妊婦の飲み物

妊娠中は、妊娠期間に関わらず、喉が渇きやすい状態です。
しかし妊娠中は、カフェインや糖分を含むものは出来るだけ控える必要があります。

では、実際に妊娠したら、どんな飲み物を飲めばいいの?と悩む妊婦さんも多いことでしょう。
そこで今回は、妊婦さんにオススメの飲み物と、避けるべき飲み物をご紹介します。

⇒管理人も実際に利用した葉酸サプリを見てみる。

妊婦はノンカフェイン飲み物がオススメ

なぜ妊娠したらカフェインを控えなければならないのでしょう。
それは、カフェインは流産や早産、低出生体重児、発達障害などの原因になると考えられているからです。

妊娠中は、カルシウムの摂取が必要になってきます。
ところが、カフェインを摂取すると、尿に排出されるカルシウムの量を増やしてしまいます。

せっかくカルシウムを摂取しても、カフェインにより流れ出てしまうのです。
また、カフェインと強く結びつくタンニンが、鉄分の吸収も妨げてしまいます。

妊娠中は鉄分が必要になってくるので、不足すると貧血になってしまいます。
特に妊娠初期は、赤ちゃんに栄養を与え、血液量が変化するので貧血になりやすい時期です。

妊婦さんは、体に栄養素を取り込む食事中から食後30分以内は、カフェイン入りの飲料を飲まないように気を付けましょう。

妊婦の飲み物はカフェインレスのルイボスティーがオススメ

妊婦さんにルイボスティーがオススメの理由は、ノンカフェインである事です。
ハーブティーですが、子宮収縮作用などの妊娠中に悪影響となる要素が全くありません。

また、ほとんど癖もないため、飲みやすい点も人気です。
苦みや渋み、酸味などがないため、子供にもルイボスティーを飲めます。

そして、ルイボスティーには、沢山のミネラルが含まれており、健康維持に役立ちます。
フラボノイド類も含まれているため、その抗酸化作用として、免疫力を高めるなどの働きが期待できるのです。

ルイボスティーの効果は、フラボノイド類、カルシウム、マンガン、鉄、亜鉛、セレン、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、銅などの成分がバランスよく含まれているのが特徴です。

妊婦の飲み物はコーヒーの代わりにたんぽぽ茶が良い

たんぽぽ茶はノンカフェインですし、子宮収縮作用や下剤作用がないので、妊娠中も安心して飲めます。
不妊治療の効果があるとされるお茶として有名ですが、妊娠中に飲むことでも様々なメリットがあります。

たんぽぽ茶は、胎児に欠かせない栄養素であるカルシウムや鉄分も含まれているのです。
他のお茶にはない栄養素が豊富に含まれているのが特徴です。

カルシウムは胎児の骨や歯の形成に必要であり、不足すると母体のカルシウムから補います。
また鉄分は、胎児に栄養素を送るための血液を形成するため、妊娠中には絶対欠かせない栄養素となるのです。

たんぽぽ茶は、産婦人科でも勧められているお茶です。

コンビニで選ぶ妊婦オススメの飲み物

コンビニで選ぶ妊婦オススメの飲み物

コンビニでオススメな妊婦さんのための飲み物は、麦茶、ミネラルウォーター、炭酸水、番茶、そば茶、黒豆茶、ローズヒップティーなどがあります。
これらはノンカフェインなため、妊婦さんが飲んでも大丈夫です。

炭酸飲料は、妊婦さんの飲める飲み物ですが、カフェインよりも糖分の取り過ぎに注意しましょう。

妊婦の水分補給にスポーツドリンクのアクエリアス

風邪、つわりの時の水分補給には、アクエリアスなど、スポーツドリンクや生姜湯、レモネードがオススメです。
スポーツ飲料は、アクエリアス、ポカリスエット、ダカラなどがあり、コンビニにほとんど売っていますので便利です。

加熱したショウガには、身体を暖める効果がありますので生姜糖もオススメ。
レモネードは酸っぱくて、妊娠中でも飲みやすい味です。

妊婦の飲み物はココアは大丈夫?

妊婦の飲み物はココアは大丈夫

妊娠中にココアを飲んでも問題はありません。
ココア1杯分に含まれるカフェインはおよそ10mg以下です。

コーヒー1杯のカフェイン含有量が100mgと考えると、かなり少ない事が分かります。
また妊娠中は、1日に200〜300mgのカフェインを摂取しただけでは、お腹の赤ちゃんに悪影響はないとされています。

妊娠中のココアの飲み過ぎは糖分の過剰摂取になる

妊娠中にココアを飲む時には、カフェインよりも糖分に気を付ける必要があります。
市販のココアには、乳脂肪分や糖分が配合されたミルクココアと粉末の純ココアがあります。

ミルクココアは甘くて美味しいのですが、かなりの糖分が含まれています。
「ココアはカフェインが少ないから大丈夫」と妊娠中に多く飲んでしまうと、糖分の過剰摂取になり、体重増加に繋がります。

妊娠中は体重が増え過ぎてしまうと、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群を引き起こす可能性があります。
食事のカロリーも踏まえて、1日に1杯程度にするのが適切です。

どんなものでも食べ過ぎ・飲み過ぎは体によくありませんので、注意しましょう。

妊婦の飲み物はジュースは大丈夫?

妊婦の飲み物はジュースは大丈夫

果汁の低いジュースは、基本的に添加物が多く含まれているので、妊娠中にはあまり良くはありません。
無添加の果汁100%のジュースは、果糖が多く含まれていて、カロリーが意外と高いのです。

よって、妊娠中のジュースの飲みすぎには注意が必要だと言えます。
ジュースはあくまでもおやつとして考えて、飲む量は制限したほうがよいでしょう。

おやつとしてリフレッシュ気分で飲むのであれば、100%のオレンジジュースがオススメです。
メーカーによって成分は異なりますが、トロピカーナのオレンジジュースの場合、妊婦に必要とされている葉酸は、100mlあたり27mg含まれています。

この量は同じトロピカーナのグレープフルーツの2倍です。
特につわりが終わった後は、食欲が増えて、体重のコントロールが難しくなりますので、糖分は控えめに心がけましょう。

妊婦の飲み物はペットボトルのお茶は大丈夫?

妊婦の飲み物はペットボトルのお茶は大丈夫

妊娠すると、コンビニでもノンカフェインのドリンクをいつも探してしまう方が多いのです。
コンビニに入っても、どのペットボトルがノンカフェインやデカフェなのか分からなかったりします。

カフェイン摂取量は、妊婦さんは一日200㎎程度までに抑えた方が良いと言えます。
その緑茶飲料1本のカフェインの量を見て、摂り過ぎにならないよう注意をしてください。

妊婦の飲み物のお茶は麦茶とほうじ茶がオススメ

ほうじ茶は100mlあたり約20mgのカフェインが含まれています。
妊婦さんは、ほうじ茶を1日に2杯、約500mlまでは飲んでも良いでしょう。

ほうじ茶はお茶の中でもカフェインが少ない方なので、妊娠中でもあまり気にしなくても良いのです。
しかし、水分の摂り過ぎは、むくみの原因にもなりかねないので注意しましょう。

そして麦茶は、ノンカフェインなので、妊娠中でも、気軽に飲む事が出来ます。
また、妊娠中に摂取したい食物繊維やミネラルが豊富に含まれていますので、飲むだけで栄養補給出来るのです。

ちなみに、はと麦を原料とするはと麦茶もカフェインレスです。
しかし、子宮収縮作用があると言われているため注意してください。

妊婦の便秘解消のための飲み物

妊婦の便秘解消のための飲み物

妊娠中の便秘は、多くの妊婦さんが悩んでいます。
便秘ぎみな方もそうでない人も、妊娠を機に便秘になりやすくなるのです。

そこで妊娠中の便秘解消に効果的な飲み物は、どんな物があるのか見ていきましょう。

妊婦の便秘解消は水と炭酸水

朝にコップ1杯の水を飲む事は、空っぽの胃にスイッチが入り、腸のぜん動運動を助けます。
そしてお水の温度は、冷たいものはお腹が冷えてしまうので、常温か温かい白湯がオススメです。

便秘に良いと言われているマグネシウムが、多く含まれているミネラルウォーターは特に効果的です。
朝起きたらまず、コップ一杯、およそ100~150mlの炭酸水を飲むという方法も良いでしょう。

炭酸水ならば、つわり中の妊婦さんにも飲みやすく、吐き気を抑える事が出来ます。
炭酸水は、よく冷えたものを飲みましょう。

炭酸ガスの刺激によって胃の血流が良くなって動きが活発になり、腸も活発に動くので、便秘を解消する効果が得られます。

妊婦が飲むとダメな飲み物

妊婦が飲むとダメな飲み物

お酒やビールなどのアルコールは、赤ちゃんが胎児アルコール症候群になるリスクが高まります。
妊娠中と授乳中は、赤ちゃんへの影響が大きいのでアルコールを控えるようにしてください。

妊婦のアルコールは絶対ダメ

お腹の赤ちゃんは、胎盤を通して、母体から栄養をもらっています。
妊娠中の母親が飲酒すると、アルコールも血管と胎盤を通過して、受精卵の分化や胎児の発達を妨げてしまう恐れがあるのです。

大人であれば、肝臓である程度アルコールを分解する事が出来ます。
しかし、胎児の場合は、肝臓の機能が未発達で、アルコールが分解されるまでに長い時間と負担が掛かるのです。

分解されるまで赤ちゃんの体内にはアルコールが残り、それにより様々な影響が出ると考えられています。
妊婦さんがお酒を飲んでしまうと、生まれてくる赤ちゃんに胎児性アルコール症候群を引き起こす恐れがあります。

そのため、妊娠中のアルコール摂取は厳禁です。

妊婦の飲み物ウーロン茶はカフェインでNG

烏龍茶のカフェインの量は実は緑茶と同じ量で、100ml中に20mgのカフェインが含まれております。
黒烏龍茶も同じ量です。

ですので、烏龍茶は100mlあたり、1日に概ね6杯まで飲んでも良いという事になります。
ただし、冷たいものを飲むと体を冷やす恐れがあります。
そのため、温かくするか、常温の烏龍茶を飲むように心がけましょう。

しかし、カフェイン摂取量が多いと、流産や胎児の発育遅延などのリスクは高くなります。
コーヒーの場合は、2杯程度なら飲んでも問題ないとされる医師が多いのです。

妊婦の飲み物牛乳は飲み過ぎに注意

昔は、妊婦が牛乳を飲むと子供は牛乳アレルギーになりやすいなどと言われていました。
しかし、これには何の医学的根拠はありません。

妊娠中に牛乳を飲んだからと言って、牛乳アレルギーになる事もありません。
最近では、妊娠中に摂取した食べ物は、アトピーに影響しないというのが定説です。

ですから、妊娠中に牛乳は飲んでも大丈夫です。
タンパク質や脂肪分、カルシウムなどの栄養が摂取出来るため、むしろ飲む事をオススメします。

牛乳100g中には、カルシウムが110mg含まれており、他にも栄養が豊富に含まれているのです。
妊娠中は、1日に400ml程度までが望ましいでしょう。

ちなみに、1日に必要なカルシウムの1/3を牛乳200mlで摂取出来ます。
しかし、母体に牛乳アレルギーがあったり、牛乳を飲むといつも下痢になるという方は、避けた方が良いでしょう。

⇒管理人も実際に利用した葉酸サプリを見てみる。

妊婦の飲み物のまとめ

妊婦の飲み物のまとめ

妊娠中の水分補給は、母体と胎児の健康のためにも欠かせません。
しかし妊娠初期は、つわりなどで思うように水分を摂れない事もあります。

嘔吐を繰り返すと脱水症状になってしまう事もあるので、こまめな水分補給が欠かせません。
様々な飲み物を試してみて、飲み続けられそうなものを見つけてください。

妊娠中はストレスがなく、ゆったりとした気持ちで過ごす事が大切です。
体に負担が掛からない飲み物を摂りながら、健康的なマタニティライフを過ごしましょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。