妊活のペース

最近の研究では、妊娠の確率は精子の数よりも精子の運動率の影響が大きい事が分かっています。
つまり、妊活中は禁欲するよりも毎日射精した方が、精子の運動率は高まるのです。

妊活中に妊娠力を高めるために、精子の質を高める目的でセックスの間を空ける方もいるようですが、これは無意味でしょう。
妊娠するためには精子は新鮮な方が良、く禁欲期間には意味がないという事が分かっています。

妊活中は、セックスの回数は増やした方が妊娠の可能性は高まるのです。
では妊活中は、月にどれくらいのペースでセックスをすれば妊娠中しやすくなるかについて、説明していきましょう。

妊活中に妊娠できる一般的なセックスのペースは月に何回?

妊活中は、出来れば毎日セックス出来る事が理想的ですが、忙しいカップルにはなかなか難しい事でしょう。
精子の寿命は卵子よりも長く、女性の体内で2~3日間ほど生きていられます。

ですから1日おき、つまり月に15回程度のペースでも妊娠できる確率は上がると考えられるでしょう。

排卵予測日前の1週間は妊娠しやすい時期ですので、自分の排卵日を把握しておく事も大切です。
今まで自己流のタイミングでなかなか上手くいかなかった方は、セックスの回数を増やすという事を意識してみてはどうでしょうか。

月1回の排卵日セックスにがんばるよりも、回数を増やした方が夫婦間のコミュニケーションも上手くいくでしょう。
例えば、妊活期間のトータルが10ヶ月間でも、頻度を2日に1回にした事でわずか1ヶ月という短期間での妊娠したというブロガーもいました。

月何回のセックスで妊娠出来るかは、個人差があるので何とも言えません。
しかし分かる事は、セックスの回数を増やすと確実に妊娠力はアップするという事です。

妊活中にセックスのペースが早い方が妊娠率は高い

妊活中にセックスのペースが早い方が妊娠率は高い

いつまでも恋人同士のように毎日のように1日、2日おきのペースでセックスをしている夫婦は妊娠しやすい傾向にあります。
なぜなら、物理的に体内に放出された精子の寿命が来てしまう前に、次の精子が送り込まれるから。

そして、いつも受精可能な精子が女性の卵管膨大部にいるので、どのタイミングで排卵したとしても精子との出会いはあるからです。
セックスをすれば、必ず受精して着床する訳ではありません。

しかし、やはりセックスの回数を増やして、毎周期確実に精子と卵子が出会えば、妊娠の可能性は高くなります。
毎日セックスをすると精子が薄くなったり、少なくなったりする事を気にして禁欲する方もいますが、これは逆効果です。

現在の研究では、男性の禁欲期間が長いと精子の数が減る事が分かっています。
妊活中の禁欲期間は多くても、1週間を越えないようにしましょう。

妊娠力を上げるためには、セックスの回数を増やす事が一番の近道になります。

妊活中にセックスのペースが遅い人は排卵日前を狙おう

妊活中にセックスのペースが遅い人は排卵日前を狙おう

妊娠が目的のセックスであればセックスのペースも大事ですが、排卵日前のセックスする事が一番妊娠する確率が高くなります。
妊活中は、基礎体温や排卵検査薬を使って、排卵日を予測し、良いタイミングでセックスをする方法です。

妊娠する事のみを目的とするのであれば、排卵日前のどの時期に何回するのを効果的に考えた方が良いでしょう。
ただし、排卵日付近という事にこだわりすぎて、セックスそのものが義務的になってしまいうと困るので、日常的に習慣になるセックスになれば一番です。

妊活中にセックスのタイミング法を実践してみよう

タイミング法とは、排卵期を狙ってセックスをする事で、自然妊娠を目指すという方法です。
タイミング法を行って、最も妊活成功率が上がるのは排卵日の2日前になります。

精子が子宮で待ち伏せをしている状態のほうが、最も妊娠率が高まるからです。
ただし、排卵日も多少ズレる事があるので、少し長めに考えた方が良いでしょう。

最も妊娠しやすいのは、排卵予定日の3日前~1日後と考えてください。
その間にどれだけのペースでセックス出来るのかが、タイミング法を成功させるポイントです。

また、タイミング法の成功率を高めるのは、排卵日を正確に知ること。
排卵日を正確に把握する事で、妊娠しやすいタイミングをしっかりと見定める事が出来るのです。

妊活中のペースのまとめ

妊活中のペースのまとめ

妊活成功率を上げるには、セックスの回数を多くすれば自然と確率は上がります。
つまり妊活中は、セックスのペースを上げる事が妊娠への近道なのです。

ところが、結婚生活が長くなったり不妊治療を受けるようになると、セックスの回数が少なくなる傾向があります。
たとえば、妊娠の確立が高い日にだけセックスをするようになるカップルもいるようです。

赤ちゃんは授かりものですから、はっきり月どれくらいのペースで妊娠する!とは個人差があるので、言えません。
しかし、セックスの回数とタイミングを計ることで、確実に妊娠力をアップする事が出来るでしょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり