葉酸と野菜ジュース

葉酸を摂取すると、胎児の先天性異常のリスクの低減させる事が出来ると言われています。
妊娠中には、食べ物や飲み物にも気を使って、葉酸が多く含まれているものを選びたいですよね。

では、市販の野菜ジュースから、妊娠中に必要な栄養素などを十分に補給できるのでしょうか?
そして、妊婦が葉酸を摂取する目的で、野菜ジュースだけを飲み続けても問題ないのか?

今回は、妊婦が手軽に葉酸を摂取できる野菜ジュースを飲む上での注意点について、解説していきましょう。

カゴメの野菜ジュースの葉酸含有量は?

カゴメの野菜ジュースの葉酸含有量

カゴメの野菜ジュース「野菜一日これ一本」にも、葉酸が含まれています。
1本200mlあたりの葉酸含有量は10~83ug(マイクログラム)です。

「野菜一日これ一本」では、1本で葉酸を含む350gもの野菜を摂る事が出来ます。
様々な栄養素が含まれており、様々な栄養素を必要とする妊娠中には嬉しいものです。

伊藤園の野菜ジュースの葉酸含有量は?

伊藤園の野菜ジュースの葉酸含有量

続いて、カゴメと同じく、野菜ジュースとして人気の「伊藤園の1日分の野菜」には、4~83μgの葉酸が配合されています。
よって、「カゴメの野菜生活これ1本」に比べると、伊藤園の方が多めに摂取する事が出来ます。

ただし、こちらも妊婦の葉酸摂取量である400μgには到底及びませんので、気分転換や食事中に飲む程度になります。
よって、妊婦が市販の野菜ジュースだけで、必要な葉酸量を摂取するのは難しいと言えます。

妊娠中に葉酸を野菜ジュースだけで摂取可能?

妊娠中に必要な葉酸を野菜ジュースだけで摂取出来る

葉酸は水溶性のビタミンであるため、水に流したり加熱するだけで、栄養が流れてしまうという性質があります。
自分で作った野菜ジュースは、水や熱に溶け出した葉酸ごと摂取出来ます。

しかし、市販の野菜ジュースの葉酸量には注意点があります。
それは、加熱されているため、ラベルに記載されている葉酸の含有量を満たしてはいないのです。

市販の野菜ジュースを作るのに、多くの野菜を使っていたとしても、実は製造過程で熱処理を行うので、残念ながら栄養素は無くなっています。

さらに、野菜ジュースや食品に含まれている葉酸は「天然葉酸」と良い、身体への吸収率は50%だけなのです。
よって、加熱処理された事も考えると、摂取量は記載の量よりも大きく下回ります。

ですから、妊婦が必要な葉酸量を十分に摂取する事は難しいと言えます。

妊婦が野菜ジュースを飲み過ぎるは糖分と塩分の過剰摂取になる

市販の野菜ジュースには葉酸も含まれていますが、糖分と塩分も多く含まれています。
これは、野菜の苦みやなどを塩分で飲みやすしているためです。

自宅でオリジナルの野菜ジュースを作る場合も、ある程度の糖分と塩分を加えると飲みやすくなります。
よって、妊婦が市販野菜ジュースばかり飲んでいては、糖分や塩分の摂り過ぎになる事があります。

味付けに、食塩や糖分を利用しているものは多いのです。
妊婦が野菜ジュースを選ぶ時には、出来るだけ糖分や食塩が少ないものを選ぶようにしましょう。

妊娠中に必要な葉酸はサプリから摂ろう!

妊娠中に必要な葉酸はサプリから摂ろう

妊活中や妊娠初期の妊婦は、葉酸を1日480μg摂る事が推奨されています。
そして、厚生労働省は食品から480μgに加えて、葉酸サプリから400μgの摂取を推奨しています。

あくまでも栄養バランスの良い食事をしながら、食事以外からサプリから400μg摂取する事を意味しています。
それは、食品や野菜ジュースから摂取する「天然葉酸」よりも、サプリから摂取する「合成葉酸」の方が、吸収率が高いためです。

妊婦はバランスの良い食事を心がけて、たまに野菜ジュースを飲みながら、葉酸とその他の栄養素を摂取していきましょう。
そして、妊娠中に不足する分は、サプリも活用して上手に身体に吸収させていきましょう。

厚生労働省は、葉酸の摂取上限を1000μgに定めています。
そのため、過剰摂取には気を付けなければなりません。

葉酸サプリと野菜ジュースを一緒に飲んでも大丈夫?

葉酸サプリは薬ではありませんから、お茶やジュースなどで飲んでも副作用はほとんどありません。
栄養素の重複に関しても、野菜ジュース程度の含有量であれば、問題は無いと考えられます。

ですから、葉酸サプリと野菜ジュースを一緒に飲んでも大丈夫でしょう。
ただし、葉酸サプリの本来の効果を発揮出来るのは、コップ1杯の水か白湯と一緒に飲んだ時。

胃の中で溶けやすく、吸収しやすいからです。
よって、別で飲んだ方が効率よく栄養素を吸収出来るでしょう。

野菜ジュースと葉酸のまとめ

野菜ジュースと葉酸のまとめ

市販の野菜ジュースは加熱されているため、残念ながらラベルに記載されている葉酸量を全て摂取する事は出来ません。
そして、塩分や糖分が多く含まれているので、妊婦は飲み過ぎには注意しましょう。

市販の野菜ジュースだけでは、妊娠中に必要な栄養価が十分ではありません。
そのため、葉酸サプリの代用にはなりません。

さらに、市販野菜ジュースは栄養の吸収にはあまり優れていないのです。
市販の野菜ジュースは、あくまでも飲み物なので、妊婦が葉酸を十分に摂るには不十分だと言えます。

もちろん、野菜ジュースは体には良い飲み物ではありますが、葉酸サプリと一緒に飲む事はオススメしません。
そのため、別々に飲みましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり