妊活と卵子

卵子というのは、残念ながら老化などによって質が下がってしまう事があります。
一般的に35歳を過ぎたあたりから、活性酸素や身体の冷えにより卵子の質は下がると言われているのです。

卵子の質が下がると、妊娠力が下がる事も避けられません。
しかし、葉酸サプリには卵子の質をアップさせ、老化を防止するという素晴らしい効果があるのです。

今回は、妊活には卵子の質をアップする葉酸サプリをオススメする理由について、ご説明していきます。

妊活中はサプリで卵子を守る生活をしよう

卵巣機能を高める事で卵子が守られて、妊娠しやすい身体になる事が出来ます。
では、卵子と葉酸はどう関わっているのでしょうか。

葉酸は造血のビタミンとも呼ばれていて、ビタミンB12と共に赤血球を作る働きを助けてくれます。
受精卵が着床するベッドも、実は血液から出来ているのです。 

十分な血液でベッドに適度な厚みがあると、卵が定着して無事妊娠出来る確率が上がります。
葉酸は妊娠出来る体に変えていく大切な栄養素なのです。

ですから、妊活には葉酸サプリはとても役立つと言えます。
また、妊活中に葉酸サプリを摂取すると卵胞液中の葉酸血中濃度が高くなり、卵胞のサイズが大きくなる事が分かりました。

妊活中は葉酸サプリを摂取して、妊娠力を上げていきましょう。

妊活は卵子の質を上げるのが鉄則

人間のからだは、栄養を摂取して血液から全身に運んでエネルギーを作っています。
血液量が多いと内臓は活発に働き、体温も上昇します。

生命は体温によって管理されているので、血液は卵子の成長にも関わっているのです。
体温が正常に高くなると、ホルモンバランスが整い排卵もスムーズに行われて基礎体温も安定します。

女性が妊娠するためには、体を冷やさない生活をする事がとても重要。
冷えた体では、ホルモン指令が出ても卵子を発育する力が弱くなるからです。

また、卵子細胞の中にあるミトコンドリアは、温かな体で働き卵子を発育させます。
そのため、冷えない身体を作る事が妊娠しやすくなるポイントなのです。

妊活中に卵子が受精可能な期間は?

妊活中に卵子が受精可能な期間

妊娠したいなら、受精が可能期間を意識した妊活をしましょう。
射精後の精子の寿命は、平均2〜3日、長くても1週間と言われています。

そして、子宮腔を進みながら受精能力を獲得するのです。
およそ射精後5〜6時間後から受精可能運動が出来るようになります。

受精可能期間は36時間。
そして、排卵後の卵子の寿命は排卵後24時間程度です。 

卵子の受精可能な時間は、排卵後のたった6~8時間。
精子の方が寿命と受精可能時間が長いので、排卵前に性交して精子を送り込んで置く方が良いのです。

妊活中は、受精可能時間内セックスのタイミングを合わせる方が良いでしょう。

妊活中の卵子の老化はサプリで解消

妊活中の卵子の老化はサプリで解消

葉酸には活性酸素を除去する働きや、DNAの形成や細胞分裂を助ける働きがあります。
葉酸は活性酸素を除去して細胞分裂を助けるため、卵子の老化スピードを遅らせる事が出来るのです。

卵子の質を高くするには、排卵がスムーズになるように卵胞ホルモンの分泌がしっかりとされる事が必要と言えます。
卵子の老化を遅らせる事で若い状態の卵子になり、受精や着床の成功率も上がり妊娠しやすくなるでしょう。

葉酸サプリで温活をしながら葉酸を摂取すると、血液が増えてよりホルモン分泌をサポートする事が出来ます。
それだけでなく、葉酸はミトコンドリアを活性化して、卵胞の成長を助ける働きもあるのです。

葉酸サプリは温活効果をさらに高めて血行促進し、卵子が元気に育てる環境を作ってくれるでしょう。

妊活中はサプリで卵子の寿命をアップする

精子や卵子はいつまでも生きているわけでは無く、残念ながら寿命があります。
妊娠の確率を高めるためには、精子と卵子の寿命を知ってタイミングよくセックスのがポイント。

卵子の寿命は、排卵してから24時間ほど。
卵子が受精可能なのは、6時間から8時間程度のわずかな時間に限られるのです。

卵子が老化しているほど、この受精可能な時間は短くなりますので葉酸サプリでの対策がオススメ。
受精可能な時間を卵子の寿命だとするなら、個人差があるので一概には分かりません。

少しでも卵子の寿命が長くなるように、葉酸サプリを定期的に摂取して妊娠しやすいからだ作りを心がけましょう。

AMH検査で卵子の数をチェックしよう

AMH検査で卵子の数をチェック

女性の卵子は、胎児の時から数が決まっています。
新しく数が増える事はありませんので、年齢を重ねる毎に排卵を繰り返して卵巣にある卵子が減少していくのです。

卵子が減るスピードには個人差があるため、残されている卵子の数をはかれば卵巣年齢が分かります。
残された卵子の数を調べるために行うのがAMH検査です。

検査で分かるAMHの値と原始卵胞の数は比例すると考えられています。
AMHの値が高いほど卵子の数が多いと、卵巣年齢が若いとされているのです。

しかし、AMH検査でわかる卵子の数と、卵子の質は関係がありません。
卵子の数が多くても、卵子の質がよくないと妊娠率が下がります。

そのため、卵巣年齢が若いからといって一概に妊娠しやすいとは言えないのです。
検査は、不妊治療の一環でしか検査を受け付けていない産婦人科もあるので、事前に確認しておきましょう。

妊活と卵子のまとめ

妊活と卵子のまとめ

葉酸サプリは、体の中から色々な働きをして温活効果を底上げしてくれる栄養素。
また、冷えを改善して卵子の質をアップしてくれます。

ストレスも解消してくれますので、妊活中には大変役立つサプリなのです。
あらゆる面から卵子の質の向上に働きかけてくれるので、妊活のサポートをする大切な栄養だと言えます。

葉酸は卵子の質を高めて妊娠しやすくしてくれると同時に、生活の中で冷えない体を作る事で、妊娠力を最大限に引き出す事が出来るのです。
ですから、今から妊活を始める人も、葉酸をサプリで卵子の質を高めて健康な赤ちゃんを授かる準備をしていきましょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。