葉酸とビタミンC

妊娠をすると様々なマイナートラブルが次々とあなた襲い、妊娠前にはあたり前だと思っていた元気に過ごせるカラダが恋しくなります。
そして、できるなら十月十日もある妊娠期間を、ずっと健康的に過ごせたら良いのにと思うはずです。

今回は、そんな身体の不調と戦う妊婦さんのために、妊娠生活の健康補助に役立つ葉酸とビタミンCについて、詳しくご紹介していきます。
カラダが喜ぶ栄養素を摂って、妊娠期間を乗り越えましょう。

葉酸の働きをアシストしてくれるビタミンC

既に妊娠中の女性は母子手帳にも書いてあるので、葉酸が妊娠に深く関わる栄養素という事は知っているかもしれません。
そのため、ここでは軽く葉酸について触れていきます。

葉酸は、その名の通り葉に含まれるビタミンです。
妊娠前から毎日規定の量を取る事で、赤ちゃんの先天性奇形リスクを減らしてくれます。

そして、妊娠中も継続して摂取し続ける事で免疫力を高めて、あなたと赤ちゃんの健全な生活を守ってくれるとても頼もしい栄養素なのです。
そんな妊婦に、嬉しい要素が沢山詰まった葉酸のアシストをしてくれるのが「ビタミンC」です。

では、一体ビタミンCは、どのように葉酸の働きを助けてくれるのでしょうか。

葉酸の吸収率UPを促すビタミンC

葉酸の吸収率UPを促すビタミンC

実は葉酸を単体で摂取するだけでは、吸収率が低い点から十分な働きを期待する事は出来ません。
しかし、ビタミンCを同時に摂る事で、葉酸が体内で活性型に変換されて吸収率を高める事が出来るようになります。

なので、葉酸を摂取する時には、ビタミンCも一緒に摂取することを意識しておきましょう。
そういった相互作用をうまく利用する事で、葉酸本来の力を発揮して流産・自閉症リスクの低減や、貧血予防といった役割を果たしてくれるようになるのです。

フラつきが増えたママに嬉しいビタミンCと鉄分の関係

妊娠中は大量に赤ちゃんに血液が送られる事から、今までになかっためまいやフラつきに悩まされるママも多いと言えます。
そんな悩みから守ってくれる栄養素を考える時に、ビタミンCと鉄分の関係を見逃す事は出来ません。

なぜなら、鉄も葉酸と同じように吸収率が悪いので、単品摂取よりもビタミンCと一緒に摂る事で吸収率が高まるからです。
そして、それが結果的に葉酸の力を手助けしてくれるようになります。

というのも、葉酸と鉄には、以下のような貧血に関わる働きがあります。

葉酸 新たな血液を作る
酸素を運搬して身体中に血液を巡らせる

そのため、ビタミンCによって葉酸と鉄の吸収率を良くする事は、血液不足になりやすい妊婦にエネルギーを与えてくれると言えるのです。

葉酸にビタミンCとビタミンEと合わせるのはどう?

葉酸にビタミンCとビタミンEと合わせるのはどうなのか

ビタミンC、ビタミンEには、2つとも強い抗酸化作用があります。
同時摂取をする事で、ビタミンEが身体に働いて機能が無くなった時に、ビタミンCがまたビタミンEを復活させてくれます。
さらに、この働きが葉酸の活性酵素を除去してくれるので、卵子を老化から守る事が出来るようになるのです。

ビタミンCはレモンやキウイなどの果物から、ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類から摂取出来ます。
日々の食事の中に取り入れてみるようにしましょう。

葉酸、カリウム、ビタミンCで尿酸値を低減可能

葉酸、カリウム、ビタミンCで尿酸値を低減

妊娠中毒症の検査項目ともなっている尿酸値ですが、葉酸・カリウム・ビタミンCを同時に摂取する事で尿酸値の低減が期待できます。
この3つの栄養素の摂取は、尿酸と結びつきの強い痛風の対策にもオススメされており、それぞれ尿酸に以下のような働きを促してくれるからです。

葉酸 ・尿酸を作る動きを抑制してくれる
カリウム ・腎臓で尿酸をろ過する
ビタミンC ・間接に蓄積された尿酸を腎臓に移動させてくれる
・尿酸の体外への排出を促す

妊娠検査で尿酸値が高いと、自宅安静やひどい時は入院をが必要になる事もあるので、意識をしてこの3つを栄養補給すると良いでしょう。

過剰摂取には要注意!葉酸とビタミンCの摂取量

過剰摂取には要注意!葉酸とビタミンCの摂取目安量

さて、ここまで妊娠生活の栄養補給に役立つ点をご紹介してきた葉酸とビタミンCですが、やはり過剰摂取には注意が必要です。

基本的に葉酸もビタミンCも水溶性ビタミンのため、余分な量は尿として排出されます。
しかし、一度に大量摂取すると、下痢症状やお腹が張る副作用があります。

特にママは、「赤ちゃんに栄養をあげなきゃ!」と張り切り過ぎてしまう事があるので、国の示す必要・推奨目安量を気にしておきましょう。

【厚生労働省は、妊婦の1日あたりの摂取量を下記のように公表しています。】

栄養素 必要量 推奨量
葉酸 400µg 440µg
ビタミンC 95g 110g

これから食事やサプリメントから葉酸やビタミンCを摂取したいと思っているママは、ぜひ参考にしてみてください。

ビタミンCと葉酸の飲み合わせは良いの?

ビタミンCと葉酸の飲み合わせは良いのか

ビタミンCと葉酸をそれぞれ別のサプリメントから、同時に摂取するのはオススメ出来ません。
その理由は大きく分けて2つあります。

過剰摂取になってしまう場合がある

最近は様々なサプリメントが出ており、総合的に栄養を補給できるようになっているタイプも多く出ています。

葉酸サプリでも、葉酸以外に数種類のビタミンやミネラルを含んだサプリは人気があるようです。
そのため、単純に必要摂取量が摂れるビタミン剤を選んだとしても、葉酸サプリを一緒に飲む事で、気付かない内に過剰摂取になってしまうことがあります。

また、現在の日本の一般的な食事環境から、ビタミンCが著しく不足するという事はあまりありません。
そのため、サプリの服用を考えている妊婦さんは、葉酸サプリを優先して摂取した方が良いでしょう。

添加物を多く摂ってしまうことがある

サプリで一番気になるポイントは、添加物です。
なぜなら、サプリメントは作る工程で、必ず何かしらの添加物が入っているからです。

ただし、食品由来のものや消費者庁が安全性を認めている添加物を必要最低料のみ使用しているケースもあるので、一概に全てのサプリが危険というわけではないです。
ただ、お腹の中の赤ちゃんのことを考えると、添加物の量を減らすことに越した事はありませんので、サプリの併用は控えた方が望ましいでしょう。

葉酸とビタミンCが摂れるオススメのサプリ

葉酸とビタミンCが摂れるオススメのサプリ

葉酸とビタミンCが摂取でき、なおかつ出来るだけ安全で、添加物の少ないサプリメントをご紹介いたします。

美的ヌーボプレミアム

葉酸やビタミンC以外にも、今回の記事で紹介した鉄分、ビタミンE、カリウムも配合されているので、このサプリメントを摂っていれば、相乗効果の高い栄養補給が期待できます。
また、こちらの商品は合成添加物や保存料を一切使用していないので、妊婦にも安心なサプリメントでしょう。

ベルタ葉酸サプリ

こちらのサプリも、今回の記事で紹介した栄養素は全て入っています。

添加物も香料、着色料、保存料、香料発色剤、漂白剤、防カビ剤、膨張剤、苦味料、光沢剤の9種が無添加となっているので、比較的安全性の高いサプリメントだと言えます。
また、美的ヌーボプレミアムに比べるとサプリ1粒あたりの大きさも小さいので、つわりが辛い人はこちらを選んでも良いかもしれません。

妊娠中に役立つ葉酸とビタミンCまとめ

葉酸とビタミンCの力で妊娠生活を手助けしてもらおう

健康な妊娠生活を送るためには、バランスよく栄養を摂ることが大切です。 
また、葉酸をはじめとした、ビタミンCや他の栄養素も一緒に摂る事で相互作用が働いて、効率的に栄養を摂る事が出来ます。

ただし、妊婦は通常時よりも安全性を確保する必要があります。
自己判断で摂取量を増やしたりせずに、体調と相談しながら適切な量の栄養をカラダに取り入れていきましょう。

葉酸やビタミンCなどの栄養素の力を上手に借りて、赤ちゃんと繋がるかけがえのない妊娠生活をゆっくりと謳歌してみてください!

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。