葉酸と喘息

妊婦さんの必須栄養素として有名な葉酸ですが、葉酸を摂ると妊婦または胎児が喘息になりやすいと言われます。
実際に、妊娠中の葉酸サプリと喘息リスクの関係性を明らかにした研究結果も出ています。

今回は、葉酸サプリを飲むと喘息のリスクが高まると言われる理由について検証します。

妊娠後期に葉酸を摂ると小児喘息になるといわれる理由は?

妊娠8カ月以降の妊娠後期に葉酸サプリを摂取する事で、小児喘息に掛かるリスクが高まると言われます。
そう言われている理由は、オーストラリアのある研究結果のデータによるものです。

オーストラリアの研究結果のデータ

オーストラリアのアデレード大学の研究機関は、妊婦における葉酸サプリの摂取について、胎児の小児喘息の発症リスクを指摘する論分を発表しました。
妊娠後期に1日1000μg以上の合成葉酸サプリメントを摂取し続けた母親の子供は、3~5歳で小児喘息を発症するリスクが約11.6~11.8%上昇するというものです。

それは、妊娠後期における妊婦の葉酸摂取と、小児喘息の発症リスクとの関係性を指摘しています。
しかし、この研究結果は明確なデータではないとする研究者もいるので、あくまでも「可能性がある」という位置付けになっています。

日本の厚生労働省が推奨している葉酸サプリから摂る1日の葉酸摂取量の目安は400μgです。
この数値を目安に摂取して、1000μg以上の葉酸を過剰摂取しなければ、特に喘息リスクの問題はないと考えられています。

葉酸を過剰に摂取した場合、喘息リスクの可能性があるという意味ですが、葉酸の摂取量に気を付ければ、問題はありません。

妊娠前から妊婦初期は葉酸の必要性が高い

妊娠前から妊婦初期は葉酸の必要性が高い

世界中で妊娠を望む女性に対して、葉酸の積極的な摂取が推奨されています。
日本でも2000年から厚生労働省によって、葉酸の積極的な摂取を推奨しています。

妊娠中の葉酸は、赤ちゃんの健康に大きく関係しています。
妊娠中に葉酸の摂取量が不足すると、赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」という先天性の障害のリスクが上がる事が分かっています。

この障害が起こるのは妊娠10週前後の初期のため、妊娠中から妊娠初期にかけての葉酸の摂取は特に重要とされているのです。
2002年には葉酸摂取に関する項目が母子手帳にも記載され、その重要性が広く知られるようになり、妊婦は意識的に葉酸サプリを飲むようになりました。

厚生労働省では、特に妊娠前から妊娠初期までの期間では、葉酸を積極的に摂取するように推奨しています。

授乳中に葉酸は必要?

授乳中に葉酸は必要

産後は妊娠中に増えていた血液が一気に減るため、血液が不足し、身体に不調が起こりやすい状態になります。
赤ちゃんの授乳で忙しい時期は、母体の回復にも気をつけなければなりません。

葉酸には血液を造り出す作用もあるため、貧血による不調の改善にも効果的です。
また、葉酸は自律神経を整える働きもあり、産後のメンタル面にも役立ちます。

葉酸は授乳中まで飲み続ける事で、胎児の貧血を予防したり、早産や流産のリスクを軽減してくれるのです。
そして、産後のからだの回復をサポートしたり、母乳の質や量を高めるなどの効果が期待出来ます。

妊婦が喘息にならないための葉酸サプリの摂取方法

妊婦が喘息にならないための葉酸サプリの摂取方法

厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量の目安は、一番多い妊娠初期でも1日400μgです。
先程のオーストラリアの研究結果は、1日の摂取目安量を1000μg摂取した場合に起こるケースを指摘しています。

妊娠期間中に食事と葉酸サプリを合わせて、1000μg未満に収まるように摂取する分には、特に喘息のリスクの問題はないと考えられています。
葉酸は胎児の発育を促し、流産などのリスクを軽減する働きがあるため、妊娠中には必要な成分です。

しかし、過剰摂取すると、逆に小児喘息のリスクが高まる可能性があるという事です。
過剰摂取は喘息のリスクだけでなく、頭痛や腹痛、その他の妊婦の体調不良にも繋がりますので、摂取目安量を守るように心がけましょう。

喘息のリスクが指摘される葉酸はいつまで摂取して良いの?

喘息のリスクが指摘される葉酸はいつまで摂取して良いのか

葉酸の摂取が特に必要な時期は、妊娠前から妊娠3カ月までと言われています。
それ以降も胎児の生育を促す、胎児の貧血を予防する、産後の子宮回復を促す、母乳の質や量を高めるなどの効果が期待出来る多め、一定量の葉酸摂取が推奨されています。

葉酸の過剰摂取は喘息のリスクだけでなく、その他の健康に悪影響を及ぼす危険性が高まります。
そのため、摂り過ぎに気を付けて摂取しましょう。

葉酸と喘息のまとめ

葉酸と喘息のまとめ

葉酸は赤ちゃんの先天性異常のリスク軽減のために摂取を推奨されているビタミンです。
基本的に葉酸サプリを飲んだからといって、喘息になりやすいというわけではありません。

しかし、葉酸サプリを飲み過ぎて葉酸を過剰摂取すると、生まれてくる赤ちゃんが、小児喘息になる可能性があると言われているのです。
葉酸の過剰摂取は、小児喘息だけでなく、様々な副作用を引き起こす可能性があります。

そのため、1日の上限である1000μg以上は摂取しないように気を付けなければなりません。

当サイトでは、オススメの葉酸サプリを紹介しています。
管理人も実際に利用した葉酸サプリなので、検討している方は参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。