うなぎと葉酸

「葉酸」は、お腹の赤ちゃんの先天性異常を防ぎ、成長を助けるため、妊婦さんに推奨されている栄養素です。
葉酸を多く含む食品は、レバーや緑黄色野菜など多くありま。

中でも鰻(うなぎ)の葉酸量は、圧倒的に多いのをご存知ですか?
うなぎは、夏バテ対策になる食材として有名です。

それは、葉酸以外にも多くの栄養素を含む栄養価の高い食品だからです。
では、妊娠中に鰻をいっぱい食べて栄養補給しても大丈夫なのでしょうか?

実は、妊娠中にうなぎを食べ過ぎる事は、からだに悪影響を及ぼす場合があります。
そこで今回は、妊娠中に鰻を食べる上でのメリットとデメリットの両方について、ご説明していきたいと思います。

うなぎの葉酸含有量は?

鰻の肝には、100gあたり約380μgの葉酸が含まれています。
これは、ほうれん草の約2倍ほどの量にあたる事から、鰻の葉酸含有量はとても高いと言えます。

そして、うなぎの肝には、レチノールや銅、ビタミンB群などの栄養価も高い食べ物です。
鰻の葉酸量だけを見れば、「うなぎを食べれば妊娠中に必要な葉酸量を補う事が出来る!」と思ってしまいます。
しかし、鰻を毎日買って食べる事は大変です。

うなぎの肝は、一人前の肝吸いなら、肝の部分はせいぜい50μgの含有量です。
よって、うなぎで必要な葉酸量を摂取出来るかどうかと言えば、あまり現実的ではありません。

鰻は、たまに食べるぐらいなら、妊娠中も問題ありません。
そして、妊娠中は鰻を毎日食べ過ぎると、簡単にカロリーオーバーになってしまうかもしれませんので注意が必要です。

妊婦はうなぎの葉酸よりもビタミンAの過剰摂取に注意

妊婦はうなぎの葉酸よりもビタミンAの過剰摂取に注意

うなぎには、葉酸以外にもビタミンA(レチノール)、ビタミンB群など、多くのビタミンが豊富に含まれています。
葉酸などのビタミンB群は水溶性ビタミンなので、例え食品から摂り過ぎたとしても、不要な分は全て尿として排出されてしまうので安全です。

しかし、鰻に含まれるビタミンAは葉酸とは違い、脂溶性ビタミンになります。
脂溶性ビタミンは、水に溶ける事がなく、体内に蓄積されてしまう特徴があります。

妊娠3ヶ月頃までに、ビタミンAを過剰に摂り過ぎると、おなかの赤ちゃんに奇形が生じるリスクが高まると言われています。
ただし、ビタミンAは妊婦にはある程度は必要な栄養素です。

妊娠中に必要なビタミンAは、600μg~900μg程度必要だと言われています。
ですから、ビタミンAが豊富に含まれている鰻で葉酸不足を補う事は、ビタミンAを取り過ぎてしまう事になり、あまりオススメは出来ないのです。

妊娠中にビタミンAを摂るメリット

ビタミンAには、身体の免疫力を高める働きや酸化や老化を防ぐ強い抗酸化作用などがあります。
妊娠中は、鰻に含まれている葉酸とビタミンAはとても大切な栄養素です。

ビタミンAには鰻などの動物性食品に含まれるレチノールの他に、野菜や果物等の植物性食品に含まれるカロテンがあります。
このカロテンは、必要な分だけがビタミンAに変換されるため、過剰摂取になりにくいのです。

ですから、妊娠中はビタミンAを鰻からではなく、野菜や果物から摂るのがオススメです。

妊娠中は鰻をどれだけ食べても大丈夫?

鰻には、妊娠中に必要不可欠な葉酸が豊富に含まれています。
しかし、気になるのが鰻に含まれるビタミンA(レチノール)という成分です。

もし、妊娠中に鰻を食べ過ぎで、ビタミンAを過剰摂取してしまったら、お腹の赤ちゃんの先天性リスクが高まると分かりました。
妊娠中には、鰻の食べ過ぎには気を付けなければならない事は分かりましたが、とれだけ食べたら大丈夫なのでしょうか?

うなぎの蒲焼き(鰻重)には、100gあたり1500μgREのビタミンAが含まれています。
妊娠中の1日の推奨量は650~780μgREですが、ビタミンAの上限摂取量は2700μgREとなっています。

そして、レチノールの体内吸収率は約90%と高いので、妊娠中は推奨量を上回らないようにする事が大切です。
うなぎの蒲焼きなら、1日に約50gほどにしておくのがちょうど良いでしょう。

鰻からビタミンAを過剰摂取するとどうなる?

妊娠中1日に摂取しても良いビタミンAは、1500μgとされています。
そして、毎日3000μgを摂取し続けると、胎児に影響が出る可能性があると言われています。

また、アメリカでは、ビタミンA(レチノール)を毎日4500μg以上摂取し続けると、先天異常の乳児を出産する確率が3.5倍も高くなるという報告もあります。
ビタミンAは葉酸とは異なって、身体に蓄積される脂溶性ビタミンですから注意する必要があります。

最近は胎児の奇形リスクを避けるため、過剰にビタミンAの摂取を控える女性が増えています。
妊娠中もに必要なビタミンA(レチノール)の量は、1日600μgから900μgです。

うなぎの蒲焼なら1人前の3分の1ぐらい、牛のレバーなら5gの量で、1日に必要なビタミンAを摂る事が出来ます。

妊娠中の葉酸はうなぎだけでなくサプリから!

妊娠中の葉酸はうなぎだけでなくサプリから摂ろう

妊娠中は、食品から摂取した場合のビタミンの吸収率は約50%と低く、毎日の食事だけでは十分な量の葉酸やビタミンAを補うのはとても難しいと言えます。
そこで妊娠中に便利なのが、ビタミンAが配合された葉酸サプリです。

サプリに含まれる葉酸の体内吸収率は約90%と高く、妊娠中に必要な葉酸の量を、毎日摂る事ができます。
葉酸は、他のビタミンとの相互作用によって、本来の力を発揮する事が出来ます。

そのためには、妊娠向けの葉酸サプリの葉酸以外の栄養素をチェックしましょう。
ビタミンAが含まれたサプリは、鰻などと合わせると、過剰摂取になる事も考えられます。

ビタミンAは、カロテンが配合されている良質な葉酸サプリを選ぶと良いです。
普段の食事でビタミンAが足りなくなる事はほとんどないため、妊娠向けの葉酸サプリにはあまりビタミンAは含まれていないようです。

しかし、妊娠中に偏った食事をしていれば、ビタミンAの過剰摂取リスクは上がるので、気を付けましょう。

うなぎと葉酸のまとめ

うなぎと葉酸のまとめ

うなぎは、葉酸やビタミンAを豊富に含む食品なので、妊婦の栄養補給に適しています。
また、妊娠中に特に必要となるカルシウムや鉄分、ビタミンやミネラルも豊富に含まれており、とても栄養価の高い食品と言えます。

しかし、ビタミンAの中でもレチノールが多い事から、摂取量には十分注意が必要な食材です。
レチノールは、特に妊娠初期に摂り過ぎると、お腹の赤ちゃんの先天性異常や奇形のリスクを高めると言われています。

妊娠中は、ときどき鰻を食べて、気分転換するにはオススメですが、毎日食べ続けるのは良くありません。
葉酸を補うために鰻をたくさん食べれば、ビタミンAの過剰摂取に繋がりやすいからです。

妊娠中だから鰻を食べてはいけないという事はないので、ときどき楽しむようにしましょう。
特に、蒲焼きだとカロリーも高くなるので、体重制限中の妊婦や授乳中の方は、食べ過ぎには気を付けてください。

当サイトでは、管理人が実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。