50代の妊活

とても稀なケースですが、50代以降になって子供を授かる女性もいます。
しかし、その割合は厚労省によると51万人中8人とも言われているのです。

50代になって妊娠・出産する事が、いかに難しいかがよく分かるかと思います。
50代になると、中には閉経を迎えている人もおり、その場合は当然妊娠は出来ません。

第三者から卵子や精子の提供を受ける方法もありますが、妊娠する確率は極めて低いと言えるのです。
しかし、まだ閉経していなければ自然妊娠出来る可能性は残されています。

そこで今回は、50代の妊活する女性に様々なデータを用いてご説明していきましょう。

50代の妊活で自然妊娠出来る確率は?

妊娠出来る年齢というのは、月経が始まってから閉経までになります。
そのため、50代の妊活で自然妊娠の可能性はゼロではありません。

ただし、50代で自然妊娠出来たというケースは1%も満たないので、非常に厳しい現実だという事は分かります。
そして、50代にて妊娠が成功している場合は多くの場合、体外受精となるのです。

ですから、50代で自然妊娠する事はかなり難しいと言えます。
しかし、決して可能性はゼロではなく、体外受精という選択肢を取れば、少しは可能性が上がるでしょう。

50代でも子作りに対して夢を捨てる必要はないと考えられます。

50代の妊活は体外受精を検討しよう

女性の体は、30代から徐々に生殖機能が低下していき、30代後半からは卵巣機能の低下がピークを迎えます。
そして、50代になると卵子の数や質自体が下がってくるのです。

50代の体外受精も現実的には、なかなか確率から見れば厳しくなります。
30代後半から40代は20%になりますが、40代後半には10%、そして50代に入ると一気に落ちて1%以下となります。

その原因は、やはり加齢による生殖機能の低下です。
卵巣機能が低下して排卵の数や質が減るため、細胞分裂が正常に行われなくなるためです。

50代で妊活をしたいと思った場合は、早めに産婦人科に相談して、体外受精をしてみると良いかもしれません。

50代の妊活による不妊治療の成功率は?

50代の妊活による不妊治療の成功率

50代でも月経がある限り、自然妊娠の可能性もゼロではありません。
また、体外受精に成功したカップルも多いのです。

しかし、データから見るとその現実はかなり厳しく、40代後半からは 体外受精の成功率が5%、そして50代になるとほぼゼロになってしまいます。
これはデータであって個人によって、生殖機能の健康状態や若さとは異なるので一概には言えません。

海外では40代でも体外受精で妊活に成功したカップルは多いのです。
また、50代で体外受精を成功したハリウッドスターが話題になったりします。

確率的から見れば、50代の自然妊娠と体外受精はかなり厳しいとは言えます。
しかし、健康状態によっては、決して可能性はゼロではありません。

子作りに対して熱い思いがあるなら、産婦人科医と一緒に不妊治療をする価値はあると言えるでしょう。

50代妊活のリスクと成功例

50代に入ると、生殖機能が低下しています。
そのため、ダウン症や自閉症そして先天性の奇形といったリスクが高まるのも気を付けなければなりません。

子供の障害と母体の年齢は関係があると言われています。
20代では1,300人に1人、30台では900人に1人、40代では100人に一人というように、年齢と共に子供の障害の確率が高くなってしまうのです。

そして、卵巣機能が低下していると、染色体異常が起こる確率が増えます。
そのため、50代の妊活は、子供の障害のリスクが高くなってしまうと考えられています。

50代の妊活には葉酸サプリがオススメ

50代が妊活するためには、まず生殖機能の若返りを測らなければなりません。
そのために、葉酸サプリを摂取して卵巣機能を向上させる事が大切です。

50代に入ると、婦人科系の病気やホルモンバランスの崩れが起こる事があります。
そうすると、卵巣機能が低下して卵子の数が減少したり、活動力が弱まったりしてしまうのです。

そこで、葉酸サプリを摂取して生殖機能を高めていくと、着床率が上がり、妊娠力をアップする事が出来るでしょう。
葉酸は食品からも摂取出来ます。

しかし、体内への吸収率が50%しかないというデメリットがあります。
厚生労働省も妊活中は吸収率の良い葉酸サプリから、合成葉酸を1日400μg摂取する事を推奨しているのです。

50代の妊活のまとめ

50代の妊活のまとめ

最近は、晩婚化に伴い50代でも妊活を始める人が増えています。
年齢というデータだけで見ると厳しい目はあります。

しかし、妊娠出来る確率は、決して年齢という数字だけで決められるものではありません。
20代でも不妊の方もいれば、50代でも妊娠出来たというケースもある実際にあるのです。

年齢は妊娠率と関係がありますが、妊娠出来る事は年齢が全てではありません。
ですから、50代でも子供が欲しいと思ったら、体外受精も含めて産婦人科医に相談すると良いでしょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり