妊活の始め方

妊活はただ闇雲に行うより、正しい知識を身につける事で、効率よく行う事が出来ます。
また、正しい知識を身につけ、生活習慣を正す事によって、妊娠力もアップさせる事が可能です。

それは、妊娠を希望している女性だけでなく、将来的にしたい女性や協力するパートナーの男性も同様。
妊娠を望むなら、しっかり妊娠に向けた行動をとる必要があります。

そこで今回は、妊娠力がアップする妊活の始め方5つのルールをお伝えしましょう。

妊活の始め方5つのルールとは?

ここからは、妊活の始め方に迷っている方に、妊娠力を高めるための5つのルールをご紹介します。
どれもこれから妊活を始める方に簡単に実践出来るものばかりです。

妊活の始め方その1.基礎体温を測る

妊活の始め方の基本として、まず基礎体温を測る事を習慣にしましょう。
本格的に妊活を始めようと決めたら、毎朝基礎体温を測り、排卵日を把握する事が大切です。

自分の排卵日が分かれば、いつ妊娠しやすいか日にちを特定出来るため、妊活が成功しやすくなります。
そして、生理不順や基礎体温がガタガタに乱れている場合は、生活習慣を整えて、基礎体温の正常化を測る事が大切です。

排卵日が正確に分かると妊活の成功に近づける事が出来ます。
そのため、基礎体温を測るのは、とても大切と言えるでしょう。

妊活の始め方その2.規則正しい生活が基本

妊活の始め方の2つめとして、規則正しい生活をするようにしましょう。
例えば、食生活が乱れていて、脂質や糖質が多いといった栄養バランスの悪い食生活をしていると、妊娠に必要な栄養が摂取できません。

そうして、妊娠から遠ざかってしまいます。
また、忙しい生活で慢性的な睡眠不足になっていると、体がストレスを感じて副交感神経が働きません。

血行不良となり妊娠力が下がるのです。
そして、日頃から運動不足の方は血行不良となり、体の巡りが悪くなっています。

そのため、妊活を始めたら日頃の生活習慣を正す事がとても大切です。
妊活のストレスも体の巡りを悪くしてしまう原因になるので、心身ともにストレス発散させる方法を常に見つけておくと良いでしょう。

妊活の始め方その3.年齢スケジュールを立てる

年齢計画を立てる事は、妊活の始め方でも重要です。
一昔前までは、30代の出産と言うと高齢出産と言われていました。

しかし、最近は晩婚化が進み初産で30代の方が過半数を超えており、初産の出産の年齢は高齢化しているのです。
30代後半からは子宮や卵巣機能の低下が始まるため、妊娠率が下がってしまいます。

そのため、出来れば20代の内から妊活を始めた方が、スムーズに妊娠力を高める事が出来ると言えます。
そして、高齢出産と呼ばれる年齢も遅くなっており、最近は三十代後半が高齢出産と呼ばれる事が多いのです。

本格的な妊活を始めるならば、なるべく早く始めた方が成功出来る確率は高いと言えるでしょう。

妊活の始め方その4.流産しても諦めない

一度流産してしまうと、自信がなくなってショック状態に陥ってしまう妊婦さんは多いのです。
しかし、流産は決して珍しい事ではなく、自分のせいだと責めてしまうのは、将来のために決して良くはありません。

どうしても子作りがしたいと思うならば、一度の流産で諦めてしまう事は非常にもったいないと言えます。
先輩ママさんでも流産を経験した後に、健康的な子供を出産した方はいっぱいいるのです。

流産したばかりの頃は、ショックで立ち直れない事があるかもしれません。
妊活の始め方の心得として、先輩ママさんのブログや体験談を読んで、自分だけではないと認識する必要もあります。

妊活の始め方その5.パートナーと将来について話し合う

妊活の始め方として、まずは夫婦で授かる事について話し合ってる事が大切。
そして妊娠を望んでいるのになかなか赤ちゃんが出来ないなら、夫婦で出来る事を始めてみましょう。

男性の年齢による精子の質が低下している可能性もありますので、女性側だけの問題ではないのです。
そして、2人目不妊は男性が協力的ではないと良く言われますが、2人目不妊だからこそ男性側の協力が必要になってきます。

家族の将来は、夫婦一緒に考えて、幸せな瞬間を迎えられるように…パートナーと話し合いたいですね。

妊活の始め方のまとめ

妊活の始め方のまとめ

妊活の始め方をまとめました。
妊娠を考え始めると、様々な事に気を遣わなければならず、プレッシャーを感じる方もいるでしょう。

そんな時は、睡眠をしっかり取り、軽く身体を動かしたりしてリフレッシュしてみてください。
妊娠中には難しくなる、エステや旅行をしておくのも良いでしょう。

妊娠するのための身体作りは大変ですが、自分の身体に気を付ける事は赤ちゃんのためにもなります。
そして、妊娠を考える事は、今までの自分の生活を見直すチャンスであり、自分磨きでもあるのです。

いつかやってくる赤ちゃんとの日々を夢見て、まずは規則正しい生活を始めてみていきましょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり