葉酸と医薬品

葉酸は天然のビタミンなので食品にも含まれています。
葉酸は水溶性ビタミンで、体内での吸収率も低いため、厚生労働省はサプリから葉酸を補う事を推奨しています。

そこで、葉酸サプリ選びをする必要があります。
しかし、サプリにはかなり多くの種類があり、どれが自分に合うのか迷ってしまいます。

実は葉酸は、病院でも処方される事があります。
医師によって病院で処方されるので安全性は高いのですが、市販や通販のサプリとは少し異なります。

葉酸は妊活から出産・授乳まで長く飲む必要があるものですから、慎重に選ぶ必要があります。
今回は、葉酸サプリと医薬品の葉酸の違いについてご紹介しましょう。

医薬品の葉酸の特徴

葉酸には、医薬品として病院で処方されるものもあります。
一般的には「フォリアミン」というものが医薬品として処方される様です。

しかし、これは希望したからと言って誰でも処方してもらえるものではありません。
「葉酸欠乏症」等の、病気の治療を目的とする場合に処方してもらえるのです。

最近では、妊婦さんの場合は希望すれば処方してくれる病院も増えたようですが、サプリメントとは異なりますから使用に注意が必要でしょう。
医薬品の葉酸なら効果的だと思っている人は多いかもしれません。

しかし、病院で処方される葉酸には、栄養素が葉酸しか入っていないのです。
また、配合量もサプリメントとは比べものになりませんから、妊娠中にはあまりオススメ出来ません。

医薬品の葉酸は摂取量の調節が必要

医薬品のフォリアミンは、1錠に5000μgもの葉酸が含まれています。
妊娠時に必要な葉酸は400μgで、上限が1000μgですから、フォリアミンを妊娠中に飲むためには、自分で調節しなければなりません。

フォリアミンを妊娠中に飲むのなら、1錠を砕いて10分の1程度を飲む事になります。
自分で毎回調節するのは難しく、またどのくらいの葉酸が摂れているのかも分かりませんし、過剰摂取も気になります。

葉酸の過剰摂取とは、1日あたり1000μg以上葉酸を摂り続けるという事です。
よって、妊娠中は医薬品の葉酸よりも、葉酸サプリメントの方がオススメだと言えます。

病院処方の葉酸サプリは医療費控除と摂取量の心配

病院でも医薬品の葉酸サプリを処方してもらえます。
しかし、医療費控除にならないこと、そして摂取量の心配があります。

一般的に、病院で処方してもらう医薬品の葉酸は保険適用外である事が多く、思ったよりも高額になる可能性があります。
病院で処方されるビタミン剤などのサプリメントも同様に、医療費控除にはなりません。

病院からの処方された葉酸サプリは、確かに安心して使用する事は出来ます。
しかし、継続して飲み続けるには、経済的な負担が大きくなります。

そして、葉酸の配合量に注意しなければいけません。
例えば、フォリアミンには、1錠に約5000μgの葉酸が配合されています。

しかし、葉酸の1日の摂取上限値は1000μgのため、1錠飲んでしまうだけで簡単に過剰摂取になってしまいます。
そのために、錠剤を砕き、自分で妊婦の推奨摂取量400μgを測る必要があり、それを毎回するのはとても困難と言えます。

葉酸サプリの特徴

葉酸サプリの特徴

医薬品ではなく、サプリメントの葉酸についてみていきましょう。
通販でしか買えない葉酸サプリなどは、大量生産する必要もないため、添加物を使う事もありません。

また、製品自体が高品質なものが多くなっています。
葉酸サプリは、ドラッグストアや薬局にも安価なものが販売されています。

ただ、それらは流通や広告の資金にお金が掛かっています。
そのため、添加物が多く、長期保存のための保存料なども多いのが特徴です。

葉酸サプリは、妊活中から授乳中まで長く飲み続けるもの。
そのため、お腹の赤ちゃんの健康のためにも、安全性が高い通販の葉酸サプリを選ぶ事をオススメします。

葉酸とビタミンB12をバランスよく配合

医薬品の葉酸よりも、通販の葉酸サプリが優れている理由としては、1日に必要な葉酸がの摂取出来るだけではありません。
葉酸の力を最大限に引き出すビタミンB6やビタミンB12が配合されている事です。

そして、葉酸サプリには、妊活や妊娠中に必要ミネラルや鉄分、カルシウムがバランスよく配合されています。
病院で処方されるものは、ほとんだが葉酸単体です。

しかし、葉酸サプリは、妊娠中に必要なその他の栄養素をしっかり摂る事が出来ます。
葉酸サプリは、数多くの種類がありますが、妊活力アップのためや美容に特化したものなど、それぞれに特徴があります。

自分が改善したい症状や必要な栄養が、どれくらい含まれているかなどをチェックしながら選ぶ事が出来ます。

葉酸サプリに含まれる医薬品添加物とは?

葉酸サプリに含まれる医薬品添加物

医薬品の葉酸にも、添加物は使用されています。
日本ジェネリック製薬協会によると、医薬品に含まれる「医薬品添加物」は以下のように定義されています。

製剤に含まれる有効成分以外の物質。
製剤化を容易にする、品質の安定化を図る、有用性を高めるなどの目的で、ほとんどすべての医薬品に添加されている。
用途により、賦形剤、安定剤、保存剤、緩衝剤、矯味剤、懸濁化剤、乳化剤、着香剤、溶解補助剤、着色剤、粘稠剤などと呼ばれる。
これらは製剤の投与量において薬理作用を示さず、無害でなくてはならないが、アレルギーなどの有害反応を引き起こすことがあるので、注意を要する。

普段は問題はなくとも、妊娠中に毎日摂るには危険な添加物も存在します。
ですから、妊娠中はなるべくなら無添加のサプリメントを選びましょう。

妊娠中に医薬品より葉酸サプリがオススメの理由

妊娠中に葉酸サプリがおすすめの理由

妊娠中に葉酸サプリを飲むのなら、医薬品より通販の葉酸サプリをオススメします。
なぜなら、妊娠中に必要な栄養素は葉酸だけでく、その他にも多く栄養素が必要だからです。

病院で処方される葉酸サプリは、葉酸しか含まれていません。
例えば、通販の葉酸サプリには、カルシウムや鉄分、その他のビタミンB群なども妊娠中に欠かせない栄養素が配合されています。

通販の葉酸サプリは、費用面でも病院に処方される葉酸よりも安く、妊娠中に必要な栄養素をしっかりと補給出来ます。
そのため、通販の葉酸サプリを選ぶ事をオススメします。

葉酸サプリと医薬品のまとめ

葉酸サプリと医薬品のまとめ

葉酸サプリは1日に必要な葉酸の摂取量はもちろん、妊婦に必要なミネラルや鉄分など他の栄養成分が配合されています。
一方で、病院で処方される医薬品の葉酸は、あくまで葉酸のみ配合の治療目的のものです。

妊娠中は貧血にもなりやすいと言えます。
そのため、鉄分などの栄養素を補うためにも、妊婦のために開発された葉酸サプリを継続して摂取する事をオススメします。

もちろん、毎日の食事からも野菜をたっぷり食べて、葉酸を摂取していく事が基本となります。
しかし、吸収率に関しては、サプリの方が断然上です。

葉酸サプリからしっかり400μgを摂取する事が必要になります。
そのため、上手に利用して、健康的なマタニティライフを送りましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり