妊活と産婦人科

妊活中に産婦人科を受診するタイミングで悩んでいる方は多いと思います。
早過ぎず、遅過ぎずベストなタイミングとはいつ頃なのでしょうか。

そこで今回は、妊活中に初めて産婦人科を受診するタイミングや、初診の内容などについてご説明していきましょう。

妊活中の産婦人科はいつから行けばよいの?

妊活中に妊娠検査薬を使用して陽性反応が出た時に、産婦人科に行くタイミングと言えます。
妊娠検査薬が陽性反応が出るのは、生理の一週間後になります。

正確に言えば、産婦人科に行くタイミングは生理の一週間後と言えるでしょう。
しかし、正しい妊娠検査薬は100%正確ではなく、少しのホルモンの影響で陽性反応が出る事もあります。

ですから、妊娠していなくても陽性反応が出てしまう事もあり、フライングとよく呼ばれます。
ただし、基本的には妊娠検査薬でプラス反応が出た場合は、産婦人科に行くタイミングと見て良いでしょう。

妊活中の産婦人科医のタイミングは月経周期による

妊娠したかどうかを調べるためには妊娠検査薬が便利です。
そして、妊活中の産婦人科へ行くタイミングは、妊娠検査薬で陽性反応が出た時になります。

それは、大抵生理の一週間後になりますので、陽性反応が出た場合は早めに受診すると良いでしょう。
ご自身の月経周期を把握して妊娠したかどうかを確かめるのは、生理後一週間後に確認すると良いです。

妊娠検査薬が陽性反応が出ても、必ずしも100%を妊娠したとは言い切れません。
しかし、確率は高いので早めに産婦人科に行くようにしてください。

妊活中の産婦人科の検査とは?

妊活中の産婦人科の検査

初めての産婦人科の検査は緊張しますが、とても簡単なものなので特に心構えする必要はありません。
妊活中の検査は、基本的には問診と血液検査が行われます。

そして、尿検査で実際に妊娠をしているかどうかをチェックをしていきます。
では、早速初めての産婦人科の検査の内容を詳しく見ていきます。

妊活中の産婦人科の問診は?

主な妊活中の産婦人科の問診の内容は、最終月経の開始日、月経の周期、過去の妊娠・出産・流産・中絶です。
生活習慣も詳しく聞かれるので、仕事をしているか、またタバコやアルコールを摂取するか、睡眠はしっかり摂取出来ているかなど、基本的な事を聞かれます。

そして、身長と体重測定や血圧は、カルテの基本的なデータとなるので始めの段階で行われるのです。

妊活中の産婦人科の検査は触診・内診・超音波(エコー)

妊活中の婦人科検診は、女性特有の病気を発見するための検査です。
初めての産婦人科での内診で緊張する方も多くいます。

内診は、主治医が子宮や膣内の状態を器具を使ってチェックしていきます。
男性の医師でもカーテンを引き、内診台の上で行われてすぐに終了するので、あまり緊張する事はありません。

そして、内診では婦人科の病気を速く発見して、妊娠に影響がないようにするために大事な検査になります。

妊活中の産婦人科の検査は血液検査

産婦人科の検査では初期段階で血液検査が行われます。
血液をチェックすれば、生理の周期や排卵日そして婦人科の病気の有無、不妊になるかどうかなど妊娠においての基本的な項目を検査する事が出来るのです。

婦人科検診で初めに血液をチェックしておく事で、今まで気が付かなかった婦人科の病気が発見される事もあります。
その他、生理不順・不妊症の原因、排卵日の予想なども探る事が出来ます。

そのため、とても大事な検査になります。

妊活中に産婦人科医に相談する事は?

妊活中に産婦人科医に相談する事

産婦人科を訪れるのは、必ずしも妊娠した後だけではありません。
なかなか妊娠しない場合や、妊活のアドバイスを求めるために訪れる事も出来ます。

特に不妊で悩んでいる方は、排卵日のタイミングを掴むのが難しいのです。
毎日基礎体温計を付けていても、排卵日に合わせて狙ったタイミングで性交をしないと、なかなか妊娠に繋がりません。

なかなか妊娠しない場合は、産婦人科に行って妊娠しやすいタイミングのアドバイスを受けると良いでしょう。
基本的に排卵日の前後二日間ですが 基礎体温計だけではなかなか正確に掴めない事もあります。

内診をして超音波検査により正確な排卵日を教えてもらう事によって、妊活に成功出来たケースもあるのです。

妊活の生理中に産婦人科に行っても大丈夫?

妊活は生理中に産婦人科に行っても大丈夫

生理不順は不妊で悩んでいる方は、生理の周期に問題がある可能性があります。
妊活の生理中に産婦人科を訪れても問題はありません。

むしろ、生理不順によるホルモンバランスの乱れの場合は、生理中に訪れた方が受診しやすい事もあります。
生理不順やいつも生理時期に体調が悪くなってしまったり、ホルモンのバランスが乱れている方は、生理中に受診して膣内の状態を調べてみてもらうと良いでしょう。

妊活と産婦人科のまとめ

妊活と産婦人科のまとめ

基本的に産婦人科を訪れるタイミングというのは、その時によって異なりますので、一概には決める事が出来ません。
しかし、妊活中に妊娠検査薬で陽性反応が出た場合は、迷わず産婦人科を訪れて問題ありません。

また、妊活を続けていてもなかなか妊娠に成功しない場合や生理不順がある方、ホルモンバランスの乱れによって体調が悪い方は、いつでも産婦人科を訪れる事が出来ます。
初めての産婦人科は緊張すると思いますが、相手はプロの専門家なので何も緊張する必要はありません。

もし悩みがあったら、いつでも迷わず産婦人科に相談すると良いでしょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり