葉酸サプリと石油

食品や葉酸サプリには、体に良いものもあれば、良くないものもあります。
妊活中から妊娠中は、お腹の赤ちゃんのために、なるべく体に良いものだけを摂り入れたいですよね。

葉酸サプリにおいては、見た目だけでは安全性がよく分からないものが多いです。
葉酸サプリは、よく「天然葉酸」よりも「合成葉酸」の方が推奨されています。

しかし、「合成」という言葉の響きから、「合成葉酸は石油由来なんじゃない?」と飲む事を躊躇する妊婦さんもいるようです。
果たして、葉酸サプリは石油で作られているから体に悪いのでしょうか?

早速、葉酸サプリの種類について見ていきましょう。
これを知っておくと葉酸サプリ選びが簡単になります。

葉酸には天然葉酸と合成葉酸がある

葉酸には天然葉酸と合成葉酸があります。
天然と合成であれば、天然の方が良いイメージがあるかと思います。

合成と聞くと、何だか身体に悪そうな感じがしてしまいますね。
葉酸を摂取するには、緑黄色野菜などの食品に含まれる「天然葉酸」と葉酸サプリメントに含まれる「合成葉酸」があります。

つまり、食品に含まれる葉酸は天然葉酸であり、サプリに含まれるのは合成葉酸です。
本来であれば、身体に必要な葉酸量を全て食品から摂れたら理想と言えます。

しかし、食品に含まれる葉酸は、水溶性ビタミンのため、加熱したり水に浸したりすることに弱く、調理段階で栄養素失われてしまいます。
さらに、食品に含まれている葉酸は、体内に吸収されるのが50%以下なので、葉酸を食事から必要量を摂取することは難しいのです。

食品に含まれる天然葉酸をもっと身体への吸収率を上げたものが、サプリメントの「合成葉酸」です。
つまり、現在ネット通販や店頭で販売されているサプリメントは「合葉酸」になります。

合成葉酸は石油由来とは本当?

合成葉酸は石油由来とは本当か

合成葉酸と一口に言っても、合成葉酸にも2種類あります。
何を原料として合成された葉酸なのかによって、合成葉酸にも2種類ある事を知っておきましょう。

ひとつは緑黄色野菜など食品から変換されて作られた「天然由来の合成葉酸」。
次に、食べられない石油などの合成化学物質から変換されて作られた「石油由来の合成葉酸」です。

身体に良い方は、もちろん「天然由来の合成葉酸」という事になります。
妊娠期間中は毎日飲むものですから、安全性の高い天然由来の合成葉酸がオススメです。

ネット通販で販売されている高品質サプリは、この天然由来の合成葉酸で作られているものが多いと言えます。
合成葉酸だからと言って、全ての葉酸サプリが石油由来ではありませんので、安心してください。

食品由来ですから、安全に効率よく葉酸を摂取する事ができ、合成葉酸の吸収率は90%ですから効率的です。
一方で、石油由来の合成葉酸は化学物質から抽出しているので、消化・吸収される過程で、母体や胎児の肝臓や腎臓など内臓に負担が掛かる事があります。

大量生産された安価な葉酸サプリには、石油由来の合成葉酸がありますので、妊娠中の方は避けた方が良いでしょう。
特に妊活中や妊娠初期は胎児が形成される大事な時期ですので、「天然由来の合成葉酸」をオススメします。

「合成」だから危険というわけではない事がわかったと思います。

合成葉酸は2つある

合成葉酸は2つある

合成葉酸には、食品から抽出された「天然由来の合成葉酸」と、石油など食べられないものから抽出された「石油由来の合成葉酸」の2種類ある事がご理解頂けたかと思います。
野菜、果物、酵母などの食品から抽出した葉酸は吸収率が良く、安全に効率よく摂取する事が出来ます。

一方、石油由来や食べられない化学物質から、人工的に作られているサプリは、母体や胎児の肝臓や腎臓など内臓に負担が掛かるのです。
胎児は臓器が未熟なため正常な分解が出来ず、体内に残る事もあり、生まれてから、喘息やアトピー性皮膚炎が起こる可能性が高いと専門家は指摘しています。

妊娠中に葉酸サプリを選ぶ際は、食品由来から抽出されているものを選ぶことが大切です。

石油由来の葉酸サプリ

石油由来の合成葉酸は、石油で出来ていますが、石油自体が入っているわけではありません。
医療品の薬なども合成の医薬品ですから、原料は石油で出来ています。

石油由来の合成葉酸のサプリで気にすべき事は石油よりも、食品添加物が多い事です。
サプリや食品にも含まれる、食品添加物は、国の機関による厳しい検査基準を満たしているので安全ですが、妊娠中はなるべくなら使用されない方が良いです。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんにまで添加物が届いてしまい、アトピーなどのアレルギーに繋がる可能性がある指摘している医師もいます。
原材料名をチェックして、食品以外の名称が多かったり、記載されている順番が前の方である場合は、添加物の配合量が多いという意味になりすので、避けた方が良いでしょう。

野菜や果物の天然由来の葉酸サプリ

有名なベルタ葉酸サプリの原材料名を見てみると、「葉酸含有酵母」と「葉酸」となっています。
天然型酵母葉酸は、もともとは合成葉酸だったものを効率よく吸収するために酵母で醗酵培養させて、さらに栄養価の高い原料を配合したものです。
このように、妊娠中は安全性が高く吸収率の良い、天然由来の合成葉酸がオススメです。

天然葉酸と合成葉酸はどちらが良いの?

天然葉酸と合成葉酸はどちらが良いのか

改めて、葉酸には大きく分けて「天然葉酸」と「合成葉酸」があります。
自然界に存在する食品に含まれている葉酸は「天然葉酸」です。

例えば、ほうれん草やモロヘイヤといった緑黄色野菜に多く含まれる他、豚や牛、鳥などのレバーにも葉酸が多く含まれています。
食品から必要な葉酸を全て摂れたら良いのですが、残念ながら、食品に含まれる天然葉酸は、水溶性ビタミンのため、加熱や水やに弱く、栄養素が流れていしまう事、そして吸収率が50%しかないデメリットがあります。

一方で、サプリメントに含まれる「合成葉酸」とは、体が吸収できる葉酸の型として、人工的に作られているので、体内吸収率が90%と抜群に高いのが特徴です。
この吸収効率の高さが厚生労働省が天然葉酸ではなく、「合成葉酸」の方を推奨する理由の一つになっています。

妊娠中はバランスの良い食事から葉酸を摂る事はもちろん、葉酸サプリの合成葉酸を利用して行く方法をオススメします。

おすすめは天然由来の合成葉酸!

食品から抽出されたものは、食品由来の葉酸の吸収効率を上げているので、効率よく葉酸を摂取出来ます。
合成されていても、食品由来の葉酸から変換されているものであれば、吸収効率が大きく上がってるというわけです。
むしろ、妊娠中は天然葉酸の合成された葉酸を積極的に摂りたいと言えるのです。

葉酸サプリと石油のまとめ

葉酸サプリと石油のまとめ

まとめると、葉酸には食品に含まれる「天然葉酸」と、「天然由来の合成葉酸」、そして「石油系の化学物質由来の合成葉酸」の3つに分類出来ます。
妊娠中に必要とされる葉酸量を食品だけで摂取する事は性質的に困難です。

ですから、厚生労働省は吸収率の良い合成葉酸を推奨しています。
「合成」だから決してからだに悪いという事はありません。

そして、妊娠中は安全性からも「天然由来の合成葉酸」が最もオススメです。
葉酸サプリ選びは、公式サイトや成分表だけでは分からない事もあるので、気になる事はメーカーに問い合わせると良いでしょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリも紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。