葉酸とおやつ

妊婦にとって初期のつわりは食欲不振になったり、食事するのもつらい時期です。
しかし、安定期に入ると体調が良くなり、食欲が復活して、おやつまで食べたくなる時もあります。

妊婦にとって、健やかな身体をキープするためにも、体重管理は気を付けなければなりません。
なるべくおやつは、栄養値が高くヘルシーなものを選ぶようにしましょう。

そこで、今回は妊婦さんでも安心して食べられるオススメのおやつをご紹介します。

妊娠中に葉酸が摂れるおやつは?

妊娠中におやつを食べ過ぎて体重が増えすぎると、胎児の発育に問題が出てきてしまいます。
例えば、おやつに炭水化物を多く含まれたクッキーやケーキ、菓子パンなどを食べると、簡単にカロリーオーバーとなります。

妊娠中におやつを食べるなら、栄養が取れるものを活用しましょう。
そこでオススメなのは、葉酸入りのおやつです。
 
葉酸入りのおやつのほとんどは、妊婦向けに販売されているので、カロリーは控えめのものが多いのです。
葉酸入りのキャンディやクッキーを選ぶ時は、葉酸の他にどのような栄養素が摂れるのかをチェックすると良いでしょう。

葉酸を体内で吸収、活性化するためには、ビタミンB6やビタミンB12、ビタミンCが欠かせません。
葉酸はこれらの栄養素との相互作用で効果を発揮します。

葉酸は胎児の成長に欠かせない栄養素なので、妊娠初期に積極的に摂ることが必要です。
妊娠中は葉酸をおやつからも取り入れるようにしましょう。

ナッツ類

ナッツ類は、葉酸、良質なタンパク質や脂質・ビタミンなどが豊富に含まれているので、妊娠中に手軽に栄養を摂れるおやつとしてオススメです。
特にアーモンドは、ナッツの中でもっとも栄養価が高いと言われています。

葉酸やビタミンEも含むので、特に妊娠初期にオススメです。
アーモンドは抗酸化作用もありますし、匂いもないのでつわりの時にもオススメとなっています。

妊娠中は1日に20粒くらいの量を食べれば、一日に必要な食物繊維を摂取出来るので、妊娠中の便秘対策としても効果が期待出来ます。
子供にアレルギーが発症するのを恐れて、妊娠中は卵や乳製品・ピーナツなどを避ける方も多いと言えます。

しかし、妊娠中にお母さんがピーナツを食べれば、逆に子供のピーナツアレルギー発症率は低くなる、という研究データが発表されています。

ドライフルーツ

ドライフルーツには、食物繊維、ミネラル、鉄、カルシウム、抗酸化物質といった成分が豊富に含まれています。
これらの成分は、妊娠中の体に良い栄養素がいっぱいあるので、おやつに向いています。

食物繊維は、便秘解消や整腸作用に効果があるので、便秘になりやすい妊婦さんには嬉しい栄養素です。
そして、カリウムは、妊娠中の手足のむくみの解消につながります。

鉄分は、妊娠中の貧血予防に積極的に摂りたい成分です。

葉酸たっぷりのドライマンゴーがおすすめ

そして、葉酸を手軽に摂取するためにオススメなドライフルーツは、ドライマンゴーです。
マンゴーには葉酸の他、ビタミンCやビタミンB1といった栄養素が豊富に含まれています。

ドライフルーツは加工度が低く、脂肪分が少ないので、クッキーやチョコレートといった甘いお菓子に比べると、栄養素が高くヘルシーです。
ドライマンゴーは、1切れあたり約25キロカロリーですが、美味しく食べていると、あっという間に200キロカロリーを超えてしまいます。

妊娠中はカロリーオーバーに気を付けて、おやつもパッケージのカロリー表示をしっかり確認して、適量を食べるようにしましょう。

葉酸キャンディー

おやつ感覚で食べられる葉酸キャンディは手軽に摂れて美味しいので、妊婦に人気が高いおやつです。
味はフルーツ系のレモン、マスカット、りんご、グレープフルーツなどがあり、キャンディ2粒の中に葉酸1日分の摂取量400μgが配合されています。

また、妊娠中に必要な鉄分やビタミンB6、ビタミンB12なども配合されているのに、価格が300円程度なので魅力的です。
しかし、気になる点は、あくまでおやつなので香料や甘味料、着色料といった添加物が多く含まれている点です。

そして、ノンシュガーでも虫歯の心配もあります。
葉酸入りのキャンディはあくまで気分転換のおやつには良いですか、葉酸を摂るためのサプリ代わりにはなりません。

葉酸クッキー

葉酸クッキーは葉酸を添加したクッキーです。
オートミールを使用しているので、一般的なクッキーと比べて脂質や糖質が少なく、かなりヘルシーです。

2枚で葉酸480μg、鉄分7.5mgを摂る事が出来ます。
つわり中の食欲不振やサプリメントを飲むのも辛い時は、葉酸クッキーを食べれば乗り切る事が出来るかもしれません。

そして、葉酸クッキーの魅力は手軽に葉酸や鉄分が摂れるので、妊娠中のおやつにはかなり便利です。
しかし、デメリットもあります。

葉酸クッキーには食品添加物が含まれていますので、妊娠中にあまり食べ過ぎてしまうと、身体に良くありません。
ですから、妊娠中の葉酸摂取を全て葉酸クッキーから補う事はオススメ出来ません。

そして、おいしいからとクッキーを食べ過ぎてしまうと、葉酸の過剰摂取になってしまいます。
葉酸クッキーもあくまでおやつとしての位置づけで、葉酸サプリの代わりには適しません。

おやつで葉酸は十分に摂取出来ない

おやつで葉酸は十分に摂取出来ない

妊娠中におやつや甘いものを我慢ばかりしていてはストレスがたまります。
妊娠中のストレスは子宮を収縮させてしまったり、胎盤の働きを低下させるなど、赤ちゃんに悪影響を与えてしまいます。
そのため、おやつを食べるのはリフレッシュになるでしょう。

ただし、葉酸入りのキャンディやクッキーだけで葉酸を補なうのはオススメ出来ません。
なぜなら、おやつの葉酸は吸収率が低く、添加物も気になるからです。

葉酸を確実に補うのであれば、やはり葉酸サプリメントからの摂取が一番です。
そして、おやつはつい食べ過ぎる可能性があり、過剰摂取になりやすいからです。

葉酸入りのおやつはあくまでも間食として食べるようにして、葉酸は葉酸サプリメントから補うのが一番オススメの方法です。

葉酸はおやつではなくサプリから摂取しよう

いくら栄養豊富なナッツ類やドライフルーツ、葉酸キャンディとは言え、葉酸サプリに代用する事は難しいのです。
毎日の食事では足りない分は、葉酸サプリで補う事がオススメと言えます。

なぜなら、葉酸サプリに配合されている葉酸は、おやつや食品に含まれる葉酸とは異なり、吸収率が約90%と高くい合成葉酸なのです。
ですから、葉酸サプリは確実に身体の中に葉酸を摂り入れる事が出来ます。

葉酸サプリと一口に言ってもその種類は多く、中には妊娠中には添加物が多めの商品もあります。
そのため、葉酸サプリを選ぶ際には、安全性をしっかりとチェックしましょう。

葉酸とおやつのまとめ

葉酸とおやつのまとめ

おやつは間食ですから、妊娠中に3食きちんと食べていれば、本来必要のないものです。
しかし、妊娠中のつわりによる食欲不振で、食事が思うように取れない場合の栄養補給などにはとても活用出来ます。

また、美味しいおやつを食べる事で、リフレッシュしたり、楽しんだりする事も出来るため、妊娠中でも欠かせないアイテムとなっているのです。
特に妊娠中に必要な葉酸や鉄分入りのキャンディやグミは簡単に食べられて、美味しく栄養補給出来るのでオススメとなっています。

当サイトでは、管理人が実際に利用した葉酸サプリも紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。