妊娠中のカルシウム

妊娠中のカルシウムの摂取は、胎児の骨、髪の毛、爪の形成に使われるため大切な栄養素です。
妊娠中の母体に不足すると骨が弱ってしまい、大きなお腹を支える事が出来ず、骨粗鬆症や足がつったり肉離れと言った症状を引き起こす事があります。

そのため、妊娠中は積極的にカルシウムを取る必要があるのです。
妊娠初期はつわり時期が重なるため 、食事が思うように取れない場合が多いですよね。

そういった時は、カルシウム入りの飲むヨーグルトや健康食品のウエハースを摂取するなどして少しずつでも摂っていきましょう。
そこで今回は、妊娠中にカルシウムを多く摂取する方法をご紹介します。

妊娠中にカルシウムを摂る効果とは?

妊娠中は体重に多くの栄養素を行き渡らせるために、食べ物から多くのミネラルやビタミンを取る必要があります。
妊娠中にカルシウムを多く摂取すると、お腹の胎児はへその緒から摂取して、骨、髪の毛、爪を形成するのに大きな役割を果たすのです。

もし母体にカルシウムが減ってしまうと、胎児は健康的な体を形成する事が出来なくなり、低体重になってしまったり、流産や早産のリスクが高くなります。
そのため、お腹の胎児のためにも積極的にカルシウムを摂っていきましょう。

特に妊娠初期は胎児がすごいスピードで細胞分裂を行うため、カルシウムが必要な時期です。
つわり時期でなかなか食事が十分に取れない場合は、サプリメントを利用して積極的に摂ってきましょう。

カルシウムはビタミンDと一緒に摂ると吸収率アップ!

どんな栄養素も、単体で取るよりも他の栄養素と摂取する事で、その力を発揮する事が出来ます。
カルシウムの場合は、ビタミンDと同時に摂取する事で、その力を発揮する事が出来るのです。

カルシウムはチーズや牛乳、豆乳と言った乳製品に多く含まれており、ビタミン D はあさりやワカメと言った魚介類、海藻類に多く含まれています。
妊娠中は、多くの食品からバランスよく摂取する事が大切です。

妊娠中のカルシウムは胎児の歯と骨を強化する

乳製品のチーズや牛乳には、多くのカルシウムが含まれており、胎児の骨の形成や歯の強化に大変役立ちます。
そのため、妊娠中から母体が多くカルシウムを摂取すると、健康的な強い元気な赤ちゃんが出産出来るでしょう。

妊娠中に摂取したカルシウムは、ほとんどが胎児に運ばれるため、母体に残らなくなってしまいます。
そのため、妊娠中は通常の時よりも多く摂取するように意識しましょう。

母体にも多くのカルシウムが残っていると、骨や筋肉が強くなり、お腹が大きくなる妊娠中期から後期もしっかり支えられるようになります。
不足してしまうと、骨粗鬆症となりお腹を十分に支える事が出来なくなり、髪の毛や爪皮膚が弱くなってしまうのです。

出産後に回復するのに時間が掛かってしまうため、妊娠中から多くのカルシウムをとる事が大切と言えます。

妊娠中はカルシウムでイライラを抑える

ストレスを感じてイライラするのは、カルシウム不足だとよく言われますよね。
それは噂ではなく、人間の体は不足するとストレスを感じやすくなります。

カルシウムを摂取するとストレスを感じても自律神経が整い、ホルモンバランスが良くなりストレスを緩和してくれるのです。
そのため、体の変化が多い妊娠中に多くカルシウムを摂ると、ストレスを解消してくれます。

妊娠中はカルシウム不足によって、ふくらはぎや足がつってしまう事も多いです。
血液中にカルシウムが不足しているために、骨が弱くなり大きくなってお腹が支えられなくなるために、足がつってしまうと考えられています。

そのため、妊娠中は母体のためにも胎児のためにもカルシウムを積極的に摂取していきましょう。

妊娠中にカルシウム摂取量は1日にどのくらい必要?

妊娠中にカルシウム摂取量は1日にどのくらい必要

妊婦さんが1日に摂取するべきカルシウムの量はと言うと、妊娠していない時の600mgに対し、妊娠中は1.5倍の900mgが必要です。
厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準」によると、妊婦さんの1日あたりの推奨量は650mgとしています。

普段の食事ではカルシウムの摂取量は不足しがちになるので、推奨量を下回る事がよくある事です。
ですから、妊娠中は、食品やサプリから意識的に摂取していきましょう。

妊娠中のカルシウムの過剰摂取とは?

妊娠中にカルシウムを過剰摂取すると、皮膚が乾燥して痒くなったり便秘を引き起こす事があります。
しかし、その過剰摂取とはチーズを1kg以上食べたり、牛乳を何リットルも飲むという過剰摂取のレベルなのです。

そのため、普通に牛乳を飲んだりチーズを食べたりしている分には過剰摂取の心配はありません。
ただし、葉酸サプリメントには、多くのカルシウムが配合されている場合があります。

サプリメントを過剰摂取すると過剰摂取となってしまうので、くれぐれも1日の摂取量を守るように気を付けましょう。

妊娠中のカルシウムはいつから摂るべき?

妊娠中のカルシウムはいつから摂るべき

カルシウムは、妊娠初期・中期・後期にあたって、妊娠中はずっと大切な栄養素の一つです。
妊娠初期は、胎児の形成がされる時期で最も大切な時期と言えます。

カルシウムが不足してしまうと、臓器や骨、髪、爪と言った形成が十分に行われず、低体重や早産、流産の原因になってしまうのです。
ですから、妊娠初期は特に積極的に摂る必要があります。

妊娠中期から後期にかけては、お腹が大きくなってくるので、それを支えるための骨や筋肉を強くしなければなりません。
カルシウムのほとんどが胎児に運ばれるため、母体には残らなくなり、骨粗鬆症になってしまう妊婦も多いのです。  

そのため、母体と胎児の両方のためにも、妊娠中は常に積極的に摂ってください。

妊娠中期にカルシウム不足になると?

妊娠中期にカルシウム不足になると

妊娠中のカルシウムは、ほとんどが胎児の形成に使われるため、お腹の赤ちゃんに行き渡ります。
そのため、母体にはほとんど残らなくなってしまうので、多くのカルシウムを摂取する必要があるのです。

妊娠中期に不足すると、血液中のカルシウムが減ってしまうため、骨や筋肉が弱くなり、お腹が大きくなってくる時期にお腹を支えられなくなります。
また、足がつったりひどい時は肉離れが起きる事があるのです。

カルシウム不足が進行して骨粗鬆症になると骨が弱くなるため、流産や早産といったリスクも高くなってしまいます。
無事に出産出来たとしても、骨粗鬆症になると出産後に体が元気に回復するのに時間が掛かってしまうでしょう。

妊娠中期から後期に骨粗しょう症になってしまうと、お腹を支えきれずに骨折したり、怪我をする可能性もあるので十分に気を付けなければなりません。

妊娠中はカルシウム不足で虫歯になりやすい

妊婦がカルシウム不足になると、歯のエナメル質まで溶け出してしまいます。
すると、母体の歯は弱くなってしまい、結果的に虫歯になりやすい歯になってしまいます。

出産後には、骨密度が低下したり歯がもろくなったりするので、出産経験の多い人ほど、虫歯になる確率が高いと言われています。
そして、カルシウムが不足するで、胎児の骨や歯まで弱らせてしまう事にも繋がるのです。

そして妊娠をすると、多くの方が経験するつわりの時期は、歯ブラシを使ったり、歯磨き粉の味やにおいがダメになる方も多いです。
すると、常に口の中に食べカスがたまっているという不衛生な口内環境となってしまうので、虫歯になりやすくなります。

妊娠中はカルシウム不足はサプリで補給しよう

妊娠中はカルシウム不足はサプリで補給しよう

妊娠中は、食生活でも多くのカルシウムを摂る必要があります。
しかし、なかなか定期的に十分に摂取する事が難しい場合も考えられます。

特に、妊娠初期はつわり時期と重なるため、食生活が思うように取れない事があるのです。
そういった場合は、カルシウムや鉄分ミネラルが多く含まれた葉酸サプリを摂取しましょう。

サプリメントを毎日定期的に飲む事で、カルシウムもしっかり摂取する事が出来ます。
葉酸サプリメントは、ストレス解消する効果もあるので、体に必要な栄養素が行き渡ると、体もリラックス状態になりオススメです。

当サイトでもオススメしているサプリには葉酸の他、多数の栄養素が含まれています。
そのため、それと同時にカルシウムサプリメントを飲んで補うようにしてください。

妊娠中のカルシウムは牛乳がオススメ

妊娠中はカルシウムを多く摂取するため、牛乳や飲むヨーグルトを飲むと良いでしょう。
例えば、日頃からお茶やコーヒーを多く飲んでる人は、カフェインが多く含まれているため、妊娠中はオススメ出来ません。

お水は水分補給に最適ですが、味がないため飽きてしまう事も多いのです。
そこで牛乳や飲むヨーグルトを摂取すると、骨粗鬆症の予防やお腹の赤ちゃんのためにも役立ちます。

そして、牛乳にはカルシウムだけではなく、良質なタンパク質、ミネラルも十分に含まれています。
飲むヨーグルトには、鉄分も含まれているものもあります。

ただし、牛乳は脂肪分が多いため、あまり飲みすぎると脂質が気になります。
低脂肪乳や豆乳を取り入れてみると良いでしょう。

妊娠中にカルシウムを含む食品を食べるならどれ?

妊娠中にカルシウムを含む食品

妊娠中にカルシウムが必要な事は、お分かりいただけたかと思います。
カルシウムを多く含む食品は、チーズ、牛乳、ヨーグルトが有名ですが、緑黄色野菜にも多く含まれています。

例えば、ブロッコリー、小松菜、海藻類、豆腐、納豆にも多く含まれています。
カルシウムと言えば魚を思い出す方が多いと思いますが、生の魚は水銀や食中毒のリスクがあるので避けた方が良いのです。

魚を食べるならば、煮魚または焼き魚を選ぶようにしましょう。

妊娠中のカルシウム補給には小魚と豆乳とヨーグルトがオススメ

妊娠中のカルシウム補給には、小魚や豆乳ヨーグルトと言ったものをおやつに選ぶのも良いでしょう。
スーパーやコンビニのスナック売り場には、小魚とピーナッツ がパックになっているものがあり、妊娠中のおやつに最適です。

小魚はカルシウムはもちろん、ビタミンB、ミネラルが豊富ですし、ナッツ類はビタミンAが豊富に含まれています。
また、豆乳は低カロリーで多くのカルシウムを摂取する事が出来ます。

また、ヨーグルトは程よい酸味があるので、つわりがある時期でも美味しく食べられる事が出来るでしょう。
ヨーグルトの酸味が気になる場合は、はちみつや黒砂糖を少量入れて食べると良いです。

小魚や豆乳ヨーグルトは近所のコンビニでも簡単に手が入るため、妊娠中のカルシウム補給やおやつにオススメ。

妊娠中のおやつにはカルシウムウエハースがおすすめ

ドラッグストアやスーパーでも入手しやすい、カルシウム入りのウエハースは、さくっと軽い食感です。
カルシウムウエハースには、1枚あたり(7.1g)カルシウム340mg含まれています。

カロリーも34kcalと低めなので、妊娠中のおやつにも最適と言えます。
しかし、あくまでもおやつですから、食事の代わりやサプリの代用にはなりません。

妊娠中のおやつにはカルシウム配合のプロセスチーズがオススメ

カルシウムが多く含まれる食品と言えば、チーズが思い出されます。
チーズには、プロレスチーズとナチュラルチーズの2種類あります。

スーパーマーケットに販売されているチーズが、ほとんどがプロセスチーズという加工されたものです。
ナチュラルチーズとは、輸入品のチーズによくある青カビやカマンベールチーズの事を言います。

ナチュラルチーズは殺菌されてないため、牛乳に含まれる菌がそのまま入っているため食中毒のリスクがあるのです。  
ですから、妊娠中にチーズを食べるならば、なるべくプロセスチーズを選ぶようにしましょう。

プロセスチーズは加工・殺菌してあるので、妊娠中に食べても問題ありません。
ただし、ナチュラルチーズも生で食べずに十分に焼いてあれば。殺菌にされて問題ありません。

チーズの上にあるチーズなどは、そこまで神経質になる必要はありません。

妊娠中はカルシウムとマグネシウム配合の葉酸サプリがオススメ

妊娠中はカルシウムとマグネシウム配合の葉酸サプリがオススメ

栄養素とは、単体で摂るよりも他の栄養素と働いて、その効果を倍増して発揮します。
カルシウムの場合は、ミネラルと同時に摂取する事で、骨や髪の毛爪が強化され強い体にしてくれるのです。

また、妊娠中のイライラや不安を解消してくれて、母体の健康管理にも役立ちます。
そのため、妊娠中に葉酸サプリメントを飲んでいる方は、カルシウムとミネラルが一緒に含まれているものを飲むと良いでしょう。

dhcのカルシウムサプリ

カルシウムは多くの乳製品に含まれていますが、乳製品が苦手だという方も多いですよね。
そういった妊婦さんは、DHCのカルシウムサプリを飲んでみると良いでしょう。

マグネシウムも含まれているので、相乗効果で骨を強くしてくれる事が出来ます。
そして、葉酸サプリにカルシウムが含まれていない方は、DHCのサプリを併用するのも良いでしょう。

妊娠中のカルシウムの摂り方まとめ

妊娠中のカルシウムの摂り方まとめ

今回は妊娠中のカルシウムの重要性と効果的な摂取方法をご紹介しました
そして、胎児と母体のためにも大変役立つ栄養素で、積極的に摂るべきものである事をご理解頂けたかと思います。

多くの乳製品に含まれていますが、牛乳やチーズが苦手という方も多いでしょう。
乳製品が苦手な方は、カルシウム入りのウエハースやサプリメントと言った健康食品を併用して摂取して行く事をオススメします。

妊娠中にカルシウム不足になってしまうと、大きなお腹を支える事が出来なくなります。
骨粗鬆症のリスクが考えらるので、定期的にカルシウムを摂取しましょう。

カルシウム配合の葉酸サプリや、健康食品を併用していくのも良いです。
当サイトでは、管理人も実際に使用した葉酸サプリを紹介していますので、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。