妊娠中の肩こり

妊娠中は、お腹の胎児が大きくなるにつれて、だんだんとひどい肩こりに悩まされる方が多いのです。
肩こりになってしまう原因は、妊娠によるホルモンバランスの乱れと、お腹が大きくなる事による血行不良が考えられます。

日頃から肩こりに悩まされてる方は、妊娠するとさらにひどい肩こりになってしまう事も多いようです。
そこで今回は、妊娠中に肩こりに悩んでる方のために効果的な解決方法をご紹介します。

妊娠中にひどい肩こりになる原因

妊娠中にひどい肩こりになってしまう原因は2つあり、お腹が大きくなる事による血行不良とホルモンバランスの乱れが考えられます。
妊娠中は様々な体調の変化が感じられますが、胎児が大きくなると体に大きく負担となり、思うように体が動かなくなってしまう事もあるのです。

特に双子を妊娠している妊婦さんは、大きいお腹を支えるだけでも大変になり、立ち上がったり歩いたり寝るのも大変になります。
妊娠中は運動不足となって、血行不良になってしまう事が多いのです。

血行不良になると、肩まで十分に血液が回らなくなり、肩こりや貧血といった症状が起こる事があります。
妊娠中に肩こりを予防するためには、少しでも体を動かして血行を良くする事が大切です。

妊娠中はどうしても家に閉じこもりがち。
しかし、家の中でも少し歩いたり軽くストレッチをするなどして、血行良くするように心がけてください。

そして、妊娠によるホルモンバランスが変化する事で、肩こりになってしまう事もあります。
ストレスを解消するために、アロママッサージか半身浴などをして心身共にリラックスしましょう。

妊娠中の肩こりはいつから起こる?

妊娠中の肩こりはいつから起こる

妊娠中の肩こりは、初期から中期のいつでも起こる可能性があります。
一番起こりやすいのは、ホルモンバランスが乱れる妊娠初期が一番多いです。

妊娠初期は、とにかく体の変化が大きく、胎児がおなかの中ですごいスピードで細胞分裂が起こります。
そのため、体の中の栄養素が多く使われたり、栄養不足になったり、血行不良といった症状が起こるのです。

そのため、妊娠初期の肩こりを予防するために、食生活はしっかり多くの栄養素を取るように心がけてください。
そして、血行を良くするために、お風呂上がりの体が温かい時に肩をアロマオイルでマッサージするのも効果的です。

妊娠中の肩こりは頭痛や吐き気になりやすい

妊娠中の肩こりは頭痛や吐き気になりやすい

妊娠中に肩こりがひどくなると、頭痛や吐き気をする事があります。
肩こりが重症化すると、血行が悪くなるため、それが吐き気や頭痛に繋がってしまうのです。

そうなる前に、しっかり肩こりを予防する必要があります。
妊娠中に肩こりがひどい場合は、お風呂上がりに好きな香りのアロマオイルを手に取って、首筋から肩にかけて軽くマッサージをしてみてください。

血行が良くなるように優しく力を入れずにマッサージするだけで、リラックスして肩の重さが楽になります。
お腹が大きくなると座ったばかりの体勢になってしまいます。

リビングを歩いたり、首を上下に動かしてストレッチをするなど、筋肉を動かして血行を良くしていきましょう。
妊娠中のひどい肩こりの原因は、ストレスが原因な事もあるので、好きな趣味に打ち込んだり、美味しいものを食べるなどして気分転換するのもオススメです。

妊娠中のひどい肩こり解消法

妊娠中のひどい肩こり解消法

妊娠中にひどい肩こりになった場合は、自分でアロママッサージをするのも良いですが、人にやってもらうとかなり効果があります。
例えば、家族の人にアロマオイルを使って、首筋から肩にかけて軽くマッサージをしてもらったり、振動するマッサージ器具を使うのも良いでしょう。

お腹が大きくなってくるとなかなか外出出来ません。
しかし、妊娠初期であればアロママッサージのサロンに行き、マッサージしてもらうのも効果的です。

ただし、妊娠中のマッサージは手術出来ないサロンもありますので、行く前に電話で確認すると良いでしょう。

妊娠中のひどい肩こりにはマグネループ

マグネループは、においやヒリヒリ感などがないため人気です。
しかし、妊娠初期(15週くらいまで)と、出産直後(産後6週くらいまで)の人は、医師に相談してくださいと注意事項があります。

妊娠中のひどい肩こりには整体や接骨院へ行こう

妊娠中の肩こりに改善がみられない場合は、マタニティ専門のマッサージ治療院や医師に相談してみましょう。
病院では、葛根湯などの肩こりに効果の高い漢方薬や湿布を処方してくれる事があります。

肩こり解消のためは、湿布や塗り薬を使う方法もあります。
しかし、市販されている湿布薬には、赤ちゃんに悪影響があると言われているインドメタシン成分が含まれてる事があります。

医師に相談せずに、湿布を貼ったり塗り薬を患部に塗ってしまう事がないように、注意が必要です。
どうしても肩こりが辛い時には、まずは医師に相談してから使用するようにしましょう。

妊娠中の肩こりにはツボをマッサージ

妊娠中の慢性的な肩こりには、ツボをマッサージするのもオススメです。
100円ショップは売っているツボ押しを使って肩や鎖骨辺りのツボを優しく押すと、血行が良くなり肩こりも解消されます。

