葉酸と放射能

東日本大震災の原発事故の後、放射能という言葉を耳にする事が多くなりました。
セシウムが空気中を舞い、それによって汚染された土壌などが問題になりました。

また放射能模の問題は、私たちの食の安全にも関係しています。
それは、スーパーに売られている食品や健康食品であるサプリにも影響しています。

今回は、妊婦に欠かせない葉酸サプリと放射能の関係について、詳しく説明していきます。

葉酸サプリの放射能検査とは?

まず初めに、放射線とは一体なんなのか知っておきましょう。
簡単に言えば、放射能とはエネルギーを放射する現象の事を言います。

一般的には、電離性のある高いエネルギーを持っている粒子と電磁波の事です。
放射線はもともと自然界に存在しています。

大地や建物からも放出されていて、宇宙からも地上に降り注いでいます。
そして、放射線は食物にも含まれています。

また、空気中にも存在しているので、私たちはいつも被ばくしている状態にあるのです。
しかし、日常的な被ばくによって体内に取り込まれた放射性物質については、時間の経過と共に体外に排出されてしまいます。

そのため、過剰に心配する事はありません。

妊娠中に気を付けるべき放射能とは?

日常的に浴びている程度の放射線は、特に心配する必要はありません。
しかし、放射線を大量に浴びてしまうと、私たちの身体には様々な影響があります。

原発事故後、野菜や果物などの食品から放射能の汚染が確認された事があります。
セシウムは妊娠していない人も摂取するべきではありません。

しかし、特に妊婦は摂取するべきではありません。
放射能を200ミリシーベルト以上も浴びてしまうと、DNAが傷つき障害が起きる可能性があります。

妊娠中は、体内に入ったものがお腹の赤ちゃんの健康に影響します。
そのため、セシウムを摂取する事で、胎児が奇形や障害を患うリスクが高まってしまうのです。

葉酸サプリのほとんどは放射能検査をしていない

葉酸サプリのほとんどは放射能検査をしていない

放射能は目に見えないために、本当に安全なのか見極める事が困難です。
葉酸サプリに放射能の影響があるかどうかは、公式サイトを確認したり、サプリのメーカーに問い合わせる事で確認出来ます。

しっかりと検査をしていて、品質に自信を持っているメーカーは、きちんと明記しています。
妊娠中は、赤ちゃんの先天性の障害や奇形のリスクを減らすためにサプリを飲みます。

放射能によって、逆にリスクを高めてしまっては意味がありません。
胎児は新陳代謝や細胞分裂が活発です。

そのため、放射線の影響を受けやすく、大人よりも甲状腺がんに掛かる確率が増加するというデータもあります。

葉酸サプリの放射能検査済みは安全性が高い

葉酸サプリの放射能検査済みは安全性が高い

放射線は身体の外側から浴びる外部被ばくだけではありません。
食べ物や飲み物、そしてサプリなどの中に入った放射性物質による内部被ばくがあります。

ですから、葉酸サプリに放射能検査済みがハッキリと明記されているものは、もちろん安全性が高いと言えます。
葉酸サプリに放射性物質が胃に取り込まれたり、呼吸によって肺に取り込まれたりすると、内部被ばくのリスクがあるのです。

妊活中から妊娠中は、お腹の赤ちゃんに与える食べ物やサプリは、出来るだけ放射性物質の含まれていないものを選ぶようにしてください。
葉酸サプリは長く飲み続けるものですから、放射能検査をしている商品を選ぶ事が大切です。

人気葉酸サプリメーカーの放射能検査済み?

人気葉酸サプリメーカーの放射能検査済みか

葉酸サプリの放射能検査は、必ず実施しなければならないものではありません。
よって、放射能検査を実施しているメーカーと実施していないメーカーがあるのです。
まずは、公式サイトで放射能検査済みかをチェックして、記載がなければ、メーカーに電話などで問い合わせてみると良いでしょう。

ベルタの葉酸サプリの放射能は?

ベルタの葉酸サプリは、放射能検査も残留農薬検査も行っています。
そして葉酸サプリから放射能は検出されていません。

ベルタの葉酸サプリは、妊娠中に不足しやすい栄養素を幅広くサポートしてくれるだけではありません。
安全性も高いので支持率が高いのです。

葉酸やカルシウム、鉄分だけではなく、美容成分まで含まれています。
そのため、産後も愛用している方も多いです。

ピジョンの葉酸カルシウムプラスの放射能は?

 
ピジョン「葉酸カルシウムプラス」は葉酸とカルシウムが摂れるタイプです。
そして、サプリメントとタブレットタイプの2種類があります。

タブレットタイプは、食べやすさやおいしさを重視する反面、添加物が多めなのがデメリットです。
そして、放射能検査に関しては、公式サイトには記載はありませんでした。

ビーンスタークの毎日葉酸+鉄これ一粒の放射能は?

ビーンスターク「毎日葉酸+鉄これ一粒」は、タブレットタイプです。
つわりの時期にサプリを飲み込むのがつらいという方も、タブレットタイプなら食べやすいのが特徴です。

ピジョンとビーンスタークは、どちらもベビー用品のメーカーとして有名です。
ベビー用品やママ向けグッズを販売しているので、葉酸サプリも安心なイメージがあります。

しかし、放射能検査に関しては、ビーンスタークも記載はありませんでした。

ネイチャーメイドの葉酸サプリ150粒の放射能は?

原材料の放射能検査をしているかどうか、メーカーの大塚製薬に問い合わせてみました。
大塚製薬では全ての商品において、原材料の放射能チェックを行っており、クリアしているとの事でした。

afc「葉酸サプリ」は?

AFC葉酸の原料全ては、品質試験にクリアしたものだけ使用していています。
そして、製造に関しては、医薬品GMP工場といって、厳重な品質や衛生管理の元で一貫して行われています。

放射能検査の結果は、公式サイトで公開されています。
そして、製造された錠剤の放射線セシウムスクリーニング検査もしていて、もちろん検出もされていません。

放射能汚染の心配がないので、AFC葉酸は安全性の高い製品と言えます。

葉酸サプリは放射能検査済みを選ぼう

葉酸サプリは放射能検査済みを選ぼう

放射能検査済みの葉酸サプリを選ぶ時のポイントは、公式サイトに記載があるかどうか。
パッケージ上に「放射能検査済」と明記されているかどうかを確認する事です。

そして、サプリを選ぶ上で大切なのは、GMP認定工場かどうかもチェックしましょう。
厚生労働省もGMPマークを目印に健康食品を選ぶように推奨しています。

GMPとは適正製造規範の略で、このマークが付いていると、一定の品質が保証されています。
かなり厳しい基準が設けられているので、GMP認定のサプリを選べば、かなり安全度が高いと言えます。

葉酸サプリは、赤ちゃんを健康に育てる上で不可欠な要素です。
そのため、安全性や信頼性についての情報を確認した上で、納得の1本を見つけてみてください。

葉酸サプリと放射能のまとめ

葉酸サプリと放射能のまとめ

私たちが食べている食品は、しっかりと放射能検査を受けて、安全なものばかりです。
しかし、その食品に微量でも放射能があり、そこから抽出されたエキスが原料になっているサプリは、放射能汚染のリスクが否定出来ません。

国産原材料を使い、天然サプリである事は、必ずしも100%安全・安心ではないのです。
胎内の赤ちゃんの健康のために摂取したい葉酸サプリとなっています。

そのため、放射能についてはしっかりとチェックをして、少しでも放射能被爆のリスクを避けましょう。
放射能汚染、原材料と製造過程について、しっかり確認する事は、安全・安心なサプリメントを選ぶために大切です。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリも紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。