妊活の年齢

赤ちゃんが欲しいなと思っても、自分の年齢を考えて、もしかして遅いかな?と思ったりしますよね。
妊活の年齢はとても気になるものです。

妊活を始める年齢も年々上がっている傾向にあります。
そこで今回は、妊活するのに年齢制限があるのかについて説明していきましょう。

妊活するのに上限の年齢はある?

一昔前では、20代に出産する事が当たり前の時代でしたが、今は30代で初めての出産などはよく見かけるものです。
現代は、5人に1人が高齢出産であるとも言われています。

実際に卵子は、35歳を過ぎると老化のスピードが上がり、受精する能力が落ちてくるのです。
残念ながらこれが事実ですから、血液検査でホルモン値を見れば、卵巣年齢も分かります。

しかし、日本でも40代、時には50代でも自然妊娠をしている人も少なからずいますので、全く妊活を諦める事はありません。

出産の上限年齢

女性が出産出来る年齢というのは、残念ながら制限があります。
一昔前までは、30代の出産は高齢出産と呼ばれていました。

しかし、今の日本では初産の年齢が30歳以上が過半数を超えています。
ですから、だんだん高年齢化していると言えるでしょう。

出産できる上限の年齢というのは人によって異なるため、一概にいくつまで妊活が適しているとは言えません。
ただし、女性の体が出産に一番適しているのは20代であり、産道が柔軟であるため、出産が簡単になると言われています。

そして、40代になると加齢と共に産道が硬直し始めるため、自然妊娠が難しくなるという傾向にあるのです。
ですから、出産できる上限年齢というのは確定出来ませんが、高齢出産は30代後半から40歳までと言えるでしょう。

妊活して妊娠出来る年齢適齢期は?

年齢に対しての妊娠率はどうなのでしょうか。
女性の体は、年齢を重ねると共に妊娠する確率は低くなります。

一生に作られる卵子というのは、産まれた時から決まっているのです。
妊娠する確率の高い日に夫婦生活を行った場合の妊娠率は、25才~30代前半が25%~30%、30代後半は18%、40代前半は5%、40代後半は1%というのが現実。

年齢と共に妊娠率の低下する事が分かり、30代後半になると大幅な低下が見えます。
妊活で妊娠する事は簡単そうに見えますが、実はそうではありません。

妊娠出来る適齢期は、やはり25才~30代前半ですが、妊娠できる条件は年齢だけが全てではないのです。
ですから、年齢だけで赤ちゃんを諦めるのは非常にもったいないと言えます。

妊活して自然妊娠出来る年齢の限界は?

自然妊娠とは男女は性交して自然に妊娠出来る事です。
それに対して、不妊に悩む方は人工授精や体外受精といった不妊治療で出産を目指していきます。

不妊治療は夫婦共に多くのストレスや長い期間の時間を要して、費用も掛かるのです。
そのため、なるべくなら高年齢でも自然妊娠を望みたいでしょう。

では、妊活して自然妊娠が出来る年齢の限度は、何歳ぐらいなのでしょうか?
自然妊娠できる年齢も人によって異なるため、一概にはいくつまでとは確定する事は出来ません。

厚生労働省による自然妊娠のデータでは、最高年齢が40歳前半までが多いのです。
40歳後半になってくると、なかなか自然妊娠する事が難しくなっていきます。

近年の晩婚化と共に高齢出産が増えており、自然妊娠も高齢化しているのです。

自然妊娠出来るのは閉経まで

基本的に、女性が妊娠出来る年齢というのは初経から閉経までとなります。
ですから、生理が始まった頃から閉経するまでの間は、妊娠できる可能性があるという事です。

そして、たいていの女性は50代で閉経を迎えるため、50代になるとかなり妊娠する確率は低くなってしまいます。
妊娠率という視点で見てみると、40代後半になると自然妊娠の確率がかなり減ってしまうのです。

40代後半で月経があっても、妊娠できる確率はかなり減ってしまうため、妊活は早くした方が良いと言えるでしょう。
ただし、50代になっても妊娠できる可能性がゼロではなく、実際に自然妊娠できたデータも世界的に見られているため、可能性はゼロではありません。

実際に妊活している人の年齢層は?

実際に妊活している人の年齢層

実際に妊活している人の年齢層は、結婚した時に始める方が多いのです。
平均は20代半ばから30代前半が最も多い層になります。

そして、30代後半になってくると、だんだんと子宮や卵巣機能の低下が始まってくるので、なるべく早く妊活をした方が子作りが成功する確率が上がるでしょう。  
最近は晩婚化が進んでいるため、子作りしたいと思ってもタイミングが合わずに、先延ばしになってしまうカップルも多いのです。

しかし、体の老化というのは確実に進んでいるために、子作りしたいと思った時は早めに始めた方が成功する確率が上がるでしょう。

妊活は年齢が早い方が成功する

妊活は年齢が早い方が成功するという見方が正しいとされています。
月経が始まってから20代の間が一番さん産道の柔軟性があり、出産に向けての体力や子宮環境も整えやすいと言われています。

そして、30代に入り徐々に子宮も加齢の影響を受け始めて、卵巣の機能低下や着床率の低下という問題が出てくるのです。
ただし、年齢だけでは個人の妊娠力を測る事は出来ないので、日頃の生活習慣を整えて、健康的な生活をしていくことが大切と言えます。

実際に30代後半でも順調に自然妊娠をしているカップルも多いのです。
40代に入ると、30代に比べて妊娠率が1/10に効果すると言われているので、妊活はなるべく早い方が良いと言えるでしょう。

男性で妊活している人の年齢は?

男性で妊活している人の年齢

年齢によって妊娠率の影響を受けるのは、女性だけではありません。
男性も加齢によって精子の活動率が大きく影響してきます。

男性で妊活している人が最も多いのは、20代後半から30代前半となります。
正しい最近の晩婚化の影響により、30代後半や40代そして50代でも妊活をしている男性も多く増えているのです。

男性の精子の活動率は40代50代でになると、20代と比べて1/10に減ってしまうので、日頃から多くの栄養を摂取しましょう。
運動を取り入れて代謝を良くするなど、体を健康に保つ試みをすると効果的です。

男性の場合は精子の活動率が良ければ、年齢に関係なく妊娠力をアップさせる事が出来るでしょう。

男性の妊活は50代までが成功しやすい

男性の場合は、年齢的な制限は女性ほど影響しないと考えられています。
しかし、男性も加齢により精子の活動率が下がるため、なるべく若い方が妊娠力を上げる事は出来るのです。

そのため、男性の妊活は50代までが 成功しやすいと言われています。
しかし、実際には 50代や60代でも 子作り出来たカップルも多いので、これからの時代は年齢に関係なく男性も妊活していく人が増えていくでしょう

妊活は女性だけでなく、男性と共に協力していく事で、妊娠力をアップする事が出来ます。
そのためで、生活習慣を試みたり、葉酸サプリを利用するなどして、夫婦揃っての妊活する事をオススメします。

妊活の年齢制限のまとめ

妊活の年齢制限のまとめ

最近は、女性の社会進出や晩婚化の傾向もあり、高齢出産に望む形が増えています。
しかし、今まで述べてきたように加齢と共に女性だけでなく男性も妊娠力が低下していきます。

そのため、出来れば妊活は若い方が成功しやすいと言えるでしょう。
しかし、最近では年齢には関係なく 卵巣機能や精子の活動を活発化させる事により、50代でも妊娠に成功するカップルもいます。

高齢出産に向けての妊活は、ブログや口コミでも参考になる体験談が多く寄せられているので参考にしてみるのも良いでしょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり