妊活とコエンザイム

妊娠前に摂取しておくサプリと言うと、葉酸、マカなどがよく知られています。
そして、妊活中に役立つ栄養素として、最近注目されているのが、コエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10も妊活男女にとって、嬉しい効果が期待出来ると言われています。
コエンザイムQ10とは、肉類や魚介類などに含まれている脂溶性の物質です。

CoQ10と略されたり、ユビキノンとも呼ばれます。
一般的には、たんぱく質や炭水化物をエネルギーに変えたり、抗酸化作用があります。
そのため、美容や健康にも良い栄養素です。

妊活中にコエンザイムQ10を飲むと、本当に妊娠力がアップするのでしょうか?
そこで今回は、妊活女性のブログにもよく出てくるコエンザイムQ10について、検証していきます。

妊活中はコエンザイムQ10のサプリが効果的?

不妊の大きな原因の一つは、卵子の老化や精子の老化だと言われています。
そして、これらの原因は、ミトコンドリアの減少、つまり細胞が老化する事によるとされています。

心臓や肝臓などの臓器は24時間動いており、他の細胞よりも多くのミトコンドリアが存在します。
その心臓や肝臓よりも、さらに多くのミトコンドリアがいると言われるのが卵子なのです。

直径0.1mmの受精卵の分割に必要なエネルギーを産生するのが、卵子のミトコンドリアです。 
母親の卵子のミトコンドリアだけが、赤ちゃんに受け継がれ成長していきます。

このように卵子の質と分割、そして子供の成長と全ての過程に母親のミトコンドリアは重要な役割を果たしているのです。
ミトコンドリアは、卵子の老化を防ぎ成熟を促進してくれる効果が期待出来ます。

コエンザイムQ10が妊活中の女性に効果的な理由

コエンザイムQ10が妊活中の女性に効果的な理由

コエンザイムQ10には、卵子の老化を防いでくれるだけではなく、卵子の成熟を促進してくれる働きもあります。
卵子は卵母細胞を卵巣で成熟させる事で出来上がります。
この卵巣の機能に深く関わっているのがミトコンドリアです。

コエンザイムQ10は、ミトコンドリアがエネルギーを作るのを助ける栄養素になります。
つまり、コエンザイムQ10を積極的に摂り入れる事で、卵子の成熟を促してくれるのです。

実際に、コエンザイムQ10を摂取する事で、高齢女性の成熟卵が増えて、妊娠出来たという検証結果もあります。
最近では、クリニック等でも不妊治療の一環として、コエンザイムQ10を利用する所が増えてきているのです。

妊活中はコエンザイムQ10で卵巣機能が高まる

子供は35歳くらいまでに産んだ方が良いとよく言うのは、年齢と共に卵巣の機能は落ちてしまうからです。
また、細胞にはミトコンドリアが呼吸をする事で、エネルギーが作られています。

ミトコンドリアは、卵細胞に10万個はあるとされています。
しかし、機能が低下すれば、卵子や卵巣の機能も低下してしまう事になります。

なかなか妊娠出来ないのは、卵子や卵巣のエネルギー不足だとすると、エネルギーを補充しなければなりません。
そこで、コエンザイムQ10を摂取すれば、エネルギーを作り出す事が出来るのです。

コエンザイムQ10が妊活中の男性に効果的な理由

コエンザイムQ10が持つ高い抗酸力は、男性の精子の質を良くしてくれる効果もあります。
さらに、ミトコンドリアの働きをサポートする事で、精子が運動するためのエネルギーを作りるのです。

実際に海外で行われた実験では、1日200mgのコエンザイムQ10を使用したところ、精子の運動能力が改善されたという研究結果もあります。
今のところ、過剰摂取による健康被害は確認されていません。

しかし、国内でのコエンザイムQ10の上限摂取量の基準は300mgです。

妊活中のコエンザイムQ10は精子の質を良くする

精子の質を良くする最大のポイントは抗酸化です。
細胞組織を攻撃して酸化させてしまうと、体内で発生するのが活性酸素になります。

その活性酸素が多くなると、精子もダメージを受けやすく、運動率が下がってしまいます。
妊活中は、酸化からカラダを守るために、活性酸素と戦ってくれる抗酸化物質を多く摂るのが効果的です。

そこで、コエンザイムQ10は抗酸化力が強く、脂質の酸化を防いでくれるので効果的と言えます。
さらに、コエンザイムQ10には、その他の抗酸化物質であるビタミンEの抗酸化力を回復させる作用まであります。

コエンザイムQ10は、アンチエイジングの面でも注目されています。
男性の体全体を若々しく保つにも、欠かせないものだと言えるでしょう。

妊活中にコエンザイムを効率的に摂る方法

妊活中にコエンザイムを効率的に摂る方法

コエンザイムQ10は、抗酸化作用、卵子の老化を防ぎ、卵子の成熟を促進してくれます。
そのため、妊活中に摂りたい栄養素です。

コエンザイムQ10は、レバー、イワシ、マグロ、ブロッコリー、ほうれん草、アーモンド、牛乳などに含まれています。
しかし、含有量はそれほど多くありません。

さらに、食品からそのまま摂り入れると、吸収率は10%程度しかないのです。
食材から摂取する場合は、ビタミンCやビタミンEと一緒に摂り入れると相互効果を発揮して、吸収率が上がります。

ただし妊活中は、吸収しやすいように作られているサプリメントを活用した方が、より効率的に摂り入れられるのです。

妊活中のコエンザイムQ10は食品よりもサプリがオススメ

コエンザイムQ10の場合は、「酸化型」と「還元型」があります。
吸収率が高い「還元型」のサプリを選ぶ事をオススメします。

「還元型」のサプリは、体内で変換する必要がないので、吸収率が高いと言えます。
コエンザイムQ10のサプリメントを購入する時は、大事なのは吸収率の高さです。

妊活中のコエンザイムのまとめ

妊活中のコエンザイムのまとめ

妊活といえば葉酸サプリが有名ですが、なかなか妊娠出来ないとお悩みの方は、コエンザイムQ10を試してみると良いでしょう。
以前は、美容でもよく耳にするコエンザイムQ10でした。

妊娠に重要なミトコンドリアを助ける授かり物質とまで言われています。
コエンザイムQ10はアンチエイジング効果があり、卵子老化も防ぐので、試してみる価値はあるでしょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
妊活の際には、ぜひとも試してみると良いでしょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。