妊娠中に足がつる

妊婦さんの多くは、足がつる(こむら返り)経験をされます。
妊娠前は、あまり足をつった事がなかった人でも、妊娠すると起きやすくなるのです。

では、なせ妊婦さんは足がつりやすいくなるのでしょうか?
そこで今回は、妊娠中に足がつる原因とその対処法についてご紹介します。

妊娠中に痛みが続くほどの足がつる原因とは?

足がつるとは、足の筋肉に通常よりも負荷が掛かり、極端に収縮してしまう事を言います。
足のふくらはぎなどの筋肉が急激に収縮する事で、足のつりと激痛を伴う事があります。

たいてい、妊婦初期から妊娠後期(妊娠8ケ月頃)までは、足がつりやすくなる妊婦さんが多くいます。
妊婦さんは、母体・胎児に栄養を送るため、栄養不足になりがちです。

足がつる原因として、ミネラル・ビタミン不足が挙げられます。
これらの栄養が不足する事で、神経・筋肉の急激な収縮が起こる原因に繋がるのです。

妊娠中は母体よりも、胎児の方に優先的に栄養が送られるので、ミネラル不足になって足がつりやすい状態になるのです。

静脈瘤の方は妊娠中に足がつる

静脈瘤とは、血管が浮き上がったり盛り上がったりしている状態を言います。
静脈瘤の方は元々手足のつり、むくみが多いので、妊娠中はさらにその症状がひどくなり、下肢静脈瘤になる事があるのです。

下肢静脈瘤とは、本来心臓に戻るはず血液が静脈によって詰まってしまう病気を言います。
妊娠中に血流が悪くなったり、毛細血管によってしっかり栄養素が行き渡らないと、下肢静脈瘤となり手足がつってしまう事があるのです。

何度も寝てる間に手足がつるといった症状が繰り返される場合は、医療機関に相談して血液検査をすると良いでしょう。

妊娠中は睡眠中に足がつる

妊娠中は貧血になりやすいため、足がつる事に悩む妊婦さんが多いのです
血液中にヘモグロビンの数値が減り貧血状態になると、血行が悪くなり睡眠中に足がつりやすくなります。

妊娠中の足のつりがひどい場合は、血行良くするために寝る前のアロママッサージや半身浴など、血行良くする事を心がけてみてください。
足がよくつる人は足つぼマッサージも効果的なので、お風呂は上がりの体が暖かい時に血行を良くするため、足裏のツボを押してみると良いでしょう。

妊娠中にふくらはぎの足がつる原因

妊娠中は足がつりやすくなり、ふくらはぎと足の裏がつってしまう事が多くなります。
足がつるのは栄養不足が考えられますが、多くの場合は血行不良によるカルシウム不足と言われているのです。

カルシウムを多く摂取すると貧血予防になり、胎児の骨の形成や髪の形成にも大変役立ちます。
妊娠後期になるとお腹が大きくなるため、体を支えるための足の筋肉が硬直してふくらはぎがつってしまうという事もあるのです。

しっかり母体の骨を強くするために、妊娠中は食品とサプリからカルシウムを多く摂取しましょう。
足のつりを予防するには、入浴中の半身浴やふくらはぎのアロママッサージなど血行良くするのも効果的です。

妊娠中はいつから足がつる?

妊娠中はいつから足がつる

妊娠中に足がつるのは、お腹が大きくなってくる妊娠中期から後期です。
お腹が大きくなってくると、体を支えるための足に負担が掛かります。

そのため、日頃から多くの筋肉を使わないふくらはぎが硬直して、夜中に足がつってしまう事になるのです。
日頃からふくらはぎを鍛えたり、しっかりカルシウムを摂取して筋肉を強くしておくと、寝てる時の足のつりを予防する事が出来ます。

妊娠中の睡眠はとても大切ですが、足がつってしまったら、良質な睡眠が取れなくなってしまうのです。
そのため、寝る前にふくらはぎをアロママッサージでしっかりもみほぐしたり、半身浴をするなどして血行良くしてあげると良いでしょう。

特に妊娠中に運動不足になっている方は、家に閉じこもりになってしまうため、筋肉が弱くなって足がつりやすくなるので気を付けてください。

妊娠中の足がつる激痛は肉離れ

妊娠中の足がつる激痛は肉離れ

大変稀ではありますが、妊娠中に足がつり過ぎて肉離れを起こす事は可能性があります。
ふくらはぎや太ももの肉離れを起こすと筋肉が分裂して元に戻らなくなってしまい、大変な激痛を伴う事になるのです。

通常のこむら返り、足がつるのは10分で痛みが和らぎますが、何時間も痛みが続くようであれば、肉離れの可能性があります。
妊娠中期から後期にかけてお腹が大きくなり、太ももやふくらはぎに掛かる負担が大きくなるのです。

妊娠中はどうしても家に閉じこもる事が多くなります。
筋肉が使わなくなるので血流が低下して貧血状態になり、筋肉が弱まってしまう事もあります。

あまりに足のつりがひどく続く場合は、医療機関に相談する事をオススメします。

妊娠中に足がつると薬または湿布が必要?

妊娠中に足がつると薬または湿布が必要

足がつると湿布を貼って対処したいと思いますが、基本的に湿布にはケトプロフェンという刺激物質が入っているためオススメ出来ません。
妊娠中は足がつる事に関わらず、肩こりや痛みといった部分にも湿布を貼るのは避けるようにしてください。

湿布に含まれるケトプロフェンというのは有害物質であります。
血管が収縮して胎児に必要な栄養素が行き渡らなくなり、流産や先天性の危険を引き起こすリスクが高くなります。

妊娠中は足がつるのに関わらず、どんな痛みにも湿布を使うのは避けるようにしてください。
足のつりに飲み薬を飲むのは基本的にはビタミン剤であれば問題はありません。

しかし、服用している薬との飲み合わせは医療機関に相談しましょう。

妊娠中に足がつる時の予防対策とは?

妊娠中に足がつる時の予防対策

スポーツ選手が足がつる場合の対処法として、スポーツインストラクターは選手の足を伸ばすという方法を取ります。
そのため、妊娠中も足がつってしまったら、誰かそばにいる人に足を引っ張って筋肉を伸ばしてもらうと効果的と言えます。

やり方は、膝を伸ばして足をまっすぐにした状態で足を反対側に伸ばすだけです。
寝てる時や一人でいる時は、自分の足を引っ張る事は大変難しいので、近くにいる人にやってもらうと良いでしょう。

カルシウム不足、鉄分不足になると足がつりやすくなります。
そのため、積極的にカルシウムと鉄分が多い食品やサプリメントを摂取して、足がつらないように対策すると良いです。

妊娠中に足がつる時のマッサージ

妊娠中いつも足がつりやすい方は、日頃からマッサージを習慣付けると良いでしょう。
お風呂上がりの体が温まってる時に、ふくらはぎや太ももリンパに沿ってアロママッサージをするだけでもこむら返りの予防になります。

自分の好みの香りがするアロマオイルを使うと寝る前のリラックスを誘い、良質な睡眠になるので一石二鳥です。
また、寝る前にふくらはぎや太ももの筋肉を伸ばしてストレッチをするだけでも足のつりの予防になるでしょう。

足がつるのは睡眠不足も関係するので、寝る前に一杯の水を飲んで体に水分を行き渡らせると効果的です。

妊娠中に足がつる事と食べ物の関係

妊娠中に足がつる事と食べ物の関係

妊娠中に足がつる原因は、カルシウムや亜鉛、鉄分、マグネシウムといったミネラル不足が関係しています。
ですから、妊娠中に足がつりやすい方はこれらの栄養素を積極的に摂取すると良いでしょう。

妊娠中は、食品から多く栄養素摂取してもほとんど胎児に行き渡るため、母体に栄養不足になってしまうことがあります。
そのため、妊娠中はいつも以上に多くの栄養素を摂取しなければならないのです。

カルシウムは乳製品から牛乳、ヨーグルト、チーズ、亜鉛は魚介類から納豆、鉄分はレバー、豚肉、牛肉、マグネシウムは海藻類、アーモンドから多く摂取するようにしましょう。
好き嫌いが多い方やつわりがひどい方は、定期的に栄養素を摂取できる 葉酸サプリメントを併用する事をオススメします。

足がつるのは妊娠中の栄養不足が原因

妊娠中に足がつるのは、栄養不足が原因のひとつと言われています。
ミネラル不足の場合、同時に鉄分も少なくなるため、貧血の症状が出てきやすくなります。

貧血が起きたら、足がつるかもしれないと予測して気を付けるようにしてください。
足がつる対策としては、率先してミネラル類を補給しましょう。

カルシウム・マグネシウムを多く含む食材を普段の食事に取り入れると、足がつりにくい身体になります。
カルシウムは乳製品、魚、パセリなどに多く含まれ、マグネシウムは豆製品、あさり、佃煮に多く含まれます。

ミネラルの吸収を高めるためには、野菜やビタミン類も同時に摂ると効率的です。
体の冷えも足がつりやすくなる要因なので、温かいスープや汁物も積極的に食べましょう。

体を温めてくれる生姜や根菜類を取り入れるのもオススメです。
バランスの良い食事をする事で筋肉や神経の働きが正常に戻っていきます。

もちろん、足がつる症状がない時でも、普段からこれらの栄養素が不足しないように、意識して食事するよう心がけましょう。

妊娠中に足がつるのはカルシウムとマグネシウムなどのサプリを飲もう

妊娠中に足がつるのは、カルシウムとマグネシウム不足だと言われています。
基本的に足がつりやすい体質の方は、妊娠中も食品から多くのカルシウムとマグネシウムを摂取していきましょう。

例えば、飲むヨーグルト、お菓子のウエハースにはカルシウムと鉄分が入っているものがあり、妊娠中のおやつとして食べるのもオススメです。
妊娠初期は、胎児が臓器を形成する大切な時期なので、カルシウム不足してしまうと、強い骨や髪、爪を形成する事ができず、低体重にもなってしまいます。

鉄分が少なくなると、胎児にしっかり毛細血管を通して、栄養素を行き渡らせる事が出来なくなるのです。
そのため、カルシウムや鉄分が不足すると胎児への健康にも悪影響を及ぼすため、しっかり栄養素摂取してきましょう。

妊娠中に足がつる際のまとめ

妊娠中に足がつる際のまとめ

普段はあまり足がつる事がないのに、なぜか妊娠するとふくらはぎや太ももがつってしまうと悩んでいる妊婦さんは多いのです。
特に、寝ている時に急に足がつると、ビクッと起きてしまう事もありますよね。

しかし、妊娠中に足がつるのは決して珍しい事ではなく、普段使わないふくらはぎや太ももにお腹の胎児の影響で負担が掛かっている事が原因です。
日頃からカルシウムやミネラル鉄分が不足してしまうと、筋肉に栄養素は行き渡らなくなり、筋肉が縮小してつる事もあります。

そのため、妊娠中の足がつるのを予防のために、ウオーキングをして血行を良くしたり、サプリメントを利用して、鉄分やカルシウムを多く摂取していくようにしましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、ぜひ試してみてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。