妊活とプレッシャー

妊活の難しい事のひとつとして、夫婦でも同じ思いで妊活に向き合えるとは限らず、夫婦であっても相談出来ない事です。
妊活中は、タイミング法によるセックスに、旦那さんがプレッシャーを感じたりする事も多いと言えます。

すると、セックスそのものが辛くなってしまう妊活男性たちがいます。
セックスが義務になってしまう事のプレッシャーは、意外にも多くの妊活男性の重荷になっているようです。

そこで今回は、妊活中の男性にプレッシャーを与える事なく、上手く誘って妊娠に繋げる方法をご紹介します。

妊活中の旦那のプレッシャーとは?

妊活とは、夫婦力を合わせて子作りというゴールに合わせて活動していく事です。
しかし、なかなか妊娠出来ないとお互いを責めあったり、排卵日に性交出来ないといったもどかしい思いをぶつけてしまったり、喧嘩が多くなる事も多いでしょう。

さらに、早く妊娠しなければいけないというプレッシャーは、女性だけではなく男性も感じています。
周囲の人間や親戚から「お子様はまだ?」と言われるのがプレッシャーになり、なかなか自然にセックス出来なくなる人も多いのです。

ただし、妊娠とはお互いストレスなくリラックスした状態でいる事が大事なため、ストレスは不妊に繋がります。
実際に周りのプレッシャーによって、自然なセックスにならないという問題を抱えているカップルも多いのです。

忙しい生活をしていると、なかなか排卵日にセックス出来ずにストレスが溜まって、余計にプレッシャーを与えてしまう事もあります。

夫がプレッシャーを感じない妊活法とは?

夫がプレッシャーを感じない妊活法

男性側にあまりプレッシャーを与えないためには、「どうしても排卵日にセックスしなければいけない!」というような強制的な言い方をするのは避けた方が良いでしょう。
排卵日は1ヶ月に一回しかないので、女性側としては妊活に励みたいという気持ちが強いのです。

しかし、男性側はその気持ちが分かっていながらも、強制的なシチュエーションになると気持ちが入らない事があります。
そのため、女性から「今月はこの時期にどうしてもセックスしなければいけない」と決めつけられると、男性側はストレスを感じるのです。

強制的なシチュエーションが、やはりプレッシャーに感じてしまうと言えます。
ですから、排卵日の話は夫婦でするのは問題ありません。

しかし、「絶対にこの日にセックスしなければいけない」と男性側に強制するのは、その気にならずにプレッシャーを与えるだけなので、やめた方が良いでしょう。
妊活のタイミングが1ヶ月に一回しかない事は男性側も分かっているので、なるべく明るく自然な気持ちでいる方が妊活が成功する確率が上がると言えます。

妊活中は妻から夫に何気ない会話を心がける

妊活中は妊娠に関する話だけではなく、日頃あった事や面白い事、テレビの話など、ストレスを解消するような環境を作ってあげるのも大切です。
家庭での会話はなるべくプレッシャーを与えずに、楽しい話をするように心がけましょう。

話の内容がどうしても妊活だけに偏ってしまうと、男性側はつまらなく感じてしまいます。
そして、周囲の人から子供が出来るのを期待されているのは十分承知なので、あえて女性から言う必要はありません。

そのため、家庭での会話は妊活の話だけではなく、楽しい話やリラックス出来るような話をするように意識してあげると良いでしょう。
すると、男性側も自然とセックス出来るようになり、お互いの気持ちがリラックスするため、妊娠力を上げる事が出来るのです。

妊活中の男性にプレッシャーを与えずに誘う方法

妊活中の男性にプレッシャーを与えずに誘う方法

よく聞く話は、女性側が「今月はこの期間が排卵日だから絶対にセックスしなければいけない」と男性側に強制してしまう事です。
妊活は、お互いリラックスした気持ちで、プレッシャーなくセックスが出来れば妊娠力が上がるのです。

ところが、「絶対にこの日じゃなければダメ」とか「絶対今月はこの日は早く帰ってこなきゃいけない」と強制されると、男性の気持ちがなくなってしまうのです。
お互い家庭ではリラックス状態になるように、「絶対何々しなければいけない」というルールを決めるのはやめましょう。

そして、自然なセックスに運びとなるように、楽しい話や自然な話題を大事にするようにしましょう。

妊活中はプレッシャーを感じないセックスがポイント

セックスは、この日しなければならない!と思うと、お互いの興奮は冷めます。
セックスとは自然な運びでする事でお互いの気持ちが高まり、妊娠力を上げる事が出来ます。

しかし、「この日はいつからベッドに入らなければならない」というシチュエーションを初めから決めてしまうと気持ちが入らなくなります。
そして、男性はプレッシャーを感じるため、妊娠力が下がってしまうのです。

特に男性はプレッシャーを感じると気持ちが入らなくなるので、妊活時には女性が上手くコントロールしてあげる必要があります。
日頃から今月の排卵日の話や強制的なスケジュールを男性に求めるのはやめて、自然なセックスになるように日頃の会話や行動を気を付けていく事が大切です。

妊活中は2・3日置きのセックスを習慣化する

妊活中に有効なのが、2~3日おきにコンスタントにセックスをするという方法です。
疲れてしまうと逆効果ですから、月経を含めて、その前後トータルで10日間は控えるようにしましょう。

それ以外の時は、2~3日に1回の頻度で継続してセックスをします。
そうする事で、特に排卵日を意識しなくても、子どもを授かる可能性が高くるなるのです。

2~3日に1回は疲れが出るので無理という場合には、優しく奥さんの方から誘うと言うと、ストレスなく夫婦関係を保つ事が出来るでしょう。

妊活とプレッシャーのまとめ

妊活とプレッシャーのまとめ

妊活中は、普段している何気ない会話が夫婦の関係性を高めていきます。
そうすると、妊活中の心身への負担やセックスのプレッシャーは軽減するのです。

好きな事をしてストレスを解消したり、日頃からストレスをためない生活を心がけたりすると、赤ちゃんを授かる確率は上がるでしょう。
疲れた妊活夫婦が、妊活を一時中断した場合に、すぐに妊娠できたケースも多いのです。

妊娠は思いもよらぬ時に成功する可能性があります。
そのため、あまりプレッシャーを感じず、楽しく過ごしていれば良いでしょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり