妊活とワイン

アルコールを飲むと血流作用が良くなるため、体が温まった感覚になります。
妊活中でも、アルコールは大丈夫と思っている方もいるかもしれません。

妊活で最も大切な事は、まず体の冷えを改善する事。
しかし、基本的にアルコールは体を冷やすものが多いのです。

でも、ワインは飲み方によっては、妊活中でも大丈夫だと言われています。
それは、適度なワインを飲むと、冷えの改善に繋がるからです。

実際には、1日2杯以上のアルコールの摂取は、妊娠率を下げると言われています。
ところが、少量の「ワイン」を飲む事で、逆に妊娠を促す可能性があるという意見も有るのです。

そこで、今回は妊活中にワインを飲む事は、妊娠に効果的なのか?についてご説明していきます。

⇒口コミ第1位の葉酸サプリを見てみる。
※管理人も試しました。

妊活中は適量のワインは効果的!

妊活中や妊娠中は、アルコールは控えるように言われていますよね。
しかし、驚くべき事に妊活中に一日二杯までワインを飲むと、全く飲まなかった人に比べて、妊娠力がアップする事は分かったのです。

ワインにはポリフェノールが含まれているので、血行が良くなり、卵巣機能が向上して妊娠力がアップに効果があります。
しかし、ワインを2杯以上飲むと逆効果になるので気を付けなければなりません。

妊活中に適量のワインはどれくらい?

妊活中に適量のワインが効果的と言われている理由は、赤ワインにはポリフェノールという抗酸化作用が含まれているからです。
年齢と共に身体には活性酸素がたまり、卵巣機能を低下させて卵子の数や質を下げてしまいます。

しかし、赤ワインに含まれるポリフェノールを摂取する事によって抗酸化作用が働き、生殖機能を若返らせて妊娠力をアップ出来るというのです。
ただし、赤ワインが妊活に効果的といわれているのは、一日二杯までのの場合になります。

ワインを2杯錠飲むとアルコールを摂り過ぎてしまい、逆効果になるので気を付けなければなりません。

妊活中に適量のワインを飲むと妊娠しやすい?

妊活中に適量のワインを飲むと妊娠しやすい

海外のデータによると、赤ワインを1日2杯まで飲んだ人の方が全く飲まなかった人よりも、妊娠率が上がるという結果が出ています。
それは、赤ワインに含まれるポリフェノールが活性酸素を除去して、生殖機能を若返らせたり、血行を促進してくれる効果がある事が考えられるのです。

しかし、ポリフェノールは含まれているのは、あくまで赤ワインであって、ビール、ウォッカ、日本酒と言ったその他のアルコールは、ポリフェノールは含まれていません。
妊活中や妊娠中はアルコールは一切ダメというわけではなく、赤ワインであれば、少量の場合は身体に良い効果が期待できるのです。

妊活中のワインの飲み方

妊活中のワインの飲み方

赤ワインにはポリフェノールが含まれており、活性酸素から守ってくれます。
妊活中でも適量飲む事によって、妊娠力をアップさせるという発表もされています。

ただし、それは白ワインでは、その効果は期待出来ません。
そして、妊活中にアルコールを摂取する場合は、比較的安心と言えるのは、妊娠0週と言われる生理中の1週間です。

この期間は、ほとんどの場合排卵、受精が起こっておらず、したがって胎盤も形成されていません。
ですから、アルコールが胎児に与える影響は比較的少ないと考えられています。

もちろん、大量の飲酒は避けた方が良いと言えます。
しかし、適量を守って、生理中を上手くリフレッシュの期間とすれば効果的です。

妊活中は適量の赤ワインがオススメ

基本的にアルコールは体を冷やすものが多く、アルコールを飲んだ事で体が温まるのは一時的なものです。
アルコール摂取後は、体温は下がるため、体の冷えを悪化させてしまう事もあります。

また、アルコールの摂取により、ホルモンバランスが崩れてしまい、妊娠し辛くくなる事もあるのです。
しかし、赤ワインは、飲み方によっては体を温めてくれるアルコールなのです。
 
冷やして飲む事が多いシャンパンよりも、常温で飲まれる事が多い赤ワインの方が体を温めてくれます。
適度なアルコールは健康維持の手助けになるとも言われています。

しかし、妊活中は飲み過ぎると、逆効果となるので要注意です。
ですから、赤ワインを程々に心がけて飲む事をオススメします。

妊活中はホットワインで血流アップ

ホットワインは身体が温まり、気持ちが安らぐ飲み物です。
日本では、「ホットワイン」と言いますが、英語では「モルドワイン」と言います。

「ホットワイン」の作り方は簡単でなので、お家でも作れます。
赤ワイン、佐藤、レモン、シナモンなどを一緒に煮るだけです。

特に妊活中は、アルコールをしっかり飛ばした方が良いと言えます。
沸騰してから弱火にして、ゆっくり20分ほど煮れば出来上がりです。

お家で作るなら、お砂糖は抜きにするか、好みで蜂蜜を少し入れると美味しく飲めます。

妊活中はワインの飲み過ぎは逆効果

妊活中はワインの飲み過ぎは逆効果

妊活中はアルコールを控えた方がいいと言われますが、少量の赤ワインであれば身体に良い効果があると分かりました。
しかし、どんなアルコールも飲み過ぎては全く逆効果になってしまいますので、気を付けなければなりません。

アルコールを多く摂取すると、活性酸素が生まれて余計に生殖機能を低下させてしまいます。
ホルモンバランスが崩れて排卵が上手くいかなかったり、妊活の妨害となってしまいますので、気を付けなければなりません。

妊活中にお酒を飲むなら、赤ワインを2杯までとしておきましょう。

⇒口コミ第1位の葉酸サプリを見てみる。
※管理人も試しました。

妊活中のワインのまとめ

妊活中のワインのまとめ

赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれており、活性酸素を除去してくれる事で、生殖機能をアップしてくれる事が出来ます。
ですから、妊活中は全くアルコールを摂取してはいけないという事ではなく、一日二杯程度のワインならば妊娠力をアップ出来るのです。

それは、海外のデータでも検証済みなので、赤ワインであれば安心して少量飲む事が出来ます。
アルコールが好きな方は、妊活をきっかけにアルコールを一切断ってしまうと、逆にストレスとなった体に良くありません。

赤ワインならば、少量飲むと妊娠力がアップするのでオススメです。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり