葉酸とアルコール

アルコールをたくさん飲む方は、葉酸を多く含む食品やサプリを摂っていても、葉酸不足になっているかもしれません。
なぜなら、大量のアルコールは、葉酸の吸収を妨げてしまうからです。

特に妊活中の方は、注意が必要となっています。
では、アルコールを飲みすぎると、からだは葉酸不足になってしまうのでしょうか?

今回は、アルコールと葉酸の関係について検証します。

アルコールと葉酸との関係とは?

アルコールの分解速度というのは、体質によって個人差があります。
ですから、一概にアルコールが100%葉酸に悪影響を及ぼすとは言えません。

アルコールは、楽しむ程度に飲むのならストレス解消となり、むしろ健康に良いとも言われています。
しかし、大量のアルコールは、葉酸が体内に吸収される働きを阻害して、葉酸不足になる原因になっていることは確かだと言えます。

アルコールは、飲み方や飲む量を考えないと、肝臓を始め様々な器官に負担をかける事になります。
特に妊活中に葉酸を飲んでいる方は、アルコール摂取は注意が必要です。

どんなに葉酸を摂っても吸収されずに排出されてしまいますので、結果的に葉酸不足になってしまうからです。
お酒をよく飲む方は、ビタミンB12やビタミンCが配合されている葉酸サプリものを選ぶと、からだへの吸収率が良いのでオススメです。

アルコールを飲んだ時に葉酸サプリはだめ?

アルコールを飲んだ時に葉酸サプリを飲んだらだめ

妊活中は、どうしてもアルコールが飲みたいときがあると思います。
アルコールと葉酸サプリは、飲むタイミングが重なると、葉酸はアルコールによって吸収を妨げられてしまいます。

では、どうすれば葉酸が欠乏しないように摂取できるでしょうか?
対策としては、夜アルコールを飲んだら、葉酸サプリは朝に飲むなど、時間を空ける事で、影響を少なくすることができます。

アルコールを飲む時に葉酸豊富なおつまみを選ぼう

アルコールを飲む時には葉酸豊富なおつまみ

アルコールを飲む時には、おつまみで葉酸を補給することもひとつの方法です。
例えば、アルコールと一緒に、枝豆や海苔、納豆やレバーなどは葉酸を豊富に含み、お酒のつまみに向いています。

しかし、水溶性ビタミンである葉酸は水や熱に弱く、調理中に50%カットされてしまいます。
さらには、食品に含まれる葉酸の吸収率は約50%しかありません。

妊活中の方は、1日に必要な葉酸量400μgを食品だけから摂るのは難しいので、サプリメントを併用するのがオススメです。

アルコールの多飲は葉酸の吸収を阻害する?

アルコールを少し飲むだけなら何の問題もないのですが、大量のアルコールの摂取は、葉酸の吸収と代謝を妨げてしまいます。
大量に飲酒する人は、食事から葉酸を多く摂っても、ほとんど吸収されず、葉酸不足になっている可能性があるのです。

例えば、飲酒が原因で動脈硬化を引き起こしてしまうこともありますが、葉酸はホモシステインの血中濃度を低くする働きがあり、動脈硬化の予防に効果的です。
しかし、いくら葉酸を摂取していても、それがアルコールによって体内に吸収されないので、無意味になってしまいます。

アルコールを大量に飲むと、肝臓はアルコールの分解を優先して行うようになるので、葉酸の吸収が遅くなり、葉酸不足になりやすいのです。
ですから、アルコール依存症の人は、ほぼ葉酸が足りていないと言われています。

アルコール依存症は葉酸とビタミンB12が欠乏

アルコール依存症は葉酸とビタミンB12が欠乏するのか

アルコール依存症の方は、葉酸は体内に少ししか蓄積出来ないので、摂取不足が続くと葉酸欠乏症を招いてしまいます。
そして、葉酸はビタミンB12と共に造血作用に関わっているので、不足すると貧血になる可能性があります。

アルコールで葉酸とビタミンB12が欠乏すると貧血になるの?

葉酸はビタミンB12と共に赤血球を作る造血作用がありますので、葉酸が不足すると貧血になりやすいのです。
貧血になる原因は、鉄分不足だけではなく、葉酸不足も関係しています。

葉酸欠乏性貧血や巨赤芽球性貧血と呼ばれています。
葉酸欠乏性貧血や巨赤芽球性貧血は、葉酸が不足すると、正常な赤血球が出来なくなり、ひどくなると悪性貧血になる可能性があるので注意が必要です。

アルコール性肝障害になると葉酸不足になるの?

アルコール性肝障害になると葉酸不足

アルコール性肝障害とは、アルコールの飲みすぎによって、肝臓が疲れ切ってしまっている状態の事を言います。
アルコールを分解するために、肝臓が休みなく働き続けた結果、からだの負担になってしまったのです。

肝臓はアルコールの分解以外にも、脂溶性ビタミンを蓄えておくという役割があります。
脂溶性ビタミンとは、水に溶けないビタミンのことで、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKです。

しかし、アルコール性肝障害になってしまうと、肝臓の機能そのものが停止あるいは弱まってしまいます。
本来ならば蓄えておけるはずのビタミンですが、アルコール性肝障害になると、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、葉酸が不足しがちになります。

これらのビタミンB群は、主に糖質や脂質の代謝にも関わっているので、非常に大事な栄養素です。
そのため、アルコール性肝障害によって葉酸が足りなくなると、慢性的な疲労などの症状が出ます。

アルコールと葉酸のまとめ

アルコールと葉酸のまとめ

アルコールを多く飲む方は、葉酸の吸収が妨げられていると分かりました。
妊活中に飲むアルコールは、飲みすぎないように適量を心がけましょう。

そして、アルコール依存症の方は葉酸不足の可能性が高いので、吸収率の良い葉酸サプリを利用する事をオススメします。
当サイトでは、管理人が実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。