妊婦の飲み物

妊娠中は、体の代謝を良くするために水分補給が大切です。
しかし、妊婦はどんな飲み物を飲めば良いのかよく考える必要があります。

例えば、カフェインやアルコールを控えなければなりません。
では、妊婦にオススメの飲み物と避けた方がよい飲み物について記載していきます。

⇒口コミ第1位の葉酸サプリを見てみる。
※管理人も試しました。

妊婦はノンカフェインの飲み物がオススメ

日本人は世界で最もコーヒーを飲むと言われており、毎朝コーヒーを飲む方も多いのです。
また、日常の喉の渇きはペットボトルのお茶を飲む人も多いですよね。

しかし、コーヒーもお茶にもカフェインが含まれているため、妊婦の飲み物には適していません。
少量のコーヒーやお茶は問題ありません。

しかし、妊娠中に毎日大量にカフェインを摂取していると、胎児の低体重、早産、流産のリスクが高くなるのです。
そのため、妊娠中はなるべくカフェインを取らない方が良いと言われています。

妊婦さんのカフェインの1日の摂取量は200㎎までです。
特に、緑茶は日本人に馴染みがあるお茶ですが、カフェインが含まれているため、気を付けなければなりません。

お茶を飲むならノンカフェインの麦茶、ルイボスティーを選ぶと良いでしょう。

妊婦の飲み物はカフェインレスのルイボスティーがオススメ

妊婦さんの水分補給には、カフェインが入っていないカフェインレスの飲み物がオススメです。
中でもルイボスティーは、苦味がなく飲みやすく、妊婦さんにも好まれています。

ルイボスティーはカフェインレスはもちろんのこと、ミネラルとカルシウム、フラボノイドが配合されています。
活性酸素を除去して体の代謝を上げてくれるので妊娠中にも役立つのです。

最近は、妊婦さん専用のルイボスティーが、ネット通販でも話題で人気となっています。

妊婦の飲み物はコーヒーの代わりにたんぽぽ茶が良い

妊娠中だからと我慢していても、たまにはコーヒーを飲みたいと思う事があるでしょう。
そんな時にオススメなのが、「たんぽぽ茶」です。

たんぽぽ茶とは、たんぽぽの葉や茎、根などを乾燥させてお茶として飲むもの。
ノンカフェインで栄養価が高い事から、漢方薬としても使用されているようです。

たんぽぽ茶の中でも、根を焙煎したものはコーヒーに風味が似ているため「たんぽぽコーヒー」として売られています。
たんぽぽコーヒーは”妊婦さんでも飲めるコーヒー”としてポピュラーな飲み物です。

妊娠中には、コーヒーの代わりにたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーを飲みましょう。

コンビニで選ぶ妊婦オススメの飲み物

コンビニで選ぶ妊婦オススメの飲み物

コンビニでオススメな妊婦さんのための飲み物は、麦茶、ミネラルウォーター、炭酸水、番茶、そば茶、黒豆茶、ローズヒップティーなどがあります。
これらはノンカフェインなため、妊婦さんが飲んでも大丈夫です。

炭酸飲料は、妊婦さんの飲める飲み物ですが、カフェインよりも糖分の取り過ぎに注意しましょう。

妊婦の水分補給にスポーツドリンクのアクエリアス

妊婦さんの風邪、つわりの時の水分補給には、アクエリアスなど、スポーツドリンクや生姜湯、レモネードがオススメです。
スポーツ飲料は、アクエリアス、ポカリスエット、ダカラなどがあり、コンビニにほとんど売っていますので便利な飲み物です。

加熱したショウガには、身体を暖める効果がありますので生姜糖もオススメ。
レモネードは酸っぱくて、妊娠中でも飲みやすい味です。

⇒口コミ第1位の葉酸サプリを見てみる。
※管理人も試しました。

妊婦の飲み物はココアは大丈夫?

妊婦の飲み物はココアは大丈夫

ココアに含まれるカフェインは、一杯あたり10mgしか含まれていないため、ほとんど気にする必要がない量と言えます。
カフェインの量が多いコーヒーと比べると1/10しかないので、そこまで心配する必要はありません。

ただし、ココアはカフェインよりも糖分が多く含まれている飲み物です。
あまり砂糖が多く含まれているココアを飲むと、妊婦さんのカロリーオーバーや糖質の過剰摂取になるので気を付けましょう。

妊娠中のココアの飲み過ぎは糖分の過剰摂取になる

妊婦は、糖質や脂質の過剰摂取に気を付けなければなりません。
ココアは微量のカフェインしか含まない飲み物ですので、そこまで心配する必要はありませんが、糖質は気を付けなければなりません。

ココアや市販のココアパウダーには多くの砂糖が入っているため、妊娠中にココアで水分補給をしていると、確実に糖質の摂り過ぎになってしまうでしょう。
妊娠中にココアばかり飲んでいると、糖尿病やカロリーオーバーとなります。

胎児に影響が大きい早産や流産のリスクが高くなるので、気を付けなければなりません。
妊娠中にココアを飲む場合は、砂糖が入っていない純ココアパウダーを使って、お砂糖はブラウンシュガーをティースプーンに一杯だけ入れるようにして糖質をコントロールしていきましょう。

妊婦の飲み物はジュースは大丈夫?

妊婦の飲み物はジュースは大丈夫

100%のオレンジジュースやりんごジュースでも、想像以上の果糖が配合されています。
妊娠中の水分補給にジュースばかり飲んでいると、確実に糖質を摂り過ぎになってしまうので気を付けなければなりません。

そして、スーパーやコンビニに売っている野菜ジュースや、果物のジュースも少なからず添加物が入っています。
そのため、妊婦が飲み過ぎると胎児に影響を与えて、流産の可能性が高くなってしまうので気を付けましょう。

基本的に妊娠中の水分補給は、ミネラルウォーターを中心にして、市販の野菜ジュースやオレンジジュースはおやつ程度の飲み物として取り入れてください。

妊婦の飲み物でペットボトルのお茶は大丈夫?

妊婦の飲み物はペットボトルのお茶は大丈夫

日頃からペットボトルのお茶で水分補給をされてる方は多いでしょう。
しかし、妊娠したらペットボトルのお茶にはカフェインが入っているので、飲み過ぎには気を付けなければなりません。

妊婦さんのカフェインの1日の摂取量は200㎎までです。
どうしてもコンビニで水分補給のための飲み物を購入したい場合は、ノンカフェインの麦茶を選ぶと良いでしょう。

妊婦の飲み物のお茶は麦茶とほうじ茶がオススメ

ほうじ茶のカフェイン含有量は100mlあたり約20mgです。
ほうじ茶はカフェインレスのお茶ではありませんが、含有量は少ないので一日二杯分ぐらいまでは問題なく摂取する事が出来ます。

そして、少しのカフェイン量も気になる方は麦茶がオススメ。
麦茶はカフェインがゼロで、ミネラルも接種出来るので妊婦さんに人気の飲み物です。

ペットボトル入りの麦茶はスーパーやコンビニでも売っているので、妊娠中のちょっとした水分補給に良いでしょう。

妊婦の便秘解消のための飲み物

妊婦の便秘解消のための飲み物

多くの妊婦が便秘について悩んでいると思います。
便秘ぎみな方もそうでない人も、妊娠を機に便秘になりやすくなるのです。

そこで妊娠中の便秘解消に効果的な飲み物は、どんな物があるのか見ていきましょう。

妊婦の便秘解消の飲み物は水と炭酸水

朝にコップ1杯の水を飲む事は、空っぽの胃にスイッチが入り、腸のぜん動運動を助けます。
そして、お水の温度は、冷たいものはお腹が冷えてしまうので、常温か温かい白湯がオススメです。

便秘に良いと言われているマグネシウムが、多く含まれているミネラルウォーターは飲み物として特に効果的。
朝起きたらまず、コップ一杯、およそ100~150mlの炭酸水を飲むという方法も良いでしょう。

炭酸水のメリットと言えば、つわりの妊婦でも飲みやすい、吐き気がしないという事です。
炭酸に刺激があり、血流が良くなります。

その結果、腸が正常に働き、便秘解消に繋がるというわけです。

妊婦が飲むとダメな飲み物

妊婦が飲むとダメな飲み物

お酒やビールなどのアルコールが入った飲み物は、赤ちゃんが胎児アルコール症候群になるリスクが高まります。
妊婦さんと授乳中の女性は、赤ちゃんへの影響が大きいのでアルコールを控えるようにしてください。

妊婦の飲み物でアルコールは絶対ダメ

妊娠が発覚した時から、アルコールの摂取を控えるようにしてください。
少々のアルコール摂取は問題ありませんが、飲み過ぎたり就寝前のアルコールは胎児のために良くありません。

アルコールを摂取すると胎盤を通して、胎児に悪影響を及ぼし、早産や流産のリスクが高くなってしまうのです。
アルコールが好きな方が禁止をするとストレスになる事もあります。

そのため、一週間に1~2杯程度は問題ありませんが、基本的に妊婦の飲み物としてNGです。

妊婦の飲み物でウーロン茶はカフェインでNG

烏龍茶のカフェイン含有量は100mlあたり20mgです。
妊娠中のカフェインは100%ダメというわけではありませんが、水分補給的に多く飲むのは適していません。

烏龍茶であれば1日1~2杯までにしておきましょう。
ウーロン茶と同様に黒烏龍茶もカフェインが含まれているので気を付けてください。

カフェインは、意外とお茶に多く含まれています。
そのため、妊婦が気が付かずに飲み過ぎてしまう事があるので気を付けましょう。

どうしてもお茶が飲みたい場合は、ウーロン茶ではなく、麦茶であればカフェインレスなので安心の飲み物となっています。

妊婦の飲み物で牛乳は飲み過ぎに注意

飲み物の中でも、妊婦さんが気になる飲み物が「牛乳」でしょう。
牛乳は三大アレルゲンにも指定されていますから、妊娠中に飲むのをためらってしまう妊婦さんも多いようです。

しかし、妊娠中の牛乳の摂取と胎児の牛乳アレルギーの因果関係は、医学的にはハッキリと解明されていません。
牛乳には、妊娠中に必要なカルシウムを始め、たんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

何でも飲み過ぎは良くありせんが、毎日コップ1杯程度なら問題はないでしょう。
ただし、妊婦さん自身が牛乳を飲むと毎回下痢をするような体質の場合は、身体に合わない可能性がありますから避ける事をおオススメします。

⇒口コミ第1位の葉酸サプリを見てみる。
※管理人も試しました。

妊婦の飲み物のまとめ

妊婦の飲み物のまとめ

妊婦は栄養バランスの良い食生活も大事ですが、水分補給もそれと同様に大切です。
水分補給になってしまうと、栄養素がしっかり体の隅々まで行き渡りません。

そして、妊婦の睡眠不足は脱水症状を起こしてしまいます。
妊娠中の水分補給は水が基本ですが、お茶やコーヒーを水代わりに多く飲んでしまうとカフェインの過剰摂取となるので気を付けましょう。

野菜ジュースやフルーツジュースココアは糖質や添加物が気になるので、一日二杯までにしておいた方が良いです。
妊娠中はストレスがなく、ゆったりとした気持ちで過ごす事が大切です。

身体に良い飲み物を摂りながら、健康的なマタニティライフを過ごしましょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり