うなぎと葉酸

葉酸は、お腹の赤ちゃんの先天性異常を防ぎ、成長を助けるため、妊婦さんに推奨されている栄養素です。
葉酸を多く含む食品は、レバーや緑黄色野菜など多くありま。

中でも鰻(うなぎ)の葉酸量は、圧倒的に多いのをご存知ですか?
うなぎは、夏バテ対策になる食材として有名です。

それは、葉酸以外にも多くの栄養素を含む栄養価の高い食品だからです。
では、妊娠中に鰻をいっぱい食べて栄養補給しても大丈夫なのでしょうか?

実は、妊娠中にうなぎを食べ過ぎる事は、からだに悪影響を及ぼす場合があります。
そこで今回は、妊娠中に鰻を食べる上でのメリットとデメリットの両方について、ご説明していきたいと思います。

うなぎの葉酸含有量は?

鰻の肝には、100gあたり約380μgの葉酸が含まれています。
葉酸が多く含まれているほうれん草の約2倍ほどの量にあたります。

そして、うなぎの肝には、レチノールや銅、ビタミンB群などの栄養価も高い食べ物です。
鰻の葉酸量だけを見れば、「うなぎを食べれば妊娠中に必要な葉酸量を補う事が出来る!」と思ってしまいます。
しかし、鰻を毎日買って食べる事は大変です。

うなぎの肝は、一人前の肝吸いなら、肝の部分はせいぜい50μgの含有量です。
よって、うなぎで必要な葉酸量を摂取出来るかどうかと言えば、あまり現実的ではありません。

鰻は、たまに食べるぐらいなら、妊娠中も問題ありません。
そして、妊娠中は鰻を毎日食べ過ぎると、簡単にカロリーオーバーになってしまうかもしれませんので注意が必要です。

妊婦はうなぎの葉酸よりもビタミンAの過剰摂取に注意

妊婦はうなぎの葉酸よりもビタミンAの過剰摂取に注意

うなぎは昔から夏バテ解消に食べられたり、元気の源になると選ばれていますよね。
実際にうなぎには、葉酸やビタミンB群、ビタミンAが多く配合されており、妊娠中に嬉しい栄養素もたくさん含まれています。

妊娠中はお腹の胎児のために、食べ物から多くの栄養素を摂取しなければなりません。
うなぎには妊娠中に最も大事とされている葉酸が多く含まれているので、積極的に食べると良いでしょう。

しかし、気を付けたいのは、うなぎに含まれる葉酸含有量ではなくビタミンAの過剰摂取です。
実は、妊娠中はビタミンAを過剰摂取してしまうと、胎児の遺伝子に異常を起こす可能性があると言われています。

葉酸の場合は水溶性ビタミンのため、たとえ過剰摂取しても体外へ排出されるのです。
しかし、ビタミンAは体内にどんどん溜まっていってしまい、食べ過ぎるとお腹の胎児に影響があります。

妊娠中に必要なビタミンAは、600μg~900μgまでとなりますので、くれぐれも鰻の食べ過ぎには気をつけましょう。

妊娠中にビタミンAを摂るメリット

妊娠中のビタミンAの過剰摂取は、胎児に影響があるため気を付けなければならない事が分かりました。
しかし、ビタミンAには動物性と植物性があり、体に蓄積されてしまうと胎児に影響があるのは動物性の方になります。

うなぎのビタミンAは動物性ビタミンとなるので、食べ過ぎると確実に胎児に影響が出てしまうのです。
ビタミンAは、細胞分裂を促して強い抗酸化作用があるため、妊娠中に大切な栄養素と言えます。

しかし、妊娠中にビタミンAを摂取するには、なるべく緑黄色野菜に含まれる植物性のビタミンAを摂取すると良いでしょう。
植物性のビタミンAは体に蓄積される事なく、妊娠中に体の中で胎児の細胞分裂に嬉しい働きをしてくれます。

妊娠中は鰻をどれだけ食べても大丈夫?

妊娠中にうなぎを食べる事は、多くのビタミンB群、葉酸、ビタミンEを摂取出来るので栄養補給に効果的です。
しかし、先ほども述べたように、うなぎには動物性のビタミンAが多く配合されているため、くれぐれも食べ過ぎには気を付けなければなりません。

基本的に妊娠中に必要なビタミンAは、600μg~900μgまでとされています。
鰻に含まれている動物性ビタミンAは100gあたり1500μgも入っているのです。

ですから、妊娠中に毎日鰻を食べたり、大量の鰻を食べるのは過剰摂取になるので止めましょう。

鰻からビタミンAを過剰摂取するとどうなる?

うなぎに含まれる動物性のビタミンAは、妊娠中に過剰摂取すると胎児での先天性の病気が引き起こされる可能性があるので、気を付けなければなりません。
一般的に妊娠中に摂取出来るビタミンAの摂取量は、900μgまでとされています。

しかし、妊娠中に1日3000μg以上ものビタミンAを摂取してしまうと、過剰摂取となるので気を付けなければなりません。
なぜ、うなぎに含まれるビタミンAは妊婦が気を付けなければならないのかと言うと、動物性のビタミンは体内に蓄積されやすいので、食べ過ぎると胎児に悪い影響を及ぼしてしまうからです。

動物性ビタミンAの過剰摂取は胎児の奇形や先天性の病気、流産や早産を引き起こす可能性があるのでくれぐれも気を付けましょう。

妊娠中の葉酸はうなぎだけでなくサプリから!

妊娠中の葉酸はうなぎだけでなくサプリから摂ろう

うなぎには葉酸が多く含まれていますが、先ほども述べたように動物性ビタミンAが配合されているため、過剰摂取には気を付けなければなりません。
そこで妊娠中に葉酸を摂取するのにオススメなのが、葉酸サプリメントです。

一般的に食品からとる葉酸は天然葉酸のため、体への吸収率が50%しかなく思った以上に体内に摂取出来ません。
しかし、葉酸サプリメントなら90%以上も体への吸収することができ、体内へしっかり葉酸を届ける事が出来ます。
 
そして、葉酸サプリは様々なビタミンが総合的に含まれているため、妊娠中に必要な栄養素を総合的に摂取する事が出来るのです。
ですから、妊娠中の葉酸摂取はうなぎだけではなく、葉酸サプリを利用して定期的に摂取していきましょう。

うなぎと葉酸のまとめ

うなぎと葉酸のまとめ

うなぎには、葉酸やビタミンB群、ビタミンA、カルシウム、鉄分と言った栄養素が多く含まれています。
そのため、妊娠中に適量摂取する事は栄養補給となりオススメです。

しかし、うなぎに含まれている動物性ビタミンAは過剰摂取してしまうと、胎児の先天性の病気や奇形といった病気を引き起こす事になります。
ですから、妊娠中に葉酸を摂る目的で毎日うなぎを摂取する事は危険ですので止めた方が良いでしょう。

妊娠中に葉酸を摂取するならば、毎日の食事の他に葉酸サプリメント利用することをオススメします。
葉酸サプリは吸収率の良い合成葉酸が利用され、定期的に必要な葉酸量を摂取する事が出来るのです。

どんなにうなぎが好きな方も、妊娠中にうなぎだけで葉酸を摂取するという考え方は危険ですのでやめた方が良いでしょう。

当サイトでは、管理人が実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり