妊娠中の肩こり

妊娠中は、妊婦さんにとって肩こりがひどくなる事があります。
肩こりや腰痛などは、慢性的に患っている方が、妊娠してさらにひどくなるケースがあるのです。

妊娠初期は、ホルモンバランスの影響で肩こりが起きやすく、慢性化してくると頭痛の原因にもなるので、早めの対策が必要と言えます。
そこで、今回は妊娠中に肩がこりやすくなる原因と、その解消法をご紹介します。

妊娠中にひどい肩こりになる原因

妊娠中に肩こりがひどくなる主な原因の一つは、血行不良です。
妊娠中に運動不足になり、血流が滞りやすい方などは、お腹から下の下半身を中心に血行不良が起きやすい状態になっています。

体質的に冷え性などで血行が滞りがちな方は注意が必要です。
また、つわりや頭痛など他の様々な体調不良が重なって、体を動かす事が少なくなると、血行不良が悪化してしまいます。

妊娠周期が上がると、さらに血流が悪くなります。
そして、肩こりの症状が重くなる場合があるのです。

精神的、あるいは物理的ストレスによって緊張状態になると、筋肉もそれに応じて凝り固まるため、肩こりが起きます。

さらに、妊娠すると、ホルモンバランスに乱れを生じたり、普段では分泌されないホルモンが大量に分泌されるため、体にも変化があらわれます。
妊娠中のホルモンの乱れは自律神経に影響するので、肩こりの原因になります。

妊娠中の肩こりはいつから起こる?

妊娠中の肩こりはいつから起こる

妊娠すると、普段とは違うホルモンバランスになるため、自律神経の乱れが生じやすくなります。
特に妊娠初期は、副交感神経と交感神経のバランスが崩れやすく、交感神経が優位になった時には身体が緊張して血流が低下します。

それが、肩こりや頭痛の症状に繋がってしまうのです。
また、妊娠後期は、お腹だけでなく胸も大きくなり、また体重も増加します。

そのため、その重さを支える肩や首に負担が掛かり、肩こりが起こりやすくなります。
また、妊娠期間中は思ったように動けない事もあり、運動不足になりがちですので、散歩などの軽い運動で血行不良を防ぎましょう。

妊娠中の肩こりは頭痛や吐き気になりやすい

妊娠中の肩こりは頭痛や吐き気になりやすい

妊娠中は、不安を感じたりお産が近づく事で緊張したり、妊婦さんはストレスを感じやすい状況にあります。
そして、ストレスを感じると人間の身体は緊張状態になり、筋肉に力が入ります。

特にお腹が大きくなってくる妊娠後期は、肩こりが起きやすいと言えます。
妊娠中の肩こりが慢性化すると、首から肩にかけての血流が悪くなり、筋肉が緊張して硬くなるので、頭痛や吐き気にも繋がります。

肩こりは、長時間、同じ姿勢を続けた時や、冷え性の方、妊娠中のストレスで身体が強張った状態が長く続いた時などに起こりやすくなります。
そして、肩こりがひどくなると、頭への血流も悪くなり、頭痛に発展してしまうので、肩こりは早めに解消しましょう。

肩こり解消には、一番は肩周りの筋肉をほぐして、血流を促してあげる事です。
それ以外にも、適度な運動などでストレスの発散をする事が大切です。

妊娠中のひどい肩こり解消法

妊娠中のひどい肩こり解消法

コリがあまりにもひどい時は、マッサージなどでほぐすと解消されます。
ただし、マッサージ店や整体院などの多くが妊娠中は施術不可としています。

その際は、自分でストレッチをしたり、家族にマッサージしてもらうなどしましょう。
首から肩にかけては大きな筋肉が付いています。

この部分を使わなければ血流が滞ってしまうので、一日数回でも良いので、肩を回してみましょう。
これだけで、血行を促して、肩こりを楽にする事が出来ます。

また、妊娠中は、椅子やソファーなどのマッサージ器具などを活用して、血行を促進するのも良い方法です。

妊娠中のひどい肩こりにはマグネループ

エネループは、においやヒリヒリ感などもなく、肌にあたる部分はシリコン素材のため、冷たさなどを感じる事もなく人気です。
しかし、妊娠初期(15週くらいまで)と、出産直後(産後6週くらいまで)の人は、医師に相談してくださいと注意事項があります。

妊娠中のひどい肩こりには整体や接骨院へ行こう

妊娠中の肩こりに改善がみられない場合は、マタニティ専門のマッサージ治療院や医師に相談してみましょう。
病院では、葛根湯などの肩こりに効果の高い漢方薬や湿布を処方してくれる事があります。

肩こり解消のためは、湿布や塗り薬を使う方法もあります。
しかし、市販されている湿布薬には、赤ちゃんに悪影響があると言われているインドメタシン成分が含まれてる事があります。

医師に相談せずに、湿布を貼ったり塗り薬を患部に塗ってしまう事がないように、注意が必要です。
どうしても肩こりが辛い時には、まずは医師に相談してから使用するようにしましょう。

妊娠中の肩こりにはツボをマッサージ

肩こりや頭痛には、ツボマッサージも有効です。
押して気持ちいいと感じる部分を、強すぎない力で軽くマッサージしてみましょう。

肩をマッサージする前には、まずタオルで肩や首を暖めておいてから行うとさらに効果的です。
痛みを感じる場所を軽く指で押し、筋肉の緊張を取るようにしていきます。

ただし、妊娠中は押してはいけない、押さない方が良いと言われるツボもありますので、強く押すのは危険です。
妊婦さんにツボを押してはいけない部分があるのは、ツボの中には子宮の収縮や陣痛を促すものがあるからです。

数回強く刺激したからと言って、すぐに問題が生じるというわけではありません。
しかし、妊娠中のツボマッサージは、慎重に行わなければなりません。

妊娠中の本格的なツボマッサージは、医師や専門家に相談し指示を受けるようにしてください。

妊娠中の肩こりにはストレッチ

妊娠中の肩こり解消には、お風呂上がりなど体が温まった後にストレッチをしてみるのも効果的です。
浴槽に入る時間のない人は、蒸しタオルを肩と首筋において温めても効果的と言えます。

では、5分で出来る肩と首のストレッチ方法をご紹介します。
まず、肩から首筋にかけて少し強めになでて、頭の付け根から首の根っこを強めに押します。

両方の鎖骨の下を肩側から首に向かってなでます。
首の根っこから肩に向けて優しくさすります。

これを毎日のお風呂上がりの習慣にすると、血の巡りが改善され、肩こりが緩和されます。
大きなお腹を抑えるようなストレッチは、妊娠中は危険ですから、普段より軽いストレッチにしましょう。

妊娠中の肩こりや頭痛には針と鍼灸がオススメ

鍼灸とは、人のからだ全体にあるツボと呼ばれる箇所を針で刺激する「鍼」や、もぐさに火を付けて温める「灸」で刺激する方法です。
ツボを刺激する事で、気の流れを整え、人間が本来持っている力を引き出します。

そして、気になる症状を改善したり体質を変える事が出来ます。
妊婦の鍼灸治療の内容としては、鍼灸師さんによる問診の後、妊婦さんの大きくなったお腹に負担が掛からない姿勢で、ツボに鍼やお灸を施していきます。

鍼や灸をどう組み合わせるかは、治療したい症状や治療を受ける人の体質によっても異なります。
妊娠時の鍼灸に不安がある時は、事前に新婦さんへの鍼灸に慣れた鍼灸院なのか、事前に確認したり、産婦人科に利用を相談してみると良いでしょう。

妊娠中の肩こりには枕を変えよう

妊娠初期の妊婦さんは、通常の日常生活を過ごせる範囲ですが、妊娠中期にもなってくると、おなかがぐんと大きくなってきます。
そんな妊娠中期の妊婦さんに、抱き枕が人気になっています。

実は、肩こりやむくみがひどくなってくる妊娠中期以降には抱き枕が有効です。
抱き枕は妊婦さんに限らず、不眠に苦しんでいる人にも効果的です。

抱き枕を使う事で寝やすい姿勢を容易に作る事が出来るからです。
妊婦さんも中期から後期になってくると寝姿勢が難しくなり、不眠になりやすくなります。

肩こり解消のためにも、おなかの赤ちゃんのためにも、良い睡眠をとる事は大切なです。
抱き枕を使う事で容易に肩こり改善につながるかもしれません。

妊娠中の肩こりには貼り薬・温湿布をしよう

妊娠中の肩こりには貼り薬・温湿布をしよう

元々、肩が凝りやすい体質の妊婦さんは、湿布薬が使いたくなるかと思います。
湿布などの外用消炎鎮痛剤は、いくつか組み合わされた成分によって、肩こりや腰痛、筋肉などの痛みや炎症を軽減する薬です。

よって、皮膚を通して成分を吸収し、血行を良くして凝りを解消したり、軽い知覚麻痺を起こして痛みを抑える効果が期待出来ます。
しかし、販売されている外用消炎剤によっては、強力な消炎作用があり、皮膚からの吸収率が高く、湿布特有の匂いがない高性能なものもあります。

これらには、痛みの元となる炎症が周囲に広がらないように、血管を収縮させ、炎症物質を閉じ込める働きがあるのです。
実は、この作用が動脈管という胎児に栄養を運ぶ血管を収縮させてしまい、胎児が血流障害を引き起こす可能性があります。

ただ、全ての外用消炎剤に危険な成分が含まれているわけではありません。
そのため、成分に注意しながら湿布薬を選びましょう。

ロキソニンテープ

ロキソニンテープの有効成分はロキソプロフェンです。
ロキソニンテープは、妊婦の腰痛への使用が禁止されていません。

しかし、ロキソプロフェンの飲み薬(ロキソニン錠)には、妊娠末期の妊婦に使用出来ません。

バンテリン湿布

薬剤師不在でも、登録販売者がいれば販売出来るのが第3類医薬品です。
バンテリンは第3類医薬品ですから、副作用のリスクがとても低く、妊娠中でも安心して使用出来ます。

アンメルツ

アンメルツは第3類医薬品ですから、妊婦が避けるべき成分が入っていません。
湿布薬の説明書にも妊婦の使用に関する注意書きがなく、安心して使う事が出来ます。

インドメタシン

インドメタシンは1970年代には、切迫早産の薬としてよく使われていました。
痛み止めの座薬があり使いやすかったのですが、動脈管の収縮を起こす事があるとして妊娠中の使用が禁止されました。

しかし、現状では湿布薬や塗り薬の場合は、インドメタシンやケトプロフェンが入っていても妊娠の禁忌薬にはなっていません。

キンカン

キンカンについては、使用上の注意に妊婦に関する情報が記載されていません。
自己判断にて使用する事が可能です。

ただし、皮膚の特に弱い人は相談する事とあります。
そのため、肌荒れなどを起こしている妊婦さんは、薬剤師に相談してから利用しましょう。

カロナール

病院で処方されるカロナールという頭痛薬は、「アセトアミノフェン」を主成分としています。
カロナールの添付文書には「妊娠中の投与に関する安全性は確立していない」との記載があります。

妊娠後期に服用すると「胎児に動脈管収縮を起こす事がある」とされているからです。
よって、妊娠中に頼るのは控えておきましょう。

モーラステープ

 
平成26年3月より、痛み止めの湿布である「モーラステープ」が 妊娠後期の女性に使用出来なくなりました。
今までは医師が必要と判断すれば使う事が出来ましたが、今後は使う事が出来ません。
現在妊娠中の方、今後妊娠する可能性がある方は十分注意してください。

ピップエレキバン

貼った瞬間から磁気が直接コリのある部位に作用し始めコリをほぐしていきます。
血行を改善し、緊張をといて肩こりをほぐすしてくれます。

ヒリヒリ感やひんやり感といった皮膚への刺激を感じる事はありません。
そのため、妊娠中でも使う事が出来ます。

妊娠中の肩こりのまとめ

妊娠中の肩こりのまとめ

妊娠中は、ずっと家にいる事が多くなります。
最近は、携帯やテレビを見過ぎて目を凝らしている妊婦さんが多く、それが肩こりの原因にもなっているようです。

そして、画面に集中している時の姿勢によっては、さらに肩こりを引き起こす場合があります。
妊娠中は、体調管理を第一に考え、携帯やテレビもほどほどにして目を酷使しないよう心がけましょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。