妊娠初期の栄養素

妊娠中はお腹の胎児が健康に育つため、多くの栄養素を摂取する必要があります。
妊娠中に食べた物から摂取した栄養素のほとんどは、お腹の胎児に行き渡るのです。

そのため、妊娠中は口にするものの安全性を気を付けておく必要があります。
妊娠中はビタミンB群の一つである葉酸が必要と言われていますよね。

もちろん、葉酸は胎児が成長する上で非常に大切な要素の一つです。
しかし、妊娠中は葉酸だけではなく、その他のビタミンB群、ビタミンA、ビタミン C、鉄分、亜鉛、カルシウム、ミネラルといった多くの栄養素が必要と言えます。

日頃の食生活はビタミンやミネラルが多い緑黄色野菜を多く摂取したり、栄養素を多く含む葉酸サプリメント併用すると良いでしょう。
食生活は脂質や糖分をカットして、アルコールの飲み過ぎと暴飲暴食には十分に注意しましょう。

今回は、妊娠初期に必要な栄養素をご紹介していきます。

妊娠初期に必要な栄養素は?

妊娠初期は、お腹の胎児の形成期間であり、ものすごい速さで細胞分裂が行われます。
そのため、母体が栄養不足になっているとしっかり成長出来ずに低体重になってしまうため、しっかり栄養素を取る必要があるのです。

妊娠超初期というのはつわり時期が辛い時期のため、なかなか食事が出来なかったり、吐き気や腹痛によって思うように食べれない時期でもあります。
しかし、胎児が健康に成長するためには、食品からしっかり栄養素を取る必要があるのです。

妊娠初期に必要な栄養素は、良質なたんぱく質、ビタミンB群、葉酸、カルシウム、亜鉛、ミネラル、ビタミンC、ビタミンAが大切です。
食品から栄養素を摂取するには、色の濃い緑黄色野菜を多く摂取していくと、バランス良く多くの栄養素を摂取する事が出来るでしょう。

妊婦が摂取した栄養素をしっかり退治に行き届かせるためには、鉄分を多く摂取する事で、血液中のヘモグロビン数値を上がり、しっかり生き届かせる事が出来ます。

妊娠初期は胎児の形成の基礎となるたんぱく質を摂ろう

お腹の赤ちゃんの基礎となるのは「タンパク質」です。
たんぱく質は、体を形成する主成分であり、赤ちゃんの脳や皮膚、髪の毛になります。

血液や筋肉を作るのに必要となるタンパク質は、身体の主成分とも言われている大事な栄養素です。
例えば、卵、さんま、いわし、豚肉、鶏肉の順番でアミノ酸バランスがよく、他にも、イカ、チーズ、牛肉、牛乳などは、良質なたんぱく質を含んでいます。

ただ、これら動物性たんぱく質は、カロリー摂取量が高いので注意が必要です。
大豆など豆類の植物性たんぱく質とバランスを摂りながら、1:1のバランスで摂取していきましょう。

たんぱく質は、鉄分やカルシウムの吸収を助けてくれるので、それらを含む食品と一緒に摂取するのがオススメです。
赤ちゃんの身体が出来る妊娠初期には、たんぱく質をしっかり摂取しておきましょう。

妊娠初期に必要な栄養素はカルシウム

妊娠初期は、胎児が臓器や骨を形作る大事な時期です。
そのため、母体にカルシウムの栄養素が非常に大切になります。

母体が多くカルシウムを摂取していると、胎児がしっかり骨や歯、髪や臓器をしっかり形成する事が出来るのです。
妊娠中はカルシウムを多く含んでいる乳製品チーズや牛乳、魚を多く摂取すると良いでしょう。

妊娠中は、一日900mgのカルシウムを摂取するのが理想です。
妊娠初期は、つわりが辛くなかなか食事が思うように取れない方も多くいます。

そういった方は、カルシウム入りのウエハースやカルシウム入りの飲むヨーグルトといった健康食品を口にして、カルシウムを摂取していくと良いでしょう。

妊娠初期に胎児が必要な栄養素とは?

妊娠初期に胎児が必要な栄養素

妊娠初期にはビタミンB群の一種である葉酸の摂取が大切です。
しかし、妊娠初期に必要なのは決して葉酸だけではなく、多くの栄養素が必要となります。

例えば、同じビタミンB群、ビタミンA、ビタミンC、鉄分、カルシウム、亜鉛と言った多くの栄養素をバランスよく摂取する必要があります。
例えば、鉄分不足になると血液中のヘモグロビン数値が減り、貧血状態になります。

せっかく口から摂取した栄養素もしっかり胎児に運ばれなくなってしまうので、レバーや豚肉といった肉類を積極的に摂取すると良いでしょう。
また、肉類には良質なタンパク質が含まれているため、胎児の細胞分裂にも役立ちます。

そして、ビタミンCは、フルーツのいちご、レモン、オレンジに多く含まれいます。
体内の活性酸素を除去して、毛細血管を通してスムーズにして栄養素を運びます。

カルシウムは胎児の歯や骨髪、爪を形成するのに重要な栄養素です。

妊娠初期の赤ちゃんの栄養素はどこから届く?

妊娠の超初期は、まだへその緒と胎児が繋がっていません。
そのため、妊娠超初期の場合は、母体の卵黄嚢から栄養素を摂取していきます。

母体自体が栄養不足になると体重がしっかり栄養素を取り入れる事が出来ないので、食生活は気を付けなければいけません。
妊娠中期になると体重は、へその緒から栄養素を摂取する事になります。

妊娠初期・中期・後期関わらず、しっかり栄養素を摂取する事が大切です。

妊娠初期に摂る栄養素は胎盤から赤ちゃんへ届く

妊娠初期は、母体と赤ちゃんを繋ぐパイプラインになっているのが胎盤です。
妊娠中は胎盤を通して全て赤ちゃんへ栄養素が行き当たり、赤ちゃんに必要なものが全て酸素と一緒に胎盤を通して伝わっていきます。

そして、赤ちゃんが細胞分裂する際に、不要になったと廃物や余計なものも全て胎盤を通して母体に運ばれていきます。
このように、妊娠初期は母体と赤ちゃんを繋ぐ重要な役割を果たしているのは胎盤です。

よって、妊娠中はお腹周りを冷やさずに、胎盤がしっかり赤ちゃんに栄養素を行き渡らせる事が出来るよう温めて健康に保つようにしましょう。

妊娠初期に必要な栄養素はいつから?

妊娠初期に必要な栄養素はいつから

妊娠前から妊娠初期に「葉酸」を摂取する事は、特に大事だと言われています。
妊娠初期には「超妊娠初期」があり、妊娠0週から妊娠4週までの事を言います。

妊娠の始まりのほんのわずかな期間ですが、一般の妊娠検査薬では、妊娠を確認出来ない時期でもあります。
しかし、この時期は受精卵が着床し、細胞分裂を活発に行っています。

つまり、超妊娠初期がいつ来ていても大丈夫なように、妊活中から葉酸を摂取する必要があるのです。
妊娠に気付く前から、葉酸などの栄養素を意識した食生活や、葉酸サプリの利用をスタートしていきましょう。

妊娠初期に食事から摂りたい栄養素は?

妊娠初期に食事から摂りたい栄養素

妊娠中は、妊娠初期・中期・後期に関わらず、多くの栄養素をバランスよく摂取していく事が大切です。
もちろん、ビタミンBの一種である葉酸は、妊娠初期に最も大切な栄養素の一つ。

その他、ビタミンA、ビタミンC、鉄分、カルシウム、亜鉛、ミネラル、タンパク質は胎児が成長する上で基本の栄養素になります。
そのため、毎日の食生活で積極的に多くの栄養素を摂取していきましょう。

妊娠初期は栄養ある野菜中心のレシピを作ろう

日頃からあまり野菜を食べない方や糖質脂質が多い方、また甘いものばかり食べている方は、栄養不足になっている可能性があります。
妊娠したきっかけに野菜中心の生活に切り替えるようにしましょう。

なぜ野菜が妊娠中に必要なのかと言うと、野菜には多くのビタミンがバランスよく含まれているからです。
例えば、ブロッコリーには、ビタミンB群の葉酸、カルシウム、鉄分、ビタミンC、ビタミンAと多くの栄養素が含まれています。

そのため、野菜を多く摂取すると胎児へ必要な栄養素が行き渡り、健康的に胎児が形成されて先天性の奇形や流産を防ぐ事も出来るのです。
妊娠初期には野菜中心のメニューを作るように心がけましょう。

つわりがひどく食事するのも辛いという場合は、健康食品やサプリメントを併用して、胎児にしっかり栄養が行き届くように工夫すると良いでしょう。

妊娠初期はつわりで食べられない時の栄養不足に注意

妊娠初期はつわりで食べられない時の栄養不足に注意

妊娠超初期のつわりは個人差があり、症状も人それぞれです。
つわりの症状がひどい場合は、食べ物の匂いだけで気持ち悪くなってしまったり、吐き気が止まらずに食欲が全くなかったり、腹痛のため動くのも辛いという場合もあります。

しかし、妊娠初期は胎児が物凄いスピードで細胞分裂を起こして体が形成される時期なので、母体に栄養不足になってしまうと流産や低体重のリスクが出てくるのです。
ですから、食欲がなくても食べられるものを選んで、少しずつ食べていく努力をすると良いでしょう。

例えば、つわりがひどい方には、グレープフルーツやオレンジと言った柑橘系の食べ物は人気です。
その他、カルシウム入りのウエハースや鉄分やカルシウム入りの飲むヨーグルトなどは摂取しやすいので妊婦さんに人気があります。

妊娠初期には栄養素の偏りになりやすい

妊娠初期は食生活から多くの栄養素が必要となります。
しかし、それがプレッシャーとなり、さらにつわりが重なって何も食べれなくなってしまう場合があるのです。

食べたいのに食べれないのは非常に辛い時期ですよね。
食欲がないのに無理に食べても吐き気がひどくなるだけで、体に栄養素が吸収されなくなるので無理は禁物です。

つわりがひどい時は、食べられるものを選んで食べれば十分です。
選ばれているのは、柑橘系の果物、みかん、オレンジグレープフルーツ、そしていちご、バナナは自然の甘みと酸味があり、妊活中の時でも食べやすいでしょう。

つわり時期が落ち着くと、自然と緑黄色野菜やその他の食べ物も食べれるようになるので、無理をしなくても大丈夫です。
そして、つわりがひどい方はスルッと飲めるサプリメントを摂取するのも良いでしょう。

妊娠初期の栄養指導とは?

妊娠初期の栄養指導

妊娠初期の栄養指導は、管理栄養士によるアドバイスの事を言います。
なかなか栄養管理士と話す機会はありません。

しかし、最近はネットでは栄養管理士がホームページを開設しており、栄養素に関して詳しく情報を開示しています。
妊娠初期に必要な栄養素や、つわりの時の食事のアドバイスを分かりやすく説明しています。

妊娠中の食生活で何か悩みや相談があれば、栄養管理士のホームページで情報を得るのも良いでしょう。

妊娠初期の栄養素以外の注意事項

妊娠初期の栄養素以外の注意点としては、添加物・たばこ・お酒は控えましょう。
特に、妊娠中にタバコをして良い事は何一つありません。

そのため、男性も女性も妊娠をきっかけに、タバコはやめた方が良いでしょう。
そして、アルコールも少しならストレス発散になり血行が良くなります。

しかし、寝る前に飲み過ぎたり量が多くなってしまうと、交感神経が働き、ホルモンバランスが崩れてしまいます。
結果的にアルコールの摂取によって、流産や奇形そして低体重といった リスクが高くなるのです。

そのため、妊娠中の暴飲暴食やアルコールの過剰摂取は気を付けてください。
先ほども述べたように、食生活は野菜中心の献立に切り替えて、添加物の多いインスタント食品やレトルト食品コンビニ弁当は控えるようにしましょう。

妊娠初期の栄養教育の在り方とは?

管理栄養士は、妊娠時期の栄養指導、健康の保持増進、傷病者への適切な栄養教育や栄養補給を行います。
栄養管理士が開設しているホームページは、妊娠初期の食事のアドバイス、妊娠初期に摂取しておいた方が良い栄養素、つわりの時にどのような食事をすれば良いかなどをアドバイスをしているのです。

妊娠中はなかなか外出できずに一人で悩む事が多くなりますが、プロの栄養管理士のホームページは参考になるアドバイスが多く見られます。

妊娠初期は栄養管理が大切

妊娠初期は、食べ物からしっかり多くの栄養素を摂取する事が大切です。
胎児に多くの栄養素を行き渡らせるというだけではなく、胎児の細胞分裂を促して染色体異常を予防する事も出来ます。

