妊活の冷え

妊活中のみなさん、実は夏は、冬よりも身体が冷えています。
夏に身体が冷えてしまう一番の原因は冷房。

外の蒸し暑さに反して、室内はとても冷え切っているのです。
特にデパートやレストランの冷房設定は低めに設定されています。

外気との温度差は、冷えだけじゃなく自律神経が崩れる原因にもなり、妊娠から遠ざかってしまうのです。
そこで、今回は夏の妊活で気を付ける事や、理想的な過ごし方についてご紹介します。

妊活中の夏にからだが冷える原因とは?

妊活中の夏に身体が冷える原因は冷房だとお話しましたが、薄着である事も原因のひとつです。
夏は、着ている服がまず薄いので、首筋・手首・足首は冷房が直撃しやすくなります。

そして、サンダルも履く事が多くなりますが、足元も冷えてしまうのです。
また、夏は冷たい飲み物、アイスやかき氷ばかり食べたり飲んだりしていると、身体は冷えてしまいます。

食べ物に関しては、夏野菜はきゅうりにトマト、なす、ピーマンなど身体を冷やす作用があるのです。
夏野菜は水分が多くカリウムが多いので、利尿作用があり体を冷やしてしまいます。

こういった理由から夏は冬よりもからだが冷えやすくなるといえるのです。

7月・8月の夏の妊活の冷え防止の過ごし方

7月・8月の夏の妊活の過ごし方

7月・8月は暑いからといって、冷たい食べ物や冷たい飲み物ばかりをとっていると妊活にとっては悪影響です。
夏こそ身体を温める食習慣と生活習慣を整えて、妊娠出来るからだ作りを意識しましょう。

ただし、妊活のために頑張ばり過ぎると、逆にストレスになってしまいます。
ほどほどに気を付けながら、暑い夏に無理なく出来る妊活のポイントをご紹介しましょう。

妊活中の夏は冷えに気をつけよう

妊活中は、暑い夏だからこそ温かい飲み物を積極的に飲む事をオススメします。
特に、冷房の効いた室内で冷たい物を飲むと体が芯から冷えてしまうのです。

冷え性体質にならないように、温かい飲み物を選ぶようにしてください。
そして、夏野菜で賢く葉酸を摂取しましょう。

葉酸は、妊娠を考えている段階から積極的に摂取する事が大切です。
夏のスタミナ食の「うなぎ」や夏野菜の定番の「枝豆」「アスパラガス」「モロヘイヤ」にも、葉酸が多く含まれています。

そして、夏こそお風呂でしっかりと体を温める事も大切。
疲れを取るには、シャワーよりも温浴が効果的です。

妊活中の夏は腹巻きで子宮を守る

妊活中に手足が冷えると、冷たくなった血液が骨盤近くを通り、子宮や卵巣が冷える原因になります。
そして、子宮や卵巣の生殖機能が冷えると、受精卵が着床しにくくなり妊娠から遠ざかってしまうのです。

また、子宮内膜にトラブルを引き起こす可能性も高くなります。
しかし、夏でもお腹を温める事で、お腹に集中している様々な臓器の血流を促進する事が可能です。

お腹は身体の真ん中にあるため、全身に血液が行き渡りやすく冷たい手足も温める事が出来ます。
温かい血液が全身を巡るので、卵巣の血流量も多くなり、卵胞の発育も良くなるというわけです。

さらに、冷えを解消する事により排卵誘発剤の効き目が高まります。
結果的に受精卵が着床しやすい状態になるといった効果も期待出来るのです。

妊活中は夏でもホッカイロを使おう

不妊治療を諦めていた方が、夏でもホッカイロ使ってを24時間温め続けた結果、妊娠に至ったというケースがブログの記事にありました。
それほど身体を温める事は、妊娠する事と深い関係があるのです。

ただし、受精卵が熱に弱いので、直接的に温めない方が良いとも言われています。
夏にホッカイロを使う事は、張る場所を考えれば有効に活用する事が出来るでしょう。

お尻の上のあたりの骨まわりは、生殖器や骨盤周りの臓器を守る役目を果たしています。
ここには大きな血管や神経が通っていますので、骨盤の血流が滞ると自律神経にも影響が出るのです。

自律神経が乱れると、女性ホルモンの分泌バランスも崩れてしまいます。
ここをホッカイロで温める事で血流が改善し、栄養や酸素が子宮や卵管・卵巣に行き渡るようになるのです。

妊活中の夏野菜はからだを冷やす

妊活中の夏野菜はからだを冷やす

妊活中の夏野菜は確かに身体を冷やしますが、妊活中の女性は食べない方が良いという訳ではありません。
身体をクールダウンさせる効果があり、夏バテしないで乗り切るためには夏野菜も必要な食べ物です。

夏野菜には、暑い夏を乗り切るために必要な栄養素が豊富に含まれています。
特に水分、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているのです。

そのため、身体の体温を適温に下げ、体調を整える役割があります。
身体をクールダウンさせて暑い夏を乗り切る効果のある夏野菜は、きゅうり、トマト、なす、ピーマンです。

胃腸の調子を整えて、疲労回復に効果がある夏野菜はオクラ、モロヘイヤ、ゴーヤがあります。

妊活中の夏の冷え対策の服装は?

妊活中の夏の冷え対策の服装

夏の冷え対策には、絹の靴下・太腿までのスパッツと足首までのスパッツを履くと良いでしょう。
また、ズボンまたはロングスカートの場合は、サマーブーツバッグに絹のレッグウォーマーを入れておくと便利です。

お腹や腰の冷えは、子宮や卵巣など生殖器にダイレクトにダメージを与えます。
また、この部分は手足と違ってあまり動かしませんので、いったん冷えてしまうと温めるのは大変です。

入浴後やお出かけ前など、冷える前の保温を心がけましょう。
そして、パンツはお尻とお腹をスッポリ包む深めのものを、その上からスパッツを履く事をオススメします。

身体を締め付けるきつめのガードルは、血行を阻害し冷えやうっ血のもとになりますので、避けるようにしましょう。

妊活中の夏はTシャツだけでは冷える

Tシャツだけで体が冷えると、血液のめぐりが悪くなります。
体中に酸素や栄養素、体の調子を整えるホルモンを届ける働きを担っている血液。

しかし、冷えてしまうと体の機能が低下します。
その結果、妊娠前なら卵巣機能や黄体機能など、生殖機能の低下を招き妊娠しにくい身体になるのです。

妊娠後だと、赤ちゃんに十分な栄養が送れずに早産や流産になる危険性が高まってしまいます。
そんな体の冷えを防ぐためには、まず骨盤回りを温める事です。

Tシャツは薄手でも、保温性・ファッション性ともに高い下着を上手く利用しましょう。
そして、暖かい日でも素足で過ごすと体の末端から冷えてしまうので、ストッキングや靴下を履くのがオススメです。

妊活中の夏は薄着のパジャマはNG

妊活中は寝る時も足だけ温めておかないと、すぐに冷え症になってしまうでしょう。
寝る時の足は、パジャマを着ていても、絹、綿の靴下を履くをオススメします。

夏に何枚も靴下と思うかも知れませんが、意外に大丈夫です。
夏は寝る時も、とにかく足は冷やさない事が重要と言えます。

妊活中は夏でも靴下を履いて冷え対策

夏に靴下を履いていると、暑くて眠れない人も多いです。
でも、夏こそしっかり靴下を履き、身体を温めていきましょう。

のぼせないためには、下半身の温めが大切です。
足元はなるべく靴下を履く事をオススメします。

そして、夏はついついシャワーで済ませてしまいがち。
しかし、冷えを悪化させる元にになりますので、出来る限り湯船につかりましょう。

少しの工夫を積み重ねる事で、身体は必ず反応してくれます。
夏でも靴下を履き、身体を温める努力をする事で必ず身体も妊娠体質に近づいていく事でしょう。

妊活中は夏バテに気を付けよう

妊活中は夏バテに気をつけよう

夏バテによって栄養のバランスが偏ってしまうと、貧血予防に必要な鉄が十分に摂り込めなくなってしまいます。
妊活中の食事の栄養バランスは乱れがちだけど、鉄はサプリメントでしっかりとっているからと言う方も多いでしょう。

ですが、鉄はビタミンやたんぱく質など、他の栄養素がしっかり摂れていないと吸収されにくい栄養素なのです。
女性の場合は、月経により体外に鉄が放出されてしまうため、男性よりも多く鉄を摂取する必要があります。

ダイエット目的で食べる量を極端に減らしたり、ご飯やお肉を避けるような食生活をしている人は、特に鉄が不足しがち。
主食はご飯やパンなどの炭水化物、主菜は肉や魚、玉子などのたんぱく質、そして副菜は野菜、海藻類などのビタミン、ミネラルの揃った食事を意識していく事。

これが妊活中の夏バテ、貧血予防の第一歩です。

妊活中の夏はエアコンによる冷えに気をつけよう

暑い夏でも手足の血行不良が気になります。
さらに、外の高い気温とエアコンの冷風の温度差で、だるさや肩こりなどの他、疲労回復が遅れがち。

一日中不調を感じる日もあります。
夏の冷えを感じるシーンのほとんどは、エアコンが強く効いたオフィスや電車の中です。

自宅のように設定温度を変えるわけにはいかないので、自分自身で冷え対策をする必要があります。
暑い夏をには、妊娠の大敵である冷えを対策していきましょう。

妊活中の夏はrsウイルスに気をつけよう

RSウイルスは、秋から冬にかけて流行する感染症の一つ。
乳幼児が感染すると重症化の恐れがある怖い感染症です。

ここ数年、毎年流行する感染症の一つになります。
妊娠中は免疫力も低下していますし、飲めるお薬も限られていますから、出来るだけ感染しないよう注意が必要です。

感染してしまった場合は、病院で妊娠している旨をしっかりと伝える事で、胎児には影響を与えないお薬を処方してもらえます。
今のところ、感染後に投与する特効薬がまだありません。

感染してしまうと、腫れて狭くなってしまった気管支を広げるためのお薬が必要になります。
また、炎症を抑えるためのお薬など、無呼吸を防ぐためや今以上にひどくならない為の対策方法しかないのです。

ですから、赤ちゃんを感染させないよう努める事が最善策だと言えます。

妊活の冷えのまとめ

妊活の冷えのまとめ

夏の妊活のポイントは、健康な体を維持するという事が重要です。
暑いからと言って、冷たい食べ物や冷たい飲み物ばかりを取っていると、妊活にとっては悪影響な事がお分かり頂けたと思います。

夏こそ、しっかりとした食習慣と生活習慣を整えて、妊娠出来るからだ作りをしましょう。
ご紹介したのは暑い夏に無理なく出来る方法ですので、是非参考にしてみて下さい。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。