子作りの秘訣

日本女性の初産の平均年齢は、今や30歳を超えています。
多くの女性は結婚した後も働いているため、子作りを先延ばしにしている夫婦もいます。

また、子供が欲しいと望んでも、すぐに妊娠出来るわけではありません。
妊娠を望んでいる女性が妊娠するまでに掛かる期間は、平均で半年と言われているのです。

妊活という言葉があるように、妊娠するには、それなりの準備期間が必要なのです。
もし妊娠したい!と思っているなら、いますぐ子作りのコツと方法を学びましょう。

子作りを成功させる秘訣は排卵日を知ること

子作りを始めるなら、まずは基礎体温を付ける事から始めます。
基礎体温は、朝起き上がる前に毎日計測します。

まずは基礎体温を測って、自分のリズムを把握して、排卵日を予測出来るようになると効率的です。
排卵日を把握出来たなら、卵子と精子の寿命を考えて、排卵日、またはその前日と前々日の3日間が子作りしやすい日になります。

一番妊娠しやすいのは、ズバリ排卵日の2日前から前日までです。
排卵日当日には、すでに妊娠率が低下しているという産婦人科の先生もいます。

また病院では、エコー検査で排卵日を予測出来ます。
個人で行うよりも、10〜15%精度が高いと言われています。

子作りを成功させる秘訣は生活習慣を正すこと

子作りを成功させる秘訣は生活習慣を正すこと

子作りを成功させるためには、身体の機能を司る自律神経を整える事が大切です。
自律神経が整うことにより、妊娠力がかなりアップします。

自律神経が整うと体温の調節作用も働き、からだが温まり、子宮・卵巣の機能もアップするのです。
この自律神経を整えるには、生活習慣を整える事がとても大切です。

生活習慣を整える事のひとつに睡眠があります。
睡眠が不規則な方、ストレスが多い場合は、プロラクチンの分泌量が変化します。

プロラクチンの分泌量が上がると、卵子の発育を抑制してしまいます。
そのため、規則正しい睡眠が大切です。

子作りを成功させる秘訣は食生活の改善

絶対に妊娠出来る食べ物というのは、残念ながらありません。
しかし、妊活中に身体に良い食材を毎日の献立に取り入れる事により、妊娠しやすい身体づくりに役立ちます。

妊娠しやすい身体を作るためにも、卵子や精子に良い食べ物を把握して、妊活向けの献立を考えてみましょう。
妊活をしている男女共に摂取してほしいのが、卵子や精子の老化を防ぐ抗酸化作用のある食べ物です。

特に強い抗酸化作用を持つビタミンEが豊富に含まれている食材がオススメです。
ビタミンEは多くの食品に含まれているため、食事から摂取しやすい栄養素と言えます。

抗酸化作用のある食べ物とは、ナッツ類、かぼちゃ、モロヘイヤ、ブロッコリー、ほうれん草、にら、うめ、アボカド、マンゴー、あんずなどがあります。

子作りを成功させる秘訣は冷えに気を付ける

妊娠するためには、女性の卵子と男性の精子が出会って受精して、子宮内で着床しなくてはいけません。
しかし、冷え症の女性は卵巣も冷えており、その機能が低下しています。

そのため、健康な卵子が作られなくなっているのです。
子宮は毎月妊娠するための準備をしていて、胎児を包み込むベッドの役割を果たす子宮内膜を厚くするために、血液が流れ込み、そこから栄養を吸収しています。

ところが冷え症の方は血の巡りが悪くなり、子宮内膜が十分育たなくなります。
そうすると、せっかく卵子と精子が出会っても着床しにくくなってしまいます。

また、たとえ着床したとしても流産する確率が高くなるのです。
冷えて血流が悪くなると、子宮や卵巣も冷えてしまう事を知っておきましょう。

子宮や卵巣を温めて妊娠率を上げるためには、冷えを改善する事が大切です。

子作りを成功させる秘訣はタバコ・アルコールを避ける

タバコ・お酒好きでも、妊娠する事は出来ます。
しかし、不妊の原因になる事があり、妊娠する確率も低くなります。

体外受精における喫煙女性の妊娠率は、非喫煙者と比べると、約20%も減少すると言われています。
過度の喫煙・飲酒は不妊の原因になる事を覚えておきましょう。

喫煙は不妊の原因になり、妊娠後の喫煙は胎児にも影響を与えます。
そのため、妊活の早い段階で禁煙する事をオススメします。

またタバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる働きがあり、血流を悪くしてしまいます。
血行不良は、卵巣の機能を低下させますので、タバコは避けましょう。

喫煙は胎児にも影響を及ぼし、乳児突然死症候群や、低体重のリスクが高くなることが報告されています。
また妊活中の少量の飲酒は問題ありませんが、妊娠後は禁酒が原則です。

飲酒量を少しずつ減らし、妊娠に備えましょう。

子作りの秘訣のまとめ

子作りの秘訣のまとめ

子作りは女性だけがするものと思われがちです。
しかし、元気で健康な赤ちゃんを授かるには、男性の協力も必要です。

男性が喫煙や不摂生な食事をしていると、精子の質や活動量に悪影響を及ぼす事もあります。
まずは、基本の煙草やお酒、カフェインの取り過ぎには、絶対に気を付けなければなりません。

また、身体を冷やさずにホルモンバランスを整えて、排卵日をきちんと把握出来るようにしておきましょう。
子作り宣言をしたら、男性の精子の質を向上するような食べ物を積極的に取るなどして、夫婦一緒に生活習慣を見直してみるようにしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。