妊娠中の食生活のアドバイスは色々なものがあります。
基本的には多くの栄養素を食べ物から摂取するのが一番良いでしょう。

妊娠初期はつわりがひどかったり 体調の変化でなかなか食事が取れない事も多いのです。
野菜嫌いや好き嫌いが多い方は、野菜が多く摂取できなくて困っている方もいるかもしれません。

そういった方は栄養素を多く含む葉酸サプリメントを摂取するなどして、体にバランスよく栄養素を摂取できるように心がけていきましょう。
母体の栄養状態は、胎児の栄養状態や出産後の体力回復に影響します。

無理に嫌いなものを食べたり、つわりで匂いが敏感になっている時に無理して食べる必要はありません。
どんなに栄養があっても嫌いなものを食べなければいけないほど無理をする必要はないのです。

妊娠中はストレスなく無理なく、多くの栄養素を摂取する事を心がけていきましょう。

妊娠初期に食べられない場合の栄養素の補給方法は?

妊娠初期に食べられない場合の栄養素の補給方法

妊娠初期のつわりがひどく食べ物が食べれなくて困っている妊婦さんは多いでしょう。
妊娠すると嗅覚が過敏になるため、ご飯の炊ける匂いやお魚の匂いを嗅いだだけでも気分が悪くなり、部屋に入れられなくなる人もいるほどです。

自分だけが何か体がおかしいのかと考えてしまう事もありますが、心配しなくても大丈夫です。
何も食べれないほどつわりの状態がひどいのであれば、何か食べれるものだけ口にすると良いでしょう。

つわりがひどい時に人気がある食べ物は柑橘系のフルーツです。
例えば、オレンジやみかんグレープフルーツといった酸っぱいものは、つわりの気持ち悪さをさっぱりする事が出来るので、割と多く食べられるでしょう。

そして、カルシウム入りの甘いウエハースやグミと入った葉酸入りのお菓子なら食べれる妊婦さんは多いのです。
できれば緑黄色野菜を多く摂取したいのですが、野菜嫌いの方もいると思います。

そういった方は、栄養素を多く含むサプリメントを摂取して、体内に多くの栄養素を摂取していくと良いでしょう。

妊娠初期に必要な栄養素はサプリを利用しよう

妊娠初期は、つわり時期でなかなか思うように大量の野菜を摂取することが難しいですよね。
そんな時は、サプリメントを利用して体に多くの栄養素を摂取していきましょう。

ただし、サプリメントも大粒のものは、飲むだけでも大変で気分が悪くなってしまったり飲み続けられない事もあります。
サプリメントは毎日飲み続けてこそ栄養素を定期的に摂取できるので、自分が飲みやすいというものを見つけなければなりません。

そのため、公式サイトをよく読んだり、口コミで飲みやすさをチェックすると良いでしょう。
サプリメントの栄養成分や値段だけではなく、粒の大きさや臭いがあるかどうかといった細かい事もつわり時期には非常に重要な要素です。

妊娠初期に栄養ドリンクを飲んでも大丈夫?

最近は、コンビニにも多くの栄養ドリンクが販売されて、手軽に手に入れられるようになりました。
疲労回復や栄養補給に栄養ドリンクを日頃から飲んでる方も多いでしょう。   

妊娠初期に栄養ドリンクを摂取して痛みを補給しても、もちろん問題はありません。
しかし、中にはカフェインや添加物が多く入っていて、妊娠初期には摂取しない方が良い栄養ドリンクもあるのです。

妊娠中に栄養ドリンクを飲む際には 、パッケージに妊娠中は控えてくださいと書いてある場合は飲まない方が良いでしょう。
栄養ドリンクの成分についてはそこまで過敏になる事はありません。

しかし、定期的に飲みたいと言った場合は、産婦人科に相談した方が良いです。

妊娠初期の栄養素のまとめ

妊娠初期の栄養素のまとめ

 
妊娠初期は胎児の形成時期であるため、非常に速いスピードで細胞分裂が行われ、多くの栄養素を必要とする時期です。
どうしてもつわりが重くて食べ物が口に出来ないと言った場合は、食べられるものを選んで少しずつ口に摂取していくようにしましょう。

少しずつ食事が出来るようになったら量を増やして、多くの栄養素を摂取していきましょう。
そして、妊娠中は多くの栄養素を含むサプリメントを併用する事をオススメします。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり