葉酸と不妊

現代は高齢出産の増加に伴い、不妊に悩む夫婦が増加傾向にあります。
厚生労働省によると、不妊治療をする人は年間20万件を超えていると発表しています。

葉酸の必要性は、妊娠が分かってから摂取する人が多いと言えます。
しかし、実は不妊に悩む人にも推奨されています。

今回は、葉酸は不妊症にも役立つのか、そして不妊を解消するための葉酸サプリの摂取量について詳しく説明していきましょう。

葉酸は不妊治療に有効

不妊症の原因は様々ありますが、そのひとつに着床障害があり、葉酸はそれを解消してくれます。
葉酸を摂取すると、着床した受精卵が適切に細胞増殖するのをサポートしてくれるので、DNAは細胞増殖を促すのです。

つまり、葉酸はDNAの合成に関与しているというわけです。
そして、不妊の人の多くは、子宮環境が整っていない事による着床障害が原因となっています。

そのため、子宮内膜を強化して着床しやすくする必要があります。
葉酸には、子宮内膜を強化する働きがあり、妊娠力アップに繋がります。

よって、葉酸を十分に補給する事は、造血作用によって子宮内膜強化されます。
そして、子宮内の血流促進となり、着床が促されていきます。

結果的に葉酸は、着床後の受精卵の成長をサポートするので、不妊にプラスに働くというわけです。

葉酸は自律神経を整え不妊を解消

自律神経とは、ホルモンの分泌をコントロールしている視床下部のすぐ近くにあります。
そのため、自律神経が乱れると、視床下部にも影響が出て、ホルモンバランスが崩れて、不妊になりやすくなります。

葉酸は心療内科でうつ治療に使われているほど、自律神経を正常にして、ホルモンバランスを整える働きがあります。
自律神経を整える事が出来れば、視床下部が安定して、ホルモンをコントロールでき、排卵がスムーズになります。

つまり、葉酸を摂る事で、ストレスによる乱れた自律神経を整えて、生理不順の改善が期待出来ます。
そして、不妊解消に繋がるというわけです。

不妊解消のカギは葉酸とビタミンE

葉酸はビタミンB9、ビタミンMなどと言われているビタミンB群の一種です。
葉酸は単体で働くのではなく、ビタミンB12と合わせると造血作用が高まります。

妊娠するためには、受精卵が子宮内壁に着床して、初めて妊娠した事になります。
そのためには、子宮内壁をしっかり強化する必要があるのです。

葉酸サプリに含まれているビタミンEは抗酸化作用があります。
卵子の老化を防ぎ、子宮環境を整える効果があるため、妊娠力を高める役割があります。

また、ビタミンEは黄体ホルモンを促進させる働きがあるため、排卵の安定や生理不順の改善などにも効果的です。
その他、ホルモンバランスを整える働きもあるので、葉酸とビタミンEは不妊解消に必要不可欠です。

不妊治療中に葉酸サプリを飲んでも大丈夫?

不妊治療中に葉酸サプリを飲んでも大丈夫

不妊治療のためにクロミッドを服用している方は、葉酸サプリを併用しても大丈夫でしょうか?
クロミッドを服用している場合、葉酸との飲み合わせが気になる所ですが、葉酸は医薬品ではないので、副作用の心配はありません。

葉酸には不妊症を改善する働きがあります。
そのため、クロミッドによる不妊治療中でも、葉酸サプリを併用する方がむしろ効果的です。

クロミッドと葉酸サプリの同時服用により、排卵を促す効果が高まります。
そして、妊娠しやすくなる事が期待出来るでしょう。

不妊症改善と葉酸については、関係がある事が分かっているので、積極的に摂取してみてください。
産婦人科の医師や薬剤師も、葉酸サプリの併用に関しての問題は無いとしています。

そのため、安心して併用しても大丈夫です。

葉酸サプリは男性側の不妊にも役立つ

葉酸サプリは男性側の不妊にも役立つ

WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊症カップルの約48%は男性にも原因があるとしています。
つまり、不妊の約半分は、実は男性側に原因があるのです。

そして、カップルで一緒に葉酸サプリを摂取する事で、女性の心理的ストレスを軽減する事も期待出来ます。
妊娠は卵子と精子が合体して胎児になるので、精子の状態によっては妊娠が出来ない、または流産になりかねません。

健康な赤ちゃんを生むために必要な事は、元気な精子を作り出す事にあります。
葉酸はDNAの合成に重要な役割を果たし、精子が強化されて、しっかり受精まで行われるので、男性の摂取にも有効です。

そして、染色体異常のリスクや奇形の精子の発生を防ぐためにも、葉酸の摂取が推奨されています。
ぜひ男性も積極的に葉酸サプリを摂取する事をオススメします。

葉酸とマカと鉄分の併用は妊娠力アップ

葉酸とマカと鉄分の併用は妊娠力アップ

妊娠力向上ためは、葉酸やその他の妊娠しやすい成分を摂取する事です。
例えば、マカは南米原産の植物であり、精力増強として有名と言えます。

マカにはベンジルグルコシノレートという成分が含まれていて、女性の妊娠力向上にも有効に働きます。
マカ入りの栄養ドリンクやサプリなどから補う事が可能です。

マカには、他にも抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、精神安定の効果のあるビタミンB6などのビタミンやミネラルも豊富に含んでいます。
そのため、生理不順を整えてくれます。

また、不妊症の方は鉄分不足による貧血や冷え性、めまいなどの症状が出やすくなります。
鉄分不足が不妊にも繋がるので、葉酸サプリは鉄分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。

葉酸サプリとマカや鉄分の相互効果を狙って、妊娠力をアップさせましょう。

不妊治療中の葉酸は食べ物よりサプリから!

不妊治療中の葉酸は食べ物よりサプリから摂ろう

女性は妊娠中に、胎児を育むために通常の2倍以上の葉酸が必要です。

葉酸が多い食べ物は、緑黄色野菜やレバーやフルーツなど多くあります。
しかし、食品に含まれる天然葉酸は、熱や水に弱く、加熱調理をする過程で、栄養価が減ってしまいます。

そして、厚生労働省が情報発信をしている「e-ヘルスネット」によると、食品から摂取した葉酸は、体内に吸収されにくいとしています。
世界中で報告がされている妊娠中の葉酸の効果とは、サプリなどの栄養補助食品に含まれる合成葉酸によるものです。

葉酸サプリなら、小さな錠剤を1粒から3粒ほど飲むだけで、必要目安量の400μgの葉酸を簡単に摂取する事が出来ます。
毎日葉酸サプリを飲むだけで、栄養不足の日がなくなり、定期的に身体に葉酸を摂る事が出来ます。

不妊に役立つ葉酸サプリの摂取量は?

厚生労働省は、日本人の食事摂取基準において、妊娠を計画している女性は食事以外に1日あたり400µgの葉酸の摂取が望まれるとしています。
葉酸は妊娠した後に摂取する人が多いのですが、妊活中や不妊に悩む人も摂取が推奨されています。

そして、厚生労働省は、葉酸の1日当たりの上限摂取量を1000μgとしています。
そのため、過剰摂取にならないように注意しましょう。

普段の食事以外から葉酸を摂取するには、葉酸サプリがオススメです。

厚生労働省は、葉酸の成分「プテロイルモノグルタミン酸」と呼ばれる合成葉酸を推奨しています。
これは食品ではなく、サプリメントに含まれています。

不妊に役立つオススメの葉酸サプリは?

不妊に役立つおすすめの葉酸サプリ

不妊対策に役立つ葉酸サプリは、充分な量の葉酸が摂れる事が第一条件です。
妊娠中に必要な1日400μgの葉酸を摂り続けるために、充分なサプリを選びましょう。

そして、葉酸を体内でしっかりと効果を発揮させるためには、ビタミンB12とビタミンCが配合されているものがオススメです。

カルシウムや鉄分などのミネラルも妊娠中は不足しやすいと言えます。
そのため、それらも合わせて摂取出来るマルチビタミンタイプの葉酸サプリが望ましいです。

そして、注意したいのは、葉酸サプリは無添加だから良いとは限りません。
そのため、安全な材料や添加物を使っているかをチェックしましょう。

例えば、妊娠中に避けたい香料や着色料、人工甘味料などの添加物が多く入っているサプリは長く飲み続けるには向いていません。
葉酸サプリの原材料が気になる事があれば、メーカーに問い合わせてみましょう。

ベルタの葉酸サプリ

ベルタの葉酸サプリは、1日400μgの葉酸が摂取出来ます。
また、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンB6を含む27種類のビタミンやミネラル、鉄分が含まれています。

妊娠中に避けたい香料、着色料、人工甘味料など、問題のある添加物も使われていません。
そのため、安全性は問題ないと言えます。

AFCの葉酸サプリ

AFC葉酸サプリは、葉酸の摂取量はもちろん、ビタミンB6、B12、ビタミンC、カルシウムや鉄分といった葉酸の吸収を助ける栄養素も合わせて摂取出来るサプリです。
GMP認定の健康食品製造工場で作られていて、安全管理・品質管理を徹底しています。

ディアナチュラの葉酸サプリ

ディアナチュラは、アサヒ研究所という研究施設にて、賦形剤を極力少なくなるように工夫されています。
また、健康補助食品GMPを取得した国内自社工場にて製造しています。

妊婦の人が避けるべき添加物は使われていません。
しかし、ほとんどが添加物なのが気になる所です。

小林製薬の葉酸サプリ

小林製薬は、自社工場があり、医薬品の製造管理基準であるGMPに準拠しています。
そして、健康補助食品GMP適合認定証も取得しています。

栄養補助食品においても、医薬品と同等レベルの製造基準を守っています。
ただし、妊娠中に避けたいショ糖脂肪酸エステル、結晶セルロースの添加物があるのが気になります。

葉酸と不妊のまとめ

葉酸と不妊のまとめ

葉酸は天然のビタミンであり、医薬品ではありません。
そのため、摂取すればすぐに妊娠出来るというわけではありません。

しかし、葉酸は確実に細胞増殖の材料になるので、不妊にプラスに役立つ事は間違いありません。
葉酸サプリを妊娠前に飲むと、着床サポートから妊娠しやすくなったり、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らす事が出来ます。

不妊を解消するためには、普段の食事から摂るだけでは不足しやすいと言えます。
そのため、吸収率の高いサプリから摂取しましょう。

葉酸サプリは妊娠1ヶ月前から出産まで、または授乳中まで飲み続けるものです。
自分に合うベストな1本を見つけてみてください。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。