妊娠しやすい体

妊娠しやすい体を作る事は、妊活には非常に重要な事と言えます。
基本的な事ですが、下記のような事項を気を付けるのがポイントです。

  • 生活習慣
  • 食生活
  • 適度な運動

女性はもちろんですが、男性にとっても上記のような事は重要と言えます。
なかなか妊娠出来ないと悩んでいる方も、卵巣や子宮などの機能や女性ホルモンの分泌がスムーズに働くように整えて、妊娠しやすい体を作りましょう。

妊娠中は、日頃から適度な運動やバランスのとれた食事などを心がけて、妊娠しやすくなるための体作りと生活習慣が大切です。
そこで、今回は妊娠しやすい体になるための方法、そして子供の性別を産み分ける方法についてご紹介します。

欲しい性別の子供を妊娠する体の作り方

子作りする男女の産み分けを考えているカップルも多い事でしょう。
実際に男の子が産まれる確率と、女の子が産まれる確率は共に50%です。

赤ちゃんの性別がどのように決定するかと言うと、排卵日に卵子が排出され、精子と出会い受精卵となります。
その時に、精子の染色体の種類によって性別が決定されるのです。

つまり、赤ちゃんが男の子か女の子かになるのは、精子の種類によって決定されます。
卵子はX染色体しかありませんが、精子はX染色体とY染色体の2種類あります。

X染色体の精子の場合は女の子となり、Y染色体の精子の場合は男の子が生まれるのです。

男の子を妊娠する作り方

確実に男の子を作るという明確な方法はありませんが、男の子が出来やすいメカニズムは分かっています。
男の子を妊娠するにはY染色体を膣内に行き届かせる必要があるのです。

基本的に精子とはアルカリ性のため、酸性になると力が弱くなる特徴があります。
そもそも女性の膣の中は酸性ですが、排卵日の直前はアルカリ性になります。

このタイミングを狙って性交すると、男の子を妊娠する確率が高くなるでしょう。
基本的に膣内は酸性のため、膣内の奥で精子を行き届かせる事によって、精子が酸性に触れさせずに受精出来ます。

そのため、男の子にある確率が高くなります。
精子を膣内の深い位置へ射精する事によって、アルカリ性に強いY染色体を行き届かせる事が出来るでしょう。

女の子を妊娠する作り方

女の子を妊娠する場合には、X染色体を膣の奥に行き届かせる必要があるのです。
排卵日当日は、基本的にアルカリ性に傾きます。

そのため、排卵日後の二日の間に性交すると、女の子を妊娠出来るかもしれません。
酸性に強いX精子を多く残すために、排卵日の2日後に性交すると良いでしょう。

双子を妊娠する作り方

双子が妊娠する確率は1/100なので、確率的に考えるとかなり難しいと言えます。
双子を妊娠する人の特徴として遺伝が挙げられ、家族親戚に双子の人がいると双子を妊娠する確率が4倍アップするのです。

不妊治療で排卵誘発剤を使用している場合は、薬の影響で排卵が活発になります。
卵子が元気になるため、双子になる確率が上がります。

ハリウッドスターの高齢出産は不妊治療が多く行われ、双子を出産する人が多く見られます。
双子を妊娠したいために、不妊治療で体外受精を行う人もいるほどです。

ただし、体外受精は自然妊娠よりも、期間と費用、精神的なストレスも掛かります。
そのため、なるべくなら自然妊娠をしながら双子を妊娠出来れば良いでしょう。

こちらの記事も参照してください。
⇒「葉酸の男女や双子の産み分け効果は?摂取量はどれくらい?

妊娠中の友達の作り方

妊娠中の友達の作り方

妊娠中は思うように体が動かなくなるため、引きこもりがちになってしまう女性も多いのです。
ずっと座ったままでいると代謝が悪くなってしまい、しっかり栄養素を胎児に届ける事が出来なくなります。

そのため、出来るだけ体を動かして、血行を良くするように心がけましょう。
家にいるとなかなか家族としか話す事がなくなります。

しかし、外出すると 人と話す機会も増えて気分転換になるので、積極的に外に出かけると良いです。
妊娠中は仕事を辞めて家にこもる女性の場合は、なかなか友達が出来ないという悩みを持っている方をよく聞きます。

最近はSNSやインターネットで妊娠相談など先輩ママ達の話を聞いてもらったり、体験談やブログを読んだりする事が出来ます。
そのような掲示板やアプリの相談コーナーを使って、オンライン上で友達を作るのもストレス解消になるのでオススメです。

ネット上には、ママ専用のコミュニティサイトが沢山あります。

妊娠しやすい体の作り方のまとめ

妊娠しやすい体の作り方のまとめ

どうしても男の子がほしいとか、どうしても女の子を妊娠したいといった気持ちがある方は多いでしょう。
しかし、今の医学では100%を見分ける方法というのは確立していません。

妊娠する上で最も大切な事は、健康な赤ちゃんを出産する事です。
妊娠中は健康的なマタニティライフを心がけましょう。

栄養バランスの良い食生活や良質な睡眠を確保する事が重要です。
そして、お腹が大きくなる妊娠後期でもウォーキングやストレッチを取り入れて、体を動かして代謝を上げていきましょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり