妊活とプレッシャー

妊活というと、女性が主体になりがちですが、実際にはパートナーと2人で進めるものです。
しかし、夫婦でも同じ思いで妊活に向き合えるとは限らず、夫婦であっても相談出来ない事もあるでしょう。

妊活中は、タイミング法によるセックスに、旦那さんがプレッシャーを感じたりする事も多いと言えます。
すると、セックスそのものが辛くなってしまう妊活男性たちがいます。

セックスが義務になってしまう事のプレッシャーは、意外にも多くの妊活男性の重荷になっているようです。
そこで今回は、妊活中の男性にプレッシャーを与える事なく、上手く誘って妊娠に繋げる方法をご紹介します。

妊活中の旦那のプレッシャーとは?

妊活中に感じるストレスは、人それぞれ違います。
しかし、妊活中の旦那さんのプレッシャーは、このようなデータがあります。

妊娠しないストレスを感じているのは、女性だけではありません。
妊活を頑張っているのに、なかなか妊娠しないストレスです。

夫婦一緒に気持ちを切り替える事によって、良い方向に向かう可能性があります。
また、旦那さんは、妊活だけだなく仕事のストレスも感じています。

排卵日に旦那さんの仕事の都合でセックスが出来ずに、相手をせめてしまう方もいるようです。
その後、自己嫌悪に陥って、さらにストレスを溜める原因を作ってしまいます。

男性がストレスを感じてしまうようなセックスを続けてしまう事は、夫婦の維持に対して悪い影響を与えます。
よって、旦那さんにも、なるべくストレスを与えないような妊活計画を立てなければなりません。

夫がプレッシャーを感じない妊活法とは?

夫がプレッシャーを感じない妊活法

妊活中はどうしても、セックスが義務化してしまいがちです。
1か月のうちで妊娠する事が出来る時期と言うのは、およそ5日間くらいしかないからです。

そして、実際に受精する事の出来る時間というのは、6時間しかありません。
とは言っても、妊活中はタイミングをしっかり合わせて、セックスする事が大切になってきます。

夫にプレッシャーを与えるようなセックスをする事は、夫婦どちらにとっても嫌なものになってしまいます。
妊娠目的だけのセックスは、お互いにプレッシャーに感じてしまうでしょう。

しかし、排卵時期にSEXをしなければ妊娠出来ませんので、排卵時期はお互いに事前に知っておく事は大切です。
普段のスキンシップから、意識的に盛り上げていく必要があると言えます。

セックスが上手くいっていない夫婦は、スキンシップも上手く行えていない事が多いようです。
スキンシップを意識する事は、良いセックスをするために大切です。

妊活中は妻から夫に何気ない会話を心がける

旦那さんがセックスにストレスを感じてしまうのは、義務的なものへと変わってしまうからと言えます。
また普段からの夫婦の関係性も大事です。

旦那さんが魅力を感じるように、普段からオシャレや笑顔などの外見に気を使うのは大切。
そして、セックスだけでなく、お互いが気持ち良く生活出来るように、ポジティブな会話を心掛ける事も大事です。

子供を作るための対象として、旦那さんを見るのではなく、日頃から旦那さんの愛情を忘れてはなりません。
妊活中はお互いに、相手をしっかり意識した生活を送る必要があります。

妊活中の男性にプレッシャーを与えずに誘う方法

妊活中の男性にプレッシャーを与えずに誘う方法

「子供をつくるぞ!」と意気込むセックスは、ストレスを感じてしまいます。
そして女性は、妊娠したい気持ちが強すぎて、排卵日を意識し過ぎる事もあります。

結婚した頃は子作りは関係なく、夫婦としてのコミュニケーションとして、自然にSEXをしていたのではないでしょうか。
ですから、愛を確かめ合う気持ちでムード作りにも工夫して、子作り目的のプレッシャーを与えずに、雰囲気を盛り上げていくようにすると良いでしょう。

例えば、良い香りのアロマを焚いてみたり、間接照明など工夫してみたり、今までとは一味違う良いムード作りを心がけみてはいかがでしょうか。

妊活中はプレッシャーを感じないセックスがポイント

セックスは、この日しなければならない!と思うと、お互いの興奮は冷めます。
しかし、女性は興奮している時の方がホルモンの分泌が活発になり排卵を促すために、受精率が上がるのです。

また、男性も興奮を感じる事で、精子の量が増加します。
日頃の自然なスキンシップは非常に大切なのです。

男性は排卵日だと分かると、すごくプレッシャーを感じます。
日頃からスキンシップをして、自然な形で気分が盛り上がってくれるように気を配ると、旦那さんに余計なプレッシャーを与えずに済みます。

肩もみやくすぐり合いなど、普段からお互いのボディタッチをしてみるのも良いでしょう。
特に話す事がなくても、一緒にテレビを見たり音楽を聴いたりしていると、お互いの気持ちも寄り添ってくるのではないでしょうか。

そこからまた、セックスを楽しむようになれると良いと思います。

妊活中は2・3日置きのセックスを習慣化する

妊活中に有効なのが、2〜3日おきにコンスタントにセックスをするという方法です。
疲れてしまうと逆効果ですから、月経を含めて、その前後トータルで10日間は控えるようにしましょう。

それ以外の時は、2〜3日に1回の頻度で継続してセックスをします。
そうする事で、特に排卵日を意識しなくても、子どもを授かる可能性が高くるなるのです。

2〜3日に1回は疲れが出るので無理という場合には、優しく奥さんの方から誘うと言うと、ストレスなく夫婦関係を保つ事が出来るでしょう。

妊活とプレッシャーのまとめ

妊活とプレッシャーのまとめ

妊活中は、普段している何気ない会話が夫婦の関係性を高めていきます。
そうすると、妊活中の心身への負担やセックスのプレッシャーは軽減するのです。

好きな事をしてストレスを解消したり、日頃からストレスをためない生活を心がけたりすると、赤ちゃんを授かる確率は上がるでしょう。
疲れた妊活夫婦が、妊活を一時中断した場合に、すぐに妊娠できたケースも多いのです。

妊娠は思いもよらぬ時に成功する可能性があります。
そのため、あまりプレッシャーを感じず、楽しく過ごしていれば良いでしょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。