妊娠しやすい体

妊娠しやすい体作りの基本は、規則正しい生活とバランスのとれた食事、そして適度な運動を心がける事です。
男女共に体が健康になると、生殖器官の活動も活発になり、元気な卵子や精子が作られて妊娠しやすくなります。

なかなか妊娠出来ないと悩んでいる方も、卵巣や子宮などの機能や女性ホルモンの分泌がスムーズに働くように整えて、妊娠しやすい体を作りましょう。
妊娠中は、日頃から適度な運動やバランスのとれた食事などを心がけて、妊娠しやすくなるための体作りと生活習慣が大切です。

そこで、今回は妊娠しやすい体になるための方法、そして子供の性別を産み分ける方法についてご紹介します。

欲しい性別の子供を妊娠する体の作り方

産み分けとは、欲しい性別の子供を妊娠するために、妊娠前に行動する事です。
赤ちゃんの性別は、卵子に受精した精子の種類によって決まります。

精子はX染色体かY染色体という細胞を持っており、一方卵子はX染色体のみを持っています。
X染色体の精子が卵子と結合すると、XX染色体となって女の子が生まれ、Y染色体を持つ精子が卵子と結合すると、XY染色体となって男の子が生まれるのです。

つまり、精子の状態が赤ちゃんの性別を決める鍵になっているわけです。
男女が生まれる確率は、普通だと約50%と考えられます。

排卵よりも少し日を空けて性交した時には、酸性度が強い中で精子が排卵を待たなければなりません。
そのため、Y精子が減り、X精子が生き残りやすくなります。

男の子を妊娠する作り方

男の子を妊娠するには、いかにY精子を卵子に多く届けるかという点が重要です。
Y精子は酸性に弱いという特徴があり、もともと酸性の膣内がアルカリ性に傾く排卵日の直前、当日がセックスを行う良いタイミングです。

そして、女性が性的刺激を受けてオーガズムを感じると、アルカリ性の子宮頚管粘液がより分泌され、膣内の酸性がさらに中和されていきます。
女性にとって気持ちのいいセックスを目指す事で、男の子が産まれやすくなります。

膣内の酸性に出来るだけ触れないようにするという意味でも、男性器をなるべく深く挿入してから射精する事も一つの方法です。
女性の膣内は酸性ですが、子宮内はアルカリ性になっているため、膣内での移動距離を短くすると良いです。

女の子を妊娠する作り方

女の子の赤ちゃんを妊娠するためには、多くのX精子をどうやって卵子に届けるかが大切になります。
妊娠に排卵は重要ですが、排卵日になると膣内がアルカリ性になる特徴があります。

酸性に強いX精子を多く残すためには、排卵日よりも少し前である2日程度前にセックスを行うと効果的です。
X精子は寿命が長いのも特徴なので、排卵日前に性行為をしておけば、排卵当日にX精子の方がより多く残っている可能性も高くなります。

双子を妊娠する作り方

双子を妊娠しやすいとされるケースはいくつかあります。
体外受精、顕微授精の場合、排卵誘発剤を使った場合、高齢出産の場合、体質が関係しています。

不妊治療の中でも、体外受精や顕微授精を行うと、双子が生まれやすいと言われています。
自然妊娠に近い治療方法に比べて、人工的なサポートを取り入れる事で妊娠の確率を高める方法です。

また排卵誘発剤を使うと双子を妊娠しやすいと言われており、卵子を増加させる働きがあります。
高齢の女性は妊娠が難しいと言いわれています。

しかし、高齢の女性はより多くの卵子を作ろうとするので、卵子を一度に、2個以上排卵する確率が高くなるのです。
また、双子を妊娠しやすい理由として、人が持つ元々の体質や家系などが関係してくる場合もあります。

家系に双子がいる場合、特に母方の家系に双子がいると、双子を妊娠する確率は4倍に上がると言われてるのです。

妊娠中の友達の作り方

妊娠中の友達の作り方

妊娠中の友達の作り方は、同じ産院に通っているママさんに話しかけたり、各市区町村で行われている母親教室などに参加すると良いでしょう。
特に母親教室では、妊娠月齢の近いママと出会えるチャンスが多く、ママ友を見つけやすいのでオススメです。

同じ地域のママ友さんなら、赤ちゃんが生まれた後でも連絡を取りやすく、交流が続きやすくなります。
お腹が大きくなると、外出するのが大変ですので、SNSやネットでママ友探しをする事をオススメします。

ネット上には、ママ専用のコミュニティサイトが沢山あります。
そのため、色々な地域のママ友さんを見つける事が出来ます。

直接ママ友さんと会えなくても、メールや掲示板で連絡を取り合う事は可能です。
自宅でママ友さんとのコミュニケーションを楽しむというのも良いでしょう。

妊娠しやすい体の作り方のまとめ

妊娠しやすい体の作り方のまとめ

妊娠しやすいからだづくりは、生活習慣を整える事が大切です。
また、性別の産み分けは、100%確実というわけではなく、男の子・女の子のどちらかの確率を高める方法になります。

もし産み分けに挑戦した結果、希望した性別の赤ちゃんでなくても、大切な子供を育てていく気持ちを忘れないようにしましょう。
妊娠する事は夫婦の協力が必要です。

そのため、夫婦間でどんな家庭を築きたいか、子供の人数や性別も含めて先に話し合う必要があります。
そして、男の子でも女の子でも、可愛い赤ちゃんを笑顔で迎えてあげましょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。