妊活の注意点

妊活を成功させるためには、健康的な日常生活を送る事が基本となります。
そして、妊活中にやってはいけない注意点もいくつかあるのです。

例えば、受精の妨げとなる活性酸素を発生させないようにする事。
妊活中は、妊娠をした場合にきちんと赤ちゃんが成長出来るからだ作りを意識しましょう。

また男性の場合も、精子の質の低下に繋がる事を避けなければなりません。
これらが基本的な事ですが、妊活中は他にも「してはいけない」注意点があります。

では早速、具体的に見ていきましょう。

妊活中はたばこ・アルコールに注意しよう

妊活をするのであれば、たば事アルコールは直ぐに止めましょう。
タバコの煙に含まれるタールなどの有害物質が体内に入ると、身体は外敵と見なして活性酸素を発生させます。

この活性酸素が、女性にとっては妊娠し辛い身体にしてしまうのです。
そして、男性にとっては精子の質の低下に繋がります。

また、妊娠した際にはタバコの成分が胎児に与える影響はとても大きく、喫煙による胎児への健康リスクは非喫煙者の3倍にもなるのです。
そして、妊活中のアルコールについては飲みすぎ・深酒は禁物。

多少のお酒であれば問題はありません。
しかし、大量のアルコールを摂取すると、活性酸素が多く発生する事になり妊娠を妨げます。

妊娠中の飲酒は低体重・発達障害のリスクが高まり、胎児性アルコール症候群になる可能性があるのです。
よって、妊活中の女性の方は、たばことアルコールは控えましょう。

妊活中はカフェインの摂取に注意しよう

妊活中はカフェインの摂取に注意しよう

妊活中にカフェインを大量摂取すると、間接的に女性ホルモンに影響をおよぼす可能性があります。
また、カフェインは覚醒効果があるため、大量に摂取すると夜眠れなくなったり眠りが浅くなったりするのです。

さらには、カフェインは体を冷やしてしまうので、やはり妊活中の摂取はオススメ出来ません。
しかし、カフェインは様々な食品の中に含まれており、通常の食生活で全く摂らない事は難しいと言えます。

ですから、コーヒーは、1日1杯から2杯程度であれば問題ありません。
コーヒーが好きな方は、なるべくノンカフェインのものにするなど、授乳が終るまでは我慢しましょう。

妊活中はビタミンAの摂取に注意しよう

妊娠中にビタミンAを摂取し過ぎた場合、副作用としてお腹の赤ちゃんの奇形に繋がります。
ただし、ビタミンAは動物性由来の「レチノール」と植物性由来の「ベータカロテン」の2種類。

妊娠中に摂取を控えたいのは、動物性の「レチノール」の方です。
レチノールというのは、脂溶性ビタミンと言われていて水に溶けにくく、油で溶ける性質を持っています。

ですから、妊活中にレチノールを過剰に摂取してしまうと、体内の肝臓や脂肪組織に蓄積されて奇形や流産のリスクが高まるのです。

妊活中は身体を冷やさないように注意しよう

現代女性の多くが悩みは、妊娠率を下げる原因になっている「冷え」です。
身体が冷えると、赤ちゃんの元になる卵巣の働きが鈍くなってしまいます。

また、妊娠するためには女性の卵子と男性の精子が出会って受精して、子宮内で着床しなくてはいけません。
この精子と卵子の状態が悪いと、妊娠しにくくなるのです。

冷え症の女性は卵巣も冷えており、その機能が低下して健康な卵子が作られなくなってしまいます。
 

子宮や卵巣の冷えに要注意

特に、卵巣や子宮といった生殖機能を担う部位は、他の臓器と比べて冷えによる影響を強く受けています。

心臓やその他臓器は、私達が生きていく上で欠かせない臓器なのです。
しかし、卵巣や子宮は生命活動とは直接関係がありません。

ですから、冷えて血流が悪くなると体は、生命維持に重要な役割を果たす臓器に優先的に血液を回すようになります。
その結果、子宮や卵巣が冷えてしまうのです。

子宮や卵巣を温めて、妊娠率を上げるためには、冷えを改善する事が大切でしょう。

妊活中に男性が注意すべき事

妊活中に男性が注意すべき事

妊活中の男性が知っておくべき事は、精子は高温に弱いという事です。
精巣の温度が高くなり過ぎると機能が低下します。
そのため、頻繁にサウナや温泉に入ったり、ぴったりした下着を付けたりするのはやめましょう。

実は日常生活でなにげなくやっている事が、精子に悪影響を与えている可能性があるのです。
また肥満体質は、正常な精子の数や精液の量が少なくなるという研究結果があります。

妊活中の男性も、バランスのよい食事と適度な運動を心がけ、体を健康に保つようにしましょう。

妊活中の男性も喫煙と飲酒を控えよう

そして気を付けたいのは、喫煙と飲酒です。
大量の飲酒をすると、質のよい睡眠がとれなくなります。

また、朝食を抜くなど、不規則な食生活の心配もあるでしょう。
男性が特に注意しなければいけないのが、サイクリングです。

日常の自転車移動程度であればあまり心配ありません。
しかし、長時間のサイクリングや前傾姿勢での自転車は、局部を圧迫し、精子の劣化を引き起こすのです。

薄毛対策のAGA(男性型脱毛症)治療には注意しよう

 

実は、薄毛対策のAGA治療は、妊娠の妨げになる事が分かっています。
AGA治療は、男性ホルモンを抑制して髪の成長を促す方法をとるのです。

AGAの治療薬であるプロペシアによって、精子量が10分の1になるというデータがあります。
妊活中の男性は、AGA治療薬の服用を中止するなどの対応が必要でしょう。

妊活中の注意点のまとめ

妊活中の注意点のまとめ

妊活中はしなければならない事、また、してはいけない事など、気を使う事が多くなります。
今までの生活を変える事は、とても大変な事ですよね。

しかし、これらは、生殖活動が出来る程の健康的なからだ作りに大切な事。
そして、妊娠・妊活は、パートナーとの二人三脚で行うものです。

女性だけが頑張っても意味がありませんので、パートナーと話し合い、協力し合って妊活を進めていきましょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。