妊娠中の生魚

妊娠中の妊婦さんには、控えるべき食べ物に気を使わなければならず、悩む事も多いかと思います。
例えば、お寿司やお刺身などの生魚は、妊婦さんには食べない方が良いとよく言われます。

そうは言っても、妊娠中でもサーモンなどの生魚を、食べたくなる事はあるでしょう。
では、なぜ妊娠中には、生魚を控えなければならないのでしょうか?

その理由は、お寿司やお刺身は、生魚なので、多少なりの細菌が含まれているからです。
通常では、あまり気にしなくても良い量であっても、妊婦さんにとっては食中毒などを引き起こす可能性があるので、避けた方が良いと言われています。

そこで今回は、妊娠中に生魚を控えるべき理由と、胎児に与える影響をご説明したいと思います。

妊娠中に生魚を食べない方が良い理由

妊婦でも適量であれば、サーモンを食べても大丈夫ですが、必ず火を通して食べるようにしましょう。
妊娠中は、サーモンに限らず、他の魚介類でも同じで、生のまま食べるのは避けた方が良いのです。

魚介類には水銀が含まれています。
妊婦さんが食べ過ぎると、水銀の過剰摂取で赤ちゃんの先天性異常を引き起こしてしまう可能性があります。

特にクロマグロやメバチマグロ、金目鯛は水銀を多く含んでおり、妊娠中のママは避けるべきと言われている魚です。
サーモンは、他の魚介類と比べて、水銀の含有量が低めですので、焼き鮭などは、妊婦さんにオススメです。

妊娠中の魚介類は焼き魚がオススメ

魚介類は、もともと良質なたんぱく質やカルシウム、そして、人の体内で作る事が出来ないDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)も含んでいます。
DHAやEPAには血管障害の予防や脳の発育に効果があるとされており、妊婦さんが積極的に摂りたい栄養素です。

魚類の摂取量は米食品医薬品局で決められており、妊婦さんは1週間で227~340グラム(2〜3食分)の範囲内で魚介類を摂取出来るとしています。
サーモンを食べるなら、焼き魚を週に2~3切れ程度にしましょう。

食べ過ぎると水銀が蓄積されてしまうので、注意しなければなりません。

妊娠中は生魚に含まれるリステリア菌の感染リスクがある

妊娠中にサーモンを生で食べてはいけない理由は、リステリア菌の食中毒になるリスクがあるからです。
リステリア菌の食中毒とは、リステリア・モノサイトゲネスによる食中毒で、河川水や動物の腸管内に生息しています。

リステリア菌に感染すると嘔吐や発熱を起こし、胎盤を通じて胎児にも感染してしまい、早産や流産の原因にもなりかねません。
ですから、サーモンは生では食べるのは避けて、必ず火を通して食べましょう。

サーモンは、一度冷凍保存すれば良いのではなく、加熱する事が唯一の食中毒対策です。
スモークサーモンも燻製にしただけで、火を通していないので控えなければなりません。

食中毒になるリスクは100万に0.1~10人とかなり稀ですが、重症化すると死亡する例もあります。
WHOでは注意を呼びかけていて、特に妊婦の方は注意が必要とされています。

妊娠中は生魚に含まれる水銀摂取の危険

魚には、EPAやDHAや高タンパク質など魚にしか含まれていない栄養素があり、これらは妊娠中にも必要な栄養素です。
しかし、ビンナガマグロ、メカジキ、サメなどの魚は水銀が多量に含まれています。

妊娠中に水銀を取り過ぎると、胎児の成長に影響を及ぼし、神経系に影響を与えます。
そして、水銀は加熱処理してもなくなりません。

妊娠中に水銀を摂取し過ぎると、胎児の先天性異常を引き起こすと言われています。
例えば、神経障害、発達障害などを起こす可能性があります。

サーモンは、他の魚介類と比べて水銀の含有量が少ないため、焼き魚ならば妊婦さんでも食べる事が出来ます。
また、サーモンと同じくタラやエビも水銀の含有量が少ないため、妊娠中にオススメされる魚介類のひとつです。

妊娠中は生魚からトキソプラズマ症の感染リスク

妊婦は、トキソプラズマに感染する恐れがあります。
そのため、生魚や生肉を食べない方が良いとされています。

トキソプラズマ感染とは、主に哺乳類と鳥類に感染する寄生虫です。
土いじりや感染した猫のフンに触ったり、感染した動物の生肉、生ハム、ユッケなどを食べると、感染する危険性があります。

妊娠中は、免疫力が低下しがちです。
そのため、トキソプラズマに感染すると、早産、流産、母子感染する可能性が高くなるのです。

特に胎盤を通して胎児に感染する母子感染は、発育の遅れ、障害などの胎児に何らかの影響を与える事があります。
病院の血液検査で陽性になると、母子感染を防ぐために、抗生物質の投与されます。

妊娠中は生魚をいつまで控えるべき?

妊娠中は生魚をいつまで控えるべき

大型の魚介類は、自然界に存在する水銀を食物連鎖の過程で、体内に蓄積しています。
魚を主食とする日本人の水銀摂取の80%以上は魚介類由来なのです。

しかし、胎児には体外に水銀を排出する機能がありません。
よって、妊娠中に生魚を食べ過ぎると、胎児が神経障害や発達障害をもたらす危険があります。

そのため、妊娠中から出産するまでは、生魚は控えるようにしてください。
食中毒になった場合、妊婦が飲める薬は限られています。

また、嘔吐や下痢によって、胎児の発育に影響が出てしまう可能性もあります。
特に妊娠初期は、魚を主食にする頻度は週に1~2回程度にすると安心です。

妊娠中に生魚を食べる胎児への影響

妊娠中に生魚を食べる胎児への影響

妊娠中に魚を食べる事は、良質のたんぱく質やカルシウムを吸収出来るので推奨されます。
しかし、魚に含まれている水銀は、胎児の奇形や流産のリスクを高め、生魚は食中毒を起こす可能性があります。

妊娠中に食べない方が良い魚は、鮪、カジキ、銀目鯛など、大きな魚です。
特にメチル水銀は、胎児の中枢神経の発達に影響を及ぼすと言われていますので注意が必要です。

また、水銀だけでなく、ビタミンAを含む魚も胎児に影響する可能性があります。
ですから、胎児が形成される妊娠初期は、生魚を控えた方がよいと言われています。

妊娠中でも食べてもよい魚は、鰯、鯵、鮭、ぶり、鯖、カツオです。
ただし、青魚はアレルギーも起こしやすいので、生は控えて、火を通して食べましょう。

妊娠中は生魚と生肉にも気を付けよう

妊娠中は生魚と生肉にも気を付けよう

妊娠中に加熱不十分の生肉を食べた場合も、トキソプラズマに感染する場合があります。
すると、流産・死産のリスクが高まるだけでなく、赤ちゃんが水頭症になってしまう可能性も高くなります。

トキソプラズマは、67度以上の加熱によって死滅するので、肉を食べる際にはしっかりと焼いてから食べるようにしましょう。
また、生魚に関しては、トキソプラズマではなく、水銀量にも気を付ける必要があります。

水銀の量に関しては、刺身のマグロであれば、1人前の約80gを週2回までにしてとおきましょう。

妊娠中の生魚のまとめ

妊娠中の生魚のまとめ

妊婦さんはサーモンなどの生魚を食べ過ぎると、リステリアという細菌があるため、早産や流産を招く原因になります。
妊娠中に魚介類を食べる際には、必ず火を通して食べるという事を意識しなければいけません。

リステリアは、しっかり加熱すれば死滅します。
そのため、サーモンを食べる際は、寿司や刺身ではなく、火が通った焼き魚などを食べましょう。

サーモンは、水銀の含有量は少ないですが、生のままでは感染しやすいので、気を付けなければなりません。

妊娠中は、食べ物に色々気を使わなければならず、大変な時期です。
しかし、お腹の赤ちゃんの健康のためにも、覚えておきましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。