葉酸サプリと厚生労働省

2000年、日本の行政機関のひとつである厚生労働省は、妊娠を希望する女性にとって、「葉酸の摂取が必要である」との通知を出しました。
葉酸とは、水溶性ビタミンB群の一種として、ビタミンB9ともビタミンMとも言われています。

特に妊娠初期は、胎児の細胞増殖がとても活発であり、葉酸が必要になる時期なのです。
最近の研究によって、妊娠初期に葉酸不足が原因で、神経血管閉鎖症による障害が増えていることが発表されました。

厚生労働省は妊娠中の葉酸摂取のガイドラインをまとめています。
今回は、厚生労働省が推奨する葉酸についてご紹介します。

厚生労働省による妊娠中の葉酸摂取のガイドライン

なぜ厚生労働省は妊娠を計画している女性に、葉酸の摂取を推奨するようになったのでしょうか?
それは、葉酸不足によって神経管閉鎖障害が引きこされる可能性が高いことが判明されたこと。
そして、日本での神経管閉鎖障害の発症率が高まっていることが挙げられます。

これらの理由から今後の対策として、厚生労働省は妊娠希望者はもちろん、妊娠中に神経管閉鎖障害の発症率を下げて、健全な赤ちゃんを産むためにも、葉酸の摂取をするように呼びかけ始めました。

そして、覚えておきたい事は、厚生労働省は「合成葉酸」の摂取を推奨していることです。
葉酸は大きく分けて2種類存在します。

ひとつは、野菜などの食品に含まれている食品性葉酸(天然葉酸)です。
もう一つは、栄養強化剤として作られたサプリメントの葉酸(合成葉酸)です。

厚生労働省が推奨しているのは、サプリメントの合成葉酸の方で、1日400μgと定めています。

厚生労働省が推奨している葉酸とは?

厚生労働省が推奨している葉酸とは

厚生労働省が推奨している葉酸は、サプリメントの合成葉酸を1日あたりの400μg摂ることです。
特に妊娠初期は不足しないように、推奨量の葉酸摂取が十分に摂れるものを選ばない意味がありません。

では、厚生労働省が推奨する葉酸サプリメントについて詳しく見ていきましょう。

厚生労働省が葉酸サプリメントを推奨する理由

厚生労働省は、食品よりもサプリメントからの葉酸の摂取を推奨しています。
野菜など食品にも葉酸は含まれていますが、葉酸は熱や水に弱いので、調理の過程で葉酸の半分は失われてしまいます。

さらに、食品からの摂取の場合、体内へ吸収される葉酸は50%程度しかありません。
しかし、葉酸サプリなら吸収率が90%もあり、1日の基準値を確実に摂取できるのです。

また、葉酸サプリには、葉酸だけでなく、妊娠中に必要なビタミンやミネラルも含まれているものが多くあります。
例えば、ビタミンB12は葉酸と協力関係にある成分です。

DNAの合成や細胞分裂の働きだけでなく、血液に必要なヘモグロビンを合成することから、妊娠中の貧血予防・防止にも必要な成分です。
葉酸の再利用を助ける作用もあることから、葉酸にはビタミンB12の同時摂取が大切です。

その他、葉酸を体内で活性型に変換する作用のあるビタミンCや、妊娠中に必要なその他ビタミンやミネラルがバランスよく配合されているものがあります。
これらの理由から厚生労働省は、葉酸はサプリからの摂取を推奨しています。

厚生労働省推奨の合成葉酸の特徴は?

販売されている全ての葉酸サプリは、厚生労働省が推奨するモノグルタミン酸型の合成葉酸です。
つまり、厚生労働省は、葉酸はサプリメントから摂取しましょうと言っています。

そして、合成葉酸は2種類あることを知っておきましょう。
野菜や果物や酵母から抽出した食事性葉酸を「モノグルタミン酸型に変換させた葉酸サプリ」。

前者はネット通販型の葉酸サプリで、値段は高めですが、無添加で高品質なので妊婦にオススメです。
そして、「化学成分から合成されたモノグルタミン酸型の葉酸サプリ」があります。

こちらはドラッグストアなどで販売されている安価なサプリです。

当然、天然由来の方が安全性が高く、肝臓や腎臓の負担にもならない事から、葉酸サプリは「天然成分から変換されたモノグルタミン酸型の葉酸」を選ぶようにしましょう。

妊娠中の葉酸サプリの1日の摂取量は?

妊娠中の葉酸サプリの1日の摂取量

厚生労働省が推奨している葉酸サプリの基準値は、1日400μg(0.4mg)とされています。
厚生労働省は食事以外のサプリで、以下の通りの葉酸摂取量を定めています。

妊娠前・妊活中(妊娠計画時期)、妊娠の1ヶ月前~妊娠3ヶ月(妊娠0週~11週)、妊娠初期:4ヶ月(妊娠12週~15週)は1日400μg摂取するように推奨しています。
妊娠中期:5ヶ月~7ヶ月(妊娠16週~27週)、妊娠後期:8ヶ月~10ヶ月(妊娠28週~43週)は1日240μgです。

授乳期(授乳婦)は1日100μgです。
厚生労働省が通常の食事に加えて、1日に+400μgの合成葉酸の摂取を推奨しているのは、妊娠1ヶ月以上前から妊娠4ヶ月目までとなります。

妊娠後期には通常摂取量に加えて、サプリメントで葉酸を多く摂る必要はありませんが、不足分はサプリメントで補なっていきましょう。

妊婦は葉酸をいつまで摂取すべき?

妊婦は葉酸をいつまで摂取すべきか

卒乳をした頃からは、日常生活でバランスのよい食事を摂っているだけでも、葉酸の必要量は比較的簡単に摂る事が出来ます。
そのため、必要量以上の摂取は不要ですが、次の妊娠を考えている方は、継続して葉酸のサプリを服用しても良いでしょう。

また、美容成分など他の成分が多く含まれている葉酸のサプリメントであれば、飲む量や回数を減らして摂ると良いと言えます。
体の調子やお肌の調子が良いようであれば、出産後でも続けて葉酸を摂取し続けても何も問題はありません。

葉酸自体は水溶性のビタミンですので、体にとって必要な分以上は尿など一緒に排出されます。

葉酸を過剰摂取すると?

葉酸を過剰摂取

厚生労働省は、「葉酸摂取量は1日1mg(1000μg)を越えるべきではない」と勧告をしています。
通常の食生活では、葉酸を過剰になるほど摂取する事はほとんどありません。

たとえ過剰摂取したとしても、不要な分は尿などで排出される程度です。
しかし、葉酸サプリを飲みすぎると過剰摂取となり、次のような悪影響を及ぼす可能性もがあります。

葉酸を多く摂取しすぎた場合(1日に1000μg以上)の副作用は、食欲不振、吐気、むくみ、不眠症があげられます。
その他に、発熱に伴う蕁麻疹や毛細血管が拡張したことによって、皮膚に紅い斑点が引き起こされる紅斑が生じる症状の報告もあります。

葉酸は特に妊娠初期には必須ビタミンとされています。
しかし、過剰摂取してしまうと、様々な健康被害を生じさせてしまい、逆にお腹の赤ちゃんにも被害を与えることになりかねません。

葉酸サプリメントの多くは、例えば1粒に葉酸400μgを含む場合、1日1粒を服用すれば十分な量になっています。
これを一度に3粒飲めば、1日の上限を軽く超えてしまうため、過剰摂取になります。

葉酸サプリは決められた摂取量を守ることが大切です。

葉酸サプリと厚生労働省のまとめ

葉酸サプリと厚生労働省のまとめ

高品質の葉酸サプリで妊娠中の身体を健康な状態に維持することは、胎児の健康リスクを低減する事にも繋がります。
例えば、食品添加物や保存料、甘味料は基本的には安全なものですが、妊娠中の身体にはなるべく摂取したくないものです。

葉酸サプリメントは数え切れないほどの種類がありますので、公式ホームページで成分や安全性をよくチェックしてから選ぶようにしましょう。

当サイトでは、管理人が実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。