ツボ押しの骨は押すと気持ちいいと思う所を優しく押して、何度か繰り返すだけです。
お風呂上がりの体が温まってる時にツボ押しやマッサージをすると効果的が倍増します。

冬は冷気によって血行が悪くなってしまいます。
そのため、ツボ押しとマッサージを取り入れると血行が良くなり、肩こりも解消されるでしょう。

妊娠中の肩こりにはストレッチ

妊娠中の肩こり解消には、お風呂上がりなど体が温まった後にストレッチをしてみるのも効果的です。
浴槽に入る時間のない人は、蒸しタオルを肩と首筋において温めても効果的と言えます。

では、5分で出来る肩と首のストレッチ方法をご紹介します。
まず、肩から首筋にかけて少し強めになでて、頭の付け根から首の根っこを強めに押します。

両方の鎖骨の下を肩側から首に向かってなでます。
首の根っこから肩に向けて優しくさすります。

これを毎日のお風呂上がりの習慣にすると、血の巡りが改善され、肩こりが緩和されます。
大きなお腹を抑えるようなストレッチは、妊娠中は危険ですから、普段より軽いストレッチにしましょう。

妊娠中の肩こりや頭痛には針と鍼灸がオススメ

妊娠中の肩こりがひどくてどうしようもない場合は、鍼灸師を自宅に呼んで施術をしてもらう方法もあります。
針とは、ツボにピンポイントで刺激して穴血行を良くする方法です。

そして、お灸とは火を付けたもぐさを血行の悪い所に置き、老廃物や不純物を取って血行良くする方法になります。
鍼灸をする事で全身の血行が良くなり、体のホルモンバランスが整い、 肩こりとは無縁の体質になって行くでしょう。

妊婦さんには経験のある鍼灸師さんが良いので、事前に調べておく必要があります。

妊娠中の肩こりには枕を変えよう

妊娠すると体型が変わり、体が重くなってきますので、枕が合わなくなる場合があります。
枕が合わない事により、肩こりになっている可能性もあります。

ひどい肩こりに悩まされるという方は、一度枕を見直してみると良いでしょう。
枕専門のオーダーメイドショップは、自分に合う枕を作ってくれる事が出来ます。

ネット通販でもあるので気になる方は、オーダーメイドの枕を作ると肩こりも改善されるでしょう。

妊娠中の肩こりには貼り薬・温湿布をしよう

妊娠中の肩こりには貼り薬・温湿布をしよう

妊娠中の慢性的な肩こりに悩まされている方は、張り薬や温湿布を使うのも一つの方法です。
湿布には鎮痛剤が含まれているので、貼るだけで血行促進して、肩のコリや痛みを緩和させる事が出来ます。

シップには刺激の強い外用消炎剤が含まれているので、妊娠初期にはその匂いがつわりによって我慢出来ないという妊婦さんもいるのです。
外用消炎剤は非常に強い作用があるため、流産や早産のリスクが懸念されます。

そのため、肩こりのために湿布を頻繁に利用していると、胎児に何らかの悪影響が及ぶ可能性があるので、気を付けなければなりません。

ロキソニンテープ

ロキソニンテープは、 妊娠中の肩こりにも使う事が出来ますが、ロキソニン配合の錠剤は 妊娠中に使用が禁止されています。

バンテリン湿布

ドラッグストアでも簡単に手に入る バンテリン湿布は、第3類医薬品に 分類されるため、副作用の心配がほとんどなく、妊娠中でも使う事が出来ます。

アンメルツ

アンメルツもドラッグストアで簡単に手に入れる事が出来、第三類医薬品に分類されるため、妊娠中の肩こりにも安心して使う事が出来ます。

インドメタシン

市販の湿布や貼り薬に、インドメタシンが多く含まれています。
特に副作用の心配はなく、 妊娠中の肩こりにも使う事が出来ます。

ただし、血管収縮のリスクがあるため 妊娠中に頻繁に使うのは避けた方が無難です。

キンカン

虫刺され薬蚊に刺されによく使うキンカンも第三類医薬品に分類されるため、妊娠中の肩こりにも安心して使う事が出来ます。

カロナール

カロナールは、頭痛薬に配合されており、妊娠中に使うと胎児に何らかの悪影響が起こるリスクはあります。
そのため、妊娠中の肩こりにカロナール配合の頭痛薬を使うのは避けた方が無難と言えるでしょう。

モーラステープ

 
平成26年3月から、貼り薬「モーラステープ」が 妊娠後期には使用禁止になりました。
妊娠中にモーラステープを使うと、胎児に何らかの悪影響がある可能性があるので、個人の判断で使うのは避けるようにしてください。

ピップエレキバン

磁気がコリのある部位に作用します。
血行を改善し、緊張をといて肩こりをほぐすしてくれます。

ヒリヒリ感やひんやり感といった皮膚への刺激を感じる事はありません。
そのため、妊娠中でも使う事が出来ます。

妊娠中の肩こりのまとめ

妊娠中の肩こりのまとめ

妊娠中は、体の体調の変化が色々な場所で起こりますが、特に肩こりに悩まされる妊婦さんは多いのです。
妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、どうしても家にこもってしまいがちになります。

血行不良と栄養不足によって肩こりが進行していまいます。
そのため、なるべく家でもマッサージや軽い運動をして、血行良くする事を心がけるようにしましょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり