妊活はどれくらい

赤ちゃんが欲しいなと思った時に、妊活してからどれくらいの期間で妊娠出来るのか、気になる女性も多いかと思います。
また、年齢によって妊活期間は変わるのか、そして妊活してどのくらいで病院に行くべきなのかと疑問に思う事も多いでしょう。

これから妊活する方は、早く妊娠出来るための妊活のコツなどを知っておくと良いものです。
そこで今回は、妊活はどれくらいの期間すれば妊娠出来るかについて、ご説明していきます。

妊活の期間はどれくらいで妊娠可能?

約8割のカップルは、子作りを始めてから1年以内で子宝に恵まれているようです。
さらに2年経つと、90%の女性が妊娠すると言われています。

そのため、妊活する期間は約半年がもっとも平均的です。
しかし、中には2年以上妊活を続けられた方もいます。

もし、1年~2年経っても妊娠できない方は、病院で不妊治療を相談されてみるのも一つの選択肢でしょう。

38歳・39歳の妊活はどれくらいで妊娠出来るの?

妊娠率に関しては、35歳ぐらいまでは変わりがないと言われています。
しかし、年々高齢出産の妊娠率は難しくなるのは確かです。

女性は35歳を過ぎると、目に見えて妊娠率が下がり始めますので現実的には厳しくなります。
その理由は、卵子が老化してくるので流産になる確率が増え、せっかく妊娠しても初期流産してしまう事が増えてくるためです。

35歳を過た方が1年妊活をしても妊娠出来なければ、排卵をしているかどうか、卵管が詰まっていないかを病院でチェックしてもらいましょう。
そして、男性の精子に異常がないかも確認してもらい、妊活は2年は待たない方が良いと言えます。

妊活と同時に生活習慣の見直しもとても大事なポイント。
基礎体温を付けたり、排卵検査薬を使って自分たちでセックスのタイミングを合わせてみたり工夫してみてください。

妊活はどれくらいで病院にいけば良いの?

妊活はどれくらいで病院にいけば良いのか

早く妊娠したいと思っている方が、2年経ってもなかなか授からない場合は、早期の受診をオススメします。
また、35歳以上の方は基礎体温が正常でない場合や、生理の量が多かったり痛みが強い場合も、早めに病院に行きましょう。

そして、病院に実際に行く時は、生理終了日から5日~1週間の間に行くようにしてください。
それは生理後の方が排卵日を迎える日を狙って病院に行く事になり、医師が検査をしやすいからです。

また、出来れば3カ月間程度の基礎体温表を持っていくと、医師と過去の体調の変化について話をする事が出来るでしょう。
不妊治療をしてすぐに授かる方もいます。

しかし、授からなかった場合、長期的な治療になる事を知っておきましょう。

妊活はどれくらいのペースでセックスをするの?

妊活はどれくらいのペースでセックスをすれば良いのか

セックスの頻度が1日、2日おきの夫婦は妊娠しやすいものです。
なぜなら、体内に放出された精子の寿命が来てしまう前に次の精子が送り込まれるから。

セックスの回数が多いカップルは、常に受精可能な精子が女性の卵管膨大部にいる事になります。
ですから、どのタイミングで排卵したとしても、精子との出会いはあり妊娠力がアップするのです。

当たり前ですが、精子と卵子が出会うという事は妊娠の可能性は高くなるという事。
そして、妊娠力を上げるためには、セックスの回数よりも排卵日前のセックスが一番妊娠する確率が高くなります。

妊活中は、基礎体温や排卵検査薬を使って排卵日を予測し、良いタイミングでセックスをする事が大切です。

妊活に適度な運動とはどれくらい?

妊活に適度な運動とはどれくらい

妊娠しやすいからだ作りのためには、基礎代謝を高める必要があります。
では、妊活のためにはどんな運動が良いのでしょうか。

妊活のために代謝を高めるには、有酸素運動を継続して行うのが効果的です。
有酸素運動とは、ゆっくりした呼吸をしながら行う運動で、ウォーキングがベスト。

有酸素運動を毎日続けると血流がよくなる、自律神経が安定するなどの効果があらわれるのです。
ウォーキングは下半身の血行がよくなり、子宮を温める効果があります。

そのため、受精卵が子宮内に着床するための環境がよくなるのです。
1日30分以上を目安に歩くと、呼吸で取り入れた酸素を使って脂肪を燃やしエネルギーに変えるので、体重管理に役立ちます。

妊活に必要な葉酸摂取量はどれくらい?

妊活に必要な葉酸摂取量はどれくらい

厚生労働省は、妊活中から妊娠中には葉酸の摂取をするようにと呼びかけています。
その理由は、神経管閉鎖障害の発症率を下げて、健全な赤ちゃんを産むためです。

では妊活中は、毎日どのくらいの量の葉酸を摂取すれば良いのでしょうか。

妊活中に必要な1日の葉酸摂取目安量は、400μgです。

特に妊娠1ヶ月前と妊娠3ヶ月までは毎日400μgの葉酸を、食事以外のサプリで摂取するように厚生労働省は推奨しています。
ただし、葉酸を1日1000μg以上摂取してしまうと過剰摂取になりますので、気を付けなければなりません。

妊活はどれくらいかのまとめ

妊活はどれくらいかのまとめ

妊娠したい方は、色々な妊活の仕方を調べているかと思います。
大切な事は、それを実際に行動に移してみる事です。

妊活のペースや何が役立つかどうかは人それぞれであり、他人と比べる事はストレスに繋がってしまいます。
妊活を成功させるためには、ストレスのない生活や、葉酸を多く含む食材などを加えてしっかりと栄養を摂る、適度な運動するなどの基本的な事が大切です。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。