妊活とジム

運動を行う事は、妊活をする上でも高い効果があります。
ただ、運動量をステップアップしていくのであれば、採卵や移植してから数日間、治療によっては控えた方が良いとクリニックで言われます。

影響がない範囲でしたら、妊活中でもスポーツジムに通っても大丈夫です。
そこで、今回は妊活中にスポーツジムに通って、運動しても大丈夫なのかについてご説明していきましょう。

ただし、妊活中にジムに通う事がもし心配でしたら、医師や看護師にきちんと相談された方が良いので、参考までにしてみてください。

⇒妊活時にオススメの葉酸サプリを見てみる。

妊活中はジムで適度な運動が効果的

妊活中に運動で体を動かすと、体内の血液循環がよくなります。
そして、各臓器へ十分な血液が行き渡り、子宮や卵巣にも活発な働きが期待できます。

ですから、妊活中でも気にせず、妊娠が分かるまでは運動を続けても大丈夫です。
妊活中には、運動で特に気を付けなければならない事はありません。

妊活中に運動をしても、自然の力は強いですので、妊娠が妨げられる事はないでしょう。
妊活を意識して始められたのなら、妊娠にも早く気付く事が出来ます。

そのため、赤ちゃんが危険になる事もないと考えられます。
しかし、薬などで不妊治療を行っている場合は、自己判断ではなく医師に相談してからジム通いするようにしてください。

妊活中はジムで激しい運動には気を付けよう

妊活中はいつ妊娠したか予測が出来ないため、激しい運動は控えるようにしてください。
特に不妊治療で排卵誘発剤を使っている方は、卵巣が腫れる恐れがあるので気を付けなければなりません。

排卵誘発剤とは、生理不順や基礎体温が安定していない方が、排卵日を強制的に誘発する治療法です。
ホルモンバランスが乱れて、基礎体温の低温期と高温期が安定していないと、排卵日が正確に起こらずに不妊となってしまいます。

そこで、産婦人科の不妊治療で排卵誘発剤を使うと、排卵日がしっかり来るようになるため妊娠率を上げる事が出来るのです。
排卵誘発剤を使うと双子が生まれやすいため、あえて不妊治療を行うカップルもいます。

しかし、スポーツジムで激しい運動をするとせっかく排卵が起きた卵巣が腫れ上がってしまうため、流産の原因になるので気をつけなければなりません。
不妊治療中でなくても、基本的に妊活中は激しい運動は控えて、軽く汗をかく程度の運動を心がけましょう。

妊活中のジム通いは大丈夫?

妊活中のジム通いは大丈夫

運動は妊活にとっても良い事ですし、健康を維持するためにも欠かせません。
運動が好きだと思って続けている場合は、さらに理想的だと言えます。

そして、運動の後は、せっかく温まった体を冷やさないようにしましょう。
水分補給は重要ですが、冷たい飲み物を飲み過ぎると逆効果になります。

適度に熱を取ったら、その体温を出来るだけ維持させられるように心がけると、免疫力を高める事も出来ます。
体調を崩しやすい冬などは、妊活にも影響が出てくるのです。

インフルエンザや風邪で生理周期乱れる事もあります。
そのため、運動による体温上昇の効果で免疫力も上げていきましょう。

妊活中のジムはヨガがオススメ

妊活中のジムはヨガがオススメ

ヨガは心と身体のバランスを取るため、瞑想とポーズでゆっくり体調を整えていく運動法です。
妊活中も自宅で行う事が出来て、特に道具も必要ないので初心者も取り組みやすいと言えます。

ヨガを行うと、精神がリラックスして新陳代謝が良くなるため、冷え性の改善や子宮環境が整う効果があります。
ヨガのポーズは初心者向けの簡単なものから上級者向けの難しい形まで様々あります。

多くの妊活中の女性や妊娠中の女性がヨガを取り入れています。
妊活中はストレスや体調の変化があり、心身共に疲れやすいと言えます。

しかし、ヨガをする事で精神を統一出来るため、体調も良くなるのです。
ジムによっては、インストラクターが教えてくれる所もあります。

ヨガに関しては、自宅でも行いやすいので、ぜひ行ってみてください。

妊活中のジムの後は身体を冷やさないように!

妊活中のジムの後は身体を冷やさないように

妊活中は身体の新陳代謝を上げるために、スポーツジムに通っている方も多いでしょう。
気を付けてもらいたいのは、汗をかいた運動後は身体を冷やさないようにする事です。

妊活中の身体の冷えは妊娠力を低下させてしまいます。
そのため、くれぐれも汗をかいて身体を冷やしてしまわないように気を付けてください。

スポーツジムで汗をかいた後は、シャワーを浴びて特にお腹周りを冷やさないようにしましょう。
運動後の冷たい飲み物はお腹を冷やして子宮環境を冷やす事になり、卵巣機能の低下に繋がります。

そのため、常温または冷え過ぎていない飲み物を取るようにしてください。

妊活とジムのまとめ

妊活とジムのまとめ

妊活中はスポーツジムで運動する事は、代謝が上がりホルモンバランスが整うため、妊娠力を上げるために効果的です。
しかし、過酷な筋トレや長距離のマラソンといった激しい運動は卵巣機能を低下させてしまうので、控えるようにしましょう。

妊活中は、全身の代謝が良くなるようにストレッチ運動、ヨガ、ジョギング、スイミング、バイクがオススメです。
あまり、激しい運動をすると万が一妊娠した時に子宮へ刺激になるので、妊活中の運動は軽く汗をかく程度にしておきましょう。

そして、スポーツジムで汗をかいた後は身体の体温が下がります。
そのため、早めにシャワーを浴びて身体を冷やさないように気を付けてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり