葉酸とヨーグルト

スーパーやコンビニ行くと、葉酸と鉄分入りのヨーグルトをよく見かけますよね。
妊活中から妊娠中は、葉酸という言葉に反応してしまいます。

葉酸と鉄分入りのヨーグルトは手軽に葉酸と鉄分を摂れる飲み物として、のむヨーグルトなどもあって、美味しく飲みやすいので、妊娠中の食欲のない時などにもオススメです。
価格は1本あたり100円程度ですから、毎日飲み続ける事も出来ますね。

では、葉酸と鉄分がまとめて摂れるヨーグルトの魅力についてご紹介します。

ヨーグルトの葉酸含有量は?

葉酸と鉄分を摂れる飲み物として、人気飲むヨーグルトはどれくらいの葉酸が入っているのでしょうか?
例えば、雪印のプルーンFe1日分ののむヨーグルトは、1本で葉酸100μg、鉄分7.5mg、カルシウム190mgが含まれています。

葉酸以外のビタミンB群も含まれていますから、葉酸をしっかりと身体に吸収する事が出来ます。
葉酸を体内でしっかりと使うためには、他のビタミンが欠かせないのでが、プルーンFe1日分の鉄分のむヨーグルトはその点とても効率的だと言えます。

そして、1本あたり131kcalなので、妊娠中のカロリーコントロールにも役立ちます。

葉酸と鉄分入りヨーグルトを食べる効果は?

葉酸と鉄分入りヨーグルトを食べる効果

特に妊娠中は貧血にもなりやすいですから、日頃から意識して葉酸と鉄分はしっかりと摂ることが望ましいと言えるでしょう。
そして、妊婦は便秘になりやすいので、便秘の改善にはのむヨーグルトなどの乳製品が効果的です。

ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますので、悪玉菌を抑える働きによりお腹の調子を整えてくれます。
腸内環境が良くなると、便秘解消や免疫力を高まり、風邪予防にも繋がり、お肌の調子も良くなる効果が期待出来ます。

また、ヨーグルトは牛乳から作られていますので、妊娠中に必要なカルシウムが補えて、脂質やたんぱく質の摂取にも有効です。
カルシウムは胎児の骨などを形成するのに必要になります。

しかし、ヨーグルトの飲みすぎ、食べ過ぎは、逆に下痢などを引き起こし、流産などの危険性も高めてしまうので気を付けましょう。

葉酸と鉄分入りヨーグルトはつわり時期におすすめ

葉酸と鉄分入りヨーグルトはつわり時期におすすめ

つわり時期はヨーグルトは食べやすく、妊婦に好まれています。
お腹がゴロゴロして牛乳が飲めない方でも、ヨーグルトは乳酸菌がある程度乳糖を分解してくれていますので、お腹を壊しにくいというメリットもあります。

葉酸と鉄分入りの飲むヨーグルトなどには糖分が含まれていますので、毎日ヨーグルトを食べたい場合は、なるべくプレーンヨーグルトにすると良いでしょう。
はちみつやフルーツなどの自然の甘みを少量加えると身体に良いです。

妊娠中の葉酸必要量をヨーグルトだけに頼る事は十分ではありませんが、つわりで食欲がない時などには手軽に摂れるので大変便利です。

葉酸と鉄分入りヨーグルトの種類は?

葉酸と鉄分入りヨーグルトの種類

店頭に並んでいるヨーグルトの中に、葉酸と鉄分入りのヨーグルトがいくつかあります。
では、メジャーな5つのメーカーの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

メグミルクヨーグルト

1本で1日分の鉄分がおいしく摂れる、のむヨーグルトです。
栄養成分表示1本(190g)あたり、エネルギー131kcal、葉酸120μg、
ビタミンB12が1.2μg、ガラクトオリゴ糖0.3g摂れます。

オハヨーヨーグルト

1個110gで1日分の鉄分と葉酸、さらに造血のビタミンと呼ばれるビタミンB12を手軽に摂取できる低脂肪ヨーグルトです。
鉄が10mg、葉酸が350μg、ビタミンB12が3.5μgを配合しています。
生きて腸まで届き、おなかにやさしいL-55乳酸菌入り。

タカナシヨーグルト

1個当たり、葉酸は1日の目安量である200μg、鉄は3.8ミリグラム、コラーゲンは150ミリグラム摂取できます。
生きたまま腸管に数日間とどまる乳酸菌、LGG菌を使ったヨーグルトに女性に不可欠な葉酸と鉄、美容成分のコラーゲンまでとれます。

チチヤスヨーグルト

ミネラルの吸収を助けるオリゴ糖も配合して、鉄分の吸収をより効率よく摂れる低脂肪ヨーグルトです。
1個70gあたり47kcal、鉄4mg、葉酸が200μg摂れます。

妊婦は葉酸と鉄分入りヨーグルトで必要量は十分?

妊婦は葉酸と鉄分入りヨーグルトで必要量は十分か

雪印のプルーンFe1日分の鉄分のむヨーグルトに含まれている葉酸は、1本あたり100μgです。
妊娠中でなければ、これ1本で1日に必要な葉酸の約半分を補う事が出来ます。

しかし、妊娠中に必要な量は400μgですから、プルーンFe1日分の鉄分のむヨーグルトだけで葉酸を補おう場合は、1日に4本も飲む必要があります。
妊娠中は、のむヨーグルトはあくまでも1日1本を目安にして、葉酸や鉄分の補給はサプリメントを利用する事をオススメします。

葉酸と鉄分入りヨーグルトは食べ過ぎ注意

葉酸と鉄分入りヨーグルトは食べ過ぎ注意

ヨーグルトは脂質、種類によっては、糖質が多く含まれています。
そのため、食べ過ぎることによって、糖質の摂り過ぎとなり、妊娠中毒症を招くこともあります。
また、一度に多量に食べると、消化不良を起こしたり、乳糖を分解できずに腹痛下痢になったり、お腹が冷えて腹痛下痢になる事も考えられます。

そして、ヨーグルトを食べたからといって、赤ちゃんのアレルギーに影響することはありません。
しかし、毎日過剰に摂取すると、どんな食べ物も身体にプラスになる事はありません。

ヨーグルトは1日に最低でも100g、出来れば1日に200~300gを目安に食べた方が良いと言われています。
食品は基本的に摂取量の決まりはありませんが、飲むヨーグルトに関しては妊娠中の糖分が気になりますので、1日200ml程度までにするのが良いでしょう。

葉酸とヨーグルトのまとめ

葉酸とヨーグルトのまとめ

妊娠中に葉酸と鉄分入りのヨーグルトを食べる事は、腸内環境を整えて、便秘解消や免疫力を高めるなど嬉しい効果が期待できます。
葉酸と鉄分入りのヨーグルトは葉酸を摂るというより、栄養補給のためだと考えて食べると良いです。

特につわりの時期には美味しく栄養が補給出来るので、妊娠中は冷蔵庫にいつも常備しておくと便利です。

当サイトでは、管理人が実際に利用した葉酸サプリも紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。