妊活と風疹

本格的に妊活を始める前に気を付けたい事は、風疹にかかってしまう事です。
万が一、妊娠中に風疹にかかってしまうと、胎児が先天性風疹症候群になるリスクが出てきます。

胎児が先天性風疹症候群になると、目や耳が不自由になったり、生命に関わる臓器が先天性の奇形を引き起こす可能性があるのです。
ですから、妊活を始めようと思った時に、しっかり風疹の予防接種をする事が大切と言えます。

妊活を始める前から予防接種をする事で、胎児の先天性の病気を防げる事になります。
そのため、しっかり予防接種を忘れないように行いましょう。

妊活中に風疹の予防接種を行った後は、どれぐらいの期間で妊活を再開出来るかについても検証していきます。

妊活中は妊娠前の風疹検査が必要

妊活中には、妊娠する前に予防接種を行わなければなりません。
そのため、事前に抗体検査を受けて、風疹抗体がないかどうか確認しておきましょう。

小さい頃に風疹の予防接種を行っている場合が多いと言えます。
しかし、中にはしていない方も多いので、自治体に確認すれば自分が予防接種済みかどうかを確認する事が出来ます。

妊活のために風疹の予防接種をした後は、2ヶ月間は体を休める必要があります。
予防接種後2ヶ月後は、妊活を再開しても大丈夫です。

妊活中は妊娠前の風疹の予防接種が基本

風疹になると、胎児の先天性病気に大きく影響してしまうため、妊活中からしっかり予防接種をする事が大切になります。
特に、妊娠初期の胎児の形成される時期はその影響が受けやすいため、妊活中から予防接種する事がとても大切なのです。

妊娠初期に入ると、もうすでに胎児の細胞分裂が行われ、臓器が作られるので手遅れになってしまいます。
そのため、妊娠前の風疹の予防接種が基本と言われています。

風疹の予防接種後は、2ヶ月間は抗体が効いているために避妊しなければなりませんが、2ヶ月後は妊活を再開可能です。

妊活中の風疹ワクチンの摂取について

妊活中の風疹ワクチンの摂取について

70年代から80年代にかけては、妊娠中の予防接種が積極的に行われていました。
それ以降はあまり症状が見られなかったため、流行が終わったとされていました。

しかし、2000年になって再び風疹が流行ってきたのです。
そのため、風疹ワクチンの予防接種が見直されてきています。

特に妊娠中に風疹になると、胎児の先天性病気が心配されます。
妊活中から予防接種をしていく必要があるのです。

妊娠が発覚してからワクチンを接種しようとしても出来ないため、妊活中からしっかり予防しておく事が大切と言えます。

妊活中の風疹検査は旦那・男性も必要?

風疹は簡単に空気感染するためアジア諸国で再流行しており、それがきっかけで日本へも流行し始めたと言われています。
そして、男性も風疹の抗体を持っていない人が多いため、風疹検査をしておくと安心です。

男性は予防接種をしても、すぐに妊活に入る事は出来ます。
そのため、予防接種の期間は特に考える必要ありませんが、早めにしておくと良いでしょう。

風疹の抗体があるかないかは、病院で早めに確認をして胎児に影響がないように、妊活中からしっかり対策しておきましょう。

妊活中の風疹の予防接種後の避妊期間はどのくらい?

風疹の予防接種を受けた直後は、約2ヶ月間抗体が聞いている状態ですので避妊期間に入ります。
今現在、風疹の予防接種によって、先天性の奇形が生まれたというデータは発表されてはいません。

風疹ワクチン接種後に妊娠が判明したり避妊に失敗したりしても、全世界的にこれまで風疹ワクチンによる先天性風疹症候群の報告はありません。
しかし、安全のために2ヶ月間は、妊活の間をあけた方が良いとされています。

妊活中の風疹の抗体価が16倍は抵抗力が弱い

妊活中の風疹の抗体価が16倍は抵抗力が弱い

自分の体に風疹の抗体値がどれぐらいあるのかというのは、検査によって調べなければ分かりません。
そのため、事前に確認しておきましょう。

風疹の抗体値は血液検査によって確認する事が出来ます。
抗体値が8倍未満の場合は、風疹に対する抗体力が弱っていると考えられるため予防接種が必要です。

抗体値が8倍以上であれば、風疹に対する抗体力が強く備わっていると言えるでしょう。
ただし、風疹の抗体値はあくまで目安です。

そのため、抗体値が高くても風疹になる確率はゼロではありませんし、一概には安心とは言えません。
男性も女性も妊活中から、しっかり予防接種をして事をオススメします。

妊活と風疹のまとめ

妊活と風疹のまとめ

風疹はもう過去のものというイメージがあるため、予防接種もあまり重要視されてきませんでした。
しかし、2000年に入ってアジア諸国の風疹のブームにより、日本でもその波が影響していると言えます。

小さい時に風疹の予防接種をしている人は多いと言えます。
しかし、中にはしていない人もいるので、病院で確認しておきましょう。

そして、血液検査によって自身の風疹の抗体値も調べられる事が出来ます。
そのため、低い場合はしっかり予防接種しておく事が大切です。

風疹が胎児に影響すると、先天性の病気が発症したり、目や耳が不自由になるといった障害になる可能性もあります。
しっかり予防接種を忘れずに受けましょう。

これから妊活する方は、未来の赤ちゃんを先天性風疹症候群から守るために、ぜひ旦那さんも一緒に予防接種を受けてみてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり