妊娠前のサプリ

葉酸サプリを飲む最大の目的は、赤ちゃんの先天的な奇形である神経管閉鎖障害のリスクを下げるためです。
そして、その効果は、妊娠の1ヶ月以上前から飲む事によって力を発揮します。

また、妊娠前から葉酸サプリを飲めば、身体を健康な状態に維持する事ができ、胎児の健康のために役立つのです。
これから妊活する方は、葉酸サプリは妊娠前から飲むべきであるという事を知っておきましょう。

そこで今回は、妊娠前の葉酸サプリがオススメな理由と、その摂取方法などについて解説していきます。

⇒妊娠前にオススメのサプリを見てみる。

妊娠前から葉酸サプリがオススメな理由は?

厚生労働省では、健康な赤ちゃんの成長のために、葉酸サプリを妊娠前から飲む事を推奨しています。
妊娠前から葉酸サプリを摂取していると、赤ちゃんの先天的な奇形「神経管閉鎖障害」のリスクを軽減出来ます。

神経管閉鎖障害は神経管の形成が正常に行われないで、脊髄神経や脳神経の機能を阻害する障害です。
厚生労働省が、妊婦さんに対して葉酸の摂取を推奨し始めたのは2000年となっています。

しかし、アメリカでは、既に1998年から栄養を強化した各種穀物製品などに対して、葉酸を配合していました。
結果的に、1998年からアメリカでは神経管閉鎖障害の新生児の出生率が減ったのです。

そして、神経管閉鎖障害は、葉酸を必要摂取量摂るだけで予防出来るという事が、世界中で知られるようになりました。
妊娠初期までの葉酸の摂取量が不十分だと、神経管の形成に悪影響を与える可能性があります。

そのため、妊娠前からしっかり葉酸を摂っていきましょう。

妊娠前の葉酸サプリはいつから必要?

葉酸サプリは、妊娠4~6週に摂取する事で、胎児の障害リスクを軽減する事が出来ます。
妊娠4~6週とは、妊娠検査薬を使って判定出来る時期です。

しかし、妊娠に気が付いた時には、もう6週を過ぎていたという場合もよくある話です。
ですから、ちょうど妊娠4~6週のタイミングから、葉酸サプリを飲み始めるというのは難しいと言えます。

よって、胎児へのリスクを考えると、葉酸サプリは妊活中から摂取し始める事が一番安心出来ます。
そして、葉酸は妊娠の1ヶ月前から妊娠初期の15週までが特に重要な期間です。

妊娠中期から後期にかけても、妊婦への健康効果があるので、16週に入っても飲み続けていきましょう。
妊娠期間中は母子ともに健康で過ごすために、出産するまで葉酸サプリを摂取する事をオススメします。

妊娠前の葉酸サプリの摂取目安量は?

厚生労働省は、妊娠の可能性がある女性に対して、通常の食事に加えてサプリメントなどの栄養補助食品から1日400μgの摂取をするように推奨しています。
胎児が大事な心臓や神経などを作り始めるのは、妊娠の超初期になります。

そのため、妊娠前からしっかり摂っていきましょう。
また、この時期は細胞分裂の核となるDNAを作る酵素をサポートする葉酸量が少ないと、正常に成長出来ずに、赤ちゃんに大きな悪影響を与えてしまいます。

ただし、厚生労働省は、葉酸の1日当たりの上限摂取量を1000μgとしています。
葉酸サプリからの摂取は摂取目安量を守って、摂り過ぎには十分に気をつけてください。

妊娠前の葉酸サプリはデトックス作用がある

妊娠前にデトックスをしておくと、栄養素の吸収率がアップします。
デトックスは妊娠中に行うと身体に負担を掛けるため、出来れば妊活中の段階で済ませておいた方が安全です。

どんなに健康的な生活をしても、体内には老廃物、毒素が蓄積されています。
この老廃物、毒素を身体の外に排出するためのサプリにも色々ありますが、妊娠中はNGとされているものが多いのです。

しかし、葉酸サプリなら活性酸素を除去しデトックス効果もありながら、同時に妊活をサポートもしてくれるのでオススメと言えます。
妊活中から身体を綺麗な状態に整えておく事で、お腹の赤ちゃんも元気に成長出来ます。

特に便秘体質の方は、妊娠中さらに悪化する恐れがあります。

そのため、腸内環境改善対策のためにも、葉酸サプリを摂取していきましょう。

妊娠前に必要なビタミンはサプリから摂ろう

妊娠前に必要なビタミンはサプリから摂ろう

妊娠前に必要なビタミンである葉酸は、熱に弱く水に溶けやすくもあるので、加熱調理をすると栄養素が半分以下になります。
そして、食品に含まれる葉酸は、体内への摂取量が約50%以下だと言われています。

妊娠初期に必要な量を食事だけで摂ろうとすると、茹でたほうれん草であれば約1kg、納豆にすると約20パックを毎日食べる続けなければなりません。
妊娠初期のつわりや偏食、食欲減退を考えると、通常の食事からだけでは厳しいと言えます。

一方で、サプリなどに配合されている葉酸は、体内への効率率が90%以上あります。
また、世界中で報告がされている葉酸の効果のほとんどは、サプリなどの栄養補助食品を摂取した結果です。

妊娠前から妊娠中は、食事だけでなく、サプリも利用していきましょう。

妊娠前はマカ配合の葉酸サプリで妊娠力アップ

マカは、女性ホルモンの分泌を増やしてホルモンバランスを整える効果があるため、妊娠しやすい身体作りをサポートしてくれます。
マカは妊娠に近づけてくれるので、妊活用のサプリとして人気があります。

妊娠のために、体調を整えるという視点なら、葉酸よりもマカの方が適しています。
しかし、葉酸は女性が妊娠に気付くよりも、前の段階の受精卵の時から必要な成分です。

ですから、妊娠が分かってから飲み始めるのでは遅いので、妊娠前は葉酸サプリとマカを併用して飲むと効率的です。
そして、最近では、マカと葉酸を一緒に摂れる妊活サプリというものも人気があります。

厚生労働省が推奨している葉酸は1日400μgです。
葉酸400μgが摂れて、さらにマカもとれる妊活サプリは、妊活にとても期待出来そうです。

妊娠前の葉酸サプリは男性にもオススメ

妊娠前の葉酸サプリは男性にもおすすめ

最近の研究では、この葉酸の働きが妊活中の女性だけではなく、男性の精子の機能も高めてくれるという事が分かってきています。
妊活中の男性に、葉酸サプリがオススメな理由は、葉酸は精子の染色体異常を軽減してくれるからです。

健康的な男性の精子でも、1度に射精する精子の1~4%の染色体異常の精子が混ざっています。
葉酸を必要量摂取している男性は、葉酸サプリを摂取していない男性に比べて、染色体異数性が20%~30%低くなったという結果が出ています。

染色体異常が少ない質の高い精子が多ければ、染色体異常を防げるだけではなく、受精して妊娠する確率も上げる事が出来るのです。
男性の通常時の葉酸必要量は1日に200μgですが、妊活中の男性だと240~400μgが適切とされています。

葉酸は食事だけでは、十分な摂取量をなかなかカバー出来ません。
そのため、葉酸サプリを定期的に摂取して、妊活していきましょう。

アメリカの妊娠前のサプリ事情

アメリカの妊娠前のサプリ事情

日本では、葉酸は妊婦に必要だとされています。
しかし、アメリカでは、妊娠希望の人は妊娠前から飲む必要があると認識されています。

葉酸はFolic Acidと言われ、妊婦はもちろんの事、これは妊娠する予定の方は妊娠前から摂取しています。
葉酸が最も必要とされるのは、胎児が形成される妊娠超初期から妊娠初期だからです。

胎児が身体の器官を生成する時に、最も葉酸を必要とします。
そのため、妊娠に気づいた時には、もう既に妊娠4週目に入るので、タイミングが遅いという事になります。

もちろん、葉酸は妊娠中もずっと摂り続けた方が良いので、遅過ぎるという事はありません。
しかし、ベストなタイミングは逃してしまう事になります。

そして、アメリカの葉酸サプリは、妊娠準備中の女性の身体や妊娠中に必要なビタミン・ミネラル・カルシウムなどがマルチに入っているものがほとんどです。

⇒管理人も実際に利用した葉酸サプリを見てみる。

妊娠前のサプリのまとめ

妊娠前のサプリのまとめ

日本では、葉酸の摂取においては厚生労働省が2,000年に推奨しました。
ここ数年で、やっと葉酸の大切さが受け入れられるようになりました。

そして、厚生労働省は妊娠中の女性だけでなく、これから妊娠を望む女性にも葉酸の摂取を勧めています。
妊娠したら葉酸サプリを服用するのではなく、妊活している時から葉酸を摂取すると、母体とお腹の赤ちゃんにとって理想的です。

妊活中や妊娠初期から体調を整える目的で葉酸を服用していれば、妊娠後でも体調も良い状態をキープ出来るのです。
妊娠前から、葉酸は食事と葉酸サプリから、積極的に摂って行きましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。