葉酸と動脈硬化

葉酸は妊娠に関連した栄養素のイメージが強いですが、実は意外な効果があります。
葉酸には動脈硬化のリスクを下げる効果があり、予防や改善に役立つと言われています。

動脈硬化と言えば、血管が硬くなって血液が上手く通らなくなってしまう、場合によっては命に関わる重大な病気です。
そのため、身近な栄養素の葉酸で予防が出来るなら、体に取り入れたいものですよね。

妊娠前から妊娠初期に特に多く摂取する必要のある葉酸ですが、それ以外の時期も不足しないように意識する必要があります。
そこで今回は、葉酸が動脈硬化のリスクを下げる効果と、妊娠中以外の摂取の大切さについてご紹介していきます。

動脈硬化の原因はホモシステイン!葉酸の効果は?

動脈硬化は、必須アミノ酸であるメチオニンを代謝する際に発生する「ホモシステイン」という物質が原因となっています。
ホモシステインが増えると体を老化させる活性酸素が増え、血管のしなやかさにも影響を与えて動脈硬化のリスクを上げるのです。

ホモシステインは加齢と共に量が増えていくので、それだけ葉酸を摂取する事が推奨されるのですね。
しかし、葉酸がどうして動脈硬化に効果があるのか、その理由が気になります。

葉酸はビタミンB6、B12と結びつく事で、血液の中に含まれるホモシステインの濃度を下げてくれる働きがあります。
ホモシステインを代謝して、血管にダメージを追わないように歯止めをかけてくれるのですね。

どんな人が動脈硬化の予防に葉酸を摂取すべき?

どんな人が動脈硬化の予防に葉酸を摂取すべき

動脈硬化のリスクが上昇すればするほど、葉酸の摂取が必要になります。
一体どんな人が動脈硬化の予防に葉酸を摂取すべきなのでしょうか。

動脈硬化の原因であるホモシステインは、実は閉経期を過ぎた女性にかなり多く見られます。
ホモシステインが上昇するという事は、それだけ代謝するために葉酸をはじめとしたビタミンB群が失われやすいという事です。

そのため、閉経期を迎えた50歳前後の女性は、特に葉酸が不足しやすいので意識して摂取する必要があります。
ホモシステインが増える事で増殖する活性酸素は体の中だけでなく、見た目の老化も進行させてしまいます。

いつまでも若々しい体をつくるためにも、葉酸を十分摂取していきたいものですね。

動脈硬化の改善に葉酸を十分摂取する方法とは?

動脈硬化の改善に葉酸を十分摂取する方法

動脈硬化を改善するためにも、葉酸を毎日十分な量摂取する事が重要になります。
しかし、食事から取り入れる葉酸は、体への吸収率が50%ほどと低い天然葉酸なのです。

その一方で、葉酸サプリから取り入れるものは合成葉酸といって、吸収率は85〜90%にもなります。
同じ葉酸でも、食べ物から取り入れるのとサプリを飲むのでは全く違うのです。

葉酸サプリにはたくさんの種類がありますが、オススメは天然由来の合成葉酸を摂取出来る「ベルタ」。
吸収率が良いだけではなく無添加で品質も良いので、安全性が高いのが特徴と言えます。

動脈硬化の改善を目的として葉酸の摂取をするなら、なるべく長く葉酸サプリの服用を続けていきたいところです。
ベルタの葉酸サプリは妊娠前から産後だけではなく、更年期あたりの女性も安心して飲み続けられる品質の良さから人気が高いサプリと言えます。

妊娠中以外にも葉酸を摂取して動脈硬化を防ごう

妊娠中以外にも葉酸を摂取して動脈硬化を防ごう

葉酸は胎児の先天異常リスクを下げたり、どちらかというと妊娠に深く関わる栄養素といった認識が強いものですよね。
しかし実際は、動脈硬化の予防など自身の健康に良い働きもあります。

そのため、妊娠中以外にも葉酸を摂取する事で、健康の維持に繋がるのです。
ベルタの葉酸サプリには葉酸の他に、ビタミンB6やB12などの栄養素も含まれています。

ホモシステインを抑制する効果は、このふたつのビタミンの協力無しには成し得ません。
ベルタの葉酸サプリを妊娠中以外も飲み続ける事で、日頃からホモシステインの血中濃度が低い状態を維持出来るのです。

また、閉経期の女性に多い骨粗しょう症予防のためのカルシウムもベルタの葉酸サプリに含まれています。
葉酸は、妊娠中だけの栄養素ではない事を、頭に入れておくと良いでしょう。

葉酸と動脈硬化のまとめ

葉酸と動脈硬化のまとめ

葉酸が動脈硬化のリスクを下げる効果と、妊娠中以外の摂取の大切さについてご紹介してきました。
動脈硬化は必須アミノ酸メチオニンを代謝するときに出来る、ホモシステインというアミノ酸が原因で起こるものです。

ホモシステインは血液内で増える事で、活性酸素を増やして血管のしなやかさを奪っていきます。
しかし、葉酸はビタミンB6とB12とともに協力して、ホモシステインを変換していく効果が期待出来るのです。

ホモシステインは加齢とともに増えていきますが、特に閉経期の女性に多い傾向にあります。
そのため、妊娠中以外でも葉酸を十分摂取するために、サプリを飲む事が推奨されるのです。

ベルタの葉酸サプリは、品質や安全性の面においても信頼ができ、長く飲み続けるのに最適でしょう。
動脈硬化の原因ホモシステインを抑えるビタミンB6とB12、そしてカルシウムなどのミネラルも含むため、動脈硬化の改善に役立ちます。

ぜひ動脈硬化の予防や改善に力を入れて、葉酸サプリで健康的な毎日を送っていきましょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり