妊活の注意点

妊活を成功させるためには、健康的な日常生活を送る事が基本となります。
そして、妊活中にやってはいけない注意点もいくつかあるのです。

例えば、受精の妨げとなる活性酸素を発生させないようにする事。
妊活中は、妊娠をした場合にきちんと赤ちゃんが成長出来るからだ作りを意識しましょう。

また男性の場合も、精子の質の低下に繋がる事を避けなければなりません。
これらが基本的な事ですが、妊活中にも注意点があります。

では早速、具体的に見ていきましょう。

妊活中はたばこ・アルコールの注意点

妊活の注意点のひとつとして、タバコとアルコールは直ぐに止めましょう。
タバコに含まれる有害物質が身体に入ると、活性酸素が発生します。

この活性酸素が、女性にとっては妊娠し辛い身体にしてしまうのです。
そして、男性にとっては精子の質の低下に繋がります。

また、妊娠した際にはタバコの成分が胎児に与える影響はとても大きく、喫煙による胎児への健康リスクは非喫煙者の3倍にもなるのです。
そして、妊活中のアルコールについては飲みすぎ・深酒は禁物。

多少のお酒であれば問題はありません。
過剰のアルコール摂取は、活性酸素の発生の原因にも繋がります。

妊娠中の飲酒は低体重・発達障害のリスク、胎児性アルコール症候群になる可能性があるのです。
よって、妊活中の女性の方は、たばことアルコールは控えましょう。

妊活中はカフェインの摂取の注意点

妊活中はカフェインの摂取の注意点

妊活中にカフェインを大量摂取すると、女性ホルモンに影響が出る場合があります。
また、カフェインの過剰摂取は、睡眠の質にも関わってきます。

さらには、カフェインは体を冷やしてしまうので、やはり妊活中の際には注意点として覚えておかなければなりません。
しかし、様々な食品の中に含まれており、通常の食生活で全く摂らない事は難しいと言えます。

ですから、コーヒーは、1日1杯から2杯程度であれば問題ありません。
コーヒーが好きな方は、なるべくノンカフェインのものにするなど、授乳が終るまでは我慢しましょう。

妊活中のビタミンA摂取の注意点

妊活中の注意点は、ビタミンAの過剰摂取です。
ビタミンAは緑黄色野菜に含まれる植物性ビタミンAと、レバーや豚肉に含まれる動物性ビタミンAの2種類あります。

特に動物性ビタミンAの過剰摂取には注意しなければなりません。
動物性ビタミンAは体内に蓄積されて、妊活中に過剰摂取をすると胎児の奇形や先天性の病気に影響を及ぼしてしまいます。

動物性ビタミンAは脂溶性ビタミンのため、食べ続けるとどんどんと体の中に成分が溜まっていきます。
それが胎児に影響を及ぼしてしまうのです。

妊活中にビタミンAを摂取する場合は、緑黄色野菜に含まれる植物性ビタミンAを取るようにしたり、サプリメントを利用しましょう。

妊活中の身体を冷えによる注意点

現代女性の多くが悩みは、妊娠率を下げる原因になっている冷えです。
体が冷えてくると体の巡りが悪くなるために、生理不順になったり不妊の原因となります。

そして、冷え性になると子宮が冷えてしまうため、卵巣機能が低下して卵子の活動率が下がってしまう事です。
特に、お腹周りは冷えやすく、気が付かない間に冷え性を患っている可能性があります。

妊活を成功させるためには子宮の環境を温めて、厚い子宮内膜を育ててあげなければなりません。
そのため、妊活に冷えは禁物です。

注意点として、体を冷やさない服装をしたり、冷たい食べ物や飲み物を摂取し過ぎないように気を付けましょう。

子宮や卵巣の冷えに注意しよう

特に、卵巣や子宮といった生殖機能を担う部位は、他の臓器と比べて冷えによる影響を強く受けています。
子宮や卵巣が冷えているかというのは、実際に感覚がないために、気が付いたら冷え性になっていたという事が多いのです。

そのため、自分が冷え性と分からずに不妊になってしまう人が増えています。
妊活を始めたら、お腹周りは決して冷やさないように心がけて、常に子宮を温めてあげるようにする事が注意点と言えます。

普段から手足が冷えやすかったり、なかなか汗をかきにくい体質の方は、体が冷えないように服装や下着を気を使ったり、体を冷やさない食べ物や飲み物を摂取するように注意してください。

妊活中の男性の注意点

妊活中に男性が注意すべき事

妊活中の男性が知っておくべき注意点は、精子は高温に弱いという事です。
女性の場合は、子宮の冷えは不妊の原因となります。

しかし、男性の場合はあまりお腹周りを温め過ぎてしまうと、逆に不妊になってしまいます。
ですから、男性の場合は高温の湯船に長時間使ったり、サウナに入るのは避けた方が良いでしょう。

長風呂が好みだったり週に何度もサウナに行く人は、精子の活動が弱まってしまうので気を付けるようにしてください。

妊活中の男性も喫煙と飲酒を控えよう

そして、気を付けたいのは喫煙と飲酒です。
妊活を始めたら、女性だけでなく男性も喫煙と飲酒を控えるようにしましょう。

喫煙は妊活にプラスになる事は何もありません。
喫煙すると、卵子と精子の活動力が弱まり、妊娠力を下げる事になってしまいます。

そして、アルコールに関しては、適度の量であればストレス解消や体の代謝のためにプラスに働くことがあるのです。
しかし、寝る前に大量のアルコールを摂取したり飲み過ぎてしまうと、自律神経が過敏になります。

そして、ホルモンバランスが崩れて不妊になるので、注意点として覚えておくようにしましょう。

薄毛対策のAGA(男性型脱毛症)治療の注意点

 

薄毛対策のAGA治療の注意点として、妊娠の妨げになる事が分かっています。
AGA治療は、男性ホルモンを抑制して髪の成長を促す方法をとるのです。

AGAの治療薬であるプロペシアによって、精子量が10分の1になるというデータがあります。
妊活中の男性は、AGA治療薬の服用を中止するなどの対応が必要でしょう。

妊活中の注意点のまとめ

妊活中の注意点のまとめ

妊活中はしなければならない事、注意点事など、気を使う事が多くなります。
今までの生活を変える事は、とても大変な事ですよね。

しかし、これらは、生殖活動が出来る程の健康的なからだ作りに大切な事。
そして、妊娠・妊活は、パートナーとの二人三脚で行うものです。

女性だけが頑張っても意味がありませんので、パートナーと話し合い、協力し合って妊活を進めていきましょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり