妊活と頭痛

妊活中は、排卵日に市販の頭痛薬や風邪薬を飲んでも大丈夫なのでしょうか。
頭痛薬が着床に影響が出て妊娠出来ないとか、胎児に影響が出たりしないのか気になるかと思います。

そこで今回は、妊活中の頭痛の服用についてご説明していきましょう。

妊活中の生理前の頭痛は薬以外で対処しよう

妊活中の生理前の頭痛においては、体を動かしていると血液循環が良くなり脈拍も早くなる事で、ズキズキ痛むペースも早まってきます。
外出中やお仕事中ですとすぐには難しいと思いますが、痛みをつらく感じるなら体を横にして休め、安静にしていましょう。

ベッドで休む際は部屋の照明を暗くし、アロマオイルを使うと妊活中のストレスを軽減させリラックス効果も高まるのでオススメです。
そして、妊娠超初期は脳血管の広がりが周りの神経に圧力を掛けてしまうので、偏頭痛が起こりやすくなる時期。

この場合は、頭痛薬ではなく直接患部を冷やして、広がった血管を収縮させて元に戻せば頭痛を穏和出来る事があります。
タオルで巻いた保冷剤やアイスノン、冷却パック、熱冷まし用冷却シートなど、身近なものを利用して原因の元を解消しましょう。

妊活中の生理による頭痛は妊娠の可能性

妊活中の生理による頭痛は妊娠の可能性

妊娠超初期症状での頭痛は、頭の片側やこめかみ近辺で脈打つようにズキズキ痛むのが特徴の「偏頭痛」が多いもの。
以前から頭痛や貧血を抱えていた方は偏頭痛の症状が起こりやすいと言われていますが、関係ないとも言われています。

また、妊活中の排卵日なら、市販の頭痛薬や風邪薬を飲んでも問題ありません。
胎児の脳や臓器が作られるのは妊娠後4~12週です。

胎児の脳や臓器に影響が出て、発育不良や奇形を生じるリスクはありません。
排卵日の頭痛薬による流産の影響については、頭痛薬を飲んだからという事ではなく元々流産する子供だったという場合が多いそうです。

ですから、産婦人科医は妊活中の頭痛薬は、そこまで不安になる事はないと答えています。
安心して排卵日を迎えたいのなら、産婦人科医に相談して頭痛薬や風邪薬などを処方してもらうと良いでしょう。

頭痛持ちの妊活女性が気を付ける事

頭痛持ちの妊活女性が気を付ける事

頭痛持ちの妊活女性は、なるべく頭痛薬や鎮痛剤には頼りたくないと思います。
頭痛の解消には、原因をつきとめて排除する方法を探すのが良いでしょう。

例えば、運動不足からは血行が悪くなり頭痛を引き起こす事があります。
頭痛持ちの妊活女性には、ウォーキングがオススメです。

そして、妊婦さんも適度に運動する事を勧められます。
また、貧血が原因で頭痛になる事もあるのです。

妊娠すると赤ちゃん栄養が摂られますので、血液中のヘモグロビンが少なくなってきます。
そうなると脳に行く酸素も少なくなり、さらに頭痛が起きる原因になるのです。

酸素不足の頭痛は原因が解っていますので、酸素吸入をして頭痛対策している方もいます。

妊活中の頭痛のまとめ

妊活中の頭痛のまとめ

妊活中に頭痛薬を服用する事は特に問題はありませんが、頭痛の原因を突き止めて頭痛薬以外で対処できれば一番良いでしょう。
そして妊活中の女性は、貧血状態から頭痛になるケースが多いので、貧血が解消されると自然と頭痛が引いていく事も多いものです。

レバー、ほうれん草、枝豆、納豆など鉄分の多い食品を摂取すると、自然と正常な血液になり頭痛の解消になります。
妊活中には、ストレスを上手に回避して読書をしたり、ホットな飲み物を飲む事もオススメです。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。