妊活の年齢

赤ちゃんが欲しいなと思っても、自分の年齢を考えて、もしかして遅いかな?と思ったりしますよね。
妊活をするのに、年齢はとても気になるものです。

近年は、結婚も晩婚傾向にあるので、妊活を始める年齢も上がりつつあります。
そこで今回は、妊活するのに年齢制限があるのかについて説明していきましょう。

妊活するのに上限の年齢はある?

一昔前では、20代に出産する事が当たり前の時代でしたが、今は30代で初めての出産などはよく見かけるものです。
現代は、5人に1人が高齢出産であるとも言われています。

実際に卵子は、35歳を過ぎると老化のスピードが上がり、受精する能力が落ちてくるのです。
残念ながらこれが事実ですから、血液検査でホルモン値を見れば、卵巣年齢も分かります。

しかし、日本でも40代、時には50代でも自然妊娠をしている人も少なからずいますので、まったく諦める事はありません。

出産の上限年齢

そして、初産婦は35才、経産婦は40才が高齢出産と呼ばれるボーダーラインです。
経産婦は、出産経験がある事で子宮や産道が柔らかく、出産時間も短い傾向にあります。

そして、初産婦は、赤ちゃんがなかなか下りてこず難産になって体力の消耗が激しかったりするのです。
こういった事から、高齢出産と呼ばれる年齢も若干の違いがありますが、やはり30代後半になるとどちらの場合も高齢出産という認識を持つ事は大切。

しかし、何才までという事を言うのならば、初めての出産の場合は35才までの出産がまずは目標と言えるでしょう。
ですので、妊活を行っている人は、年齢を逆算して計画的に進める事がとても大切になります。

妊活して妊娠出来る年齢適齢期は?

年齢に対しての妊娠率はどうなのでしょうか。
女性の体は、年齢を重ねると共に妊娠する確率は低くなります。

一生に作られる卵子というのは、産まれた時から決まっているのです。
妊娠する確率の高い日に夫婦生活を行った場合の妊娠率は、25才~30代前半が25%~30%、30代後半は18%、40代前半は5%、40代後半は1%というのが現実。

年齢と共に妊娠率の低下する事がわかり、30代後半になると大幅な低下が見えます。
妊娠する事は簡単そうに見えますが、実はそうではありません。

妊娠出来る適齢期ははやり25才~30代前半ですが、妊娠出来る条件は年齢だけが全てではないのです。
ですから、年齢だけで赤ちゃんを諦めるのはとてももったいないと言えます。

妊活して自然妊娠出来る年齢の限界は?

自然妊娠とは、夫婦生活を営んで自然に妊娠する事。
そして自然妊娠とは、婦人科などで性交のタイミングの指導を受けたり、人工授精や体外受精をしたりといった「不妊治療」を受けて妊娠する場合と区別されます。

自然妊娠するためには、自分で排卵日のタイミングを調べたり、運動や食事で妊娠しやすくなるからだ作りをしたりしていきましょう。
厚生労働省のデータによると、年齢が40歳以上の母親から生まれる赤ちゃんの数は年々増加しています。

しかし自然妊娠であっても不妊治療を受けるにしても、年齢が上がるごとに妊娠する確率は下がり、妊娠によるリスクは高くなるのです。

自然妊娠出来るのは閉経まで

生物学的に見ると、健康な女性が自然妊娠出来る年齢は最初に排卵が起こる12歳前後から、閉経を迎える50歳前後まです。
閉経が遅い女性であれば、50歳以降に妊娠・出産が出来る可能性もあります。

一般的には、閉経の約10年前、つまり40代頃からほとんど妊娠できなくなるのです。
しかし、極めて稀ですが、50代を過ぎての出産も世界で数例の報告があります。

ギネスブックの記録では、自然妊娠による最高齢出産は、59歳で出産したイギリス人女性のドーン・ブルックスさんです。

実際に妊活している人の年齢層は?

実際に妊活している人の年齢層

一般的に妊娠適齢期は20~34歳と言われています。
近年は社会で活躍する女性が増えた事などもあって、第1子の平均出産年齢は30.1歳。

しかし、35歳くらいから受精卵になる卵子が極端に減ってきますので、妊活のスタートは早いほうが良いでしょう。
加齢に従って「黄体ホルモン」の分泌量も低下するため、妊娠を維持する力も低下してしまいます。

実際に、日本で妊活している年齢層は30代が最も多いようです。

妊活は年齢が早いほうが成功する

高齢の妊娠や出産の成功率や不妊治療の成果という面からみれば、スタートは早い方がよいでしょう。
そして卵巣内の卵母細胞数が37歳から42歳にかけて急激なスピードで減少し、卵子の数は10分の1になります。

44歳以降になると、妊娠する可能性は1%とほぼ無くなってしまうのです。
女性は、自分たちの年齢を再確認して、加齢が妊娠を妨げる大きな要因である事も一度しっかり理解しておく必要があります。

男性で妊活している人の年齢は?

男性で妊活している人の年齢

男性の妊活に関しては、高齢になっても妊娠力はあまり衰えませんが、精子の質は徐々に劣化していくといわれています。
不妊治療の研究で男性の精子の運動率を調べた結果、高齢になるほど運動率が低下している事が分かりました。

基本的には、男性の妊娠力は高齢になっても続きますから、妊活自体はいくつになっても可能だと言えます。

男性の妊活は50代までが成功しやすい

でも、健康な赤ちゃんが絶対に欲しいと望むなら、出来るだけ若いうちに妊娠・出産をする事が良いというのは言うまでもありません。
精子の質に関するさまざまな研究結果から、ドイツの研究所では男性の妊活の年齢について、50歳くらいまでが限界だろうという見解を出しています。

しかし、精子の質を良くする生活を送る事は可能ですから、ご夫婦のライフスタイルに合わせながら妊活の計画を早目に立てていきましょう。

妊活の年齢制限のまとめ

妊活の年齢制限のまとめ

自然妊娠できれば、金銭的にもからだにも負担が少なくて済むでしょう。
高齢出産でも十分に妊娠・出産が出来ますが、子育てとなるとやはり体力勝負となります。

35歳を過ぎてから初めての妊娠を目指すのであれば、出来るだけ早い年齢のうちに妊娠できた方が良いですよね。
そのためには、普段からからだを鍛えるようにしておきましょう。

バランスの良い食生活や睡眠を十分に摂るなど、健康面の管理をするようにしてください。
もし半年から1年間自然妊娠しない場合は、婦人科で不妊検査を受けてみてはどうでしょうか。

高齢妊娠の可能性とリスクをしっかりと認識した上で、自分たちにあった妊活に取り組んでいきましょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。