や会話などの飛沫で感染するため、とても周囲に感染しやすいのが特徴です。

発症する人の8割は男性で、20~40代が多いといわれています。
そのため、職場や出張先で風疹に感染してしまった夫から、家にいる妻に感染する事もあるのです。

妊娠中は予防接種が受けられないので、出来るだけ人混みは避けてとにかく周りの人が感染しないように気を付けなければなりません。
特に30~40代の男性は20~30%が抗体を持っていないので、感染しないよう注意が必要です。

海外出張の多い夫や同居する家族には、予防接種を受けてもらった方が良いでしょう。
また、妊娠中に風疹抗体がない・不十分と分かった場合は、次の子のために、出産後早めに予防接種を受ける事も検討すると良いのです。

妊活中の風疹の予防接種後の避妊期間はどのくらい?

風疹ワクチンによる先天性風疹症候群の子どもが生まれた報告はありません。
しかし、可能性が全くないとは言い切れませんから、接種日から2カ月間は避妊するよう推奨されています。

風疹の予防接種を受けてから、生理2回来る間は避妊期間としておくと覚えやすいでしょう。
安心したいのは、風疹ワクチン接種後に妊娠が判明したり避妊に失敗したりしても、全世界的にこれまで風疹ワクチンによる先天性風疹症候群の報告はないのです。

しかし、風疹ワクチンウィルスによる先天性風疹症候群が起こらない絶対的な保証はありません。
念のため、ワクチン接種後2か月間は、避妊をする事が推奨されます。

妊活中の風疹の抗体価が16倍は抵抗力が弱い

妊活中の風疹の抗体価が16倍は抵抗力が弱い

血液検査にはHI法とEIA法の2種類があり、検査結果の見方は次のようになります。
HI抗体価8倍未満は、陰性HI抗体価16倍以下(EIA価8未満)。

陰性または、低抗体価HI抗体価32~128倍(EIA価8~45未満)は適度の抗体がある。
抗体価が8倍未満の場合は、風疹の免疫がないという事なので危険です。

抗体価が8倍未満の方は、感染らないように自分を守らなければなりません。
抗体価が16倍は、免疫がないかあっても不十分です。

逆に、抗体価が256倍以上では最近感染した可能性もあるという事で検査が必要になります。

妊活と風疹のまとめ

妊活と風疹のまとめ

風疹の感染力はインフルエンザの2~4倍もあるそうかので、予断は禁物。
小さい頃に風しんに掛かった事があるとか、多分ワクチン受けた事があるから大丈夫、というのは甘い考えです。 

親の記憶が曖昧で、はしかと勘違いしていたり忘れていたり、過去に一度受けていても時間が経って抗体が減少する事があります。
風しんの予防接種は、2回受けたとしても問題ありません。

これから妊活する方は、未来の赤ちゃんを先天性風疹症候群から守るために、ぜひ旦那さんも一緒に予防接種を受けてみてください。
上手に助成等を利用出来る所もあります。

妊娠を計画している夫婦、妊娠中のパートナーがいる方は、ぜひ早めに予防接種を受けましょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。